まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

住民票の移動で住所変更をするのを忘れた!

      2016/12/25

 - 社会・政治・経済

引っ越しをした場合は、住民票を移動させて、住所を変更しないといけません。この住民票の移動はいつまでにすればいいのでしょうか?もしも移動するのを忘れていたらどうなるのでしょうか?今回は住民票の住所変更について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

二重国籍問題 日本と韓国の国籍法

民進党の代表が、台湾籍も所有している「二重国籍」ではないかと指摘された問題は、記憶に新しいかと思います。その後、自民党の議員にも米国籍が残っていることが発覚、この議員は速やかに米国籍の放棄を申請したとされています。近年、国際化が進む中で、この「二重国籍」を持つ人たちが増え続けています。でも、これって何が問題なのでしょう?二つ国籍を持っていてはいけないの?そこで今回はお隣の国、韓国との二重国籍について調べてみました。

理学療法士の免許申請に必要な診断書はどこの病院で書いてもらう?

理学療法士の免許を申請するときには医師に書いてもらった診断書が必要です。診断書はどこの病院で書いてもらえばいいのでしょうか?今回は理学療法士のなり方について調べました。

人気の職業声優、養成所は社会人でも通える?

声優は人気の職業です。一旦、諦めて社会に出てもなお、憧れの職業に就く手段があるとしたら挑戦してみたいものです。また、声優は声を使う仕事なので活躍できる場はさまざまです。社会人でも通うことが出来る養成所について調べてみました。

会社へ書類を郵送するときの注意

最近はメールでのやり取りが増えて、個人で会社へ書類を郵送する事って滅多にないので、どの様にしたら良いのかが分かりません。失礼の無いように書類を郵送する方法を調べました。

諸説ある日本の国歌〈君が代〉の意味と他国の国家

皆さん、日本の国歌である君が代の歌詞の意味をご存知でしょうか?〝君が代”という言葉はどういった意味なのか。ネットでは、様々な解釈がされているようです。諸説ある意見をまとめました。

養子縁組を解消しなかったらどうなる?離婚後の養育費について

連れ子がいて、再婚した場合は養親と養子縁組をする場合があります。その状態で離婚をした場合の養育費はどうなるのでしょうか?また、養子縁組には普通と特別があり、それぞれで対応は変わってくるようです。

日本の教育はこのままで良いのか特徴と利点から考える

日本の教育に付いて問題点ばかりが取り上げられます。確かに、中高と6年間も学んだ英語を学校の授業だけで話せるようになった人を見たことがありません。直すべき所も有ると思いますが、他にも利点が有ると思うんですが?

理系大学の研究室はどんなところなのか

大学で勉強を頑張っている方も多いと思います。それぞれの大学で、いろいろな分野を学んでいることだと思います。理系大学には研究室といったものがありますが、研究室とはどのようなもので、どのような研究を行っているのでしょうか。詳しく調べてみました。

就活の履歴書はどれがいい?用紙の選び方

就活に必要のものといえば履歴書ですね。履歴書といっても、サイズや記入内容が様々あります。就活にベストな履歴書はどれなのでしょうか。今回は履歴書用紙について調べたので紹介します。

郵便局はアルバイトでも社会保険完備!?その内容とは

郵便局はアルバイトでも社会保険などの福利厚生がしっかりしている場合が多いようです。そんな郵便局のアルバイトの仕事はどのようなものなのでしょうか?今回は郵便局のアルバイトについて調べました。

TPPで農業にどんな影響があるの?をわかりやすく解説

安倍首相は、日本経済のさらなる発展のためにTPPへの交渉参加を表明しました。賛成・反対色々な意見がありますが、あなたはTPPのことをどの程度理解されていますか?今回は特に農業に与える影響について、わかりやすくまとめました。

公務員になりたいが大学の成績は影響する

公務員になりたい理由には、色々な理由があるかと思います。幾ら志が高くても大学の成績があまり良くないと志望すら諦めてしまっていませんか。どうも成績はあまり重要視されていないようなんです。

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポートをする仕事です。そんな理学療法士になるには、大学か専門学校に通う必要があります。大学と専門学校で資格を取る場合、違いはあるのでしょうか?

地方公務員の年収と平均年齢は?

公務員と言えば、安定した職業といったイメージですが、地方公務員はどうでしょうか。地方公務員といっても色々な仕事があります。今回は地方公務員の気になる平均年収と平均年齢について調べてみました。

空港の仕事。イキイキ働く女性たち

空港で働く仕事といえば、客室乗務員やグランドアテンダントなどは、女性が働いているイメージが強いですよね。ですが、他の仕事でも活躍している女性もいます。今回は、そこにフォーカスしてみました。

雇用保険の加入をさかのぼることができる

雇用保険の加入はとても大切になってきます。しかし、すっかり加入し忘れていたという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は雇用保険をさかのぼって加入する方法などについて調べてみました。

飲食店のバイトがしたい!向いてないのはどんな人?

仕事には誰にでも向き不向きがありますね。特に飲食店での接客のバイトはやりたい人ととやりたくない人ははっきり分かれるのではないでしょうか。今回は飲食店でのバイトに向いている人、向いてない人を調べました。

医学部受験でセンター試験の社会はどれを選ぶのがべスト?

医学部を受験する時にセンター試験の科目選択で迷うのは社会ではないでしょうか。医学部を受験する人は社会の科目を効率的に勉強しているといいます。今回は医学部受験のセンター試験における社会選択科目について調べてみました。

高齢者運転、迷惑運転の改善策は?

日本の高齢化社会で車を運転する年齢も高齢化が進んでいます。それにより、高齢者による交通事故や迷惑な運転が目立ちます。改善するためには我々がどのように対応すればよいのでしょうか。調べてみました。

日本人は仕事の効率が悪いって本当?

残業が当たり前の日本企業、でも海外から見ると、これは異常なことなのです。「社畜」なんて言葉があるのも日本だけ。仕事至上主義で、家庭もプライベートも犠牲にする…なぜこれが当たり前に?日本人の働き方と仕事の効率について調べてみました。

引っ越しの場合は住民票を移動させて住所の変更をしよう

引越しの際は、住民票の移動で住所変更の手続きをしなければいけません。
住所変更の届けは難しいものではありませんが、同一市町村内とそうでない場合は、届ける書類に違いがあります。

同一市町村内に転居した場合

同一市町村内に転居した場合は、転居届(住民異動届)を市町村役場に提出します。
必要書類として本人確認書類(運転免許証、保険証など)印鑑を持参します。
届出期限は、転居後14日以内です。

他の市町村に住民票を移動する場合

他の市町村に住民票を移動する場合は、以前の市町村役場において転出届(住民異動届)を提出し、転出証明書を交付してもらいます。
必要書類は、本 人確認書類(運転免許証、保険証など)印鑑、国民健康保険証(加入している場合)です。届出は、14日前より可能です。
転居先での市町村役場で転入届(住 民異動届)を提出します。

その際、交付された転出証明書と本人確認書類(運転免許証、保険証など)と印鑑が必要です。
国民健康保険に加入する場合、印鑑証明書を登録している場合は、転出により使えなくなりますので、再度新住所で手続きをする必要があります。

引用元-HOME’S

スポンサーリンク

  人気記事

住民票の住所変更の手続きを忘れたらどうなる?

住民票の移動(転入届・転居届)の手続きが遅れた場合、過料という最大5万円の罰則を受ける可能性があります。

住民票の移動の手続きは、法律(住民基本台帳法第22条)で、引越し日(転入をした日)から14日以内にしなければならないと定められています。
法律を厳格に適用すれば、14日以内に転入届を行わないと住民基本台帳法違反となってしまいます。
その場合、行政罰(道路交通法違反の減点と同じ位置付け)である「過料(かりょう)」が課される恐れがあり、最高額は5万円になります(住民基本台帳法第53条)。
引越しから14日を少しでも過ぎた場合、必ず罰則が科せられるわけではありません。
通常数ヶ月程度なら、役所の窓口で小言を言われるだけで、罰則のお金を納めることはありません。

引用元-住民票ガイド

住民票を移動させなくてもいい場合は?

住所が変わったら、住民票を移すのが義務だ!とお伝えしましたが、住民票を新しい住所に移さなくてもいい人が例外的にいるんですよ!

どのような人が、例外に該当するのか?と言いますと…学生単身赴任の方ただし、両者とも条件がつきます。

◆学生
・実家を離れている期間が1年以下で、今後実家に戻る予定がない場合。
・学生の期間が1年以上あっても、週末や季節の休みなど定期的に実家に帰っているなど「生活の拠点」が実家にある場合。

◆単身赴任
・単身赴任の期間が1年以下の場合。
・週末や季節の休みなどに元の家に帰っているなど、「生活の拠点」が元の家にある場合。

両者とも期間が1年以下で、定期的に住民票の置かれている場所に帰っていれば住民票を移さなくてもよいということです。

条件の中に「生活の拠点」という単語が出てきましたが、何をもって住所とするのかは、生活の拠点がどこにあるのか?で判断されるんです。

ただ生活の拠点といっても、実は明確なものではないし、人の事情によっても異なります。
そのため住民票を移していなくとも「週末や連休、季節のやるみごとに実家や家に帰省していたり、家財道具が実家にある、生活の基盤が実家にある」などの客観的な事実があれば、「生活の拠点」が実家や元の家にあると主張出来ます。

引用元-お役立ちNet

住民票の移動を忘れて住所変更をしていない場合はどこで課税される?

住民票の移動と住民税

住民税はその年の1月1日に住民票のある市町村で課税されるため、転出届をだしていない場合には前の住所地で課税されることになります。

会社に勤めていて給与が支払われている場合、会社は前年中に支払った給与所得などを記載した給与支払報告書を市町村へ提出します。
会社には新住所を通知していたが、役所での移動手続きを忘れていた場合には住民登録のない市町村役場に給与支払報告書が提出されることになります。
給与支払報告書の記載事項に基づいて新住所で課税されることになりますが、その際に転出、転入届がなされていないことが判明することもあり、旧住所では住民登録の職権抹消を行い期間内に移動の手続きが行われなかったとして過料が課せられることがあります。
また市町村から連絡がくることで会社の事務処理が増え、迷惑をかける恐れもあります。

引用元-引っ越し価格ガイド

実際に住民票の移動を忘れて過料となった事例は?

■過料が科された事例

住民票の移動手続きの遅滞による過料は、届出期間を過ぎてしまった場合、その全部が全部、過料を処せられるわけではなく、簡易裁判所が、届出期間を過ぎたその長さとその理由等で判断(過料にするか、する場合はいくらにするか)を行います。

【事例】
・数年間、ただ住民票の移動手続きを怠っていた(過料:5,000円)
・数年間、住民票の移動手続きを怠っていたら、元の住所の新しい住人の申出により、住民票が職権削除されていた。
そして、職権削減されていたことを知らずに、転居届を出しに役所に行った際、係員から根掘り葉掘り聞かれ、後で、裁判所より3,000円の過料の通知が来た。

引用元-住民票ガイド

まとめ
住民票の移動で住所変更をするのは義務なので、きちんとしましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済