日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

家族が増えたら月々の保険はいくらくらいがいい?

      2017/03/29

家族が増えたら月々の保険はいくらくらいがいい?

結婚や子供が生まれて家族が増えた場合、一家の大黒柱である人は保険の保障が今のままでいいのか気になりますね。月々の保険料は大体いくらくらいがいいのでしょうか?今回は生命保険の保険料について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

家族が増えた場合の保険の必要性とは?

「今後、必要になってくるお金」について、いくら必要になるかは家庭によってかなり違ってきます。
なんにせよ、このお金は、本人が生きていた場合、これから貯蓄によって準備していくことになっていたものであるはずです。
ということは、生前と同水準の収入があればいいのですから、遺族の生活費が確保できていればその一部を回せるということになります。

また、教育費を学資保険で準備しておくのは賢い方法です。学資保険は、親が亡くなった場合、学資金はそのままで、以後の保険料支払いは免除される商品があります。

そして、遺族の生活費など。死亡整理金などは生前に貯蓄によって準備することもできまずが、継続して発生する生活費のようなお金を貯蓄しておくのは無理があります(それができるためには、つねに収入の半額のお金を使って生活しなければならないことになります)。
つまり、これこそ保険によって準備しておくべきものだということです。

引用元-生命保険の教科書

生命保険料の平均はいくらくらい?

生命保険料の世帯平均は年間41.6万円(月額3.5万円)
さて、まず1世帯あたりの生命保険料の平均は、年間41.6万円です。
1か月あたりに換算すると、3.5万円程度ということです。

ただこれはあくまでも世帯の合計ですから家族の人数や年齢によって変わりますし、あまり参考にはなりません。

男女別の平均はこちらです。
男性……年間24.1万円(1か月あたり2万円程度)
女性……年間18.2万円(1か月あたり1.5万円程度)

このようになっています。(すべて生命保険文化センター 平成25年調べ)

いかがでしょうか?
みなさんが現在加入している保険の保険料とあまり大差ないのではないかな?と思います。
筆者は、以前大手生命保険会社で働いていましたが、お客様が加入している保険の内容を思い出してみても、男女ともにこれぐらいの保険料の方が多かったように思います。

引用元-生命保険会社の見直し相談まとめ

月々の保険料は年収の何%に抑えるべきか?

果たして、保険料は月収の何%に抑えるべきなのでしょうか。
理想的な水準は、3~5%と言われています。
月収が30万円なら、毎月1~1.5万円くらいの保険料で済むプランに加入しましょう。

いくら魅力的な保険プランであっても、保険料は最大でも月収の10%までに収めること。
そのラインを超えてくると、保険料がかかり過ぎて日ごろの生活が圧迫されるようになってしまいます。

ここまでに取り上げてきたように、加入する保険会社・保険プランを比較検討し始めたら、まずは家族に残すべき金額を考えて、そのために必要な毎月の保険料が適切な水準に収まっているのかと確認するようにしてください。

近ごろは前述のライフネット生命保険やオリックス生命保険、楽天生命保険など、インターネットからの見積もり・申し込みに対応するネット生命保険を提供する保険会社が増えてきました。
そうしたネット生命保険を利用すれば、毎月の保険料をかなり低く抑えることも可能です。

「家族のために」と考えて生命保険に加入したのに、毎月の保険料によって家族が苦しむことになっては本末転倒。
くれぐれも適切な金額となるように、保険加入時には十分に比較・検討してから加入する保険会社・保険プランを選ぶようにしてください。

引用元-婚活情報メディア

必要な保障額を考えるポイントは?

必要保障額計算のポイント

必要保障額の計算には、いくつかの要素に分けて算出したほうが解りやすいです。
1.葬儀費用・・・・・・地域により異なりますが、概ね300万円~500万円
2.住宅費用・・・・・・賃貸の方は住宅費用を計算
3.ご家族の生活費用・・毎月10~15万円など、奥様+お子様の1ヶ月の生活費
4.子供の学資準備・・・大学卒業までの子育て費用
5.自動車ローンなどのローンの残債を清算するための費用

上記の目安を参考に、生命保険の必要額を計算してみてください。
ご自身・家族の生命保険について考える前に、まずは必要保障額を計算し、保険加入の目安にしましょう。

引用元-lify.jp

家族構成による保障額の決め方

ライフステージ別 死亡保険の必要額

●ケース1:独身の場合
基本的に家族のために残す資産は必要ないので、万一の備えとしては、ご自分の葬儀費用程度で大丈夫です。受取人はご両親などが一般的です。

●ケース2:専業主婦の場合
お子さまの保育、教育にかかる費用の備えがあると安心です。
葬儀費用と合わせて準備します。

●ケース3:ご夫婦の場合
家計を支える方に必要な保障額は、その方の年収の3倍が目安になります。
例えばご主人が年収500万の場合は1,500万となります。

●ケース4:お子さまがいる場合
家計を支える方が年収650万の場合は、その3倍と、お子さまの教育費が目安となります。

引用元-Lifenet

死亡保障額の平均はいくら?

死亡保障金額の平均

平成22年度の生命保険文化センターの資料から生命保険の加入金額(普通死亡保険金)について調べたところ、以下の金額になります。

・男性は平均2043万円
・女性は平均944万円

男性が女性の2倍以上の保険金を受け取れるような保険に入っていることがわかります。

ただし死亡保障は子供が生まれると大きな保障が必要になるものなので、家族構成によって大きく差が出るものです。
たとえば独身の場合または結婚しても子供がいない場合は大きな死亡保障が必要ありません。

子供が生まれると大きな保障が必要になりますが、確かに子供が小さい間はこれからの生活費、学費など大きな保障が必要ですが、生命保険以外にも「遺族年金」「会社からの保障」などたくさんの保障を受けることができます。
その保障でも足りないときに加入をするのが民間の生命保険です。
生命保険については必要保障額をしっかり計算をして加入をしましょう。

引用元-保険の教科書

まとめ
いかがでしたか?必要な保障額は家族構成によって変わってくるのでその都度保険の見直しをした方がいいですね。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ