日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

江戸時代とはどんな時代?実は日本の歴史の中でもすごい時代だった!

      2017/04/08

江戸時代とはどんな時代?実は日本の歴史の中でもすごい時代だった!

江戸時代は徳川幕府が治めていた時代のことをいいます。その長さは日本の歴史の中でも二番目に長く、いろいろな文化が栄えた時代でもありました。そんな江戸時代には結構すごい出来事が多くあったので紹介していきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

no image
色の組み合わせは絵の具を使って体感しよう

色は三原色からいろいろな色が生み出されます。
実際...

顔が小さいと言われたい!顔が小さく見える髪型は?

女性にとって顔の小さい芸能人は憧れですね。顔を小さく見せるに...

タバコを禁煙したい!半年吸わないとどうなる?

健康のためにタバコを禁煙したいと思っている人は多いのではない...

子供の足のサイズの平均は?年齢別のサイズ

子供の成長は早いですが、足のサイズもあっという間に大きくなっ...

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

手首は、足首、手指などと同様、捻挫の多い部位ですね。病院へは...

嫁さんの料理が下手だった…どう対応する?

結婚したお嫁さんの料理が下手だった…ショックだと思いますが、...

あなたの周りにはいる?苗字や名前が同じな人々

あなたの周りには、『この人、結婚したらすごい苗字・名前になっ...

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開にな...

金魚の水槽の掃除はどうするの?

金魚すくいですくった金魚が家に来て、どのように飼ったらよいの...

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

不妊治療を行う場合、はじめは自然周期のタイミング法を試します...

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が...

運動会の弁当は簡単なのに見た目が豪華が一番!

お子様が幼稚園や小学校の時は、年に1回の運動会は家族のお祭り...

風邪をひいてしまった!薬は何が処方される?

風邪をひくと熱や咳や鼻水などの症状が出ます。病院へ行くと薬を...

豆乳と牛乳。似ているようで似ていない!カロリーから豆知識まで。

健康ブームで、牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる人が多いらしいで...

子供の絵…下手だと思ったとき、どうすれば良い?

子供に描いた絵を見せられたとき、「下手だな〜。でも、面と向か...

大学で友達を作るには!?入学前のSNSでの交流は有効か

大学に入ったら絶対に友達を作った方がいい!とよく言われます。...

子供が友達と遊ぶ約束をするときに気をつける事とは

小学校に入ると子供は友達と遊ぶ約束をしてきますね。子供同士で...

本当にあるの?銀行に就職するときの身辺調査

銀行などの金融機関に就職するときに、身辺調査をされるかもしれ...

一人暮らしの猫の飼い方!留守にするときの注意点は?

一人暮らしでふと寂しくなったとき、ペットがいたら良いなと思う...

乳がんの治療法は?手術をしない場合とは

乳がんを発症する人の数は近年増加を続けています。日本人の女性...

スポンサーリンク

江戸時代とは?

大雑把に言えば徳川幕府 (江戸幕府) が存在していた期間をさす。
そのスパンは265年と1週間と2日で、日本の有史以降では平安時代の次に長い。

比較的安泰で多くの庶民文化が栄えた。
後期は特に資料も多く残っており、その風習や思想、言葉遣いまで詳細に知られている。

この時代の文化は何気に現代の日本にも名残をとどめていたりする。
現存の神道 (神社神道) は江戸時代の復古神道が明治時代の国家神道を経由して残されたものであり、また弾圧を受けながらも挙って投稿された川柳は現代でも根強い。
畳、障子、正座といったものが一般的になったのもこの時代。
内憂外患に悩まされた終期は幕末と呼んで区別することも多い。

引用元-ニコニコ大百科

江戸時代の日本人の学力がすごい!

江戸時代の鎖国政策などにより、わが国は世界的な産業革命に大きく後れを取りました。
しかし、明治の富国強兵によって瞬く間に世界に追いつき、経済力でも西欧諸国に肩を並べ、軍事力の面でも清やロシアに勝利するほどの力をつけました。

それは日本人の勤勉で実直な努力のたまものでもありますが、江戸時代においても、絶対的な学力がきわめて高く、識字率は世界でもっとも高かったことも大きな要因です。

江戸時代においては多くの子どもが学校に通い、「読み書きそろばん」と言われる基本的な学力を身につけていました。

貧しい町人の子ですら文字が読め、中国や朝鮮はもちろん、イギリスやロシアなどに比べても識字率では大きく上回っていたのです。

引用元-江戸時代Campus

江戸時代はとてもきれいだった!

江戸は当時の世界では最大の人口を誇る大都市で、その人口は百万人をゆうに越えていました。
百万人といえば今の東北一の大都市仙台と同じ人口ですから、その巨大さは相当なものであったといえます。

それだけ人口がいれば、まだゴミ焼却場などがあるわけもないわけですから、町にはゴミが溢れ悪臭が漂っていたのではないかと思えるのですが、江戸の町はとてもクリーンで、「清潔好きな日本人ここにあり!」とでも言えるような町だったそうです。

そんなクリーン都市を可能にしたのが完璧なリサイクルのシステム。
壊れた鍋や陶器などを直す職人や、ロウソクや紙といったゴミになりやすいものを再利用させる技術が確立していた為、ゴミの量は人口から比しても驚くほどに少なかったそうです。

引用元-MEN-ZINE

こんなビジネスで江戸の町をきれいにした日本人はすごい!

当時の海外では垂れ流しだった人々の汚物や動物の糞を、畑で肥料として使うと、めちゃくちゃいい感じに作物が育つことを農家の方々は経験で知っていました。
ですから、畑から都会に来ては、「汚物くれたら野菜あげますけど、みなさんのトイレにたまってないですか~?」と買い取りビジネスを初めていたわけです。
この買取ビジネスが世界でもっとも江戸時代を清潔にした理由です。

また、当然ながら馬の糞も、畑で肥料として使えます。
農家の人が都会に出てきて、道端に馬の糞が落ちていたら、それはもうログインボーナスです。
このような買い取りビジネスが発展していたため、人々は外でトイレがしたくなっても我慢し、「家に帰って溜めておかないともったいない!これは『資産』なんだから!!」と思っていたそうです。

海外では忌み嫌われ、不法投棄が多発し、町は汚れて不衛生、病気が乱発する時代に、江戸時代はまさにお手本ともいうべき『みんなの役に立つビジネス』が行われていました。

完全に偶然に始まっただけだと思いますが、この汚物買取ビジネスは、現代にエコロジーや地球環境に配慮したビジネスが行われている中、それらの基本であり完成形でもあると言えるでしょう。

捨てるはずだったものが『資産』であり、得をすると認識させて、売買を成立させる。
その結果誰もがハッピーになるという、まさに世界のお手本となるビジネスです。

引用元-緋色の研究

日本にはすごい体力の持ち主が存在した!

江戸時代の郵便局員とも言える飛脚は驚異の体力の持ち主でした。
なんと江戸から京都までの約492キロを3〜4日で走り、手紙を届けていたのです!
すごいですよね。ちなみに徒歩だと約2週間もかかる距離です。

もちろんこの距離を一人で走り抜いていたわけではありません。数人でリレー形式で走っていました。
中には通飛脚と呼ばれる一人で出発地から目的地まで走る飛脚もいたそうですが・・・
いずれにしても現代のように舗装された道もなく、ランニングシューズもない状態で東海道を走り抜いていた事実がすごいですよね。しかも粗食だったとか・・・。
西洋人が飛脚に肉を食べさせたところ、普段よりも早くバテてしまったという話もあります。

引用元-TABIZINE

江戸時代のお米の消費量がすごい!

江戸時代の郵便局員とも言える飛脚は驚異の体力の持ち主でした。
なんん、味噌汁、漬物。超シンプルな「一汁一菜」。

これが庶民の食事の基本でした。こんな少ない食事で体力持つの!?と思うかもしれませんが、江戸の人々の食事と私たち現代人の食事で大きく違う点がありました。

それは……お米の消費量です。
江戸は将軍のお膝元であり全国から年貢米などが集まってきました。
米の流通システムも整備されていたため、長屋の住民でもよほどの貧乏人でない限りお米、それも精米した白米を食べることができました。
「白米を食べられること」これは、江戸っ子の自慢のひとつでした。

では、どれくらいの量を1日で食べていたのか?
成人男性の場合なんとその量は……1日5合

多すぎる。これは多すぎる。ちょっと信じられない量です。
家族ですら1日こんなにお米を消費しません。それを一人で食べちゃうとは。
ちなみに現代人の1日の米消費量は「お茶碗2杯ちょっと」といわれています。
歴然の差です。カロリーのほとんどを米で補っていたんでしょうね。

引用元-江戸ガイド

まとめ
江戸時代の日本人のエピソードは驚くことばかりですね。綺麗好きと言われる日本人はこの時代に出来上がったのかもしれませんね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ