日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

炊飯器で美味しいご飯を!ガスと電気それぞれのメリット・デメリット

      2017/03/01

炊飯器で美味しいご飯を!ガスと電気それぞれのメリット・デメリット

炊飯器には電気式とガス式のものもあります。電気とガスではご飯の炊きあがりにどのような違いがあるのでしょうか?今回はガス式と電気式の炊飯器のメリット・デメリットを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

嵐ファンの情報収集を支える!多くのファンサイトの存在

今や国民的アイドルとなった嵐ですが、そのファンクラブの会員数...

AMラジオが入らない!うまく聞く方法

AMラジオが入らないという事はよくありますね。最近はパソコン...

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしている...

事故にあったら!必ず病院で診断書を書いてもらおう

もしも自分が事故にあってしまったら、どうすればいいか知ってい...

ベタの飼育方法、初心者向け

ベタという魚は、鮮やかな色と大きなヒレが特徴ですがお店で見か...

LEDをテープで!車に取り付けてドレスアップ

LEDなどでドレスアップした車を見かけることがありますね。最...

気になる!27歳男性の年収は?

27歳の男性というと就職して数年たち、仕事をバリバリしている...

書類作成時の数字、半角と全角正しいのはどっち?

仕事上で資料などの文書を作る時、数字は半角にしていますか?全...

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも...

春休みは旅行に行こう!子供連れで海外旅行のススメ

春休みは期間は短いですが、子供達は宿題もなく、のんびり過ごせ...

期間の計算~法律における期間の計算方法

契約書などで目にする「○日を起算日とし」「○ヶ月経過した日か...

夫婦2人、子供は作らないという選択

俺たち子供は作らないから、と宣言する夫婦が、今増えています。...

自由研究で雲の種類や天気について調べてみよう!

夏休みや冬休み、自由研究何にしよう?と子供も親も悩みますよね...

大学・専門学校の学費について

進学を考えている皆さんやその親御さんは、大学・専門学校の学費...

幼稚園の願書、「子供の教育方針」なんて書く?

わが子も来春から幼稚園…子供の成長は早いものですね。でも幼稚...

ガスvs電気vs灯油、暖房費がお得なのは!?

北国では当然ですが、それ以外の地域でも真冬ともなれば暖房が必...

自己紹介を英語でした時、最後はなんて言えばいい?

日本語での自己紹介なら、最後は「よろしくお願いします」で締め...

夜間学部のある大学…愛知県の場合

年々減りつつある大学の夜間学部ですが、愛知県は特にひどい、と...

内定をくれた、面接をした会社から連絡が来ない時の対処法

就活、あるいは転職活動をしている方で、応募先の会社からの返事...

子供が生まれて旦那は変わった?変わらなかった?

育メン、という言葉が聞かれるようになって久しいですが、皆さん...

スポンサーリンク

電気式の炊飯器のメリット・デメリット

炊飯器の場合

炊飯器は年々進化してきているので、今のものと前に買ったものとでは電気代に差が出てくると思います。
あくまで、大まかな数値として書いて行きたいと思います。

いっぱい炊いても電気代は変わらない

炊飯器でご飯を炊くとき、お米の量を増やしたり減らしたりしても電気代にはあまり差がないそうです。
一合でも五合でもあまり差がない、ということになります。(時間は五合の方がかかるみたいです。)

まとめて炊いて冷凍で節約

ご飯はある程度まとめて炊いた方が美味しく炊けるというメリットもありますので、まとめて炊いて一食分ずつ小分けにして冷凍保存しておくのが一番良さそうです。

一回あたりの電気代

ちなみに一回あたりの炊飯でかかる電気代について調べて見たところ、約4~6円程度の金額で炊けるようです。思ったより安いですね。

保温は電気をたくさん使う

ちなみに炊飯器でご飯を保温する方が電気代がかかるようです。
半日くらい保温しておくとそれだけでもう一度ご飯を炊けるくらいの電気代を消費してしまいます。

ご飯を長時間保温しておくとパサパサとして食感も悪くなりますし、電気代もかかりますので、保温の機能を使う時間はできるだけ短くしたほうが懸命です。

引用元-猫好き栄養士の気まぐれNEWS

ガス式の炊飯器のメリット・デメリット

良い点

・節電できる
・ご飯が15分で炊ける
・お米一粒一粒の弾力が出て美味しく炊ける(安いお米でも美味しい)
・ブレーカーが落ちる心配がない(我が家はよく落ちてました)
・パラッとしたお米が炊けるのでチャーハンがおいしい
・本体価格が安い(保温やタイマーなしだと1万円弱です)

良くない点

・タイマーや保温機能がない(これらの機能がついている炊飯器もありますが電気を使います)
・ガスのコンセント周りにしか置けない
・パラッとしたお米が炊けるのでオニギリがつくりにくい

引用元-EDOスタイル

電気式の炊飯器を使う時の注意点

炊飯器を使うときは、できるだけ「多く」炊くべし!

朝昼晩の3食、基本的にご飯を食べるという家庭はありませんか?
そのようなスタイルをとっている家庭の中には、毎食ごとに必要なご飯を炊いている人もいるでしょう。

しかしもし電気代を節約したいのであれば、一度にご飯を炊いてしまって、残りはラップなどで保存をし、食べる都度電子レンジでチンして食べた方がいいです。

1日3食ご飯を食べる、そして1回の食事当たり1.5合食べる家庭でシミュレーションしてみます。電気料金はキロワットあたり22円で考えます。
その都度炊飯器にかけるとなると、1日当たり8.7円かかります。

ところが朝にまとめて4.5合ご飯を炊き、食事ごとに1.5合ずつを電子レンジで温める方法だとどうでしょうか?
その場合、炊飯器の電気代が3.9円程度です。
電子レンジは1200ワットのものを使用したと仮定します。
電子レンジを昼食と夕食の2回使用しますから、合計で0.9円かかります。
つまり合計でかかる電気料金は1日当たり4.8円となるわけです。

1日3.9円の節約になるので、月当たり同じペースで炊飯器を使えば、実に約117円もの電気料金が節約できるわけです。

引用元-MANESTO

ガス式の炊飯器はご飯がおいしく炊ける!

一番の違いは「火力」?

ガス式は、種類にもよりますが、平均して約1200℃の高火力を誇ります。
それに比べて、電気式は約250℃。

さて、その火力が、どんな風に影響するかですが、それはずばり、「粘り」「甘み」「香り」です。
かまどでご飯を炊く時の、「はじめちょろちょろ なかぱっぱ」この歌を聞いた事は、ありますよね。
この様に、ご飯を炊くのには、初めは火力を弱く、徐々に上げて高温に…と、火力の推移がとても大事です。

ガス炊飯器は、かまどの様な理想的な火力推移を実現出来るのです!
これによって、粘りだけでなく甘みも、また香りも、かまどに近い美味しさを、引き出す事が出来ます。

引用元-365日全力疾走

電気式炊飯器には機能がいっぱい

電気炊飯器にしかない機能!?

ガスが美味しいのはわかりましたね!
でも時代は、電気式を使っている人の方が、多いです。何故でしょう?

それは、炊飯器にしかない『お手軽な機能』が、あるからです。
その機能とは……『保温』ですね!

ガス炊飯器は、その名の通りあくまで『炊飯器』ですので、保温機能は、付いていません。
保温すると味が落ちる……との意見もありますが、それを踏まえても、保温はとっても、便利です!

また、他にも、『炊飯器調理』機能が、付いています。
蒸し鶏を一緒に作ったり、角煮を作ったり…こんな機能は、ガス炊飯器にはついていません。

引用元-全力疾走365日

ガス式炊飯器は付加機能に劣る

付加機能に乏しく開発が低調

競争が激しく付加価値合戦の様相を呈しているIH炊飯器に比べると、2社しか作っていないガス炊飯器は付加機能に劣ります。
炊飯関係のオカルト機能はガスの威力で十分対抗可能ですが、保温や炊き分けについては弱いと言わざるを得ません。

例えば保温中にスチームを噴いて乾燥を防ぐ機能とか、炊き込みご飯モードにすれば意図的に おこげ を作れるとか、そういったのは苦手です。
おこげモードを求めると価格が倍以上するハイエンドモデルにするしかなくなってしまったりします。

保温機能は単に電気(非IH)で温めるだけなので、IHに比べるとどうしても電気代がかかってしまいます。
保温機能は付加機能程度に考えて、食事後に余ったご飯はすぐにタッパーに入れて冷凍するなどにした方がいいですね。

引用元-うぇぶしま

まとめ
ガス式の炊飯器は電気式よりもご飯が美味しく炊けるようですね!電気式は使いやすいのでどちらのメリットを取るか悩むところですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ