日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

自転車の子供が寒そう!防寒におすすめのグッズは?

      2017/03/23

自転車の子供が寒そう!防寒におすすめのグッズは?

冬に子供を自転車のチャイルドシートに乗せる場合は子供は乗っているだけなので防寒をしてあげないといけませんね。最近は色々な防寒グッズがあるようです。今回は自転車に乗っている子供に最適な防寒グッズを調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

病院のクラークになるには資格が必要なのか?

病院従事者の中には、医師や看護師、薬剤師などの他にも、手続き...

動物と人間のコミュニケーションの類似点・相違点

人間と人間。人間と動物。動物と動物。コミュニケーションの取り...

フローリングのワックス はがれにくい塗り方・メンテナンス

フローリングがワックスのつやで光沢があると、キレイに見えます...

付き合う時に親への挨拶で心得ておくこと

付き合う2人が親へ挨拶へ行のはどのくらい経ってからが良いの?...

東京~福岡を高速夜行バスで帰りたい時にみるまとめ

東京から福岡、福岡から東京。この長距離を移動する際、あなたは...

飼い犬の介護で仕事を休みたい…こんな時どうしたらいい?

ペットに犬を飼っている人は多いですね。しかし家族同然に暮らし...

スマホの画面にウイルス警告が!その対処法は?

スマホを使っていると急にウィルスの警告が出ることがあります。...

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージは...

熱帯魚の水槽にヒーターを設置する方法

熱帯魚にとって急激な水温の変化はストレスになるようです。その...

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多い...

副業中をしたい人は必見!確定申告ってしないといけない?

企業に勤めている人にとって、〝確定申告”という言葉は知っては...

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものす...

YouTubeで英語のリスニング力をアップ!お勧めのチャンネルは?

YouTubeは世界中で利用されている動画投稿サイトのことで...

家族の一員として犬の散歩のマナーが変化しています

犬は愛情を注げばそれに応えてくれます。今や犬は番犬ではなく、...

市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区...

顎のニキビがしこりに!その治し方は?

顎にできたニキビがしこりのようになってしまったことはありませ...

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。そ...

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難...

DVDを再生したら画質が悪い!良くする方法

地上デジタル化で高画質の映像を自宅で見ることが可能になりまし...

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思...

スポンサーリンク

自転車のチャイルドシートの子供にはブランケットで防寒!

子供の自転車の寒さ対策 家にあるもので簡単防寒!

自転車に乗っている時ってものすっごい寒いですよね!
私は超寒がりなので、冬の自転車は本当に億劫になります;-;

うちの子はまだ1歳半なので、子供を前乗せして自転車をこいでいるのですが、まだ話せないので、寒いのか寒くないのか直接聞くことが出来ません。

でもだからといって何もしないわけにはいかず、風邪予防のためにもいつも実践している方法が毛布タイプのブランケットを使うことです。

ブランケットや毛布ならきっとあなたのご自宅にもありますよね^^
ブランケットを子どもの足元にかけてあげる(というか前かごに押し込んでいる)だけで足元が暖かく体全体も冷えにくくなります。
これなら新たに防寒グッズを購入する必要はなく、家に帰れば普通にブランケットとして使えるので一石二鳥です。

引用元-しあわせ♡子供ノート

装着感抜群な防寒ブランケットも登場!

装着簡単、着心地バツグン

今までブランケットはクリップや洗濯バサミで留めていたことでしょう。
簡単に止めると走行中にはずれてしまうし、厚みのある毛布だとなかなかうまく挟めなかったり。

ドラコのブランケットならかぶせてあげてマジックテープで留めるだけ。
後ろにボタンも一つあるので、しっかり留められてずり落ちる心配なし。
ちょっとのことですが、これがあるのとないのとでは大違い!

携帯性◯ 軽くて持ち運びに便利

寒さ対策としてレインカバーをつけてあげれば風よけ雨除けどちらも可能ですが、子どもが乗らないときにもついている状態なのが邪魔。
取り付けや取り外しも簡単とは言え手間がかかる。

ドラコのブランケットなら子どもにかぶせるだけなので簡単だし、毛布は軽くてフワフワの肌触り。子どもも暖かくて軽いので喜んでくれそうです

引用元-好きなモノに囲まれて暮らしたい

自転車のチャイルドシートの子供にはネックウォーマーも安全でおすすめ

お手軽さを求めるなら、「ネックウォーマー」も超おすすめ!
自転車乗っている時の防寒対策として、もう1つ揃えてほしいのがネックウォーマーです。

えっ!?マフラーじゃダメかって?
えぇ、はい。
自転車での防寒なら、なるべくならネックウォーマーがおすすめです。
うちもずっとマフラー派だったんですけど、結局ネックウォーマー買っちゃいました!
んで、もうネックウォーマーから離れられません!

ネックウォーマーがおすすめな理由

実際使って分かった、マフラーよりネックウォーマーが優れていた点を紹介したいと思います。
1.自転車の高速移動中でもマフラーと違ってバタつかない!
→サッカー選手や野球選手もみんなネックウォーマーでしょ?
2.バタつかないからほどけない!
3.だから、ずっと暖ったか!
4.しかも鼻まで隠してくれて、より暖ったか!

ちょっと、まとまっているのか分かりませんが、僕がネックウォーマーがおすすめしている理由はこういうところです。

また、1歳とか年齢が低いと、マフラーとかだと勝手に取ろうとしたりしません?
そういう低年齢の子って強引に取ろうとするから、変な首の締まり方してしまいそうで怖いんです。マジな話。ネックウォーマーならそんな心配いらないですからね。

引用元-ルイちび!

耳あては自転車の防寒具として使える?

耳あてに関しての注意

私も使うので温かさはよーくわかるのですが、子供に耳あてはどうなのか、と思います。
というのも、自転車に乗っていると確かに耳が冷たくなりますが、基本的に同乗している子供にはヘルメットを着用させる義務があるのです。
耳あてをしてしまったら、ヘルメットは出来ませんからね。

ここは寒くても子供には我慢してもらうといいでしょう。
毛糸の帽子は被らないよりも被ったほうがいいとは思いますが、万が一の際にはやっぱりヘルメットでないと大事な頭は守れません。

引用元-MARCH

雨の日にはチャイルドシート用の雨よけで!

チャイルドシート用の雨よけ

大雨の日はさすがに自転車には乗れませんが、小雨くらいであれば自転車に乗ることもあるでしょう。そのためチャイルドシート専用の雨よけが便利です。

雨よけで人気なのはOGKのレインカバーです。
フロント用とリア用があり空間が広いため、他のレインカバーに比べて広めで360度の視界が保たれるのが人気の理由です。
畳むとコンパクトになるので収納場所も選びません。

引用元-おすすめ人気電動アシスト自転車の初心者購入ガイド

ママも自転車カバーで手を防寒!

冬は自転車だと手がかじかみますよね。
手袋をしているママも非常に多いと思いますが、子どもを乗り降りさせるときなどけっこう手袋が邪魔だったりしませんか?
自転車を降りて手袋を外し、再び乗るときに「あれ、どこだっけ?」と鞄の中をゴソゴソさせるのは私だけでしょうか・・・。

そんな悩みを解決してくれるのが、この自転車カバー。
「おばさんっぽい」なんて言わないでください。なんと、中はボア素材で、ずっと手を入れて居たくなるほどの温かさ。
これを使って以来、冬のお出かけが各段に心地よくなりました!

しかも、電動アシスト車のための一工夫がしてあるのです。
バッテリー残量などが表示されるパネルスイッチの部分が透明素材になっているため、残量が一目で分かります。
カバー自体の幅が広いので、変速操作もラクラク!ベルをカバーの中に入れてしまうと音が少し小さくなってしまう点だけが、唯一のデメリットかもしれません。

引用元-Conobie

まとめ
自転車が必需品の子持ちの人も多いと思うので、冬はしっかり防寒して乗りましょう!

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ