日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

炊飯器で美味しいご飯を!ガスと電気それぞれのメリット・デメリット

      2017/03/01

炊飯器で美味しいご飯を!ガスと電気それぞれのメリット・デメリット

炊飯器には電気式とガス式のものもあります。電気とガスではご飯の炊きあがりにどのような違いがあるのでしょうか?今回はガス式と電気式の炊飯器のメリット・デメリットを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

小学校の先生になった時の話し方のコツは?どんなことに気を付ける?

小学校の先生になった場合はどのような事に気を付けて生徒に話し...

医療事務で就職するならどっちがいい?病院とクリニックの違いについて

医療事務はレセプトの作成や、受付などいろいろな業務を請け負っ...

高校で友達を作りたい!グループに入れない場合はどうしたらいい?

高校は今までと環境がガラッと変わる時期ですね。その分スタート...

中学校の部活は何に入る?陸上部はどんな人が入る?

中学校に入ると、学校によっては何らかの部活に入る決まりとなっ...

水下痢で吐き気もある場合はどうしたらいい?原因と対処法について紹介!

お腹を壊すと水のような下痢が出る場合があります。それに伴って...

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

子供が体調を崩して、嘔吐することはよくあります。床や布団など...

ノロウイルスの症状とは?胃痛・腹痛はある?

ノロウイルスといえば、激しい嘔吐、下痢や胃痛、腹痛などの症状...

ナンバーズが当選したら!?受け取りはどうする?

ナンバーズとは、好きな数字を選択して買う宝くじのことです。最...

脇役俳優にスポット!日本の名脇役といえば?

日本の俳優の中には名脇役と呼ばれる俳優がたくさんいます。この...

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしよう...

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからな...

車のキズやへこみの修理に時間はどのくらいかかる?

車にキズやへこみができてそのままにしておくと、場合によっては...

車の任意保険に年間いくら払ってる?安くする方法はある?

車を運転しているほとんどの人は任意保険に加入しています。加入...

社会人で実家暮らし!家にお金は入れるべき?

実家に住みながら社会人として働いている人は結構いるのではない...

車の窓ガラスをきれいにするには!?掃除の仕方を紹介!

車の窓ガラスは汚れていると運転時に視界が悪くなるのできれいに...

高校の友達は一生もの!?友達の作り方について

よく高校でできた友達は一生ものという言葉を耳にします。高校で...

中学校の部活は何に入る?吹奏楽部はどんな部?

中学校に入ると、小学校とは違って部活などに所属することになり...

地震発生時の日本人が素晴らしい!?世界が絶賛するその姿とは?

日本は地震が頻繁に発生する国です。そのため我々日本人は小さい...

車の事故を起こしたら保険を使うべき?使わない方が得な場合とは?

車に乗っているほとんどの人は任意保険に加入しています。もしも...

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名...

スポンサーリンク

電気式の炊飯器のメリット・デメリット

炊飯器の場合

炊飯器は年々進化してきているので、今のものと前に買ったものとでは電気代に差が出てくると思います。
あくまで、大まかな数値として書いて行きたいと思います。

いっぱい炊いても電気代は変わらない

炊飯器でご飯を炊くとき、お米の量を増やしたり減らしたりしても電気代にはあまり差がないそうです。
一合でも五合でもあまり差がない、ということになります。(時間は五合の方がかかるみたいです。)

まとめて炊いて冷凍で節約

ご飯はある程度まとめて炊いた方が美味しく炊けるというメリットもありますので、まとめて炊いて一食分ずつ小分けにして冷凍保存しておくのが一番良さそうです。

一回あたりの電気代

ちなみに一回あたりの炊飯でかかる電気代について調べて見たところ、約4~6円程度の金額で炊けるようです。思ったより安いですね。

保温は電気をたくさん使う

ちなみに炊飯器でご飯を保温する方が電気代がかかるようです。
半日くらい保温しておくとそれだけでもう一度ご飯を炊けるくらいの電気代を消費してしまいます。

ご飯を長時間保温しておくとパサパサとして食感も悪くなりますし、電気代もかかりますので、保温の機能を使う時間はできるだけ短くしたほうが懸命です。

引用元-猫好き栄養士の気まぐれNEWS

ガス式の炊飯器のメリット・デメリット

良い点

・節電できる
・ご飯が15分で炊ける
・お米一粒一粒の弾力が出て美味しく炊ける(安いお米でも美味しい)
・ブレーカーが落ちる心配がない(我が家はよく落ちてました)
・パラッとしたお米が炊けるのでチャーハンがおいしい
・本体価格が安い(保温やタイマーなしだと1万円弱です)

良くない点

・タイマーや保温機能がない(これらの機能がついている炊飯器もありますが電気を使います)
・ガスのコンセント周りにしか置けない
・パラッとしたお米が炊けるのでオニギリがつくりにくい

引用元-EDOスタイル

電気式の炊飯器を使う時の注意点

炊飯器を使うときは、できるだけ「多く」炊くべし!

朝昼晩の3食、基本的にご飯を食べるという家庭はありませんか?
そのようなスタイルをとっている家庭の中には、毎食ごとに必要なご飯を炊いている人もいるでしょう。

しかしもし電気代を節約したいのであれば、一度にご飯を炊いてしまって、残りはラップなどで保存をし、食べる都度電子レンジでチンして食べた方がいいです。

1日3食ご飯を食べる、そして1回の食事当たり1.5合食べる家庭でシミュレーションしてみます。電気料金はキロワットあたり22円で考えます。
その都度炊飯器にかけるとなると、1日当たり8.7円かかります。

ところが朝にまとめて4.5合ご飯を炊き、食事ごとに1.5合ずつを電子レンジで温める方法だとどうでしょうか?
その場合、炊飯器の電気代が3.9円程度です。
電子レンジは1200ワットのものを使用したと仮定します。
電子レンジを昼食と夕食の2回使用しますから、合計で0.9円かかります。
つまり合計でかかる電気料金は1日当たり4.8円となるわけです。

1日3.9円の節約になるので、月当たり同じペースで炊飯器を使えば、実に約117円もの電気料金が節約できるわけです。

引用元-MANESTO

ガス式の炊飯器はご飯がおいしく炊ける!

一番の違いは「火力」?

ガス式は、種類にもよりますが、平均して約1200℃の高火力を誇ります。
それに比べて、電気式は約250℃。

さて、その火力が、どんな風に影響するかですが、それはずばり、「粘り」「甘み」「香り」です。
かまどでご飯を炊く時の、「はじめちょろちょろ なかぱっぱ」この歌を聞いた事は、ありますよね。
この様に、ご飯を炊くのには、初めは火力を弱く、徐々に上げて高温に…と、火力の推移がとても大事です。

ガス炊飯器は、かまどの様な理想的な火力推移を実現出来るのです!
これによって、粘りだけでなく甘みも、また香りも、かまどに近い美味しさを、引き出す事が出来ます。

引用元-365日全力疾走

電気式炊飯器には機能がいっぱい

電気炊飯器にしかない機能!?

ガスが美味しいのはわかりましたね!
でも時代は、電気式を使っている人の方が、多いです。何故でしょう?

それは、炊飯器にしかない『お手軽な機能』が、あるからです。
その機能とは……『保温』ですね!

ガス炊飯器は、その名の通りあくまで『炊飯器』ですので、保温機能は、付いていません。
保温すると味が落ちる……との意見もありますが、それを踏まえても、保温はとっても、便利です!

また、他にも、『炊飯器調理』機能が、付いています。
蒸し鶏を一緒に作ったり、角煮を作ったり…こんな機能は、ガス炊飯器にはついていません。

引用元-全力疾走365日

ガス式炊飯器は付加機能に劣る

付加機能に乏しく開発が低調

競争が激しく付加価値合戦の様相を呈しているIH炊飯器に比べると、2社しか作っていないガス炊飯器は付加機能に劣ります。
炊飯関係のオカルト機能はガスの威力で十分対抗可能ですが、保温や炊き分けについては弱いと言わざるを得ません。

例えば保温中にスチームを噴いて乾燥を防ぐ機能とか、炊き込みご飯モードにすれば意図的に おこげ を作れるとか、そういったのは苦手です。
おこげモードを求めると価格が倍以上するハイエンドモデルにするしかなくなってしまったりします。

保温機能は単に電気(非IH)で温めるだけなので、IHに比べるとどうしても電気代がかかってしまいます。
保温機能は付加機能程度に考えて、食事後に余ったご飯はすぐにタッパーに入れて冷凍するなどにした方がいいですね。

引用元-うぇぶしま

まとめ
ガス式の炊飯器は電気式よりもご飯が美味しく炊けるようですね!電気式は使いやすいのでどちらのメリットを取るか悩むところですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ