日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

アスペルガー症候群の診断名がなくなる?なくなったワケとは?

      2017/01/21

アスペルガー症候群の診断名がなくなる?なくなったワケとは?

アスペルガー症候群とは、言葉や知的な遅れがない自閉症のことをいい、ある程度成長しないと見つかりにくい障害と言われています。今後このアスペルガー症候群の診断名は統合されてなくなるといいます。なぜ診断名はなくなることになったのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ナイフやフォークを置くカトラリーレストがある場合のテーブルマナーは?

レストランでのテーブルマナーは最低限覚えておかないと恥をかい...

賃貸で店舗物件を探すには?不動産会社で見つける方法

事業主として賃貸で店舗物件を探すにはどうしたらいいのでしょう...

ハローワークに求人情報を掲載するには?いい人材を獲得するためのポイント

転職をするときにハローワークを利用したという人は多いのではな...

理想の家を建てるには土地の広さはどのくらい必要?

家を建てるなら理想の広さの家を建てたいですね。しかし土地によ...

これはどのアニメのタイトル?中国語では日本のアニメはどうなる?

日本のアニメは海外でも視聴されていますが、最近は中国でも人気...

病院への就職は大変!?臨床検査技師の仕事について

臨床検査技師は医師の指示によって患者さんのいろいろな検査を行...

旅行の移動は身軽に!宿泊先のホテルに荷物を送るには?

長期の旅行の場合は、たくさんの荷物を持って移動しないといけな...

大学と専門学校のダブルスクールは可能?二重学籍になる場合とは?

二重学籍とは2つの大学に籍を置いている状態のことで、おおくの...

会社を登記する方法とは?その流れを紹介!

起業などで会社を設立する場合は登記を行う必要があります。登記...

札幌は車が必要?北海道で車を上手に利用する方法

北海道では車は絶対い必要なようですが、札幌ではどうなのでしょ...

明太子をおいしく食べたい!冷凍明太子のおいしい解凍方法

明太子は冷凍して保存するのがおすすめです。冷凍すれば長期間保...

看護師になるには?大学の難易度は重要?

看護師になるには大学や専門学校へ通って、国家資格を取得しない...

ガスと電気と灯油はどれがお得?暖房費を比較!

冬の暖房器具は色々ありますが、どのエネルギーを使用するかで暖...

彼氏が仕事で悩みを抱えていたらどうしたらいい?

付き合っている彼氏が仕事のことで悩んでいたらどうしますか?彼...

市役所採用試験は難易度MAX!?

今や小学生にアンケートを取っても、将来就きたい職業に「公務員...

江戸時代とはどんな時代?実は日本の歴史の中でもすごい時代だった!

江戸時代は徳川幕府が治めていた時代のことをいいます。その長さ...

会社の売上と利益の違いは?どっちが大事?

会社にとって売上と利益は重要ですね。売上から仕入れを引いたも...

バイクでツーリングするなら北海道がおすすめ!

バイクに乗れるなら、色んな所へツーリングしたいですね!特に北...

目の疲れを癒す!?おすすめの家電とは?

最近はパソコンを使う機会が増えているので目の疲れが取れないこ...

風邪の時の気遣いはどうすればいい?彼氏が遠距離の場合

遠距離で付き合っている彼氏が風邪を引いたときいたらどうしたら...

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、自閉症の3つの特性(社会性・コミュニケーション・想像力の3つ組の障害)を持っており、言葉や知的な遅れがない自閉症をいいます。

アスペルガー症候群の子供は、普通の子供と同じように言葉を話すことができ、部分的には高い能力を示すことがあるので、言葉の発達面だけを見ていると、子供の障害を見逃してしまうケースもあります。

アスペルガー症候群は、ある程度成長しないと分かりにくい障害ですが、気をつけて観察していると幼い頃から小さな兆候が現われています。

赤ちゃんのときから抱っこしていても目を合わせないとか、部屋にひとりでおいていても長時間静かにしている、あるいは一人で遊んでばかりいる、言葉は話せるのに会話がギクシャクしたり、何となくかみ合わない・・・といったように子供に気になる特徴が見られた場合には、3歳児検診などで専門家に相談してみましょう。

引用元-行列のできる情報館

アスペルガー症候群を診断する基準とは

アスペルガー症候群の診断基準とは?

さて、アスペルガー症候群は何を基準に診断されるのでしょうか?
実は、日本の精神科や心療内科で使用している診断基準があります。

当然と言えば当然のことですね。A病院とBクリニック、C医院のそれぞれが別々の診断基準を使って患者を診断してたりすると、何が何だが訳が分からなくなって混乱してしまいますからね。

その「日本の精神科や心療内科で使用している診断基準」は何なのかというと、【 DSM-Ⅳ 】という診断基準を日本は採用しています。

アスペルガー症候群をはじめ、自閉症、うつ、パニック障害、境界性人格障害、摂食障害、強迫神経症などの精神疾患についての診断基準、判断指針が【 DSM-Ⅳ 】です。

[ DSM ]とは、[ Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders ]の頭文字で、日本語に訳すと「精神障害の診断と統計マニュアル」となります。

[ DSM ]はアメリカの精神医学会の診断基準のことです。
日本はアメリカの基準を使っている、ということですね。

メンタル分野においては、アメリカは日本より10年進んでいるといわれています。
ですので、心理=メンタルの研究・勉強を本気でしようという人は渡米する、という現状です。かくいう私もその一人ですね。

その[ DSM ]ですが、[ DSM-Ⅳ(4) ]となっているのは、年月を経て改訂・バージョンアップが行われて「4番目」という意味になります。

引用元-キッズメンタルねっと

自閉症の中のアスペルガー症候群の診断の分類

自閉症状の典型的(定型)として

1、コミュニケーションの欠け(言語障害や言語遅滞など)
2、社会性の欠け(独自のこだわり、理由なしに嫌がったりなど)
3、想像力の欠け(表情からの気分の読み取り、場の雰囲気の理解、共感能力の欠如など)
の3つがあります。

このような典型的(定型)な自閉症を「カナー症候群」と言います。
逆に、1~3の全てに当てはまらないが、どれか1つか2つは当てはまる非典型的な自閉症を「非定型自閉症」(特定不能の広汎性発達障害)と言います。

引用元-リバータリアン心理学 研究所

アスペルガー症候群の診断名がなくなる?

2013年5月。アメリカ精神医学会の診断基準DSM(精神障害の診断と統計の手引き:Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)が19年ぶりに改訂される。
DSMは「アメリカ精神医学会」という一団体によってつくられた診断基準ではあるが、世界中で使われている事実上のグローバルスタンダードになっている。
日本でも、このDSMを使った診断がきわめて一般的であるため、今回の改訂は日本にも少なからず影響を与えると考えられる。

DMSの改訂によっていくつかの変更が行われる予定である。
まずDSM-IVでは、小児自閉症やアスペルガー障害などのサブカテゴリーを含む「広汎性発達障害」とよばれていたものが、DSM-5では「自閉症スペクトラム障害」というひとつの診断名に統合される。

引用元-SYNODOS

アスペルガー症候群の診断名がなくなるとどうなる?

垣根がさっぱりして、差別がなくなってよかったというメリットがあるんじゃないかと思うかもしれませんが、もっと別の目的があります。

それが「お薬を出せる」ということです。

例えるなら、今まで非定型の自閉症やアスペルガーという魚の住む海は、まだ魚が未知だったので禁漁(お薬を出せない)されていたのです。
今回、それを解禁させて、未知の魚でも、既知の魚と一緒ということにして漁をしてもよくなったということです。(お薬を出してもいい)

通常なら、簡単にアスペルガーなんて診断ができなくなり、自閉症なんて重い印象の診断なんて滅多に出ないだろうと思われるかもしれませんが、どうしても自分の子どもや、あるいは自分自身が、コミュニケーション障害や社会性・想像力の欠けから馴染めずに悩み、受診すると、どこかで「今の症状の答えがほしい」と思ってしまうものです。

引用元-リバータリアン心理学 研究所

アスペルガー症候群の診断名がなくなった経緯とは

DSM-IVの判断基準ではアスペルガー障害は10万人に8.4人しか発現せず、その判断基準に意義があったのかはよくわからない。
ヴォルクマーとクラインはハンス・アスペルガーの記述に近づけたものと述べているが、ウィングは(Wing 2000=2008)広汎性発達障害のサブカテゴリーとしては「不満足な代物」という評価を下している。

自閉症スペクトラム障害に統合が決まってからは議論されることも稀になったが、アスペルガー障害というサブカテゴリーの無用さは研究者のあいだでは共通認識となってきたところがある。

引用元-SYNODOS

まとめ
アスペルガー症候群の診断名はなくなるのは自然な流れだったようですが、細かい症状の差を分類できなくなると今後問題が出てくる可能性もありますね。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ