日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

中国国内の汚染食品の実情

      2016/12/22

中国国内の汚染食品の実情

中国産の食品の中には危険な物があるは承知の通りです。しかし私達の身近に、中国産の食品はたくさん流通しています。危険だと分かっている物が流通しているのか。口にして本当に大丈夫なのか?あらためて中国産の食品について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

中国の食品汚染は想像を軽く超えてくる

偽卵

卵の偽物を作ろうという発想がまず日本人には考えられない。半年たった卵も、殻を割ると新鮮そのもの。なにが入っているのか恐ろしい。生卵を普段当たり前に食べているけれど、日本の厳しい食の基準とモラルがあってこそだそうで。鶏卵業者の皆さま、いつもありがとうございます。中国で発見された人工鶏卵とは、卵とは似て非なるもの。殻は炭酸カルシウムと石膏ででき、中身は樹脂、デンプン、凝固剤、色素、みょうばん、海藻酸ナトリウム、ゼラチン、食用塩化カルシウム加水などで作られているそう。普段料理をしない人なら、気付かずに食べてしまうくらい本物にそっくりできているそう。なんでこんなものを手間をかけて作るのかというと、卵を作るよりも安上がりだから。卵の4〜8倍の利益があがるそうです。偽物はゆでたまごにしたときに、やけに弾力があるらしいです。

引用元-びっくり中国の食の安全。ニセ塩に偽卵・・食べ物じゃない食品。もう笑うしかない。 | いろいろTHEっ記

偽ハチミツ

数年前までくみんぼも全くしらず、よく中国産のハチミツを購入していました。国産ハチミツやカナダ産ハチミツと比較したら、お値段がだいぶ違います。もちろん中国産がめちゃ安。

中国の市場の7割が偽物。 砂糖など混ぜものをしたら、一般人には見抜くことは困難と以前聞いたことがあります。偽ハチミツには、硫酸や尿素を添加した硫酸ハチミツなど、明らか身体に悪そうなのが混ぜられているものもあります。日本でも安いハチミツは中国産が多く、本当にハチミツかどうか怪しいとこ。政府も全部検査なんてしてませんよ。偽ハチミツの見分け方は、冷蔵庫に入れても水飴状態で結晶化せずにごりがなく透明感があること。本物のハチミツは冷やすと白い結晶がでます。

引用元-びっくり中国の食の安全。ニセ塩に偽卵・・食べ物じゃない食品。もう笑うしかない。 | いろいろTHEっ記

なぜこのような汚染食品が増える?

添加物の規制の緩さ

中国で許可されている添加物の種類は1802種類。しかも香料は別で天然香料は400種類、合成香料はなんと1453種類にもなり、その他カビ用製剤52種類、食品加工剤が37種類も加わる。年間760万トンもの食品添加物を製造する国だから、種類も桁違いに多い。

引用元-私たちに迫る中国の食品汚染|知らないでは済まされない5つのこと

農産物の汚染

中国では、数十年にわたり、環境問題を考えずに生産活動を続けてきたため深刻です。中国の工場から排出される有毒物質は土地や水、河川を汚染し、その工場周辺で栽培された野菜、果物等の農作物に、多くの水銀とカドミウムや鉛と銅が含まれ、深刻な問題となっています。また、日本では禁止されている農薬を使用したり、重金属が多く含まれる安い化学肥料を大量に使用することも、土壌の質を変え、大量の鉛や亜鉛等の重金属を土壌に蓄積させ、農産物を汚染します。

引用元-私たちに迫る中国の食品汚染|知らないでは済まされない5つのこと

中国産汚染食品は日本国内に広く流通している

厚生労働省がネット上で公開している「輸入食品違反事例」によると、2013年度、中国からの輸入で以下のような食品が不適格とされた。

・冷凍うに……腸炎ビブリオ最確数 120/g
・半発酵茶、ウーロン茶……フィプロニル 0.006ppm検出
・あさり 活、冷蔵……プロメトリン 0.03ppm検出
・FROZEN FRIED OCTOPUS(たこ焼き)……大腸菌群陽性
・大豆粒状たんぱく GS51……亜硫酸ナトリウム(二酸化硫黄として)0.235 g/kg検出
・ウーロン茶(単そう)……インドキサカルブ 0.47 ppm、フィプロニル 0.010ppm検出
・CANNED STEWED PORK SLICE……指定外添加物(サイクラミン酸 7マイクロg/g 検出)
・味付け数の子……細菌数 1.3×105/g、大腸菌群陽性
・紅ズワイ棒肉……大腸菌群陽性
・紅ズワイ棒肉フレーク……大腸菌群陽性
・ニシン昆布巻……細菌数 4.0×106/g
・エビインゲン串フライ……細菌数 6.2×106/g
・冷凍しめさばスライス……大腸菌群陽性
・冷凍切り身、むき身、うに類(生食用)……細菌数 2.6×105/g
・こまつな……E.coli陽性
・植物由来の健康食品(MR.BEE 21)……シアン化合物 260 mg/kg検出
・植物由来の健康食品(蜂皇宝エクセレント)……シアン化合物 290 mg/kg 検出
・冷凍にら……メタラキシル及びメフェノキサム 0.05ppm検出
・塩蔵蓮根……次亜硫酸ナトリウム(二酸化硫黄として) 0.036 g/kg検出
・冷凍むき身つぶがい(生食用)……大腸菌群陽性

日本は世界中から食材を輸入しているが、中国産は輸入量が他国に比して多いことを差し引いても、不適格数は断トツであった。

引用元-Business Journal

中国産の食材があふれる外食産業

このように危険な中国産食材の購入については、スーパーなどで原産地表示などのチェックを徹底し、極力購入しないようにするのが鉄則であるが、「原産地表示の義務がない」外食チェーン店で食事をする場合には注意が必要だ。

ネット上では「中国産の食材を使用している外食チェーンと食材内容」というリストが話題となっている。そのリストでは、多くの中国産食材を使用している注意店舗として、誰もが知っている有名チェーンが名を連ねる衝撃の結果となっている。

引用元-Business Journal

なぜ中国人は海外で「爆買い」をするのか?

中国人は中国製の食品を買わずに外国で作られた食品を買おうとする。だから、それが海外での「爆買い」となって現れるのだ。

よく考えて欲しい。なぜ中国人は海外で「爆買い」をするのか。中国の商品が信頼できるのであれば、爆買いという現象は起きない。自国の商品が信頼できないから、電気製品から食品までを海外で爆買いしているのである。

引用元-BLACK ASIA

まとめ
少し調べただけで、具合が悪くなるほどいろいろ出てきました…。中国人自らが自国の食品を信用していないとは…お金があるから爆買いしているわけじゃなかったんですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ