日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

目の疲れを癒す!?おすすめの家電とは?

      2017/04/05

目の疲れを癒す!?おすすめの家電とは?

最近はパソコンを使う機会が増えているので目の疲れが取れないことに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?そんな目の疲れを癒してくれる家電を知っていますか?今回はそんなおすすめの家電を紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

no image
ノロウイルスの症状とは?胃痛・腹痛はある?

ノロウイルスといえば、激しい嘔吐、下痢や胃痛、腹痛などの症状...

ナンバーズが当選したら!?受け取りはどうする?

ナンバーズとは、好きな数字を選択して買う宝くじのことです。最...

脇役俳優にスポット!日本の名脇役といえば?

日本の俳優の中には名脇役と呼ばれる俳優がたくさんいます。この...

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしよう...

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからな...

車のキズやへこみの修理に時間はどのくらいかかる?

車にキズやへこみができてそのままにしておくと、場合によっては...

車の任意保険に年間いくら払ってる?安くする方法はある?

車を運転しているほとんどの人は任意保険に加入しています。加入...

社会人で実家暮らし!家にお金は入れるべき?

実家に住みながら社会人として働いている人は結構いるのではない...

車の窓ガラスをきれいにするには!?掃除の仕方を紹介!

車の窓ガラスは汚れていると運転時に視界が悪くなるのできれいに...

高校の友達は一生もの!?友達の作り方について

よく高校でできた友達は一生ものという言葉を耳にします。高校で...

中学校の部活は何に入る?吹奏楽部はどんな部?

中学校に入ると、小学校とは違って部活などに所属することになり...

地震発生時の日本人が素晴らしい!?世界が絶賛するその姿とは?

日本は地震が頻繁に発生する国です。そのため我々日本人は小さい...

車の事故を起こしたら保険を使うべき?使わない方が得な場合とは?

車に乗っているほとんどの人は任意保険に加入しています。もしも...

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名...

20代後半の男性はどんなデートをすべき?結婚は意識してる?

20代後半の男性は仕事が忙しくなる時期なので、ゆっくりデート...

教授にメールでアポを取るには?失礼のないアポイントメールのポイント

最近はアポを取るときにメールを利用する人は多いですね。しかし...

ヒブと肺炎球菌のワクチンの同時接種が中止に!同時接種は危険なのか

赤ちゃんの頃は様々な予防接種を受けて病気を予防しないといけま...

好きな色で性格がわかる?性格診断をしてみよう

色にはたくさんの種類があり、その色からは様々な印象を受けます...

クレジットカードの解約は可能?自動引き落としにしている場合

クレジットカードを解約する場合、自動引き落としに設定している...

履歴書の数字はどう書くのがいい?半角と全角はどっちを選ぶ?

就職活動には履歴書は欠かせません。最近はパソコンで作成するこ...

スポンサーリンク

目の疲れを癒してくれる家電①

家電で目の疲れが取れるとは、どんな家電なんだろうと少しびっくりしてしまいますが、家電とはいえ、意外にもシンプルでコンパクトな外見の美容家電です。

その名も、パナソニックの目元エステという美容家電です。
名前だけ聞いても、なんだか目がすっきりしそうな印象を受けます。

形は、例えて言えば、メガネケースみたいな感じでしょうか?
アイマスクをちょっとごつくした感じとも言えるでしょうか?

この目元エステは、発売からわずか1ヶ月で3万3000台も売れたそうです。
スチーム機能が付いていて、温熱効果で目もとを温め、保湿までできちゃう優れものです。
さらに、すごいのは、リズムタッチというマッサージ機能まで付いているというところです。これこそ、家電ならではの持ち味です。

また、寝ながら使用できるというところが売りのようで、寝ながら使うことで、目の疲れを取りながら、カラダの疲れも取れてしまいます。
寝付きが悪いという人にもオススメです。
目元エステを使って、リラックスできたところで、そのまま入眠すれば、熟睡しやすくなるでしょう。

引用元-目の疲れを取る方法

目元エステを使った感想は?

使用してみた感想は、ずばり「気持ちいい!」のひとこと。
目の下をポカポカ温めながら、温かいスチームをじわーっと出してくれるのだから、気持ちよくないハズがない。
目もとだけサウナに浸っているような感覚で、あまりの気持ちよさに、使いながらウトウトしてしまったほど。
しかも、使用した翌日は、心なしか目もとがスッキリ(見た目には変わらないけれど)。目の周りの肌もしっとりとうるおっていた。
毎日寝る前に使っていれば、目に溜まった疲れが緩和されるのはもちろん、肌にもハリが出てきそうだ。

リズムタッチに関しては、好みが分かれそうなところ。
プロのエステティシャンの手法に学んだというリズムタッチが、リズム1(「ゆっくり」と「とてもゆっくり」のリズムを弱めに繰り返す)とリズム2(「強弱の幅が小さい」→「強弱の幅が大きい」と切り替わる)の2パターンから選べるのだが、いずれも感触は携帯電話のバイブレーションに似ており、振動する際に“ムィン、ムィン”と小さな駆動音がする。

筆者は、音量が少し気になったので、主にオフにして使用した。
ただ、リズムタッチをオンにしておくと、振動が止まった時に12分たったことがわかるので、休憩時には便利かもしれない。

引用元-価格.comマガジン

目の疲れを癒してくれる家電②

株式会社ドリームは、同社の新ブランド「hushtime」の第1弾商品として、目元用温め家電「menion」を発売した。
同製品は、いつでもすぐに目元を温めることができるコンパクトなモビリティ家電。
ビジネスシーンに合う白・グレーを基調としたカラーの本体に、滑り止めの役割を果たすシリコンのラインをアクセントに使用している。
電源を入れたらすぐに使えるスピード起動で、約10秒で昇温し、PCやスマートフォンを使っていて疲れを感じた瞬間にすぐに癒やせる。

温め機能は36度、39度、42度の3段階から切り替えることが可能で、充電器との接続はワイヤレスとなっており、コードの抜き差しは不要で、置くだけで充電できる。

引用元-MdN DESIGN

目の疲れを癒してくれる家電③

リーズナブルな簡易マッサージ機器を数多く出してる、アテックスのルルドシリーズからもゴーグルタイプのアイケア製品が3種登場しました。

ルルド めめスチーマー、ルルド めめホット、ルルド めめエアの3モデルで、それぞれ単機能にして価格を抑えてるところが、やるなあと思う訳です。

「ルルド めめスチーマー」は充電式の温熱スチームタイプで、3曲のヒーリングサウンドを搭載。
温熱の最高温度が約41℃と、目もとエステよりもちょい高温になってるところがミソですね。

お風呂のお湯でもこの辺りの1℃は差が大きいですから、実感はけっこう違うかも。
それでいて実勢価格が7500円前後と、後発ならではのニーズを捉えた買いやすいモデルになってます。

引用元-すこぶる

目の疲れを癒してくれる家電④

breo ブレオ モンデール アイタッチ iS4
ヘッドスパやハンドリフレなど、スタイリッシュなエステ&ヒーリング機器を発売しているブレオのモンデールブランドからも疲れ目や目尻のしわ対策用途のアイマッサージ器 モンデール アイタッチ iS4 が登場しています。

モンデール アイタッチ iS4 は、空気圧によるエアープレッシャーとエステティシャンの複雑なハンドタッチを再現したタッピングで目元をマッサージするオシャレな美容機器。

内蔵カーボンヒーターで目元を約42℃に温めながら、スリープ、ミディアム、ハードの3つのモードでエアーとタッピングのマッサージが行なえます。
スチーム機能は搭載されていませんが、エステシャンのようなタッチ感覚が心地良いと好評です。
コードレス仕様の充電式で実勢価格は18000円前後。

引用元-ぼやモノ

家電以外の目の疲れを癒すグッズ

花王 「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」
蒸気で目元を癒してくれるのがこのアイマスクです。
約40℃の心地よい蒸気が10分間程続きじんわりと目の疲れをほぐしてくれます。
開封後すぐ温める独自の設計で仕事の休憩時間にもすぐ使うことが可能です。

耳かけが付いているので目元にぴったりフィットし座ったまま使うことができるのがおすすめポイント!
香りが選べるので好きな香りに包まれながらリラックスできちゃいます!

桐灰 「あずきのチカラ」
100%あずきを使用し繰り返し使え経済的なのがあずきのチカラ!
適度な重みと心地よい温かさで気持ちよく目の疲れを取ってくれます。
電子レンジで加熱して250回も繰り返し使用が可能なところがおすすめ。
あずきは水分を非常に多く含み温めるとその水分が蒸気となって目を癒してくれるのです。

引用元-キープル

まとめ
目の疲れを癒す家電は女性にも男性にも人気のようです。疲れが取れない人は一度試してみてはいかがでしょうか?

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ