日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

休日に上司からメールがきたときの対応

      2016/12/19

休日に上司からメールがきたときの対応

休日は仕事のことを忘れてゆっくりしたいところですが、もし上司からメールが来たらどう対応しますか?休日の上司からのメールは内容によっては業務命令となるようです。今回は休日の上司からのメールについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

フェイスブックのアカウントが凍結するのはなぜ?

フェイスブックを利用している方はとてもたくさんいますよね。利...

生理前にイライラ!育児を上手に乗り切るには

生理前は気分が落ち込んでイライラしたりするものです。しかし育...

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

スポンサーリンク

休日の上司からの仕事のメールは受け取りたくない!?

Q「つながらない権利」は必要だと思いますか?
 はい……73.0%
 いいえ……27.0%
7割以上の人が、休日や勤務時間外に仕事上のやり取りをしたくないとの意思を持っていることがわかった。それだけ、現在の状況に辟易している人が多いということだろう。

引用元-DIAMOND online

会社は必要があれば休日労働を命じることができる

 当然のことですが、休日(契約上働くことになっていない日)は自由に過ごすものです。どこで何をしていても、あるいはしなくても、会社にどうこう言われる筋合いはありませんよね。もっとも、休日労働の業務命令が出されているのであれば、話は変わってきます。
多くの会社では、就業規則などで、業務上の必要があれば、会社は休日労働を命じられると定めています。また、残業にも関係する36(さぶろく)協定が結ばれていることもあるでしょう。これらの手続が取られている場合、法律上、会社は休日労働を命じることができるのです。

引用元-WOMAN Online

業務時間外の上司からのメールやLINEはどう判断したらいいか

「LINEでの連絡・応対などが『会社の指揮命令下にある』と判断できる場合には、労働時間とみなされます。したがって、会社がその時間について賃金を支払わないと、労基法違反となります。

ただし、LINEでのやりとりについては、『会社の指揮命令下にあるかどうか』の判断が難しいですね。労働者が場所的に拘束されていませんし、ただちに判断することは、難しいでしょう。

これは新しい問題なので、前例となる裁判例も、まだありません

ただ、海外に目を向けると、フランスでは、企業が勤務時間外に電話やメール、テキストメッセージなどで労働者に連絡することを禁ずる条項が、労働協約に追加されたとの報道もあります。やはり、こういったことが問題だという認識は、世界的に広がっているのではないでしょうか」

引用元-ニコニコニュース

休日の上司からのメールが業務命令と判断される場合

単に休み明けからの予定を伝えてきたのであれば、休日に何らかの作業を命じているとはいえません。また、簡単に返信することのできる問合せであった場合も、その返信をする行為が「業務」に当たるとは直ちにはいえません。しかし、ある程度の時間をかけて具体的な作業をすることが求められたのであれば、これは業務命令に当たるでしょう。

上司の側としては、ふだん平日に会社でしているように、業務を命じているつもりはないかもしれません。しかし、あなたが自宅や出先で喫茶店などに入って作業をしなければならなくなるのだとしたら、こうした連絡は「業務命令」にほかなりません。この命令に従って時間と労力を費やした以上、あなたは会社で働いているのと全く同じように、その労働に見合った給料を請求することができるのです。

引用元-WOMAN Online

休日に上司からのメールが来た時の対応は状況で変わる

「メールの相手が上司なのか、部下なのか、他部門なのか、社外のお客様、外注先等で対応が異なりますし、いま担当している仕事の緊急度などでも異なると思います。それゆえ『正解』はないと思います」(山内ケイトさん)

確かにメールの相手によっても対応が異なるため、対応の正しさをハッキリと断言することは難しそうだ。

引用元-goo

緊急でなければ返信しなくてもいい?

メールやLINEなどで連絡が来る際、多くの場合は緊急度としては高くない内容がほとんどです。
というのも、緊急性が高いものであれば電話で連絡が来るからです。

基本的には緊急度が高くなければ返信しなくても問題ありません。
LINEについては既読表示が出てしまうのでオススメとしては休日のみ通知OFFにしておくことです。そして届いていることが分かっても既読にしないことがポイント。
返信をしない・既読にしないことで「休日はメールやLINEは確認しませんよ」と暗に示すことができます。

引用元-現役面接官が語るこの仕事からの卒業

まとめ
休日の上司からのメールは場合によっては業務命令となり、労働に見合った給料を請求できるようです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ