日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ココがすごい!?外国人観光客が日本にきて感動したこととは?

      2017/03/30

ココがすごい!?外国人観光客が日本にきて感動したこととは?

日本に訪れる外国人観光客は年間で1900万人を超えていて、年々増えているようです。外国人から見た日本の魅力とはどんな所なのでしょうか?今回は外国人観光客が日本で感動したエピソードを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

スカイプの通話の録音で楽々

今は通話は固定電話だけの時代にさようなら。様々な便利なのもが...

楽天カードはどんなカード?審査や時間はどのくらいかかる?

楽天とはは大手通販サイトのことですが、その楽天が発行している...

コンビニの写真プリントはUSBなどがあれば、簡単楽々

コンビニのコピーサービスは素晴らしいですね。コピーだけではな...

バドミントンのラケット選び♪初心者のあなたへ☆彡

休日に、公園や家の前などで楽しそうに遊ぶ姿が見られるバドミン...

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相...

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくると...

ビルの屋上にある鳥居は珍しくない

意外と知られていないことは、ビルの屋上に鳥居がある事です。実...

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の...

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学...

子供を施設に預けるための条件はあるか

皆さんは児童養護施設がどのような所か知っていますか?最近は漫...

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空...

幼稚園のバスの運転手になるには?取得する免許

幼稚園の送迎バスを利用している人は多いですね。幼稚園の送迎バ...

恋愛ドラマで感動したい!泣けるドラマ

思いっきり泣いてストレス発散したい!という時ってありますよね...

家庭用電気スイッチをおしゃれに替えて、プチ模様替え

季節の変わり目には、部屋の模様替えをしたいと思いますが、大き...

賃貸契約はなぜ2年なの?更新は家賃や保険の見直し時

賃貸契約の更新の通知をみて、「あぁ、もうあれから2年経ったの...

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は...

部活の先輩が引退!手紙を贈るならどう書く?

部活でお世話になった先輩が引退するときは今までの感謝を込めて...

ゴルフ場デビューは予約のやり方を教わる事

ゴルフが初心者なのに、ゴルフ場の予約を任されたら不安ですね。...

スワロフスキーストーンのデコセットは初心者でも作れます

大人気のスワロフスキーのデコでオリジナルグッズを作ってみまし...

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

就職や進学で一人暮らしを始める人もいることでしょう。その場合...

スポンサーリンク

日本に訪れる外国人観光客の数はどのくらい?

国土交通省・観光庁によると、2015年に日本を訪れた外国人旅行者は 1973万7000人(推計)で前年比47・1%増加し、3年連続で最高を更新した。
この結果、同旅行者数は大阪万博が開かれた1970年以来45年ぶりに出国日本人数(前年比4%減の1621万2100人)を上回り、国際旅行収支はすでに昨年1~11月の段階で1兆円を上回る過去最高の黒字を記録している。

外国人旅行者の傾向としては「世界各国からバランスよく伸びた」(石井啓一国土交通相)ものの、アジア地域が1637万人と全体の82.9%を占めた。
中でも東アジアが1420万人で71・9%に達する。国・地域別では、1位が中国の499万人、2位が韓国の400万人、3位が台湾の368万人、4位が香港の152万人、5位が米国の103万人。
次いで、タイ、オーストラリア、シンガポール、マレーシア、フィリピン、英国と続く。

引用元-nippon.com

感動!日本で落とし物をした外国人のエピソード

イスラエルからの35歳の女性は「京都・金閣寺の庭園に感動した」という。
停戦合意したとはいえ、まだ戦争の余韻がくすぶるイスラエルからでは、あの静謐な庭園の印象は心に残ったことだろう。

京都に住む友人に会いに来たというパキスタンの48歳の主婦は、陶器が好きらしく「四国・四万十の店で買った」という茶碗や皿を大事そうに見せてくれた。
茶碗に貼ってあった値札には30円とあった。

南アフリカから来た20代後半のカップルは2週間のクルージングで横浜から北海道―青森―東京を満喫した。
ところが、船を降りるときにカメラを船内に忘れてしまった。
船に電話するともちろん見つかり、スタッフが届けてくれたという。
「南アではあり得ない。とくに電子製品は絶対に出てこない。戻ってこなかったら旅の写真ぜんぶを失っていました」と感激していた。

引用元-livedoorNEWS

その設備に感動!日本のカプセルホテル

カプセルホテル

サラリーマン時代には仕事がらみの付き合いで終電を逃してよくカプセルホテルに泊まりました。
最も家に帰るためのタクシー代より安いという理由でしかなかったのですが、しかし確かに部屋は寝るだけの穴の様な場所ですが、その設備とサービスは素晴らしいものです。

温泉の大浴場やサウナ、日替わり定食もあるレストラン、WIFIやPCが完備してあったりもしますし、女性専用のフロアがあるホテルもあります。

ここまで快適性が高いのに料金が安い宿泊施設に外国人は目を丸くして驚きますよね。
だって外国ではこんなふざけたバランスのホテルはドミトリーを含めてもありませんからね。
確かに日本に来たのなら、カプセルホテルは1度は体験しておくべきものだと思います。

引用元-FPが考えた!海外移住と世界旅行 ~タイのパタヤからのブログ

外国人観光客はこんなところにも感動!

新幹線が揺れないのがすごい!(イギリス/男性)

旅や出張の足として日本人の生活に馴染んでいる新幹線ですが、鉄道先進国のイギリス人であっても「スピードと安定性」は驚くことのようです。
当たり前と感じていた日本の技術は、世界からみれば素晴らしいものであることを改めて気づかされます。

電車が数分遅れただけで謝罪するアナウンスが丁寧 (カナダ/男性)

数分の遅れでも謝罪アナウンスが流れる日本。
私たちにはごく日常ですが、外国人にとってはものすごく丁寧なサービスに感じるのだそう。
たしかに海外を旅していても、電車が時間通りに来る国の方が珍しいような気がします。
ちなみに「運転見合わせ」などのテロップがテレビに出ることにも大変驚いていました。

暖房便座が気持ちよすぎる(メキシコ/女性)

日本でもかなり普及してきた「暖房便座」。友人が冬の温泉宿で初めて暖房便座に座ったところ、その暖かさが気持ちよすぎて思わずため息が出てしまったとか。
洗浄機能もさることながら、お尻が冷えない暖房便座は感動の心地よさだったようです。

おしぼりに癒される(アメリカ/男性)

日本のレストランや居酒屋などで出される「おしぼり」。
私たちにとってはごく普通のサービスですが、外国人にはほっと心が和んでしまうような、素晴らしいおもてなしに感じるようです。
自宅に外国人を招いた時に、おしぼりを作っても喜んでもらえそうですね!

引用元-TABIZINE

日本の商品やサービスに感動!

日本人は礼儀正しく、接客サービスが最高!

日本人の礼儀正しさは世界の中でも有名です。
挨拶やお礼の気持ちを伝えるときに会釈や一礼をする文化は日本特有のもので、実際にそれを目にした外国人はとても感動すると言います。

この日本人の礼儀正しさは、接客サービスにも表れています。
レストランやホテル、レジャー施設などではスタッフが「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」とお辞儀をしながらにこやかに対応してくれます。

こうしたきめ細かいサービスはサービス業だけではなく、スーパーやコンビニでも同じで、笑顔で会釈したり、両手で商品を受け渡したりするなど、丁寧な接客応対が心がけられています。
「ちょっと買い物しただけなのに、まるで高級ホテルのようなサービスだ」と、日本の接客レベルに驚きを感じる外国人も少なくありません。
さらに、何も買わないままお店を出てもイヤな顔をされることがなく「ありがとうございました」「またのお越しをお待ちしております」と見送られることもあるのです。

引用元-「ディズニーの英語システム(dwe)」

親日の国とその感動エピソード

1890年、約600人を乗せたトルコのエルトゥールル号が、和歌山県沖で台風に巻き込まれ、爆発し沈没。
付近の村民たちが、海岸へ打ち上げられたトルコ人を救助し、懸命に看護しました。
村の男たちは裸になり、遭難者に抱き付き、冷えた体を温めました。
女性たちは、数少ない食料やニワトリをすべて持ち寄り、不眠不休で看護しました。
自分たちのすべてを投げうって、多くのトルコ人の命を救ったのです。

この話が、トルコの教科書に掲載され、子供でさえ知らない人がいないほど。
そのため、親日派のトルコ人が多いのです。
話は、これで終わりません!
約100年後…イラン・イラク戦争が激化。
イラクのフセイン大統領は、「48時間後からイラン上空の航空機もすべての攻撃する」と発表。
それを受けて、各国の航空機は自国民を救出しました。
しかし、日本政府は、航空機を向かわせることができなかった。
日本人200名以上が脱出できず空港に孤立。
「もう時間はない!」とあきらめかけていた…その時です!
空の彼方から飛行機が!
なんと!イラク航空機が危険を冒して、日本人を救出に来てくれたのです。
まさに危機一髪でした。

なぜ、トルコが危険を冒してまで日本人を救出してくれたのか?
あるトルコ人は言います。「わたしたちは、あのときの恩を忘れない」

そう!エルトゥールル号沈没事故のときの、日本人の「思いやりの心」。
それが、トルコの人たちの「心」と「飛行機」を動かしたのです。

引用元-パンダの温度

まとめ
日本に訪れる外国人観光客は日本のサービスやおもてなしに感動することが多いようですね。今後も観光客が増えていくといいですね!

twitterの反応

 - 海外・国際

ページ
上部へ