日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

保険を解約したらペナルティがある?保険の解約の仕方

      2017/01/17

保険を解約したらペナルティがある?保険の解約の仕方

生命保険を契約したけれど、やはり解約をしたい場合はどうしたらいいのでしょうか?すぐに解約した場合はペナルティなどがあるのでしょうか?今回は保険の解約について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並び...

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんはいよいよお風呂デビューです。...

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です...

インターネットを開くと色々な広告が勝手に表示されるのはどうして?

インターネットはみなさんが、日々よく利用されているものだと思...

住民票に記載されている住所の表記について

住民票に表記されている住所は正規のものであり、申請書類などは...

車の営業マンに恋をしたらどうする?

自動車の販売や接客をする営業職の人には高いコミュニケーション...

文章を上手に書くには!?主語、述語、修飾語について

文章を書く上で主語と述語と修飾語は大事ですね。修飾語を使うと...

自動車の車検のシールについて知ろう!!

自動車のフロントガラスによくシールが貼ってありますよね。その...

大学のテストでやる気を出すためにできること

大学とっても楽しいですよね。けど、必ずテストというものがあり...

雑誌の編集をする仕事に就職するのは大変?

雑誌の編集のお仕事。とってもかっこよくてやりがいがありそうな...

就活用のネクタイをプレゼントしたい!

就活を控えた彼氏にネクタイのプレゼントをしてみてはいかがでし...

健康診断で再検査に!再検査は行かないといけない?

会社などで健康診断をして、もしも再検査になったらどうしますか...

鼻の毛穴の黒ずみをなんとかしたい!とれない場合の対処

鼻の毛穴の黒ずみはとても気になりますね。気にしすぎてついつい...

今、子供を前や後ろに乗せて移動するのに大人気なのがチャイルド...

世界で起きた被害規模の大きい歴代地震

地震は世界の様々な場所で発生しています。その中でも日本は特に...

ネット友達の作り方のいろいろな手段

実生活では行動範囲が限られます。特に社会人や主婦は友達ができ...

勉強するならこの場所で!勉強におススメのカフェ

家で勉強をしていると誘惑が多いのでついつい集中力を切らしてし...

ゲオの漫画のレンタルは品揃えや価格がピカイチ

漫画を読みたい時はどうしますか?コレクションとして集める?漫...

病院に入院する時はパジャマはどれがいい?乳がんの場合

手術などで病院に入院することになったら何を持参すればいいので...

美容師になるために精神科の病院の診断書をもらう

美容師の資格をとるときや開業の申請の際に「精神の機能の障害に...

スポンサーリンク

保険の解約にペナルティはある?

保険会社の担当者と親しければ親しいほど、保険の解約は言い出しにくいものです。
また、保険会社の営業担当者は、自身が獲得した保険契約が解約になると、ペナルティを受けるケースもあります。

保険会社によって微妙に異なる部分もありますが、だいたい契約後1年以内の解約は、金銭的なペナルティがあります。
また契約後1年以上2年未満の解約は、金銭的なペナルティはありませんが、営業成績の査定に影響してくる場合があります。

しかし、裏を返せば、契約後2年を経過したものであれば、営業担当者にとって、解約されたとしても痛くはないわけです。
これから解約しようと思っている保険が、契約後2年を経過していれば、それほど気にする必要もないのです。

引用元-保険を解約するときに注意すべき4つのポイント

保険の解約でクーリングオフの対象外のケースは?

契約中の保険というよりは、加入したての保険、これにのみ生きてくるものであると思っておかれると分かりやすいでしょう。
何故なら、基本的に契約成立から8日間以内に書面で届け出を行う事という規定があるからです。

しかも、ならば、昨日や一昨日に入った生保ならいいのかと言うと、これがまた、必ずしもそうではなく、先述の通り、突如一方的にというのがポイントで、生命保険の勧誘の場合、知り合いが事前に電話で話を持ちかけて来たり、何度か自宅や職場に外交員が訪ねて来た結果、とうとう押し切られて加入させられるというケースが目立ちます。

それでも、一方的に接触してくるという意味では、該当しないでもないとは言え、初対面で契約しない以上、自身で考える時間は与えられる訳で、そうなると、クーリングオフの対象にはならなくなってしまうのです。

ましてや、あらかじめ電話で見直しや新規契約を持ちかけられ、後日接触した場合は、関心やニーズがあったものとみなされ、まず、申し立てが通る事はありません。
また、自分の意思で相談を持ちかけたケースなら尚更の事、例え思っていた商品や中身とは違ったとしても、問題外です。

引用元-生活の知恵びーいんぐす

保険解約のペナルティは担当者が受ける?

保険営業のセールス パーソン は、歩合給が高い職種です。契約がたくさん獲れ、成績が上がれば給与も増えます。

逆に成績が下れば減る。担当顧客解約や減額になると、それ相応のペナルティを課せられます。(一旦もらった手数料が給料から控除される)
でも、私の知る限りはそのペナルティは契約して25か月(2年 と一ヶ 月)
なっている場合がほんどです。

さらに減額となれば、13か月経過すればペナルティも軽い場合あるでしょう。
大事なのは、どの部分が減額になるかです。

そもそも国内生保は、死亡保障を売ってナンボの世界です。
保障が大きければいほど成績手当は多くなるからです。

私が在籍していた 頃はそうでした。
だから 、解約減額のもっとも大きなペナルティは死亡保障です。
それ以外の医療特約などの解約はほぼお咎めしといえます。(現在の新しい特約は控除の対象となるようです)

要するに、保険営業 のセールスパソンが解約、減額をされて困るのは 、契約から2年経過しているかどうかだけなのです。これはほぼどこの会社も同じです。

引用元-保険見直しで失敗しない7つの方法

保険の営業員にはノルマやペナルティがある

真偽の程は分かりませんが、営業員はその上司から「客を騙してでも保険を売って来い」と言われることもあると聞きます。
この営業員は、”客を騙してでも”解約させたくなかったのでしょう。
なぜなら、契約させて直後(2年以内?)の解約は、自分の営業成績に響くから(営業員自身にペナルティがあるから)。

このようにする原因はいくつかあるのでしょうが、
・ひとつには、営業員が未熟であること
・もうひとつは、ノルマに追い立てられていること

国内大手生保の営業員は、入れ替わりが激しいと聞きます。
大量に辞めるから大量に採用する。この繰り返しのようです。
それは、ノルマに追われ、それについていけない人が大量に脱落するから。
だから、私たちが勧誘を受ける営業員は、常に新人(未熟な営業員)である可能性が高くなります。新人だから、知識が乏しい。しかし、ノルマはある。

よって、少し保険のことを分かっている人に聞けば、すぐにすぐにバレるような嘘をついてでも契約させようとする。
国内大手生保は、このようなことを、もう何十年も繰り返しているようです。

カタカナ生保は、ここまで極端ではないでしょうが、ノルマを課せられていることは同様なようです。

引用元-快適らいふ

早期解約で契約者にペナルティはないが代理店にはあることも

加入後すぐの解約はブラックリストに載るようなことはありませんが、代理店には早期解約のペナルティがあります。
まだ証券待ちとのこと、すぐに申し込みの撤回ができないかを代理店に言ってみましょう。

通常、クーリングオフは8日以内ですが、保険会社によってはそれより長い期間可能な場合もあります。
解約よりも申込み撤回のほうが代理店にとっては助かると思いますよ。

クーリングオフ期間に関しては、契約時にもらった「ご契約のしおり」に書いてあるはずです。
代理店に言いにくいようでしたら、クーリングオフのハガキをだしましょう。

引用元-専門家ProFile

クーリングオフ以外で解約する方法

契約を無かったことにする方法はクーリング・オフだけではない

保険に限らず、一度成立させた契約を無かったことにする方法として、一番メジャーなのがクーリング・オフです。
しかし、契約を無かったことにしたり、早目に解約する方法はほかにもあります。

特定早期解約制度

変額保険や外貨建て保険などの保険料がハイリスク運用される保険契約は、クーリングオフの対象とならない場合があります。
しかしその場合でも「特定早期解約」を行うことができます。

保険契約成立日またはこれに近接する日から起算して10日以上の一定の日数(保険会社が任意に設定)を経過するまでの間に限って、手数料等が差し引かずに解約することを認めてもらえず制度です。

契約者価額(解約までの払込保険料総額に運用成績を加味した金額。通常は時価相当額)に、契約時に控除された手数料が加算されて返金されます。

引用元-ウェブ主夫

まとめ
基本的に契約者にペナルティはありませんが、営業員や代理店にはあることもあるようです。保険の契約は慎重にしましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ