日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

家族が増えたら月々の保険はいくらくらいがいい?

      2017/03/29

家族が増えたら月々の保険はいくらくらいがいい?

結婚や子供が生まれて家族が増えた場合、一家の大黒柱である人は保険の保障が今のままでいいのか気になりますね。月々の保険料は大体いくらくらいがいいのでしょうか?今回は生命保険の保険料について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

嵐ファンの情報収集を支える!多くのファンサイトの存在

今や国民的アイドルとなった嵐ですが、そのファンクラブの会員数...

AMラジオが入らない!うまく聞く方法

AMラジオが入らないという事はよくありますね。最近はパソコン...

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしている...

事故にあったら!必ず病院で診断書を書いてもらおう

もしも自分が事故にあってしまったら、どうすればいいか知ってい...

ベタの飼育方法、初心者向け

ベタという魚は、鮮やかな色と大きなヒレが特徴ですがお店で見か...

LEDをテープで!車に取り付けてドレスアップ

LEDなどでドレスアップした車を見かけることがありますね。最...

気になる!27歳男性の年収は?

27歳の男性というと就職して数年たち、仕事をバリバリしている...

書類作成時の数字、半角と全角正しいのはどっち?

仕事上で資料などの文書を作る時、数字は半角にしていますか?全...

生理痛で仕事を休む女性のお悩み解決

生理痛は本当にキツイですよね…特に生理が重い人は日常生活にも...

春休みは旅行に行こう!子供連れで海外旅行のススメ

春休みは期間は短いですが、子供達は宿題もなく、のんびり過ごせ...

期間の計算~法律における期間の計算方法

契約書などで目にする「○日を起算日とし」「○ヶ月経過した日か...

夫婦2人、子供は作らないという選択

俺たち子供は作らないから、と宣言する夫婦が、今増えています。...

自由研究で雲の種類や天気について調べてみよう!

夏休みや冬休み、自由研究何にしよう?と子供も親も悩みますよね...

大学・専門学校の学費について

進学を考えている皆さんやその親御さんは、大学・専門学校の学費...

幼稚園の願書、「子供の教育方針」なんて書く?

わが子も来春から幼稚園…子供の成長は早いものですね。でも幼稚...

ガスvs電気vs灯油、暖房費がお得なのは!?

北国では当然ですが、それ以外の地域でも真冬ともなれば暖房が必...

自己紹介を英語でした時、最後はなんて言えばいい?

日本語での自己紹介なら、最後は「よろしくお願いします」で締め...

夜間学部のある大学…愛知県の場合

年々減りつつある大学の夜間学部ですが、愛知県は特にひどい、と...

内定をくれた、面接をした会社から連絡が来ない時の対処法

就活、あるいは転職活動をしている方で、応募先の会社からの返事...

子供が生まれて旦那は変わった?変わらなかった?

育メン、という言葉が聞かれるようになって久しいですが、皆さん...

スポンサーリンク

家族が増えた場合の保険の必要性とは?

「今後、必要になってくるお金」について、いくら必要になるかは家庭によってかなり違ってきます。
なんにせよ、このお金は、本人が生きていた場合、これから貯蓄によって準備していくことになっていたものであるはずです。
ということは、生前と同水準の収入があればいいのですから、遺族の生活費が確保できていればその一部を回せるということになります。

また、教育費を学資保険で準備しておくのは賢い方法です。学資保険は、親が亡くなった場合、学資金はそのままで、以後の保険料支払いは免除される商品があります。

そして、遺族の生活費など。死亡整理金などは生前に貯蓄によって準備することもできまずが、継続して発生する生活費のようなお金を貯蓄しておくのは無理があります(それができるためには、つねに収入の半額のお金を使って生活しなければならないことになります)。
つまり、これこそ保険によって準備しておくべきものだということです。

引用元-生命保険の教科書

生命保険料の平均はいくらくらい?

生命保険料の世帯平均は年間41.6万円(月額3.5万円)
さて、まず1世帯あたりの生命保険料の平均は、年間41.6万円です。
1か月あたりに換算すると、3.5万円程度ということです。

ただこれはあくまでも世帯の合計ですから家族の人数や年齢によって変わりますし、あまり参考にはなりません。

男女別の平均はこちらです。
男性……年間24.1万円(1か月あたり2万円程度)
女性……年間18.2万円(1か月あたり1.5万円程度)

このようになっています。(すべて生命保険文化センター 平成25年調べ)

いかがでしょうか?
みなさんが現在加入している保険の保険料とあまり大差ないのではないかな?と思います。
筆者は、以前大手生命保険会社で働いていましたが、お客様が加入している保険の内容を思い出してみても、男女ともにこれぐらいの保険料の方が多かったように思います。

引用元-生命保険会社の見直し相談まとめ

月々の保険料は年収の何%に抑えるべきか?

果たして、保険料は月収の何%に抑えるべきなのでしょうか。
理想的な水準は、3~5%と言われています。
月収が30万円なら、毎月1~1.5万円くらいの保険料で済むプランに加入しましょう。

いくら魅力的な保険プランであっても、保険料は最大でも月収の10%までに収めること。
そのラインを超えてくると、保険料がかかり過ぎて日ごろの生活が圧迫されるようになってしまいます。

ここまでに取り上げてきたように、加入する保険会社・保険プランを比較検討し始めたら、まずは家族に残すべき金額を考えて、そのために必要な毎月の保険料が適切な水準に収まっているのかと確認するようにしてください。

近ごろは前述のライフネット生命保険やオリックス生命保険、楽天生命保険など、インターネットからの見積もり・申し込みに対応するネット生命保険を提供する保険会社が増えてきました。
そうしたネット生命保険を利用すれば、毎月の保険料をかなり低く抑えることも可能です。

「家族のために」と考えて生命保険に加入したのに、毎月の保険料によって家族が苦しむことになっては本末転倒。
くれぐれも適切な金額となるように、保険加入時には十分に比較・検討してから加入する保険会社・保険プランを選ぶようにしてください。

引用元-婚活情報メディア

必要な保障額を考えるポイントは?

必要保障額計算のポイント

必要保障額の計算には、いくつかの要素に分けて算出したほうが解りやすいです。
1.葬儀費用・・・・・・地域により異なりますが、概ね300万円~500万円
2.住宅費用・・・・・・賃貸の方は住宅費用を計算
3.ご家族の生活費用・・毎月10~15万円など、奥様+お子様の1ヶ月の生活費
4.子供の学資準備・・・大学卒業までの子育て費用
5.自動車ローンなどのローンの残債を清算するための費用

上記の目安を参考に、生命保険の必要額を計算してみてください。
ご自身・家族の生命保険について考える前に、まずは必要保障額を計算し、保険加入の目安にしましょう。

引用元-lify.jp

家族構成による保障額の決め方

ライフステージ別 死亡保険の必要額

●ケース1:独身の場合
基本的に家族のために残す資産は必要ないので、万一の備えとしては、ご自分の葬儀費用程度で大丈夫です。受取人はご両親などが一般的です。

●ケース2:専業主婦の場合
お子さまの保育、教育にかかる費用の備えがあると安心です。
葬儀費用と合わせて準備します。

●ケース3:ご夫婦の場合
家計を支える方に必要な保障額は、その方の年収の3倍が目安になります。
例えばご主人が年収500万の場合は1,500万となります。

●ケース4:お子さまがいる場合
家計を支える方が年収650万の場合は、その3倍と、お子さまの教育費が目安となります。

引用元-Lifenet

死亡保障額の平均はいくら?

死亡保障金額の平均

平成22年度の生命保険文化センターの資料から生命保険の加入金額(普通死亡保険金)について調べたところ、以下の金額になります。

・男性は平均2043万円
・女性は平均944万円

男性が女性の2倍以上の保険金を受け取れるような保険に入っていることがわかります。

ただし死亡保障は子供が生まれると大きな保障が必要になるものなので、家族構成によって大きく差が出るものです。
たとえば独身の場合または結婚しても子供がいない場合は大きな死亡保障が必要ありません。

子供が生まれると大きな保障が必要になりますが、確かに子供が小さい間はこれからの生活費、学費など大きな保障が必要ですが、生命保険以外にも「遺族年金」「会社からの保障」などたくさんの保障を受けることができます。
その保障でも足りないときに加入をするのが民間の生命保険です。
生命保険については必要保障額をしっかり計算をして加入をしましょう。

引用元-保険の教科書

まとめ
いかがでしたか?必要な保障額は家族構成によって変わってくるのでその都度保険の見直しをした方がいいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ