日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

Amazonのクレジットカード決済は大丈夫?その安全性について

      2017/02/23

Amazonのクレジットカード決済は大丈夫?その安全性について

Amazonは世界中で利用されている大手通信販売サイトですが、その決済はどのようにしていますか?最近はクレジットカードで決済する人が多いと思いますが、Amazonのクレジットカード決済の安全性はどうなのでしょうか?今回はAmazonのクレジットカード決済について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

嵐ファンの情報収集を支える!多くのファンサイトの存在

今や国民的アイドルとなった嵐ですが、そのファンクラブの会員数...

AMラジオが入らない!うまく聞く方法

AMラジオが入らないという事はよくありますね。最近はパソコン...

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしている...

事故にあったら!必ず病院で診断書を書いてもらおう

もしも自分が事故にあってしまったら、どうすればいいか知ってい...

ベタの飼育方法、初心者向け

ベタという魚は、鮮やかな色と大きなヒレが特徴ですがお店で見か...

LEDをテープで!車に取り付けてドレスアップ

LEDなどでドレスアップした車を見かけることがありますね。最...

気になる!27歳男性の年収は?

27歳の男性というと就職して数年たち、仕事をバリバリしている...

書類作成時の数字、半角と全角正しいのはどっち?

仕事上で資料などの文書を作る時、数字は半角にしていますか?全...

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも...

春休みは旅行に行こう!子供連れで海外旅行のススメ

春休みは期間は短いですが、子供達は宿題もなく、のんびり過ごせ...

期間の計算~法律における期間の計算方法

契約書などで目にする「○日を起算日とし」「○ヶ月経過した日か...

夫婦2人、子供は作らないという選択

俺たち子供は作らないから、と宣言する夫婦が、今増えています。...

自由研究で雲の種類や天気について調べてみよう!

夏休みや冬休み、自由研究何にしよう?と子供も親も悩みますよね...

大学・専門学校の学費について

進学を考えている皆さんやその親御さんは、大学・専門学校の学費...

幼稚園の願書、「子供の教育方針」なんて書く?

わが子も来春から幼稚園…子供の成長は早いものですね。でも幼稚...

ガスvs電気vs灯油、暖房費がお得なのは!?

北国では当然ですが、それ以外の地域でも真冬ともなれば暖房が必...

自己紹介を英語でした時、最後はなんて言えばいい?

日本語での自己紹介なら、最後は「よろしくお願いします」で締め...

夜間学部のある大学…愛知県の場合

年々減りつつある大学の夜間学部ですが、愛知県は特にひどい、と...

内定をくれた、面接をした会社から連絡が来ない時の対処法

就活、あるいは転職活動をしている方で、応募先の会社からの返事...

子供が生まれて旦那は変わった?変わらなかった?

育メン、という言葉が聞かれるようになって久しいですが、皆さん...

スポンサーリンク

Amazonは狙われやすい?

Amazonは、世界的に有名な通販サイトとして24時間世界各国で取引が行われています。
当然日本以外の国からの出品や買い物客があり、悪事を働こうとする人も世界中どこにでもいるということになるでしょう。

さらに取り扱い商品も多く、現物を配送する必要のないダウンロード系のサービスもあるため、不正利用する旨みも多いようです。
Amazonのシステムは、セキュリティも高度であり、そこからカード番号などが漏れる不安は少ないものですが、不正利用をする人にAmazonの商品は狙われやすいということです。

引用元-社会人クレジットカード比較情報.com

Amazonのクレジットカード情報が漏れる可能性

Amazonのアカウント情報が漏洩の可能性

Amazonでは一度クレジットカードを登録すると、アカウントにクレジットカード情報が保存され、次からはクレジットカード番号を入力しなくても商品が購入できるようになります。

つまり、Amazonのアカウント情報(Eメールアドレス、パスワード)がバレてしまえば、第三者が好き放題に商品を買えてしまうということ。
「Amazonがアカウント情報を漏らしたのか!!」と思うかもしれません。しかし、Amazonのアカウント情報が漏れる可能性には、Amazonから直接に情報が漏れる場合だけでなく、他サービスからアカウント情報が漏れたことが起因する場合もあります。

もし、他サービスでも同じメールアドレスやパスワードを使い回していれば、
他サービスのアカウント情報が漏れる
→第三者がそのアカウント情報でAmazonにサインイン成功!
となってしまうからです。

Amazonのような日本一のショッピングサイトから直接アカウント情報が漏れていれば、大騒ぎになってニュースになりますから、おそらく他サービスからアカウント情報が漏れた可能性が高いでしょう。

引用元-RESTARTLOG

Amazonでの安全性を高めるための対策とは?

次の場合には、クレジットカード情報を再入力していただきます。
・新しいお届け先を指定された場合(そのお届け先に対して、そのクレジットカードを使用したことがない場合)
・お届け先の住所を編集された場合(入力間違いを修正された場合も含む)
・Amazonギフト券の贈り先のEメールアドレスを新規にご入力いただいた場合

このような手順を踏むことで、第3者がお客様のパスワードを推測し、お客様のアカウントにサインインできたとしても、クレジットカードを不正に利用される心配はありません。

なお、このセキュリティを保ちつつ、同じお届け先あてに注文する場合でも以前に利用したクレジットカードを選択できるため、再びカード情報を入力する必要はありません。

引用元-amazon.co.jp

もしもクレジットカードを不正利用されたら

1.クレジットカード会社に連絡

なによりもまずはクレジットカード会社に連絡し、カードの利用を「停止」させること。
「情報が流出してしまったかもしれない」「不正利用されているかもしれない」と伝え、カードの利用を停止してもらいましょう。

きちんと状況を話さず、間違って「解約」させてしまった場合は、不正調査が困難になったり、手続きができなくなってしまう可能性があるので、あくまで「停止」と伝えてくださいね!

さらに先述した「盗難保険(紛失盗難保険)」は届出があった日から60日以内で適用されることが多いそうなので、カードを失くした、情報が流出した、不正利用された、など気付いた時にすぐに連絡するようにしましょう!

2.利用明細書を確認

当たり前ではありますが、毎月郵送されてくる利用明細書は必ず目を通すようにしましょう。

中には郵送ではなくオンライン上で確認出来るようにしている方もいると思いますが、「今月はクレジットカード使ってないから確認しなくていいや」なんてことにならないよう注意!

先ほどご紹介した通り、カード会社の調査が終わるまで「一旦、カード保持者が不正利用された代金を支払う」という場合もありますので、お互い勘違いが起きないようカード会社ときちんと意思の疎通をとるようにしたいですね。

引用元-かみあぷ

Amazonでのクレジットカードの不正利用を防ぐ対策は?

Amazonで使うクレジットカードの種類を決めておこう

Amazonで使うクレジットカードを決めておき、そのカードをAmazon専用にしておくことは自分の利用を確認するのに大変便利です。

利用明細にさまざまなネットショップやチャージ、引き落としなどに使っていると、明細をぱっと見ただけで不正利用に気がつかないこともあります。

ネットショッピングでのクレジットカードの不正利用は、手元にクレジットカードがあっても行われるため、明細書だけが発見の手がかりです。
それが見にくくなっていると発見は遅れます。
クレジットカードの不正利用で補償される期間は決まっているので、早期発見を心がけることが大切です。

また、カードを決めておくことで、不正利用があった場合の使用停止による面倒を避けることもできます。

引用元-社会人クレジットカード比較情報.com

iD決済ならさらに安全性が高くなる!

AmazonでiD払いが出来る場合には、そのメリットは多いです。

なによりiD決済ができれば、クレジットカード番号と有効期限をインターネット上で入力しなくてもiDアプリから支払いができるため、情報流出などの対策になるという点は大きいですね。
ネット通販は便利だけど情報漏洩が怖い…と思っている方などにうってつけの支払い方法といえるのではないでしょうか?

・通常のカード払い:カード番号や有効期限の入力が必要
・iD払い:カード情報の入力が不要

もちろん、iD払いをすればそれに応じてクレジットカードポイントが貯まる点も魅力。
是非、おサイフケータイとiDを持っているという方は、AmazonでiD決済を利用してみてくださいね。

引用元-クレジットカードの読みもの

まとめ
Amazonでのクレジットカード利用の安全性は高いようですが、中には不正利用された人もいるようです。こまめに明細などを確認をして、早目の対処をしましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ