日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

結婚を考えている彼や彼女の親が離婚していたら?

      2017/04/27

結婚を考えている彼や彼女の親が離婚していたら?

日本の夫婦は3組に1組が離婚していると言われています。今付き合っている彼や、彼女の両親が離婚しているケースも珍しいことではないでしょう。もし結婚を考えている相手の両親が離婚していた場合はどうしたらいいのでしょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

日本の夫婦の離婚率は?

増加傾向にある離婚

現在、日本では年間約25~27万組が離婚しています。3組に1組の割合です。
その離婚する夫婦の中には当然、小さな子供がいる夫婦がいます。

離婚は夫婦の問題ではありますが、離婚に至れば子供もどちらかの親と離れて暮らすことを強いられるので子供にも様々な影響を与えます。
そのような影響を出来るだけ少なくするために夫婦は上手に子供のことを考えた離婚をする必要があります。

引用元-栗田行政書士事務所

両親の離婚が子供に与える影響とは

彼女は幼少期の大事な時期に父親から愛情を十分に受けなかったため、その後も自分の恋愛に対してもいつも否定的で、男性というものは必ずいつかは離れて、去っていってしまうものであるという心の刷り込みがされてしまうのでした。
だから彼女は常に自分が異性から愛されることに対して信じられず、その不安に怯えながら大人になっていくのでした。

幸せな恋愛ができない女性の中には、彼女のように幼少期や思春期のトラウマの影響によって多くの思考のブロックを抱えたまま成長していくことがあります。
両親の離婚に関わらず、浮気、不仲、両親のケンカ、子供への無関心、さらには躾が厳しいことで生じる精神的不安や親からの支配されること・・・など、彼女と同じように恋愛に対していつも不安を抱えたり、男性に対して不信感を持ってしまうことがあります。
その結果として、自分自身が幸せな結婚すること自体を怖がったり、否定するという心理状態になってしまいます。

引用元-AllAbout

両親が離婚していると子供も離婚しやすいのは本当か

親の離婚や不仲を見てきた子どものほうが、恋人を求める気持ち、恋人への依存度が高い気がする。
「一生恋人なんていりません」という人を聞いたことがないし、わりと常に恋人がいるって人のほうが多い気がする。

恋人という、自分の一番そばにいてくれる特定の相手が欲しい。愛してほしい。
でも、結婚となると、願望や憧れはあるけれど、そんなことは可能なのか?自分にできるのか?不安だと言う。

よく、親が離婚していると子どもも離婚率が高くなると聞くけど、それって、遺伝とかそういう問題じゃなくて、寂しい 誰かにそばにいてほしい 自分だけを見て 愛されたいって気持ちが強いから、同棲や結婚が若くて早くなる。
それが結果的に離婚に繋がっているんじゃないかと思う。

引用元-子どものほんとうのきもち

両親が離婚している場合、結婚する彼や彼女にはどんな人を選ぶといい?

両親が離婚(熟年離婚含む)している場合、「どんな関係でも、破綻するものだ」という考えが根底にあるかもしれません。
人と接する時に最初から相手の懐に入るのではなく、ある程度距離を置いて接しようとすることもあります。

こういう人のお相手には、少なくとも「いろいろあったが、両親は離婚していない」という人を選んだ方が、うまくいきやすいです。

彼らにとっては、たとえケンカが多くても「なんだかんだで、夫婦とは関係を修復し、一緒にいるの当たり前」です。
あなたの中の「当たり前」を、お相手に塗り替えてもらいましょう。

また、母親が自分のこと(家計を支える、感情を処理する)で精一杯だったケースが多いので、母性愛に飢えている場合があります。
そのせいか、相手が自分の世話をしてくれると落ち着く…と感じることもあるようです。

その他にも、「母親からモラハラを受けて育った」「父親から母親に暴力(言葉の暴力含む)があった」などの場合も、当たり前の見直しをしてみてください。
また、そういった家庭で育っていないお相手を選びましょう。
「恋愛と結婚は別」というのは「恋愛は、お互いの家庭環境がさほど影響するわけではないが、結婚はそうではない」という意味だと、私は思います。

引用元-恋愛ユニバーシティ

結婚する彼や彼女の親が離婚している場合、親は呼ぶべき?

未成年の時に御両親が離婚をしていると、親権をもった方の親御さんと一緒に暮らすことになりますよね。
一緒に暮らしている親の事を考えて、離れた親の事を呼ばないケースも多いです。

親権をお父さんが持つとお父さんと暮らす事になるので、必然的にお母さんと会う機会が減ります。
なかなか会えないというケースも多く、まったく連絡を取り合っていないという場合などは招待しないというケースもあります。

両親に出席して貰いたいと考えている場合、離婚した両親が出席するかどうかの一番の決めては、新郎新婦が出てもらいたいか出て欲しくないかではないでしょうか?

お母さんに時々でもあっていると、結婚式に来てもらいたい!と考えますよね。
来て欲しい!という気持ちがあるのであれば、招待するといいでしょう。

しかし、お母さんを呼んでもいいかどうかは、御両親の離婚後の関係が良好かどうかなども大きく関わってきます。両親がどうしたいのかを双方に確認してみる事も重要です。

お父さんが”絶対会いたくない!”という場合もありますし、離婚後の方が仲良くなって良い関係を築いているので呼んでも問題ないという場合もあります。
絶対会いたくない!とはいっても可愛い息子の結婚式ですがら、”呼びたいのなら呼んでもいいよ”といってくれる場合もあります。

引用元-Double Rainbow

片親だけ結婚式に出席となった場合は

片親だけ参加

実際にこういった場合が多数ではないかと思います。

気持ちとしては、「ご両親に揃って出席して欲しい」と強く願う方が多いと思いますが、実際は難しいのが現状かもしれません。

離婚するというのは、やはり理由があっての事でしょう。
顔も見たくない程、嫌悪感を抱いている方も少なくありません。
ご両親も気持ちとしては、子供の晴れ姿見たいと思っても、それ以上に相手に会うのが嫌という思いもわからなくありません。

もしどちらかと同居していたり、普段から関係が深い方があれば、そちら側のみ招待するのがよいでしょう。
列席できなかった方には、当日のお写真や映像を送ったり、見て頂くだけでも、十分喜んで頂けるかと思います。

ただ、再婚して新しい家庭を持ってらっしゃる場合は、現在のご家族が理解を得てくれているかも確認しましょうね。

また、結婚式を2回計画し、1回は相手側のご両親を考慮して挙式・披露宴を行い片親を、2回目は参加できなかった片親の為にお食事会を行う方もいらっしゃるようです。
さらに、片方が披露宴、もう片方が2次会、と参加を分ける方もいらっしゃるようです。

引用元-結婚式ガイド!元ブライダルスタッフが教える総合情報サイト

まとめ
両親が離婚することで子供に与える影響はかなり大きいようです。結婚相手の両親が離婚している場合はしっかり支えてあげましょう。

twitterの反応

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ