日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

金属を加工してアクセサリーを作ってみよう!真鍮で作るアクセサリー

      2017/02/18

金属を加工してアクセサリーを作ってみよう!真鍮で作るアクセサリー

真鍮は加工が比較的簡単で、手作りのアクセサリーを作るのにも適した金属です。安く手に入るので、作り方をマスターして、オリジナルのアクセサリーを作ってみませんか?今回は真鍮で作るアクセサリーについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

スポンサーリンク

真鍮ってどんな金属?

真鍮とは?

身近なものだと5円玉ですね。
長期間、錆びにくい特徴があります。
機械器具、日用品、工芸品などに多く使われます。

黄銅(おうどう)とも呼ばれますよ。
真鍮は銅と亜鉛の合金のため、水分に弱いです。
湿気や汗の影響で、変色や錆が出来ます。

引用元-Lifehack

真鍮を加工してアクセサリーを作るメリット・デメリット

メリット

・全体的に価格が安い。
・錆びによる劣化故障しにくい。
・変色も風合いの一つとして楽しめる。
・使い込むとアンティーク調の落ち着いた風合いになる。
・鋳造、加工が容易。

ネックレスの場合は、変色することを前提に考えましょう。
アンティークやレトロなデザインがオススメですよ。
可愛くなりすぎない、ちょっと大人な落ち着いた雰囲気になります。

デメリット

・黒ずみ変色しやすい。
・水分や汗に弱く、こまめな手入れが必要。
・加重に弱く、強い力を加えると、伸びたり壊れることがある。
・ラテックス・ゴム類と接すると、化学変化でゴムを分解腐食させてしまう。
・本物の金と比べ、やや色味が違うため、見る人が見ればすぐに解る。
・金属アレルギーを起こしやすい。

真鍮を劣化させる原因のひとつが、湿気や汗です。
濡れたまま放置するのはやめましょう。

引用元-Lifehack

真鍮を加工する際に必要な道具は?

真鍮の加工で使う工具を大まかに記載しておきます。覚えておいて損はありません。

※グラインダー(切削加工用。八千~二万円)
※ハンドルーター(細かい切削加工用。八千円~十万円)
※ハンドルーター用のビット(各種五百円~五千円)
※金ヤスリ(各種三百円~二千円)
※鉄ノコ(六百円~千五百円)
※バイス(五百円~四千円)
※ガストーチ(ロウ付け用。千円~三万円)
※銅ロウ、フラックス(各種七百円~)
※耐水ペーパー(各種百円~)
※タガネ各種(四百円~)
※ハンマー各種(五百円~)

これだけ揃えられれば大概の事は出来ます。
一度に揃えずに少しずつ買いながら使用し、道具を使いこなせる様になって下さい。
金属の切削加工はデッサンの下書き(デザイン)から練習するのが良いでしょう。
真鍮は適度な硬さと加工のしやすさから初心者でも手を付け安い金属です。

引用元-教えて!goo

アクセサリーを作る真鍮の加工の手順①

材料のカット

棒状の他にも板状になっている真鍮板を使用して作成する事も出来るようです。
真鍮板の場合、厚さ1mm程度までの物であればカッターでカット出来るみたいなのですが初心者でも簡単にカットできるのは0.3mm程度までとの声もあるようです。
0.3mmはリングにするにはかなり薄そうな気もしますが・・・ハサミを使ってカットしてみましたが、0.3mmは簡単に切ることができ、0.5mmは少し力が必要でしたが切ることができました。
ハサミの方がカッターより簡単に切ることができそうです。

引用元-DIY LOG

アクセサリーを作る真鍮の加工の手順②

成形
材料をカットしたらいよいよ形作りです。
作り方は色々あるようなのでいくつか紹介します。
バーナーを使って焼成(焼きなまし)金属を曲げたりねじったりする時にそのまま無理にねじると金属が折れてしまいます。
そこで重要なのが焼きなまし。金属を赤くなるまでバーナーで熱した後に水の中に入れて冷ますと柔らかくなるので焼きなましをした後に成形していきます。
ねじる場合は両手にペンチを持ってねじる方法もありますが、片側を万力で固定してペンチでねじると綺麗になるそうです。
万力はホームセンターやダイソーに売っていて意外と購入しやすいのでやりやすい方法でやりましょう。

ハンマーで叩く
金属は圧力や衝撃を加えると硬くなりなります。
その性質を利用してリングゲージ棒とハンマーで形を作りながら硬度を上げていきます。

引用元-DIY LOG

変色した真鍮のアクセサリーをきれいにする方法

まずは、真鍮アクセサリーをきれいにする方法ですが、アクセサリーの真鍮部分をレモン果汁(100%のもの)かお酢に10分から1時間程度浸します(アクセサリーの変色具合で時間を変えてください)
指で浸した真鍮に触り、黒っぽさが取れるくらいになったら取り出し、指かスポンジでそのまま擦ります。
綺麗になったら水洗い後、柔らかい布で水気をとります。
このままでも十分に綺麗ですが、艶をもっと出したい場合はシルバークロスで磨いて上げると、光沢が復活します。

真鍮アクセサリーの指輪やバングルなど、汗をかきながら過ごしていると一日で黒く変色してしまうこともあり、その黒さが皮膚にうつることもあります。

引用元-ハンドメイド

変色しやすい金属なのでコーティングをしよう

お家でできるコーティング

用意するのは、マニキュアのベースコートorトップコート
1.まず、綺麗にしたアクセサリーを中性洗剤で油分や皮脂を取り除きます。
2.水気を拭き取ったあと、トップコートをアクセサリーの全体に塗り、乾燥させればコーティング完成です。
3.乾燥するときに手間はかかってしまいますが、隙間なく塗れば指輪で3ヶ月(指輪を毎日着用)ほど持ちます。

この方法は指輪や小さいモチーフがおすすめです。
ポイントは、マニキュアをできるだけサラサラにしておくと塗りやすいです。(マニキュアを冷やしたり、マニキュアを復活させる溶液(目薬など)を入れたりするといいです)

引用元-ハンドメイド

まとめ
真鍮は安くて加工しやすいので初心者にもおすすめです。金属アレルギーには気を付けましょう。

twitterの反応

 - 未分類

ページ
上部へ