日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

食と美容に関する仕事がしたい!おすすめの資格とは?

      2017/03/07

食と美容に関する仕事がしたい!おすすめの資格とは?

食を通して、健康だけでなく美容にもいい提案やアドバイスを行う資格があるのを知っていますか?食や美容の仕事は女性に人気があり、興味がある人も多いのではないでしょうか?今回は食と美容に関する資格について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

医療事務で就職するならどっちがいい?病院とクリニックの違いについて

医療事務はレセプトの作成や、受付などいろいろな業務を請け負っ...

高校で友達を作りたい!グループに入れない場合はどうしたらいい?

高校は今までと環境がガラッと変わる時期ですね。その分スタート...

中学校の部活は何に入る?陸上部はどんな人が入る?

中学校に入ると、学校によっては何らかの部活に入る決まりとなっ...

水下痢で吐き気もある場合はどうしたらいい?原因と対処法について紹介!

お腹を壊すと水のような下痢が出る場合があります。それに伴って...

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

子供が体調を崩して、嘔吐することはよくあります。床や布団など...

ノロウイルスの症状とは?胃痛・腹痛はある?

ノロウイルスといえば、激しい嘔吐、下痢や胃痛、腹痛などの症状...

ナンバーズが当選したら!?受け取りはどうする?

ナンバーズとは、好きな数字を選択して買う宝くじのことです。最...

脇役俳優にスポット!日本の名脇役といえば?

日本の俳優の中には名脇役と呼ばれる俳優がたくさんいます。この...

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしよう...

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからな...

車のキズやへこみの修理に時間はどのくらいかかる?

車にキズやへこみができてそのままにしておくと、場合によっては...

車の任意保険に年間いくら払ってる?安くする方法はある?

車を運転しているほとんどの人は任意保険に加入しています。加入...

社会人で実家暮らし!家にお金は入れるべき?

実家に住みながら社会人として働いている人は結構いるのではない...

車の窓ガラスをきれいにするには!?掃除の仕方を紹介!

車の窓ガラスは汚れていると運転時に視界が悪くなるのできれいに...

高校の友達は一生もの!?友達の作り方について

よく高校でできた友達は一生ものという言葉を耳にします。高校で...

中学校の部活は何に入る?吹奏楽部はどんな部?

中学校に入ると、小学校とは違って部活などに所属することになり...

地震発生時の日本人が素晴らしい!?世界が絶賛するその姿とは?

日本は地震が頻繁に発生する国です。そのため我々日本人は小さい...

車の事故を起こしたら保険を使うべき?使わない方が得な場合とは?

車に乗っているほとんどの人は任意保険に加入しています。もしも...

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名...

20代後半の男性はどんなデートをすべき?結婚は意識してる?

20代後半の男性は仕事が忙しくなる時期なので、ゆっくりデート...

スポンサーリンク

食と運動から健康と美容のアドバイスする資格とは?

一般的に「フードアドバイザー」とは、飲食店の開業や経営に携わり、店舗運営やメニュー企画・開発、テーブルコーディネートまでアドバイスできる専門家のことを言います。

当協会では、単なる”フードアドバイザー”ではなく、「ヘルシー&ビューティー フードアドバイザー」の育成を目的としています。
ヘルシー&ビューティー フードアドバイザーは簡単に言うと、食と運動との連携を通じて健康に根ざした真の「美しさ」の実現をめざして、様々な分野で具体的な助言を行う人のこと。

つまり、それぞれを別々に捉えるのではなく、「食」と「運動」を連携して「美」と「健康」を生み出しトータルアドバイスできる、それがヘルシー&ビューティー フードアドバイザーなのです。
まずは、正しい健康管理をすることで、自分や家族がより豊かで健康な毎日を送ることができるでしょう。

すでに多くの人が食、運動、健康、美容など様々な分野で仕事をしていますが、それぞれに独立した分野の仕事が多い中で、「食」と「運動」を連携し総合的に健康と美容を見据えたアドバイザーとして活躍できる場は今後、さらに広がっていくでしょう。

引用元-フードマネジメント協会

ヘルシー&ビューティー フードアドバイザーの資格を取るには?

ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーの資格取得にあたって

資格の取得に他の資格は必要ありません。
ただ健康、美しさ、アンチエイジングなどに興味があるか、それらを勉強したいという意欲があれば大丈夫です。

その内容は3級の栄養と健康、食文化といったものから人間の体の仕組み、食事方法、エネルギーの代謝など食、体のことから、健康になるべく取り入れたいストレッチ、有酸素運動などの運動の項目まで幅広く学ぶことが出来ます。

そして上のランクである2級ではそれらのことに加えてビジネスでの資格の活かし方、他者へのアドバイス方法も学べます。

引用元-食育の資格ガイド

ヘルシー&ビューティー フードアドバイザーはどんな仕事?

様々な分野で必要とされる専門家

この資格はフードマネジメント協会が主催しており、適切なダイエットとトレーニング論を広めることを理念としています。

フィットネス産業が発展している現在、様々なトレーニング方法や食事法が確立されました。
しかし、フィットネスクラブに通っている多くの人たちは運動や食事についての正しい知識を有しておらず、そのために過度なダイエットや食事方法を行って失敗してしまうケースが後を絶たないのが現状です。

こうしたことからフィットネスクラブをはじめ、学校や行政機関、病院、民間企業でも身体、栄養論、トレーニング理論を身に付けた専門家が必要とされているのです。

この世の中のニーズに応えるようにして誕生したのが、ヘルシー&ビューティーフードアドバイザーなのです。

引用元-食育の資格取得ナビ

野菜や果物などの食事から美容のアドバイスをする資格とは?

資格の概要

ベジフルビューティーアドバイザーは野菜や果物を美容の為に取り入れる事を目的として、野菜や果物に含まれる美容成分を紹介、提案するための資格です。

ベジフルビューティーアドバイザーの主な役割は、美容の知識と野菜や果物の栄養学の知識から美容に関する助言や美容成分の説明などから野菜と果物の美容効果を広く伝える事にあります。

ベジフルビューティーアドバイザー資格は、その為に必要な野菜や果物の美容効果に関する知識に対して行われている資格認定です。

資格の所得には「日本ベジタブル&フルーツマイスター協会」の行なっているベジフルビューティー講座を受講し修了試験に合格する事で取得出来ます。

またベジフルビューティーには“ベーシック”“アドバンス”の二つのコースがありベーシックを取得した後、アドバンスにステップアップする事が出来ます。

引用元-食品フード資格一覧

ベジフルビューティーアドバイザーの資格の取り方は?

この資格を取得するには、日本ベジタブル&フルーツマイスター協会が主催する「ベジフルビューティー講座」を受講し修了試験に合格しなければなりません。
ベジフルビューティー講座には「ベーシック」と「アドバンス」の二つのコースがあります。尚、アドバンスはベーシックを取得しなければ受講できません。

アドバンスコースは通学制ですが、ベーシックコースには通学制と通信制があります。
通信制以外は女性のみが対象となる講座です。
通信制も通学制も同じカリキュラムで学びますので、どちらも有利不利はありません。
資格の認定は、野菜ソムリエと同じ、日本野菜ソムリエ協会です。

受講生は、一般の会社員や主婦の方から、美容業界・医療業界・食品業界などに携わる方まで様々です。

引用元-資格試験の日程&難易度 最新情報

ベジフルビューティーアドバイザーの仕事とは?

ベジフルビューティー・セルフアドバイザーとしての仕事とこれから

この資格を取得した直後に、ご縁あって、こちらのスキンケア大学さんとのお仕事が決まり、今はたくさんの美容コラムを書かせていただき、また、美容アドバイザーとして、監修を担当させていただいたり、今まさに、ベジフルビューティの資格を、大いに活用させているところです。

そして、もちろん、基礎資格の取得だけに留まらない私は、上級資格のアドバンスを先日受講し、来年早々の試験に向けて、目下勉強中です。
先日も、資格取得後、初めて、美肌レシピの講座に登壇いたしましたが、コラム連載だけでなく、リアルイベントも通じて、今後みなさんとの接点が増えていけるといいなと思っております。
そして、「美しく健康に楽しく年を重ねる」を目標に、みなさんと共に歩んでいけたら良いなと思っております。

引用元-スキンケア大学

まとめ
食と美容に関する資格は色々あるので、興味がある人は資格を取ることを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/ame19_oo/status/782071910385319936

 - 進学・就職

ページ
上部へ