日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

花火の技術は日本が世界一!

      2016/12/09

花火の技術は日本が世界一!

日本の夏の風物詩といえば花火ですね。日本の花火の技術は世界一ともいわれています。そんな日本の花火と、海外の花火ではどのような違いがあるのでしょうか?また、なぜ日本の花火の技術は進歩したのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ナイフやフォークを置くカトラリーレストがある場合のテーブルマナーは?

レストランでのテーブルマナーは最低限覚えておかないと恥をかい...

賃貸で店舗物件を探すには?不動産会社で見つける方法

事業主として賃貸で店舗物件を探すにはどうしたらいいのでしょう...

ハローワークに求人情報を掲載するには?いい人材を獲得するためのポイント

転職をするときにハローワークを利用したという人は多いのではな...

理想の家を建てるには土地の広さはどのくらい必要?

家を建てるなら理想の広さの家を建てたいですね。しかし土地によ...

これはどのアニメのタイトル?中国語では日本のアニメはどうなる?

日本のアニメは海外でも視聴されていますが、最近は中国でも人気...

病院への就職は大変!?臨床検査技師の仕事について

臨床検査技師は医師の指示によって患者さんのいろいろな検査を行...

旅行の移動は身軽に!宿泊先のホテルに荷物を送るには?

長期の旅行の場合は、たくさんの荷物を持って移動しないといけな...

大学と専門学校のダブルスクールは可能?二重学籍になる場合とは?

二重学籍とは2つの大学に籍を置いている状態のことで、おおくの...

会社を登記する方法とは?その流れを紹介!

起業などで会社を設立する場合は登記を行う必要があります。登記...

札幌は車が必要?北海道で車を上手に利用する方法

北海道では車は絶対い必要なようですが、札幌ではどうなのでしょ...

明太子をおいしく食べたい!冷凍明太子のおいしい解凍方法

明太子は冷凍して保存するのがおすすめです。冷凍すれば長期間保...

看護師になるには?大学の難易度は重要?

看護師になるには大学や専門学校へ通って、国家資格を取得しない...

ガスと電気と灯油はどれがお得?暖房費を比較!

冬の暖房器具は色々ありますが、どのエネルギーを使用するかで暖...

彼氏が仕事で悩みを抱えていたらどうしたらいい?

付き合っている彼氏が仕事のことで悩んでいたらどうしますか?彼...

市役所採用試験は難易度MAX!?

今や小学生にアンケートを取っても、将来就きたい職業に「公務員...

江戸時代とはどんな時代?実は日本の歴史の中でもすごい時代だった!

江戸時代は徳川幕府が治めていた時代のことをいいます。その長さ...

会社の売上と利益の違いは?どっちが大事?

会社にとって売上と利益は重要ですね。売上から仕入れを引いたも...

バイクでツーリングするなら北海道がおすすめ!

バイクに乗れるなら、色んな所へツーリングしたいですね!特に北...

目の疲れを癒す!?おすすめの家電とは?

最近はパソコンを使う機会が増えているので目の疲れが取れないこ...

風邪の時の気遣いはどうすればいい?彼氏が遠距離の場合

遠距離で付き合っている彼氏が風邪を引いたときいたらどうしたら...

スポンサーリンク

世界一の花火の基準とは?

“世界一の花火”はなにが決め手になるのでしょうか? 尺玉のサイズ? 打ち上げ数? 配色? 日本と海外の花火ってどう違うの? そもそも、誰がどのようにして決めるのでしょうか。

そこで、ハウステンボス広報担当課に話を聞きました。

「日本の花火は、形の正確さと色合いの美しさを重視していて、特に丸い形は世界でもクオリティが高いんです」細やかな形と繊細な色彩は、日本人だからこそ表現できるのでしょう。

対して、海外の花火はダイナミック。「全体のスケール感や音楽との連動性を重視しています。形も丸型にこだわらず、縦の細長や横に広がる扇型などさまざまですね」

海外の花火がこのような形になったのは、そもそも海外の花火はエンターテインメントの“ショー的”に使用されるためであることから由来しているようです。日本と海外では同じ花火でも、見せ方はまったく異なります。色彩、形、音楽、ストーリー…花火からその国独自の文化が堪能できそうです。

引用元-livedoorNEWS

日本と海外の花火の違いとは?

【欧米式の花火】

一種類の火薬をプレスしてつくる、いたってシンプルなものが多く、空に上がった時に円筒形の缶の蓋や底の面が外れて中身が飛び出すため、花火は垂れ下がるような形状で夜空に広がります。
そもそも欧米の花火は、貴族や富める者が鑑賞するためのものであり、鑑賞者が見る一方向に発光の形を合わせてきた歴史があります。そのため球状にする必要性がなかったといわれています。
さらに昨今では、欧米の花火はエンターテインメントショーの色合いが濃くなり、花火を純粋に楽しむというよりは、音楽やライトアップなどを組み合わせた演出の一環として、花火が打ち上げられるケースが多いそう。

【日本式の花火】

球体の花火玉の中に詰められた火薬も、また球体であることが欧米との大きな差であり、花火師は球体の花火玉の中に火薬を詰める工程で、火薬が飛び出す方向を緻密に計算していきます。
欧米と異なる点は、日本の花火大会は古くから河川で開催されることが多く、季節の花を愛でるようにどの方向からでも、同じ形状の花火が鑑賞できる庶民の楽しみとして親しまれてきたこと。
こうした背景もあって、今日のような「世界一華麗な芸術美」とも称される日本の打ち上げ花火が完成したことになりますが、いまだ何万人もの人が同じ夜空を見上げてうっとりする花火大会のかげには、花火師たちの職人技ともいえる、繊細かつ高度な技術が結集しているといえます。

引用元-tenki.jp

世界一!?日本の花火にしかできない技術とは

日本の花火職人の技術は世界のトップクラスと言われています。日本にしかできない技術は、花火をきれいに円に打ち上げる技術です。

当日の風のコンディションなどにも左右されますが、何より、花火の玉を詰める時にきれいに円状につめ込まなければいけません。これはすべて手作業で行っています。機械で詰めていっては、きれいな円が描けないのです。

日本で娯楽としての花火が定着したのは江戸時代と言われています。400年以上続く伝統技術に思いをはせ、夏の夜空をゆっくりと見上げてみるのも良いのではないでしょうか。

引用元-livedoorNEWS

日本の花火が世界一と言われるようになった背景とは

多くの国では「花火を上げる日」というのが国によって決まっている。それは国によって独立記念日だったり、革命記念日だったり、あるいは新年の年明けだったりするのだが、まず何かしら国民が集まってお祝いするイベントがある。そこで花火を上げて祝賀ムードを盛り上げようと言う趣旨だ。つまりここでは花火は脇役、あるいは何かを引き立てるための道具という位置づけになる。

日本の場合には、花火大会の起源とされている隅田川の花火は「川開き」のためだったと伝えられているが、現在行われているほとんどのイベントでは「○○の花火大会」という名前が付くように、花火そのものがメインになっている。このため、日本の花火はたいてい時間が長く、玉の量も多い。1時間から長いもので2時間くらいは上がる。これは実は世界的に見ると長いのである。中国では1時間くらいのものもあるが、アメリカやヨーロッパでは30分以内のことが多い。

引用元-世界花火 日本花火文化編

技を競いあう大会が日本の花火の技術を高めた

日本の花火師は世界でもトップクラスの技術を誇るといわれていますが、その技術の高さが保たれる秘密は「競技花火大会」にあるといえるでしょう。花火師がその技術を競い合う、いわば「花火のコンクール」です。
競技花火大会の中でも有名なのが、秋田県大仙市の大曲で開催される「全国花火競技大会」。
この大会は内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞など数々の栄誉ある賞が授与される花火界の権威ある大会です。
こういった競技花火大会は花火師たちの情報交換の場ともなっているようで、常に切磋琢磨しながら技術を磨いているようですね。
私たちが花火を見るのは主に夏の間だけですが、実は花火師の方々は一年を通して打ち上げ花火の製作に携わっています。
丹精込めて作り上げた打ち上げ花火の数々。一つ一つの花火に花火師たちのメッセージや独創性がのせられています。そんなことを思いながら眺める打ち上げ花火は、一層美しく感じるかもしれませんね。

引用元-dot.

まとめ
日本の花火技術は、進歩するべくしてした背景があるようです。これからも素晴らしい技術を披露していってほしいですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ