日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ハローワークに求人情報を掲載するには?いい人材を獲得するためのポイント

      2017/04/22

ハローワークに求人情報を掲載するには?いい人材を獲得するためのポイント

転職をするときにハローワークを利用したという人は多いのではないでしょうか?ところで会社側がハローワークに求人情報を掲載するにはどうしたらいいのでしょうか?今回はハローワークで求人する方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

ハローワークとは?

ハローワークとは

主に転職の場合に活用すべき機関に、ハローワークの存在があります。
ハローワークとは、厚生労働省によって設置された行政機関であり、国民に安定した雇用機会を確保することを目的として設置ならびに運営がなされています。
ハローワークの正式名称は、公共職業安定所ですが、旧労働省が公共職業安定所の愛称を募集し、その中から選ばれた名前である「ハローワーク」が、1990年から用いられるようになりました。

国の行政機関であることから、無料で職業の紹介や転職指導などを受けることが可能です。
また、ハローワークは、失業給付なども行っていることから、前職において失業保険に加入していた場合には、失業給付を受けながら、仕事を探すことができます。

ハローワークは、全国に540箇所以上設置されていることから、誰もが最寄のサービスを享受することができます。

引用元-就職転職成功戦略ガイド

ハローワークに求人情報を掲載するメリット・デメリット

ハローワークは、求職者の誰もが利用可能です。
また、失業していれば、失業手当の受給申請のために、一度は足を運ぶ場所。
そのため、掲載した求人情報が多くの求職者の目につきやすいと言えるでしょう。

また、地場に強い企業である場合、ハローワークが管轄する地域の求職者に求人を見てもらえる、というメリットもあります。そして何より、企業にとって最大のメリットは、ハローワークの求人掲載が無料だということ。
コストがかからない分、長期間の求人掲載など採用に失敗してもリスクヘッジになるでしょう。

しかし、ハローワークは基本的に管轄する地域の情報しか求人を掲載しません。
そのため、そもそも労働人口が少ない地域では、応募者が集まらないというデメリットや、優秀な人材に出会える確率が低くなるとも言われています。

そのため、広い地域から採用対象になりうる人材に出会いたい場合や、多くの求職者に応募してもらい、選考をしたい場合は、コストがかかったとしても他の求人媒体を併用すると良いかもしれません。

引用元-エン人事のミカタ by エンジャパン

ハローワークに求人情報を掲載するには?

ハローワークで求人募集をする方法は、なかなか煩雑です。
まず事業所がある場所のハローワークに出向き、事業所登録を行わなければなりません。
尚、事業所登録は初回のみ必要な作業です。

事業所登録を行ったら、「こういう人材が欲しい」という旨を求人の申込書によって提出することになります。
この際、企業の特性を伝えるとともに、自社がいかに魅力的であるか、あるいはいかに働きやすい職場であるかを上手にアピールする必要があるでしょう。
求人の出し方を変えて掲載するだけで、応募者の数がまったく違ってくることもあるのです。

募集を出すときは、アルバイト募集なのかパート募集なのか、それとも正社員募集なのかをハッキリさせておきましょう。
これによって、応募者が戸惑わなくて済みます。

引用元-ジョブセンスリンク

トラブルを防ぐために労働条件の記載を

採用トラブルを未然防止する労働条件の書き方

求人申込書には「仕事の内容」だけでなく、賃金・労働時間など一定の労働条件についても記載することになっています。採用トラブルを未然に防止するためです。

たとえば、「月収50万円以上」という求人広告に応募したところ、実際は残業代も含めた月収であったということもあります。

求人申込書に記載する労働条件で一番重要なのは、賃金です。
賃金は、賃金形態(月給、日給、時給など)と賃金額について記載します。
賃金額については、上限金額だけでなく、現実に支払われる可能性のある最低金額も記載しなければなりません。

さらに毎月の賃金については、基本給(月額)に加えて手当の種類と金額まで記載が必要。
その他、昇給の実績や賞与の有無まで記載が求められます。

なお紙媒体などの有料の求人広告では、賃金について具体的金額を書かずに「委細面談」とか「当社規定による」などの表現で留めている例は多いです。
また「成績によっては月収100万円以上」という誇大広告のような表現も見られます。
しかし、ハローワーク経由での求人では、このような表現は許されませんので注意してください。

引用元-AllAbout

ハローワークで検索上位に掲載されるには

求人票の掲載取り止めなどをしない限りは、3ヶ月間、求人票が公開されます。
求人票掲載直後は「新規求人」として検索の上の方に出てきますが当然その間に他の会社も求人票を出します。
そうするとだんだんと自社の求人票は下に下がっていきます。
一度出した求人票は、3ヶ月間はそのままです。
広告費などを払って検索順位を上げることはできません。

ここが少し困ったところで、2ヶ月前の求人に申し込む人なんてあまりいないのに3ヶ月はそのままなんです。
3ヶ月経過したら求人票の余白に「再掲載」と記載してハローワークにFAX するとまた新規求人として扱ってくれます。

さて、ここからが大事です。
求人票は、なるべく検索順位が上にあって新鮮な方がいいのです。

例えば正社員を採用したいとき
正社員募集
給与 20~40万円
未経験者 可
という求人を出しているケースがあります。

そうではなくて、
正社員募集
給与 30~40万円
という「経験者」を想定した求人と

正社員募集
給与 20~30万円
未経験者 可
という「未経験」を想定した求人に分けます。

そうすると異なる求人として掲載が可能になります。
少し時期をずらして求人票の提出をすれば、どちらかは検索順位が上位にある状態を作ることができます。

引用元-就業規則の作成・変更と助成金の相談室┃横浜・神奈川・東京

ハローワークと他サイトの併用でいい人材を確保しよう

もちろん、ハローワークは優秀な求人手段です。誰でも使えますし、失業手当などを受けるために、失業した人が一度は足を運ぶ場所のため、求人情報も目につきやすいでしょう。
特に地場に強い企業であるのなら、地元住民が求人広告を見るハローワークは、メリットが大きいと言えます。

しかし求人情報は、ハローワークにしか掲載してはいけないものではありません。
より多くの人々に求人情報を届けるには、ハローワークに限らず、別の手段も利用すると良いでしょう。
幅広く求人情報を出せば、それだけ応募者の数も増えるはずです。
また、ハローワークは基本的にその地元の情報しか載せません。

引用元-ジョブセンスリンク

まとめ
ハローワークへの掲載は無料でできるので、他サイトも利用することで求人募集が増加が見込めそうですね。

twitterの反応


https://twitter.com/qittu/status/680811011285254144

 - 進学・就職

ページ
上部へ