まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

      2016/12/31

 - 社会・政治・経済

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポートをする仕事です。そんな理学療法士になるには、大学か専門学校に通う必要があります。大学と専門学校で資格を取る場合、違いはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

公務員に採用!提出書類は何を出す?

公務員というと採用されるのが厳しいイメージですね。一口に公務員といっても色々な職種があり、民間企業から公務員に転職する人も多いようです。今回は公務員採用試験や採用後の提出書類などについて調べました。

需要と供給の意味とは?物価と需要と供給の関係

需要と供給という言葉をよく耳にします。経済において需要量と供給量はとても重要です。需要と供給の意味とはどういったことなのでしょうか。今回は経済における需要と供給について調べました。

企業からの採用の電話!受け答えは大丈夫?

無事に就職活動を終えて、企業から採用の電話がかかってきた!そんな時あなたの受け答えは大丈夫ですか?非常識な対応をしてしまってはせっかく頑張ってきた就職活動が水の泡です。今回は電話の受け答えについて調べました。

日本の医療制度にどんな問題が起こる?TPPへの参加で起きる影響とは

日本のTPPへの参加については国内から色々な意見が出ていますが、その中でも深刻な問題が起きそうなのが医療関係だと言われています。TPPに加盟すると日本の医療制度はどのように変わってしまうのでしょうか。

子ども現代における心の問題について

子ども達も心の問題を抱えていることが多くあります。最近では震災などで、心に傷をおった子ども達も多いと思います。その心の問題とは具体的にどのようなことなのでしょうか。調べてみました。

バイトに採用?不採用?連絡はいつ頃にある?

バイトに応募した場合、採用か不採用の連絡はいつ頃あるのでしょうか?いつまでたっても連絡がない場合はどのようにしたらいいのでしょう?今回はバイトの採用、不採用の連絡がいつ頃までにあるか調べました。

ブラック企業の診断基準

仕事がきつい社内の雰囲気が悪いなど、自分の会社はもしかしてブラック企業なの?と思っている方もいらっしゃると思います。世間で言うところの、ブラック企業とは何か調べました。

予備校の講師になりたい!採用試験の内容は?

勉強を教えるのが好きだけれど教職免許を持っていない…という人は予備校の講師はいかがでしょうか。予備校の講師は教員免許は必要ありませんがどうやったらなれるのでしょう。今回は予備校の講師の採用試験について調べました。

病院の事務で働きたい!給料はどのくらい?

大きな病院では様々な仕事のスタッフが病院を支えていますね。患者の立場から身近なのは医療事務のスタッフではないでしょうか?医療事務は病院の顔ともいえる仕事ですが、給料などはどのくらいなのでしょうか。

派遣社員の仕事の更新はいつ?更新のタイミングについて

派遣社員は仕事内容などをを自分で選択して働くことができます。しかし仕事の契約期間が決まっているので継続する場合は年に何回か契約更新をする必要があります。更新の時期はいつなのでしょうか。

地方公務員の年収と平均年齢は?

公務員と言えば、安定した職業といったイメージですが、地方公務員はどうでしょうか。地方公務員といっても色々な仕事があります。今回は地方公務員の気になる平均年収と平均年齢について調べてみました。

扶養控除申告書とは?住所が住民票と違う場合はどうする?

年末が近づいてくると、給与所得者は扶養控除申告書を書いて提出するのが一般的です。扶養控除申告書はどのように記入すればいいのでしょうか?また、単身赴任などで住んでいる住所と住民票の住所が違う場合はどちらを記入すればいいのでしょうか?

会社へ書類を郵送するときの注意

最近はメールでのやり取りが増えて、個人で会社へ書類を郵送する事って滅多にないので、どの様にしたら良いのかが分かりません。失礼の無いように書類を郵送する方法を調べました。

高校の学科選び~普通科ってなに!?~

たいていの高校にある普通科。そもそも、普通科とはどのようなところなのでしょうか?他の学科との違いは何なのでしょうか。高校の名前だけで決めるとキケンかもしれませんよ。

親が離婚したら戸籍はどうなる?子供の戸籍について

親が離婚した場合は戸籍はどうなるのでしょうか?離婚は親同士の問題なので、子供の戸籍はそのままでは変わらないようです。子供の戸籍はどうしたらいいのでしょうか?今回は親が離婚した場合の戸籍について調べました。

大学に推薦で入学したら就職に不利?!一般と推薦の就職への影響

大学入試には一般入試、推薦入試、AO入試などがあります。就職時に一般入試と推薦入試では推薦入試が不利であるといわれることがありますが実際はどうなのでしょうか。今回は大学の入試方法が就職に及ぼす影響について調べました。

病院に就職するには?管理栄養士の場合

管理栄養士は国家資格であり、その就職先は病院や、学校、スポーツジムなど様々な場所があります。病院に就職した場合は患者それぞれの病状によって栄養の管理や指導を行います。病院に就職したい場合はどうしたらいいのでしょうか?

大学院を卒業しても就職できない!?厳しい現実とは

大学を卒業して就職する人がほとんどであると思いますが、中には大学院に進学する人もいるでしょう。大学院を卒業した人は高学歴というイメージですが、実は大学院卒業生はなかなか就職できないという厳しい現実があるようです。

JAの学資保険はお得?満期でどのくらいもらえる?

JAにはいろいろな保険がありますが、その中でも学資保険は返戻率が高いと言われいます。満期になった場合はどのくらいお得なのでしょうか?今回はJAの学資保険について調べました。

英語が小学校で必修科目に!英語の教師は外国人?

近年英語教育の必要性から小学校でも英語の授業が必修化されました。その場合の授業は誰がしているのでしょうか?外国人の教師が教えてくれるのでしょうか。今回は英語の外国人教師について調べました。

理学療法士とは

理学療法士とは

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれます。
ケガや病気などで身体に障害のある人や障害の発生が予測される人に対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防を目的に、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門職です。
治療や支援の内容については、理学療法士が対象者ひとりひとりについて医学的・社会的視点から身体能力や生活環境等を十分に評価し、それぞれの目標に向けて適切なプログラムを作成します。

理学療法士を一言でいうならば動作の専門家です。
寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を目指します。

引用元-日本理学療法士協会

スポンサーリンク

  人気記事

理学療法士になるには

理学療法士になるには

理学療法士の国家試験を受験するには、高校卒業後、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上学ぶことが必要になる。
養成施設には4年制の大学、3年制の短大、3年制または4年制の専門学校がある。
これらの学校で、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学などを講義と実習を通して学ぶ。
試験の合格率は例年80~90%台だが、70%台に落ちた年もあるので注意。

引用元-リクナビ進学

大学と専門学校の入試の違いは?

今では大学も含めてAO入試や推薦入試など、様々な入試が行われており、入試の違いによって募集人数が違うこともあるため一概には言えませんが、大学は3~5倍、専門学校は1~3倍といった感じでしょうか。

大学受験は偏差値で目指す学校を絞るのが一般的ですが、専門学校は正確な偏差値が公表されていないので、偏差値を参考にするのは難しいと思います。
また、生徒さんの偏差値が高くても、専門学校には合格できないこともあります。

今の入試の在り方では、やはり大学は「学問を追及するための学校」という前提がありますので、入試についても学力が重視される傾向にあります。
一方専門学校は「実践的な職業教育を行う学校」という前提ですので、学力よりも「理学療法士としての資質を備えているかどうか」の方が問われます。
その資質といっても高いレベルのものが求められているわけではなく、現場で求められているような人材像である「明るさ、元気さ、素直さ」といった要素を持ち合わせているか、理学療法士として働き続けていくことができるかどうかといった視点が重視される傾向にあると思います。
そんなこともあり専門学校の入試では筆記試験だけでなく、「グループ面接」など、学力だけでは測れない生徒さん自身の良さを探るための方法がとられています。

引用元-東京衛生学園専門学校

理学療法士の専門学校の目的とは

専門学校の目的は、理学療法士として就職すること

理学療法士を目指すなら、養成学校に通うことが必須になります。そこで迷うのは、専門学校と大学のどちらで資格を取った方がいいのか?ということではないでしょうか。

まず、専門学校と大学は、根本にある「なにを目的とするのか」が違います。
専門学校は「理学療法士の資格取得」と「理学療法士として就職すること」を目的としているのに対し、大学は大卒資格・学位取得が目的になっています。
そうなると当然カリキュラムの内容も変わり、専門学校が就職した際に役立つ専門的な知識や技術に特化しているのに対し、大学は英語・体育といった基礎科目も含めた単位取得が中心となります。
そして国家試験取得の有無が大学卒業に必須ではないため、試験を受けない生徒も多くいるようです。

「理学療法士の国家資格を取得して就職したい」という気持ちが強いのであれば、専門学校の方がカリキュラム・授業内容が向いているのでオススメです。

引用元-リハラボ

大学へ行くメリット・デメリット

大学のメリット

・学士号が取得できる。大学院への入学資格が取得できる。
・専門科目以外にも幅広い分野の勉強ができる。
・理学療法士以外の職業に就きたくなった場合でも、選択肢がある。
・就職先に応募が多かった場合、学歴を重視するところであれば、大学卒のほうが有利になる場合がある。
・待遇面で優遇される場合もある。

大学のデメリット

・大学は4年制なので、専門学校よりも卒業までに時間がかかる。
・一般教養に時間を割くため、臨床現場に出られるまでに時間がかかる。
・大学に入るための試験が難しく、倍率も高い。

引用元-一緒に決めよ理学療法士専門学校ガイド

大学と専門学校で就職のしやすさの違いはあるのか

就職に関してどうでしょうか。
大学は4年制なので、専門学校の3年制に比べて、当然、就職は1年遅くなります。
就職の需要は少しずつ満たされてきているので、そう言う点ではやや不利です。

しかし、ある就職先の求人数に対して、求職者数が多かった場合、大学有利になる可能性はあります。
求人する側は少しでも、良い人材を採りたいと思うので当然です。(「高学歴=良い人材」とは思いませんが、一般論として。)

又、待遇面に関しては、専門学校卒より大卒の方が優遇している施設もあります。
求人する際には、大卒・専門学校卒の他には、その学校自体の評価もあります。
その学校の歴史や卒業生の質、国家試験の合格率、教員の熱心さも気になる点です。

専門学校の良い点は、就職が大学よりも早くできることや歴史のある学校では絶対的な評価を得ていることがあります。
養成校が増えている現在、今後は大卒有利の傾向が強まる可能性は高いかも知れません。
専門学校卒の方には、大卒や社会人経験者も数多くいます。
そのような方は逆に即戦力として、評価を得る場合もあると思います。

結論ですが、就職は運・タイミング・コネ・情報収集力で決まるものと思っています。
実力で決まる場合は、ごく一部の人気のある施設だと思です。
就職を考慮して学校を選ぶことも大事ですが、自分の実力・好みで学校を選んでも良いのではないかと思います。

引用元-理学療法士のウェブライフ

まとめ
大学も専門学校もそれぞれメリット・デメリットはあるようですね。就職のしやすさに関しては、学校によるところも大きいようです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済