日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

      2017/05/16

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合前などは土日も返上で練習する姿をよく見かけたものです。しかし最近は先生や生徒の負担が大きいことから土日は休みにすべきとの意見もあるようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

スポンサーリンク

中学校の部活動の昔と今

その歴史は戦前にさかのぼります。
教師が教育の一環としてかかわるようになったのは戦後からです。
自分たちがしたいことを追求したり、仲間と協力したりすることで子どもは成長するんじゃないか。
そんな自主性を重視する戦後教育の考え方に、部活動はピッタリはまったのです。

1970~80年代に、部活動の意味は大きく変わりました。
学校の荒れが問題になり、管理や非行防止の手段として利用されました。
生徒のしたいことを教師が支えるのではなく、部活動を通して生徒を管理する実践が広まったのです。
部活動は生徒指導の手段として学校に不可欠なシステムになりました。
「生徒はみんな入るべきで、教師もみんな従事すべきだ」。
部活動は強制的で抑圧的になっていきました。

現在の部活動は、待ったなしの課題に直面しています。
最優先に考えるべきは事故や暴力などから子どもの生命を守ることです。
そして、教師の生活を守ることです。
そんな深刻な状況を踏まえると、現状はやり過ぎのように映ります。
そもそも、自主性が大事だといいながら、本当のところ全く自主的ではないことも多い。

引用元-朝日新聞

中学校の部活を受け持つ先生は大変!

教員の半数近くが、「担当教科が保健体育でない」かつ「現在担当している部活動の競技経験なし」である。
その競技にまったく縁のない、いわばドシロウトなのである。
ドシロウトが、微々たる手当のみで、土日であろうとプライベートを放棄して、本職(授業)ではない活動に強制的に従事させられているのである。
負担感や疲労感が大きくなるのも当然である。

なお、土日の手当は、いまでこそ日額3000円だが、昨年9月までは、日額2400円であった。いずれにせよ、時間給を計算するのもばかばかしくなる。

引用元-BLOGOS

中学校の部活は生徒も大変!

部活動に参加するかどうかは、本来、生徒が自分の意思で自由に決めることだ。
ところが実際には全く違う。娘の中学校でも、教師は部活動に参加するよう強く勧めた。
部活動が内申書にまで関わってくるというのだ。ここからおかしい。

しかも地方の小さな中学校では部の数も少ない。娘の学校では文科系の部活は吹奏楽部しかなかった。運動が苦手で、音楽も苦手な生徒はどうしたらいいのだろう。
内申書という脅しによって、個性を無視した部活の準強要が行われているのが実態だ。

もうひとつ異常だと思うのは、部活動の時間の長さだ。
私の中学・高校時代には、部活は週に1回から数回だった。
文科系のクラブに入っていた私の場合は、基本的には週に1回程度。体育系でも部活によって曜日が決まっていて、週に2~3回程度だったと思う。

ところが、今は毎日夕方遅くまで部活をするというのが当たり前だ。
私の知人の息子さんは、バスの時間の都合もあって、部活をして帰ると帰宅時間が毎日夜の9時過ぎだった。

引用元-鬼蜘蛛おばさんの疑問箱

先生の負担の大きさから土日の部活はやめるべきなのか

土日の部活動はやめるべきか?

学校で学ぶ生徒にとって勉学と並んで大切な、学校生活を構成する要素である部活動。
しかし近年、部活動の顧問を務める教師の負担の大きさが問題となっています。

文科省のHPでは中学校における部活動は「教育課程外」の活動とされていますが、学校によっては経験の有無にかかわらず半ば強制的に顧問を担当させられることがあるようです。

土日や年末年始などの休日に活動することももちろんあり、休日の手当は地域によっては最低賃金を下回る状況だったりするとのこと。
この状況に現場の教師たちなどから問題提起があり、賛否両論あるようです。

引用元-NumberWeb

中学校などの部活の練習時間の調査が開始

経済協力開発機構(OECD)が中学教員を対象に実施した2012~13年の国際調査では、1週間の仕事時間が53.9時間だった日本が参加国で最長。
中でも部活動など課外活動の指導は7.7時間に上った。

部活動の顧問の負担は以前から問題となっており、文科省は1997年度に中学の運動部は週2日以上、高校は週1日以上の休養日を設定するとの指針を策定している。

生徒の生活リズムを考慮し、中学運動部の朝練習を原則禁じるなどの基準を設けた長野県のような例もあるが、指針が現場に浸透しているとは言い難い。
土日の試合が多いほか、部活動は生徒の連帯感や責任感を育むといった教育的意義があり、保護者らの期待が高い側面もあるためだ。

文科省は今回の検討に当たって17年度、16年ぶりに中学、高校の教員や生徒らを対象に運動部の練習時間や学校生活への影響を調べる予定だ。

引用元-日本経済新聞

土日の休みが実現されていない現実

なぜ20年も前の指針を、教育委員会が引用するのか。
その答えはまさに、「いまだにそれが実現していないから」ということに尽きる。
いや、それどころか状況はもっと悪くなっているとさえ言える。

上記指針の「2日以上の休養日」、「平日は3時間まで」を一つの基準として全国調査を見てみると、図に示したとおり、一週あたり6日以上、一日あたり3時間以上の活動が現在おこなわれていて、さらにその割合が2004年と比較して2009年でいっそう大きくなっているのである。

文科省の規制方針に逆行するかたちで、日数も時間数も増加している。
もはや「文科省の指針は有名無実化してきた」と言うべきであろう。

引用元-BLOGOS

まとめ
土日まで部活をすることで先生にも生徒にも負担が大きくなっているようですね。熱心な生徒の親などから土日も部活をしてほしいといった要望もあるようなので、週に二日以上の休養を完全に実現するのは中々難しいようです。

twitterの反応


https://twitter.com/kawabababa0314/status/813779307780673536


https://twitter.com/nonusa_0927/status/805772627956539393

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ