日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

海外旅行に一人で初めて行く

      2015/11/24

海外旅行に一人で初めて行く

海外旅行の一人旅には憧れますよね。言葉は通じない、知らない土地への旅は不安もありますが、それ以上に憧れも大きいです。そこで、安全に素敵な旅をする為の情報を集めてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

卒業文集ではどんな言葉を贈る?小学校の先生の場合

小学校で受け持ちの生徒が卒業する場合は感動もひとしおですね。...

ゴルフコンペを開催するには?予約から開催までを解説!

もしも会社のゴルフコンペの幹事を任されたらどうしますか?ゴル...

スポンサーリンク

●海外旅行、初めてで一人旅

英語は全く話せませんが、オーストラリアへ1ヶ月、カナダへ2週間一人旅したことがあります。
旅といいましても、いろいろ回ったわけではなく1都市に留まっていましたが、私の目的はとにかくのんびりちょっとした現実逃避の気分でした。別に傷心だったわけでもありませんよ(^^)
英語出来ませんし、読むこともままなりませんがどうにかなりました。
自炊もしたので食材を買うときなどうまく買えずなんだか随分ぶ厚いお肉を買ってしまったり、カナダでは路面バスが故障(日常茶飯事らしいですが)し、途中わけも分からぬまま降ろされたり、オーストラリアでは乗り越し精算が無いことをしらず気付かないうちにキセルなることもしてしまいました。その他たくさん困ったこともありましたが、今こうして思い出してもいい思い出となっています。
私の宿泊先の近くにはJBC窓口があったのでそこでイルカウォッチングや砂丘サファリなどちょっと遠出をしたくなったときや申し込んだりもしました。これはツアーですがまぁ私の中では一人旅の一環のつもりです。
こういった窓口では何か知りたいときなど顔を出すと親切に教えてくれたりもするので安心できました。
また、欧米人はとても親切だと感じました。
もともとそういう国民性なのかもしれませんが、一人でお茶をしていればニコニコ話かけてくれたり、路線図とにらめっこをしれいれば声を掛けてくれたり、もちろんこちらは言葉が分かりませんから理解に苦しみますが、それでも身振り手振りで一生懸命接してくれます。
その後は日本で仕事につき自由な時間も少なくなってしまったので一人旅はしていませんが、大型連休の度に友人や家族と海外へ出かけます。
そのときはいつも完全フリープランで申し込み、ホテルと飛行機のみ手配してもらう感じなので、滞在中はほぼ個人と変わりません。
個人で行動する時は当然下調べは重要ですが、どんなに調べてもいざそのときになると分からないことが出てきてしまいます。
私は自ら尋ねる勇気が必要だと思います。
言葉が通じない不安はよく分かりますが、道に迷ったとき、例えば手に持っている地図や行き先の情報など、現地の人が分かる文字で書いてあるそこを指差せば大抵理解してもらえますし、物を購入するときも同じで指で示し1だの2だの表せば大丈夫です。
ジェスチャーはダサいですが、言葉の通じない人間にとっては大変有効です。
あとは本当に片言の単語と笑顔を加えれば大抵のことがカバーできると思います(^^)
何処へでも入国が許可される日本人の特権を活かして是非海外へ行ってみて下さい。
しかしながら、事件や事故には巻き込まれないよう、十分注意して下さいね。

引用元-海外旅行はじめてで一人旅って・・・ – 海外旅行(全般) | 教えて!goo

●海外一人旅の準備

1.行きたい町を決め、旅行日数を決める。 又は、旅行日数に応じて行きたい町を選ぶ
2.航空券を2ヶ月前ぐらいに予約する。
3.行く予定のビザの有無、パスポートの有効期限の確認。必要に応じて手続きする
4.ガイドブックを購入し、具体的な旅程を考え、無駄のない一筆書きでコースを組む
4.クレジットカードを持っていない場合は早めに申し込む。現金だけでは不安もあるし、ホテルを予約する際に必要なことが多い
国際キャッシュカードを利用する場合は、事前に申し込んでおく
5.各都市の宿泊場所、観光情報を調べる
  ホテルの予約が望ましい場合は、宿泊日が決まり次第、すぐに予約する
6.旅行形態(貧乏旅行 or 適度に節約旅行など)によってバッグや旅行用品を購入する
7.行き先や時期の気温などを調べ、合った洋服を選ぶ
8.クレジットカードからの引き落とし銀行口座にお金が入っていることを確認
9.トラベラーズチェックや現地通貨に両替(当日の空港でも可)
10.新聞を取っている人は、旅行中止めてもらうよう連絡。電気代や水道代、家賃などの毎月の引き落としがある場合は、その対策を講じる

引用元-初めての海外一人旅 おすすめの国は? 女性の一人旅でも安心!

●一人旅の海外旅行でトラブル回避6つの注意点

▼プランBを頭に描いておく!

詳細にプランBを考えたりしたら旅行2回分の計画を立てる事になるので大変過ぎますが、海外旅行中の大きな移動・・・
飛行機、バス、フェリー等が有る場合、何らかの変更が生じた場合に旅行全体の計画が狂う恐れがあります
 
例:気象の都合でフライト欠航など
※もしかしたら??・・・のイメージを持つ事が大事です

▼絶えず自分の荷物に気配りをしておく

例:食事中、電話中、写真撮影時、シェアルーム宿泊時、トイレ等

▼クレジットカード、トラベラーズチェック、現金は必ず分散所持

※万が一に対して備え有れば憂い無し!

▼宿泊先、レストラン、カフェ、買い物、両替屋等あらゆる場所での支払い時には金額を要確認!

更にレシート確認、お釣り確認等「一連の受け渡し」が終わる迄は決してその場を離れない様にすること
 
例:少なくお釣りを渡され「払ったお札は$50札じゃなく$10札だ」
  と言われたり、後から貴方が「お釣りが$50足りない」と言っても
   問答無用で却下なコトも有り得ます・・・ 
※必ずその場での確認、決着が必須!!

▼せめてその海外旅行で滞在中の時だけでも??

体調管理には人一倍気を付ける様にして下さい!
※一人旅での体調不良は本当に最悪です! 笑

▼面識の無い現地の日本人をあまり信用し過ぎない

海外旅行先の異国の地に於いて、時に日本語を話す日本の人に出会うと親近感が湧くのは当然と言えば当然ですよね
(特に一人旅の場合)
 
けれど残念なコトに、そういった心理を利用して様々な手口の詐欺等の犯罪が現実的に横行しています
 
本来日本人&現地の人に関わらず、未知の人達と交流を図ると言うのは、一人旅でなくとも海外旅行における楽しみの中でも最上位に挙げれる項目なのかも知れません
 
ですが、悪い事を考える人と言うのは何処の国にも存在します
まさか自分が!とならない為にも?少し頭に置いといて下さい
ちなみに海外在住者の間では「日本人を騙すのは日本人」という事がもはや常識になっています

引用元-初海外旅行 一人旅の危険&トラブル注意点情報!6テクニック

●女性が初めての海外旅行を「台湾」にした理由

最初の一人旅を『台湾』にした理由

「台湾ちけーよ!」という人もいるかもしれませんが。。
なんというか最初から大冒険に挑むより、まずは近場で無理しないくらいの場所がいいかなぁと。
あと行くと決めたからにはすぐにでも行きたかったし。
これを機にステップアップしていくイメージで一人旅したかったのですよ。
(ちなみに行くと決めた次の週に台湾行きました!)
そして最初の一人旅を『台湾』にした理由は以下の通り。

・比較的治安が良い(とても大事)
・近いので連休でも行ける(まずはすぐ行動)
・なるべく安く(すぐに行けるくらいの金額)
・親日家が多い(それは嬉しい)
・英語か日本語が通じる(英語もしゃべれないけど)

これなら行ってみようかなと思いますよね。

実際『台湾』に行ってみてどうだったか

実際行ってみて、初めての一人海外旅行を『台湾』にして【正解】だったと思います。
空港から地下鉄で簡単に移動できるところもかなり助かりました。
飛行機の中でたまたま隣に座った台湾生まれのお母さんとの出会いもありました。
バス停がわからなくてウロウロしていたらおじさんがジャスチャーで場所を教えてくれました。おじさんは中国語?だったので話しかけられているのに気が付かず私は何度が素通りしてしまったと思います。。

とにかく私はステキな一人旅になりました!

私は『台湾』に行ってよかったです。
今は何カ国か他の国にも旅行に行ってますが、『台湾』の経験を元に色々と一人旅の知識も増えました。
ステキな一人旅にするには、なにわともあれ『無事帰国すること』だと思います。
無理せず、海外だからと言ってはじけすぎないように。
私は毎回旅の最終目標は『元気に日本に帰る!』にしてます。
とりあえず生きていればなんでもできますからね!
今回はこのへんでしょうか。
みんなの旅の参考になればいいんですが。

引用元-初めての女海外一人旅を「台湾」にした理由/台湾一人旅 | おくびょう女の一人旅

●初めて一人で行く海外旅行おすすめの国

タイのバンコクは日本から直行便が多いため、航空券も格安。世界中からバックパッカーが集まるため、一人旅、個人旅行者向けの旅行サービスや案内がしっかりと整っているのが理由。

中でも、世界中のバックパッカーが集まる世界的に有名な場所が、カオサンロード(Khaosan Road)と呼ばれる場所。
実際にはカオサンロードと、その周辺のいくつかの路地を含む一帯を示しています。

このカオサンロードは、わずか300mほどの通りに、バックパッカー向けの格安ホテルや旅行代理店、両替所、レストラン、インターネットカフェ、古本屋、ランドリー、衣料品店、土産物店等が軒を連ね、個人旅行者に必要な全てのお店がずらりと並んでいます。

例えば、カオサンロードの旅行代理店では、タイ国内の長距離バスや、空港までの送迎バスのチケット、バンコク発着の現地ツアー、タイ国内線から世界中の都市への格安航空券が売られており、英語を母国語としない世界中のバックパッカーを相手にしているため、片言の英語でこちらの要望を理解してくれ、様々な情報とチケットが簡単に手に入る。
つまり、ここを拠点に世界中を旅することも可能です。ちなみに筆者もバンコクを拠点に世界中を旅してきた一人。

また、突然行きたい国が増えても、古本屋ではバックパッカーが旅を終えて売りに出した世界中のガイドブックが売られており、旅行情報の収集にも困らない。カオサンロード周辺の路地には格安の屋台が軒を連ね、ドミトリー(共同部屋)のゲストハウスまである。貧乏旅行者にとっての聖地と言えます。
ちなみに、宿泊者のほぼ全員が日本人という「日本人宿」もあり、多くの若者で賑わっているため、初めての海外一人旅でも不安が少ないです。

引用元-初めての海外一人旅 おすすめの国は? 女性の一人旅でも安心!

まとめ
知らない国への旅は、魅力満点です。綿密に計画を立てて一人旅を楽しみましょう。

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ