日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ママ用自転車もかっこよく子供を乗せたい!海外で人気の自転車は?

      2017/01/28

ママ用自転車もかっこよく子供を乗せたい!海外で人気の自転車は?

子供を乗せるママ用の自転車は日本ではよく乗っている人をみかけますね。最近はおしゃれなものもあり、海外の物もみかけます。海外の子供を乗せる自転車はどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

神社に参拝する時、お賽銭っていくらがいいの?

お正月には神社に初詣に行く方も多いと思いますが、皆さんお賽銭...

外国人が日本の食べ物で好きなもの嫌いなもの

訪日する外国人は年々増えていますが、やはり食に関することで驚...

ジャンプ写真撮影のコツ

SNSなどで、みんなでジャンプ!した写真、見かけますよね。楽...

ロングコートは身長が低い人でも着こなせる!

背が低いと、ロングコートは似合わない…というのは、男女問わず...

椎間板ヘルニアを治すのに手術は必要!?入院期間はどのくらい?

椎間板ヘルニアになると激しい痛みに襲われ、場合によっては日常...

信用金庫の口座解約は難しい!?

地元の信用金庫に口座があるよ、という方も多いと思います。でも...

高校の友達と会話が続かない!上手に会話をするポイントとは?

高校では環境が変わるので、新しい友達がたくさんできるかもしれ...

金魚が病気になったらどうしたらいい?赤い斑点が出るのはどんな病気?

金魚も病気にかかることがあるので、日頃からよく観察をしておか...

警察の巡回連絡とは?住所氏名の調査は拒否できる?

警察が突然自宅に訪問して、住所氏名、家族構成などを調査される...

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

会社の待遇に不満があっても、そのままの待遇で働いている人は結...

中学校の部活は親も大変!?保護者会の役割とは?

中学校の部活にも最近は保護者会が存在するようです。中学の部活...

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

一般的に売られているシミ用の化粧品はどのくらい効果があるので...

化粧水と美容液の違いとは?2つを上手く使ってスキンケア!

スキンケアで欠かせないのは化粧水、乳液、美容液などです。これ...

顔のシミが痒いのは何故?その原因と対策について解説!

顔にできたシミの中には次第に痒みを伴う場合があります。シミが...

画像の添付をしたらメールの送信が上手くできない原因とは

現在はスマホなどで気軽に高画質の写真を撮ることができるので、...

彼氏の仕事の悩み…わたしにできることは?

一緒にいるのに彼氏がしゃべらない、いつも疲れた表情でふさぎ込...

エアコンの暖房をつけているのに寒いのは何故?原因と対策方法は?

エアコンの暖房をつけているのになんだか冷たい風が吹いて寒いと...

結露の対策は100均でばっちり!?おすすめのグッズは?

冬になると悩まされるのが結露ですね。結露の対策をちゃんとしな...

携帯で動画を見ると料金がとんでもないことに!?対処法はどうしたらいい?

携帯で動画を視聴したり、ダウンロードすると携帯の料金の請求額...

事故に巻き込まれたらどうしたらいい?慰謝料の振込はいつになる?

日常生活の中で事故に巻き込まれる可能性は0ではありません。も...

スポンサーリンク

子供を自転車に乗せるときの注意点

子どもを自転車に乗せられるのは何歳から?

子どもを自転車に乗せられるのは、1~2歳からとなります。
落ち着いて座ることの難しい1歳児を抱えるママの中にはおんぶ紐を使う人もいるようですが、自転車における交通ルールは各県によって異なりますので、「赤ちゃんをおんぶして自転車に乗ってよいのか?」という点を確認しておくべきと言えるでしょう。

1~3歳、体重15kgぐらいの子どもの場合は、安定性という意味で前乗せチャイルドシートの利用がおすすめです。

前乗せチャイルドシートには「ハンドルがふらつく」という難点がありますが、ママが常に子どもを見守れると考えると、コミュニケーションという意味でもおすすめ度の高い存在と言えるでしょう。

引用元-ギフト教育ラボ

日本で人気の子供を乗せられる自転車は?

1位ブリジストン HYEDEE.B

さすが、雑誌VERYとのコラボ商品と言うべきか。
価格は高めに設定されていますが、電動アシスト付きの自転車で、スポーティな形がさらにママチャリのように見せません。
チャイルドシート部分も安心して子供を乗せられる仕様になっています。
子供が大きくなっても、これならそのまま使い続けることができます。
最近、ますます街でHYEDEE.Bを乗りこなすママが増えたような気がします・・・

2位NOiS MAMA model-T

府中発の自転車屋さんが作ったママチャリ。
最近はHAMAXやYeppなど、海外製のチャイルドキャリアが注目されてきました。
けれど、日本製の自転車にはなかなか装着できなかったのが、それを見事にクリアしたのがこのノイズママ。
安定感抜群の20インチタイヤだから、小柄なママでもちょうど良い。
最近では電動アシストのモデルも登場しました。見逃せないお店です。

3位パナソニック ギュットシリーズ

スタイリッシュな幼児2人乗りの自転車です。
このシリーズでさらにスタイリッシュでスポーティなシリーズが登場するとか。
こういうの待っていたな~・・・と思っている人も多いはず。
こちらは、まだまだ発売されていないので、未知数ですが、これから注目間違いなし!

引用元-Ranking Share

海外ではこんな自転車に子供を乗せている!

・カーゴバイク
自転車の前に子どもを二人乗せられるタイプと、車椅子を搭載出来るタイプと色々あります。

・前乗せチャイルドシート
マウンテンバイク(MTB)やクロスバイクに取り付けてあります。日本でも取り付けるヒントになるかなと思い乗せておきます。

・後ろ乗せチャイルドシート
普通のママチャリもありますが、ロードレーサー等のスポーツ自転車に子ども乗せを取り付けていますね。

・チャイルドトレーラー
子ども乗せというより、スーパーで見かけるカートですね。日本でも販売しているところがありますね。

・リカンベント
リカンベントを使用して子どもを乗せている画像です。

引用元-子ども乗せ自転車の情報局

海外では子供と乗れるタンデム自転車も人気

日本では6歳未満に限って、自転車に子供を乗せることが可能です。
それ以上の年齢での自転車の二人乗りは違法であり、タンデム自転車も、ほとんどの都道府県で公道を走行出来ないことになっています。
実は、その規制をクリアするようなタンデム自転車もあることはあるのですが、あまりメジャーではありません。

事実、日本ではタンデム自転車がほとんど走っておらず、2人で自転車に乗る機会は限られます。
その意味で6歳までが、親子タンデムでサイクリング出来る貴重なチャンスと言えるのかも知れません。
そう考えると、日本でもこんなタンデム用チャイルドシートがあってもいいような気がします。
ただ、実際に子供を乗せて走っている親からは、おとなしくこがないだろうとか、すぐ飽きる、かえって危険、あまり意味がないなど、その実用性に疑問の声が上がるかも知れません。
でも教育用と考えれば、子供用の製品は、必ずしも実用性の高いものばかりではありません。

引用元-CYCLEROAD

海外の自転車事情とは?

電車に自転車を持ち込めて、降りたらまた自転車に乗れるという素晴らしい交通システム。
自転車のデザイン、街の道路網、購入時の助成制度、電車への持ち込みなど、すべての構造が違います。
あたりまえのことを実行しているだけなんでしょうけど、それがなかなかできないんですよね。

ダッチバイクと呼ばれるタイプ(日本で言うところのママチャリ)はEU圏ではとてもポピュラーです。かなり頑丈につくられており、まさしく質実剛健。

引用元-すぽひよ

フランスでは日本のようなタイプの自転車が主流

フランスではどうかと言うと、やはり値段が安いのもあり、日本と同様にやはり後ろの荷台に取り付けた「自転車用チャイルドシート」が主流です。

でも、日本のママ達のように、子供のお迎えなどに使っている場合は少なく、普段は車で移動することが多目。
いざ、自転車で移動しようと思っても、日本ほど自転車が通れる場所が整備されてないので、安定してない形で自転車に乗るのはちょっと恐いのも事実。
それでも町の中や、近所の学校に行くぐらいならやっぱり自転車で行ければ便利だし、フランスでは、自転車はスポーツの部類に入っているので、子供を連れてサイクリングを楽しむ場合も多いんです。

引用元-France++

マウンテンバイクに着けられる子供用のシートも

WEERIDE(ウィライド)

トップチューブに装着を行う、少し変わったデザインの自転車用チャイルドシートです。
親子の距離が非常に近くなるというメリットがあるため、サイクリングをしながらお子さんとの会話を楽しめるという理由でも、人気の高い存在となっています。

また全てにヘッドレストが付いていますので、サイクリング中に子どもが眠ってしまったというシーンでも、ママは安心して自転車を漕ぎ続けることができるのです。

ママチャリには乗せられないという難点を持つWEERIDE(ウィライド)ですが、マウンテンバイクとの相性は抜群です。

引用元-ギフト教育ラボ

まとめ
海外ではいろいろな形の子供用シートの自転車があるようです。日本でもいずれ見れる日が来るのでしょうか?

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ