日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

      2017/01/03

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外ではどこで買うことができるのでしょうか?切手は実はいつでも買うことができるようです。今回は郵便局の窓口以外での切手の買い方について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バドミントンのラケット選び♪初心者のあなたへ☆彡

休日に、公園や家の前などで楽しそうに遊ぶ姿が見られるバドミン...

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相...

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくると...

ビルの屋上にある鳥居は珍しくない

意外と知られていないことは、ビルの屋上に鳥居がある事です。実...

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の...

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学...

子供を施設に預けるための条件はあるか

皆さんは児童養護施設がどのような所か知っていますか?最近は漫...

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空...

幼稚園のバスの運転手になるには?取得する免許

幼稚園の送迎バスを利用している人は多いですね。幼稚園の送迎バ...

恋愛ドラマで感動したい!泣けるドラマ

思いっきり泣いてストレス発散したい!という時ってありますよね...

家庭用電気スイッチをおしゃれに替えて、プチ模様替え

季節の変わり目には、部屋の模様替えをしたいと思いますが、大き...

賃貸契約はなぜ2年なの?更新は家賃や保険の見直し時

賃貸契約の更新の通知をみて、「あぁ、もうあれから2年経ったの...

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は...

部活の先輩が引退!手紙を贈るならどう書く?

部活でお世話になった先輩が引退するときは今までの感謝を込めて...

ゴルフ場デビューは予約のやり方を教わる事

ゴルフが初心者なのに、ゴルフ場の予約を任されたら不安ですね。...

スワロフスキーストーンのデコセットは初心者でも作れます

大人気のスワロフスキーのデコでオリジナルグッズを作ってみまし...

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

就職や進学で一人暮らしを始める人もいることでしょう。その場合...

転勤の挨拶には個包装のお菓子が良いでしょう

転勤は引き継ぎや資料作りが大変ですね。『立つ鳥跡を濁さず』の...

大学進学で一人暮らし!女性が気を付けることは?

大学に合格して、四月からは一人暮らしを始める!という人も多い...

BSのアンテナに室内で使用できるものはあるのでしょうか?

BSのアンテナは室外用に作られています。以前は室内のモノが販...

スポンサーリンク

郵便局の窓口以外での切手の買い方

大手のコンビニであれば切手も取り扱っています。
切手の買い方は単純で、レジにいる店員さんに直接、「○○円切手を○枚ください」と伝えれば切手を出してくれます。

52円、82円といった切手ならほぼどのコンビニでも取り扱っているため、急に切手が必要になった時でも安心です。

1枚単位での購入も可能であるため、少し切手が必要だけどまとまった数は必要ないという場合にはコンビニは便利ですよ!

引用元-ハヤマチ

切手を買うことができるコンビニと切手の種類は?

切手購入可能なコンビニとは

大手のコンビニでは切手などの取り扱いがあるので、あなたの住んでいるエリアのコンビニでも購入できると思います。
・セブンイレブン
・ローソン
・サークルKサンクス
・ファミリーマート
これらのコンビニの前にポスト投函ができるようになっている場合、必ず切手は購入できるようです。

郵便物と切手について

今から出したい郵便物や荷物がいくらなのか把握していない人は多いものです。
定型内、定形外でも値段は変わりますから、不安なようだったら、店員さんにお願いして、はかりで量ってもらうこともできます。
切手代がいくらか知りたいのですが、といえば、すぐにはかりで量ってくれますよ。
ちょっと気が引ける、というなら自宅で計測するか、レジが混んでいないときにお願いするといいかもしれませんね。

取り扱いの切手の種類について

大手コンビニで取り扱いのある切手は、120円、80円、50円、10円などが一般的です。
記念切手やもっと別の値段の切手が欲しいという場合はやはり郵便局に行く必要があります。

引用元-nanapi

コンビニでもいろんな種類の切手が買えるワケ

コンビニで販売されている切手とは、『2円、10円、50円、52円、82円、92円、100円、280円』の8種類を主に販売している店舗が多かったのですが、ではなぜこの8種類なのか?が気になりますよね。

唐突ですが、皆さんはどのような時に切手を使いますか。
うん、やはり一番多いのが書類などを封筒で送る時か、ハガキを出す時が一番使用する頻度が多いのではないでしょうか。
という事でコンビニで切手を購入する場合は、
・ハガキなら52円切手でOK!
・25gまでのB54つ折りの長形4号なら82円でOK!
・25gまでのA43つ折りの長形3号なら82円でOK!

このように「52円」と「82円」切手の使用する用途が非常に多いのです。
そのため、コンビニでも一番売れているのが「52円」「82円」の切手のようです。
それなら「52円と82円切手だけいいのでは?」と思いますよね。
しかしそうはいかないのが、困った時の私たちの味方!コンビニなのです。
様々なかたの需要や緊急時、困った時のためにさらに幅広く52円の下の金額の「2円、10円、50円」も!そして82円の上の金額の「92円、100円、280円」も!用意されているようです。

引用元-INFO-TRIBE

コンビニの切手は郵便局からの業務委託

ご紹介しましたように郵便局以外に切手を販売しているコンビニや商店などありまですが、これらの販売店と郵便局との関係も知っておいた方がよいと思われます。

コンビニや商店などでの切手販売は、あくまで「業務委託」ですので、郵便物の郵送に関する責任は負えません。
お客さんから言われた通りの額面の切手を売り、日本郵便が回収するためのポストを設置しているだけに過ぎません。
ですから、切手購入額が足りないなどの、後々トラブルにならないためには郵便局で手続きをするのが無難かも知れませんね。

ちなみに、切手がいくら売れても、あまり利益につながらないようですが、売れた金額に応じた販売手数料が、日本郵便から支払われる形になっているようです。

引用元-厳選!新鮮!とっておき@びっくり情報

ネットでも切手が買える!

日本郵便株式会社が運営する切手SHOPというオンラインショップがありここで切手を購入することが可能です。
1円や10円、あるいは52円や82円といったスタンダードな額面のものから205円や1000円といった額面のものまで、店頭で取り扱われているものと同様19種類の額面の普通切手が購入可能です(2015年06月23日確認)。
また、慶事用や弔辞用の普通切手も取り扱われています。

引用元-にうにう!

ネットでの切手の買い方は?

切手の買い方は?

対象地域は日本国内で、購入した切手はゆうパックで発送してくれます。
また配送料については、1回の購入商品代金が(配送料を除いて)5000円を超過した場合に無料になります。
なお支払いについては、クレジットカードかゆうちょ銀行の送金サービス(振替)が利用可能です。

短所は配送日数

便利なオンラインショップですが、1つ 極めて大きな欠点があります。
それは、購入した切手が手元に届くのにかなりの日数がかかること。

クレジットカードでの購入の場合、注文から約1週間 、また振替であれば入金から約10日後に切手が手元に届きます。
すぐにでも切手が欲しい! という人には決しておすすめできませんね。
そういう人は素直に郵便局に足を運ぶか、休日であればコンビニに出向くのが得策だと思います。

引用元-にうにう!

郵便局窓口ではこんな切手も

切手はコンビニで買うことが多かったのですが、さすがに起業してからは請求書発行などで使う切手の量が増えてきて、郵便局で大量購入するように。
液状のりで1枚1枚貼るのは面倒だな~と常々思っていたら、ある日郵便局の窓口で「シールタイプもありますよ。いかがですか?」と勧められたのです。
存在を知らない人が多いせいか、結構売れ残っているらしいです。

10枚1シートで、価格は普通切手と同じ。
キャラクターものはビジネスで使うのはちょっと…という印象ですが、花シリーズや動物シリーズは、ビジネス利用でも問題ないと思います。
たいてい、柄は選ばせてもらえます。
窓口で「シールタイプの82円切手を~枚ください。」と指定すれば購入できますよ。

引用元-ひだっちブログ運営スタッフ

まとめ
郵便局だけでなく、コンビニでも手軽に切手は手に入ります。コンビニによっては郵便物を出すこともできるので便利ですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ