日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

飼い犬に去勢は必要!?術後の注意点とは?

      2017/05/02

飼い犬に去勢は必要!?術後の注意点とは?

犬を飼っている場合は去勢手術をする場合があります。去勢手術には望まない子犬を生ませない他にもメリットがあるので、多くの場合は受けさせてた方がいいでしょう。また去勢手術後はどのような事に注意したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ホテルのトイレが詰まったら、どうしたら良い?

外国のトイレットペーパーは、水に溶けにくいようです。日本にい...

都市ガスVSプロパンガス・ 風呂派VSシャワー派、料金の違いは?

あなたは夏でも風呂派?ガスは都市ガス?お湯は毎日変える?その...

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はど...

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

スポンサーリンク

犬の去勢手術のメリットとは?

犬の去勢手術は、「望まない子犬を生ませない」という最大のメリットの他にも「攻撃性の低下」「マーキング行為の減少」「生殖器の病気予防」「発情によるストレス減少」といったメリットがあります。

犬は年齢を重ねると生殖器関連の病気に罹りやすいのですが、去勢手術をすることで「肛門周囲腺腫」「前立腺肥大」などの病気を防ぐこともできます。

また、マーキング行為が減るので、飼い主さんのストレスが軽くなるというメリットもありますね。
発情は愛犬自身もストレスを感じるので、去勢手術によってストレスを軽減する効果もあります。

引用元-peppy

犬の去勢手術のデメリットとは?

去勢手術には「生殖能力が完全に無くなる」ので、デメリットといえます。
後になってから繁殖させたいと思っても手遅れになります。

また、手術は全身麻酔で行うので、「呼吸不全」「心不全」などのリスクもあります。
縫合糸を体が拒絶して「「アレルギー反応」が起きることもあります。

「太りやすくなる」という手術後のデメリットもあります。
性ホルモンの影響で術前よりも活動量が減るので、食事量を術前と変えずに与えると太ってしまうのです。

去勢手術はメリットが大きく、多くの飼い主さんが取る手段ですが、デメリットも存在することもきちんと知っておいてくださいね。

引用元-peppy

犬の去勢はいつ頃したらいい?

去勢手術の適切な時期は犬種やサイズにより個体差がありますが、生後6ケ月〜1年未満が適正時期です。
もし1歳以上の犬をお迎えして去勢手術を行う場合には、獣医師と相談の上、なるべく早い時期に手術を完了することをお勧めします。

去勢手術は早すぎると骨や関節に悪影響が出ることがあり、また逆に遅すぎると内分泌疾患や、前述の全身麻酔のリスクが高まってしまいます。
いずれにせよかかりつけの獣医師としっかりと話し合い、適切な時期に手術を行うようにしましょう。

引用元-わんちゃんホンポ

去勢手術にかかる費用は?

去勢手術にかかる費用っていくら位?

気になるのは、去勢手術にかかる費用です。
病院によってもかかる費用には差がありますが、麻酔代や手術代を含め大体15,000~30,000円程度が相場と言えるでしょう。

ペット保険で少しでも安く済ませたいところですが、去勢手術の場合、病気でもケガでもないため、保険対象外になっているんです。

なるべくなら、費用は安く押さえたいものですが、愛犬の命がかかっている手術と言っても過言ではありません。
犬を飼うための必要経費だと考えるようにしましょう。

引用元-ワンちゃんといっしょ

術後に気を付けることは?

術後、家に連れ帰ってきてまず初めにやって頂きたいことは、傷口を舐めさせないようにするためにエリザベスと呼ばれる首輪、カラーをつけることです。

術後の傷口をなめる事で化膿したり感染症を引き起こしたり、腫れたり、痛痒さで口で掻きむしったりして出血しまったりと完治を遅らせてしまいます。
まずは傷口を舐めさせないようにすることが大切です。

また、手術のための入院ということで慣れない環境に置かれた恐怖心、不安感が抜け切れず、食事の量が減ったり、下痢や軟便をしたり、震えが止まらなかったりといった症状を見せる犬もいます。
化膿や痛みなどの症状は、エサと一緒に化膿止めや鎮痛剤を与えることで解消していきますが、心身的症状の場合は、心のケアが必要です。

犬によっては元気がない、ぐったりしているといった症状を見せる子もいます。
優しくなで一緒にいる時間を増やすことで、そばにいてくれているといった安心感を生み、気持ちも回復に向かわせることができますので、術後は特に愛犬の様子に注意を図り、スキンシップの時間を多めに取る必要があります。

術後の抜糸は約1週間以内で行われます。
その間の愛犬の経過観察には細心の注意を図ってあげて下さい。

引用元-INUJIN

術後はどのくらいから散歩ができる?

散歩の開始の判断も病院によって異なってきます。
だいたい3日~1週間の安静を求める獣医師が多そうですね。

抜糸までの2週間は散歩を控えるよう指導する病院もあれば、歩く程度なら翌日からOK
なんて病院もあります。
ただ激しい運動だけはしないでくださいというのは絶対ですよ!

散歩大好きワンちゃんにとってはこの期間はストレスが溜まってしまいますよね。
ですので、お部屋の中で遊んだり外の空気に触れさせるなどの対応で乗り切りましょう。

また、散歩に出るときは傷口が直接地面や草などに触れないように、術後着などで保護することを忘れずに!

引用元-ワンちゃんといっしょ

術後は肥満に注意!

去勢、避妊手術を行ったワンちゃんは、摂取する食事量と運動量が比例せずに、肥満になってしまうことも多く、飼い主さんが食事量や運動量などをしっかりと管理して上げる必要があるのです。
糖尿病や尿路結石、膀胱炎などの病気になってしまうかもしれないリスクが増加しますので、肥満にならないように健康管理をしてあげてください。

去勢手術をした場合には、生殖器系の病気を予防することもできますし、内臓疾患などの病気にかかりにくくなるのです。
肥満が引き起こす病気にはかかりやすくなってしまいますが、肥満にならないように生活をおくることでこれらの病気も予防することができますので、病気で突然体調が悪くなってしまうということもなくせますよね。

引用元-去勢や避妊手術をおこなった後の犬の身体の変化について | ペットのいろは

まとめ
去勢手術はなるべく適切な時期に受けさせましょう。術後は安静にして経過観察をしっかりしましょう。

twitterの反応

 - 動物・ペット

ページ
上部へ