まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

休日に上司からメールがきたときの対応

      2016/12/19

 - 社会・政治・経済

休日は仕事のことを忘れてゆっくりしたいところですが、もし上司からメールが来たらどう対応しますか?休日の上司からのメールは内容によっては業務命令となるようです。今回は休日の上司からのメールについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

内定先に送る手紙の返信・お礼の書き方

お礼を返信しなくてはいけない場面は少なからずあると思います。その中でも内定先にお礼状を送りたいが、どのように書いたらよいかわからない方も多いのではないでしょうか。今回は内定先へのお礼の書き方について調べてみました。

子ども現代における心の問題について

子ども達も心の問題を抱えていることが多くあります。最近では震災などで、心に傷をおった子ども達も多いと思います。その心の問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。調べてみました。

高齢者運転、迷惑運転の改善策は?

日本の高齢化社会で車を運転する年齢も高齢化が進んでいます。それにより、高齢者による交通事故や迷惑な運転が目立ちます。改善するためには我々がどのように対応すればよいのでしょうか。調べてみました。

第二の人生、田舎に住んで飲食店を経営したい

都会の雑踏から離れ、”田舎で暮らす”スローライフに憧れる人が多い昨今、「新生活を始めるなら思い切って自分の店でも飲食店でも持ってみようか・・・」と、考える方もいらっしゃる事でしょう。現実に店を経営するための、心の準備とお金の準備!調べてみました。

養子縁組を解消しなかったらどうなる?離婚後の養育費について

連れ子がいて、再婚した場合は養親と養子縁組をする場合があります。その状態で離婚をした場合の養育費はどうなるのでしょうか?また、養子縁組には普通と特別があり、それぞれで対応は変わってくるようです。

最も難しい理系の資格は?その難易度とは

世の中にたくさんある”資格”。国家資格はもちろん、民間の資格を含めれば数え切れないほど存在しています。あなたはどんな資格をお持ちですか?文系の資格と理系の資格がありますが、ここでは理系の資格の難易度についてまとめました。

パートの契約の更新、辞めるとき、その時の注意事項

パートの契約を更新や更新しないなど、さまざまな考えがあると思います。更新の仕方や辞めるとき、どのようにしたらよいか迷っている方も多いと思います。そこで今回は、パートの更新やその時の注意事項について調べてみました。

インフルエンザの仕事へ復帰できるのはいつ?

インフルエンザが猛威を振るう時期には、自ら予防手段を心がけましょう。それには、人と多く接する場所ではマスクの着用が効果的です。マスクは自分を守るためのにも活用しましょう。万が一かかってしまったら、人にうつさない努力が必要です。仕事の復帰までの時期は家族感染にも気配りをしましょう。

高校の学科選び~普通科ってなに!?~

たいていの高校にある普通科。そもそも、普通科とはどのようなところなのでしょうか?他の学科との違いは何なのでしょうか。高校の名前だけで決めるとキケンかもしれませんよ。

面接で緊張するあがり症のほぐし方

何かを決める大事な瞬間って、滅茶苦茶緊張しますよねぇ。私なんかあがり症で頭は真っ白、足はガクガクは毎度の事です。自分なりに幾度も面接の練習を繰り返しますが、イザ本番でチョットでもミスるともうダメです。効果的なほぐし方って無いのでしょうか。

ブラック企業の診断基準

仕事がきつい社内の雰囲気が悪いなど、自分の会社はもしかしてブラック企業なの?と思っている方もいらっしゃると思います。世間で言うところの、ブラック企業とは何か調べました。

日本人は仕事の効率が悪いって本当?

残業が当たり前の日本企業、でも海外から見ると、これは異常なことなのです。「社畜」なんて言葉があるのも日本だけ。仕事至上主義で、家庭もプライベートも犠牲にする…なぜこれが当たり前に?日本人の働き方と仕事の効率について調べてみました。

小学校の先生はいつ休む?先生の休みについて

小学校の先生はとても忙しいイメージですが、先生の休みはどうなっているのでしょうか。夏休みは生徒と一緒で休みなのでしょうか?今回は忙しい先生の休みについて調べてみました。

住民税額は年末調整で決まる!控除を活用して節約!

年末調整の時期ですね。会社勤めの方は書類をもらって書き込むわけですが、イマイチよく分かってない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、受けられる控除を受けていないと、住民税の額が変わってくるんです!ここでは、年末調整と住民税の関係について見ていきましょう。

中学校時代に不登校でも 高校の全日制へ通えます

不登校は誰でもなる可能性があります。子どもから大人になる頃の感受性が強い中学生は、ちょっとしたことで傷つきます。環境を変えることが一番かもしれません。まずは中学校や教育委員会に相談してみましょう。解決策を提案してくれるでしょう。全日制の高校へ通える日が訪れますよ。

空港の仕事。イキイキ働く女性たち

空港で働く仕事といえば、客室乗務員やグランドアテンダントなどは、女性が働いているイメージが強いですよね。ですが、他の仕事でも活躍している女性もいます。今回は、そこにフォーカスしてみました。

小学校の入学前検診についてとその結果について

小学校入学を控えているお子さんも多いことでしょう。入学する前には検診というものがあります。実際、検診とはどのようなものなのでしょうか。そして、結果次第でどのような対応がとられるのでしょうか。詳しく調べてみました。

保育園が民営化される?!その問題点とは

保育園が民営化されるという話を知っていますか?保育園がもし民営化されたらどうなるのでしょうか?保育園民営化について調べてみるといろいろな問題点があるようなので紹介します。

小学校のPTAの役員は大変!?学級委員の役割とは

子供が小学校に入学すると避けて通れないのがPTAの役員です。毎年の役員選出で頭を悩ませるのは学級委員のようです。なぜ役員はなかなか決まらないのでしょうか。今回はPTAの役員について調べました。

気になるホテル客室清掃・掃除の仕事のあれこれ

客室清掃・ルームキーパーともいわれる、ホテルの掃除のお仕事。何となくは知っていても具体的にどのようなお仕事なのでしょうか。また、その辛さや楽しさはどんなところにあるのでしょうか。興味があるけどあまり知らないという方、必見です!

休日の上司からの仕事のメールは受け取りたくない!?

Q「つながらない権利」は必要だと思いますか?
 はい……73.0%
 いいえ……27.0%
7割以上の人が、休日や勤務時間外に仕事上のやり取りをしたくないとの意思を持っていることがわかった。それだけ、現在の状況に辟易している人が多いということだろう。

引用元-DIAMOND online

スポンサーリンク

  人気記事

会社は必要があれば休日労働を命じることができる

 当然のことですが、休日(契約上働くことになっていない日)は自由に過ごすものです。どこで何をしていても、あるいはしなくても、会社にどうこう言われる筋合いはありませんよね。もっとも、休日労働の業務命令が出されているのであれば、話は変わってきます。
多くの会社では、就業規則などで、業務上の必要があれば、会社は休日労働を命じられると定めています。また、残業にも関係する36(さぶろく)協定が結ばれていることもあるでしょう。これらの手続が取られている場合、法律上、会社は休日労働を命じることができるのです。

引用元-WOMAN Online

業務時間外の上司からのメールやLINEはどう判断したらいいか

「LINEでの連絡・応対などが『会社の指揮命令下にある』と判断できる場合には、労働時間とみなされます。したがって、会社がその時間について賃金を支払わないと、労基法違反となります。

ただし、LINEでのやりとりについては、『会社の指揮命令下にあるかどうか』の判断が難しいですね。労働者が場所的に拘束されていませんし、ただちに判断することは、難しいでしょう。

これは新しい問題なので、前例となる裁判例も、まだありません

ただ、海外に目を向けると、フランスでは、企業が勤務時間外に電話やメール、テキストメッセージなどで労働者に連絡することを禁ずる条項が、労働協約に追加されたとの報道もあります。やはり、こういったことが問題だという認識は、世界的に広がっているのではないでしょうか」

引用元-ニコニコニュース

休日の上司からのメールが業務命令と判断される場合

単に休み明けからの予定を伝えてきたのであれば、休日に何らかの作業を命じているとはいえません。また、簡単に返信することのできる問合せであった場合も、その返信をする行為が「業務」に当たるとは直ちにはいえません。しかし、ある程度の時間をかけて具体的な作業をすることが求められたのであれば、これは業務命令に当たるでしょう。

上司の側としては、ふだん平日に会社でしているように、業務を命じているつもりはないかもしれません。しかし、あなたが自宅や出先で喫茶店などに入って作業をしなければならなくなるのだとしたら、こうした連絡は「業務命令」にほかなりません。この命令に従って時間と労力を費やした以上、あなたは会社で働いているのと全く同じように、その労働に見合った給料を請求することができるのです。

引用元-WOMAN Online

休日に上司からのメールが来た時の対応は状況で変わる

「メールの相手が上司なのか、部下なのか、他部門なのか、社外のお客様、外注先等で対応が異なりますし、いま担当している仕事の緊急度などでも異なると思います。それゆえ『正解』はないと思います」(山内ケイトさん)

確かにメールの相手によっても対応が異なるため、対応の正しさをハッキリと断言することは難しそうだ。

引用元-goo

緊急でなければ返信しなくてもいい?

メールやLINEなどで連絡が来る際、多くの場合は緊急度としては高くない内容がほとんどです。
というのも、緊急性が高いものであれば電話で連絡が来るからです。

基本的には緊急度が高くなければ返信しなくても問題ありません。
LINEについては既読表示が出てしまうのでオススメとしては休日のみ通知OFFにしておくことです。そして届いていることが分かっても既読にしないことがポイント。
返信をしない・既読にしないことで「休日はメールやLINEは確認しませんよ」と暗に示すことができます。

引用元-現役面接官が語るこの仕事からの卒業

まとめ
休日の上司からのメールは場合によっては業務命令となり、労働に見合った給料を請求できるようです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済