日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

親が離婚したら戸籍はどうなる?子供の戸籍について

      2017/02/17

親が離婚したら戸籍はどうなる?子供の戸籍について

親が離婚した場合は戸籍はどうなるのでしょうか?離婚は親同士の問題なので、子供の戸籍はそのままでは変わらないようです。子供の戸籍はどうしたらいいのでしょうか?今回は親が離婚した場合の戸籍について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式のサプライズを兄弟へ・兄弟から

思い出の多い結婚式の演出で式を盛り上げたいのは新郎新婦だけで...

精神科に入院するのはどのような症状か

精神科と聞くとどのようなイメージを持っていますか?精神科に通...

銀行のキャッシュカードを2枚発行できるの?

銀行のキャッシュカードは1口座に1枚だと思いますよね。ところ...

筋トレが効果あり!?身体を鍛えて精神も鍛えよう!

筋トレは身体だけでなく精神を鍛えるのにも効果があると言われて...

文系の人が就職するのに勝ち組とされる就職先は?

大学の学部で文系、理系と分かれると思いますが、文系の人が就職...

会社の社長の職業を聞かれたら何と答える?

「あなたの職業は何ですか?」と聞かれたときに、答え方に困るこ...

入院時のパジャマはどんなものがいい?女性の場合

手術などで入院となった場合は何を用意すればいいのでしょうか。...

家の電話へ迷惑なワン切りがあるらしいです

家の電話にワン切りがかかったことはありますか?夜中が多いよう...

身内にご不幸があった方やご遺族にへかける言葉

親しい方のご不幸や親しい方の身内のご不幸があった場合、どのよ...

家のカラオケがご近所の迷惑にならない方法

カラオケ好きな人必見!家でもご近所迷惑を気にせずに思いっきり...

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いよ...

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいです...

体型で性格が診断できる?体型別の性格とは

人の性格は様々ですね。その性格をその人の体型で診断することが...

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並び...

赤ちゃんのお風呂の入れ方は何が大切?

生後1か月を過ぎると、赤ちゃんはいよいよお風呂デビューです。...

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です...

インターネットを開くと色々な広告が勝手に表示されるのはどうして?

インターネットはみなさんが、日々よく利用されているものだと思...

住民票に記載されている住所の表記について

住民票に表記されている住所は正規のものであり、申請書類などは...

車の営業マンに恋をしたらどうする?

自動車の販売や接客をする営業職の人には高いコミュニケーション...

文章を上手に書くには!?主語、述語、修飾語について

文章を書く上で主語と述語と修飾語は大事ですね。修飾語を使うと...

スポンサーリンク

親が離婚した場合子供の戸籍謄本への記載はどうなる?

戸籍謄本・戸籍抄本はどのような記載になる?

離婚した両親を持つ子供の戸籍には「平成○年○月○日親権者を母(父)と定める旨父母届出」という文が記載されます。
両親が離婚すると子供の戸籍にも記載されてしまいます。

残念ですが、親が離婚再婚すると、子供の戸籍にどんどん記載されてしまいます。
これを正式な書類として提出しなければならない息子…。
婚姻する時も、息子はこの戸籍を持って結婚しなくてはいけない。
息子の戸籍でも両親の離婚が分かってしまいます。

引用元-りょうこがシングルマザーになりまして

親が離婚した場合の戸籍の変化のパターンとは

パターン1‐もといた戸籍に戻る

離婚をした場合には原則として、もといた戸籍に戻ることになります。
ただし、戸籍の筆頭者は、もとの戸籍に戻ることはなく、身分事項欄に離婚の事実が記載されるだけです。
たとえば、夫が戸籍の筆頭者であれば、離婚をすると、妻はもといた戸籍に戻り、夫はそのまま変動はないということになります。
また、もといた戸籍が除籍されている場合(戸籍内の全員が死亡している場合など)には、戻る戸籍が除籍されてなくなっているので、新戸籍を編製することとなります。

パターン2‐新たな戸籍を作る

上記のとおり、もといた戸籍が除籍されている場合や、後に記載するような、婚姻時の姓を継続使用するような場合には、もといた戸籍に戻ることはできませんので、新しい戸籍を編製します。
新しい戸籍を編製するにあたり、本籍地はどこにおいてもよいということになっていますので、自由に選ぶことができます。
一番多いのは、離婚した後の住所地をを本籍地とするケースでしょう。
このようにすれば、今後戸籍を取る必要が生じた場合に、近くの役所で取ることができ、便利です。

パターン3‐結婚時の姓を継続使用し新しく戸籍をつくる

離婚後3カ月内に市区長村役場に届け出をすると、婚姻時の姓を使い続けることもできます。
この場合には、姓がもといた戸籍とは姓が異なることになりますから、必ず新たな戸籍を作成することとなります。

引用元-松谷司法書士事務所

親の離婚で子供の戸籍は変わらない

離婚というのは、あくまでも夫婦の問題であって、その子供の戸籍に変動はありません。
夫婦でも変動があるのは、筆頭者ではないほうだけです。
たとえば、夫が筆頭者の場合、離婚届によって戸籍が動くのが妻1人だけです。
妻はその戸籍から抜けて1人で新しい戸籍をつくるか、結婚する前の戸籍(自分の両親の戸籍)の戻るか、好きな方を選べます。そして、旧姓に戻ります。

夫と子供は同じ戸籍(同じ氏)で妻だけが違う戸籍(氏が別)です。
現実には妻は子供を連れて出ていくというのが多い(あるいは夫だけ出ていく)みたいで、そうすると、妻と子供は同じ住所で、名字が違う。
夫だけ別な住所だけど、子供とは一緒の戸籍となります。

引用元-誰も教えてくれない戸籍の話

離婚で子供を自分の戸籍に入れたい場合は

子供の姓と戸籍を旧姓に戻った母親と同じにするには離婚届だけでは子の戸籍に変動はありません。

夫婦が離婚しても子供は筆頭者とした戸籍に残るのが原則です。
これは母が子供の親権者になっても変わりません。
子供を自分(妻)の新しい戸籍に入籍させたい場合は、次のような順序を踏む必要があります。

1.離婚届け出時に自分を筆頭者とした新しい戸籍を作る。

2.家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出する。
持っていくもの
・子の氏の変更許可申立書
・子の戸籍謄本1通、
・母親の戸籍に移る場合は母親の戸籍謄本1通、
・800円分の収入印紙代(子ども一人ごとに必要)
・印鑑 ・身分証明書

3.姓の変更が認められたら「許可の審判書」が出るので、それを持って市区町村役場に「入籍届」を提出する。
持っていくもの
・入籍届
・戸籍謄本1通(本籍地以外の役所に届け出る場合)
・家庭裁判所の変更許可の審判書
・印鑑 ・身分証明書

4.自分(母)と子供の姓・戸籍が同じになる。
これだけの手続きを経て、ようやく子供の姓と戸籍を自分と同じにすることができます。
※子どもを、結婚しているときの姓のままでいる自分(妻)の戸籍に入れる場合にも、同じ手続きが必要になります。

引用元- Yahoo!知恵袋

子供の氏の変更が認められる場合とは

子の氏の変更が許可される基準

許可の基準は、子供の姓を変えることが子供の幸福と利益になるかという点にあります。
原則、父母の離婚により、現に同居中の親子の氏が異なる場合は、問題なく許可されますのでご安心を。

家庭裁判所から変更許可を得られたら、許可審判書を受け取り、同籍する旨の入籍届(役場で入手)と一緒に市区町村役場へ提出します。
その際、届出人の印鑑、及び、本籍地以外で届けをするときは戸籍謄本も必要となります。

引用元-シングルマザーによる離婚講座

子供が成人している場合は戸籍はどうなる?

母親が離婚するときに「旧姓」に戻すかどうかで違いが出る

「ときどき、ある問題です」と言いながら、大和弁護士は次のように説明する。
「まず、成人の子が結婚等によって元の戸籍から外れている場合、その子の姓はそのままになります」

結婚していれば、その夫婦の姓をそのまま名乗ることができるというのは、当然といえるだろう。
問題は、子が独身の場合だ。
一般的には、母親が結婚と同時に名字を変えていることが多いので、以下ではそのようなパターンを想定して説明するが、離婚のときに、母親が名字を旧姓に戻すかどうかで違いが出てくるという。

「両親が離婚すると、父親と母親は別々の戸籍になりますが、母親が元の名字に戻さず、父親と同じ名字を名乗ることもできます。
その際、子はどちらかの戸籍に入ることになるのですが、父親と母親の名字は同じなので、子は父親の戸籍にいようと、母親の戸籍に移ろうと、名字は今のままで変わらない、ということになります」

ちなみに、成人している子は「分籍」という手続きをして、自分だけの戸籍を持つこともできるという。

引用元-弁護士ドットコムNEWS

まとめ
離婚した場合には子供の氏を変更するのには届け出が必要なようです。成人している場合は自分の戸籍を持つことができます。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ