まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

花火の技術は日本が世界一!

      2016/12/09

 - 雑学

日本の夏の風物詩といえば花火ですね。日本の花火の技術は世界一ともいわれています。そんな日本の花火と、海外の花火ではどのような違いがあるのでしょうか?また、なぜ日本の花火の技術は進歩したのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

自由研究のテーマを考える時小学生なら体育に挑戦もイイ

小学生の自由研究は体育の時間に出来なことを挑戦するもの良いですね。逆上がりが出来ない。縄跳びが出来ない。かけっこが早くなりたい等、親が手を貸しながら取り組めるのは有意義なことです。頑張っている様子をスマホで動画が簡単に撮れます。グラフの書き方を覚えるのも良い体験になります。親子の絆を深めることもできますね。

犬が吠えるのを止めさせるしつけ方法はケースバイケース

犬は元々集団生活をしていました。グループの中にはリーダーがいて、服従関係が出来ていました。室内で飼われるようになった犬は、自分の立場を見極めます。ですから、人間の対応によって犬の位置が決まります。犬が吠える場合は、犬の方がリーダーになっています。人間がリーダーになるまで、根気よく犬をしつけましょう。

デュエルマスターズのデッキはどう作る?大会で優勝するには

デュエルマスターズというゲームを知っていますか?2002年に発売されて以来人気のカードゲームです。デッキといわれる40~48枚のカードセットを使って1対1で勝負を行います。大会などもあるので、優勝できるデッキとはどのようなものなのか調べました。

100均の透明なケースはアイデアの宝庫

元々の収納するものとは違うものを入れて、活用できる100均の透明なケースは優れもの。見せる収納も流行っています。アイディア次第で素晴らしい使い道がありますね。100均へ行くと収納のプロも絶賛の商品がズラーっと並んでいます。さあ、あなたはどんな風に使いますか?

家の電話が繋がらない

家に固定電話はありますか?固定電話があることが世間の信用の証のようなことを聞いたことはありませんか?今はスマホが主流になっていますね。家に電話がある方は、電話が繋がらなくて困った体験はございませんか?繋がらない原因を探ってみましょう。

ラジオにノイズが入る!その原因と対策

ラジオを聴いているとノイズが入ることがありますね。そのノイズの原因は身近な電化製品のことがあるようです。様々な電化製品から出ているノイズにはどのように対策をすればいいのか調べました。

プラモデルの塗装、筆の使い方

プラモデルを筆で塗装するとムラになりがちで、難しいですよね。上手く行かなくて、気持ちがブルーになったりします。多分、準備段階でやらなければならない事やコツなんかが有るのかなと思って調べました。

ファミマで扱うチキンの産地はどこ?

近所のファミマ良くお世話になっています。特にフライドチキンは大好きで、寄ると必ずと言って良いほど買って帰ります。頻繁に食べるようになると気になるのが原産地ですね。

ラインの「知り合いかも?」は友達かも?黄色の意味は?

ラインを利用していると「知り合いかも?」と表示されている人がいますね。「知り合いかも?」の中には友達かもしれない人も入っている場合があります。また、表示が黄色で表示されるのはなぜなのでしょうか?今回はラインの「知り合いかも?」の表示について調べました。

特急踊り子号の自由席について詳しく知りたい

特急に乗られる方も多いと思います。伊豆などで運行している踊り子号ですが、自由席について知りたい方もいるかと思います。今回は特急踊り子号の自由席にっついて調べてみました。

超話題!感動のAmazonプライムのCMとは?

AmazonプライムというサービスのCMを見たことはありますか?これがネットなどで感動したと話題になっています。一体どのようなCMなのでしょうか?今回はAmazonプライムの話題のCMを調べましたので紹介します。

メダカの水槽が臭い原因

メダカを飼っている方もいるかと思います。しかし、水槽からの臭いで悩まされている方も多いのではないでしょうか。どうして、臭いがなかなか取れないのでしょうか。今回はメダカの水槽が臭い原因や対処法について調べてみました。

車のHIDの色が変化するのは何故!?寿命はどのくらい?

車やバイクのヘッドライトにHIDを使用している人もいることでしょう。HIDはハロゲンに比べると明るく、見た目にもかっこいいので人気があるようです。しかしHIDは使っていると色が変化するようです。これは何故なのでしょうか?

シーバス釣りは初心者でもはまる

釣りは年齢に関係なく楽しめるスポーツです。知り合いに誘われて始めて見ると、これが楽しくて色んな釣りに挑戦したくなります。釣りを始めたばかりの初心者でも比較的難しいと言われるシーバスを釣ることは出来ないのでしょうか?

郵便局からくるEMSの配達を装った不審メールに注意!

郵便局のEMSの配達を装った不審な迷惑メールが送られてくることがあるようです。これは日本郵便のホームページにも注意喚起する内容の文章が掲載されています。このメールの内容とはどのようなものなのでしょうか。

看護師になるには?!専門学校でかかる費用

看護師になるには大学か専門学校に通う必要があります。ところで大学と専門学校では学費などはどのくらい違うのでしょうか?今回は看護師の専門学校にかかる費用について調べました。

冷蔵庫の掃除はにおいの原因を見つけてから

冷蔵庫に食品が入りすぎていませんか?隙間がないと空気が循環せずににおう原因になります。こまめに食品を取り出して期限切れがないようにチェックしましょう。冷蔵庫のにおいの原因がわかったら、それに合った方法で掃除をしましょう。以外なものがにおい取りに役立つこともあります。

月までの距離はどのくらい紙を折ったら届く?!

月は地球の周りを一定の距離を保って回っています。しかしこの地球から月までの距離は昔に比べるとかなり遠くなったようです。そんな月との距離ですが、紙を何回も折っていくと、いずれ月に届くという話を知っていますか?今回は月までの距離について調べました。

ディズニーランドのダンサーになるためのオーディション

誰もが知っている、ディズニーランド。その魅力の一つはショー・パレードではないでしょうか。何度も足を運んで、私もダンサーとして出てみたい!と思っている方も多いのでは?今回はショー・パレードを支えるダンサーの仕事やオーディションについて調べてみました。

LEDイルミネーションでツリーを作りたい

最近はLEDの色も多彩になってきて、イルミネーションで家を飾る方が増えて来ました。我が家も遅ればせながらやってみようかなと思います。庭は無理なので、手始めに家の中から…。

世界一の花火の基準とは?

“世界一の花火”はなにが決め手になるのでしょうか? 尺玉のサイズ? 打ち上げ数? 配色? 日本と海外の花火ってどう違うの? そもそも、誰がどのようにして決めるのでしょうか。

そこで、ハウステンボス広報担当課に話を聞きました。

「日本の花火は、形の正確さと色合いの美しさを重視していて、特に丸い形は世界でもクオリティが高いんです」細やかな形と繊細な色彩は、日本人だからこそ表現できるのでしょう。

対して、海外の花火はダイナミック。「全体のスケール感や音楽との連動性を重視しています。形も丸型にこだわらず、縦の細長や横に広がる扇型などさまざまですね」

海外の花火がこのような形になったのは、そもそも海外の花火はエンターテインメントの“ショー的”に使用されるためであることから由来しているようです。日本と海外では同じ花火でも、見せ方はまったく異なります。色彩、形、音楽、ストーリー…花火からその国独自の文化が堪能できそうです。

引用元-livedoorNEWS

スポンサーリンク

  人気記事

日本と海外の花火の違いとは?

【欧米式の花火】

一種類の火薬をプレスしてつくる、いたってシンプルなものが多く、空に上がった時に円筒形の缶の蓋や底の面が外れて中身が飛び出すため、花火は垂れ下がるような形状で夜空に広がります。
そもそも欧米の花火は、貴族や富める者が鑑賞するためのものであり、鑑賞者が見る一方向に発光の形を合わせてきた歴史があります。そのため球状にする必要性がなかったといわれています。
さらに昨今では、欧米の花火はエンターテインメントショーの色合いが濃くなり、花火を純粋に楽しむというよりは、音楽やライトアップなどを組み合わせた演出の一環として、花火が打ち上げられるケースが多いそう。

【日本式の花火】

球体の花火玉の中に詰められた火薬も、また球体であることが欧米との大きな差であり、花火師は球体の花火玉の中に火薬を詰める工程で、火薬が飛び出す方向を緻密に計算していきます。
欧米と異なる点は、日本の花火大会は古くから河川で開催されることが多く、季節の花を愛でるようにどの方向からでも、同じ形状の花火が鑑賞できる庶民の楽しみとして親しまれてきたこと。
こうした背景もあって、今日のような「世界一華麗な芸術美」とも称される日本の打ち上げ花火が完成したことになりますが、いまだ何万人もの人が同じ夜空を見上げてうっとりする花火大会のかげには、花火師たちの職人技ともいえる、繊細かつ高度な技術が結集しているといえます。

引用元-tenki.jp

世界一!?日本の花火にしかできない技術とは

日本の花火職人の技術は世界のトップクラスと言われています。日本にしかできない技術は、花火をきれいに円に打ち上げる技術です。

当日の風のコンディションなどにも左右されますが、何より、花火の玉を詰める時にきれいに円状につめ込まなければいけません。これはすべて手作業で行っています。機械で詰めていっては、きれいな円が描けないのです。

日本で娯楽としての花火が定着したのは江戸時代と言われています。400年以上続く伝統技術に思いをはせ、夏の夜空をゆっくりと見上げてみるのも良いのではないでしょうか。

引用元-livedoorNEWS

日本の花火が世界一と言われるようになった背景とは

多くの国では「花火を上げる日」というのが国によって決まっている。それは国によって独立記念日だったり、革命記念日だったり、あるいは新年の年明けだったりするのだが、まず何かしら国民が集まってお祝いするイベントがある。そこで花火を上げて祝賀ムードを盛り上げようと言う趣旨だ。つまりここでは花火は脇役、あるいは何かを引き立てるための道具という位置づけになる。

日本の場合には、花火大会の起源とされている隅田川の花火は「川開き」のためだったと伝えられているが、現在行われているほとんどのイベントでは「○○の花火大会」という名前が付くように、花火そのものがメインになっている。このため、日本の花火はたいてい時間が長く、玉の量も多い。1時間から長いもので2時間くらいは上がる。これは実は世界的に見ると長いのである。中国では1時間くらいのものもあるが、アメリカやヨーロッパでは30分以内のことが多い。

引用元-世界花火 日本花火文化編

技を競いあう大会が日本の花火の技術を高めた

日本の花火師は世界でもトップクラスの技術を誇るといわれていますが、その技術の高さが保たれる秘密は「競技花火大会」にあるといえるでしょう。花火師がその技術を競い合う、いわば「花火のコンクール」です。
競技花火大会の中でも有名なのが、秋田県大仙市の大曲で開催される「全国花火競技大会」。
この大会は内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞など数々の栄誉ある賞が授与される花火界の権威ある大会です。
こういった競技花火大会は花火師たちの情報交換の場ともなっているようで、常に切磋琢磨しながら技術を磨いているようですね。
私たちが花火を見るのは主に夏の間だけですが、実は花火師の方々は一年を通して打ち上げ花火の製作に携わっています。
丹精込めて作り上げた打ち上げ花火の数々。一つ一つの花火に花火師たちのメッセージや独創性がのせられています。そんなことを思いながら眺める打ち上げ花火は、一層美しく感じるかもしれませんね。

引用元-dot.

まとめ
日本の花火技術は、進歩するべくしてした背景があるようです。これからも素晴らしい技術を披露していってほしいですね。

twitterの反応

 - 雑学