日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

      2017/05/17

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができるとかゆいこともあり、さらに症状が悪化してしまう場合もあります。今回は皮膚に湿疹ができた場合の原因と対処法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

ガンを治療しないということとは?治療しないメリット・デメリットについて

もしもあなたがガンを告知されたらどうしますか?ガンの治療はと...

スポンサーリンク

皮膚の湿疹の原因と症状

湿疹・皮膚炎の原因

湿疹は、種類によってさまざまな原因が潜んでいます。
中には原因不明なものもありますが、湿疹全般に言えることとしては、肌のバリア機能が外部からの何らかの刺激に負け、その結果炎症を引き起こしているということです。

肌は通常、一番外側の表皮と、その表面の皮脂膜で外部からのさまざまな刺激から体を保護しています。
刺激になるものは、紫外線、細菌、ウイルス、ハウスダスト、花粉などです。
何らかの原因で肌のバリアが破られると、今度は侵入してきた刺激から身を守るための免疫反応が肌内部で起こり、その過程で生理活性物質が放出され、炎症が起こり、時にかゆみを生じます。

引用元-ヘルスケア大学

皮膚がかゆい場合の病気とは

皮膚のかゆみを伴う病気

皮膚のかゆみを伴うような病気の場合、専門医による適切な治療が必要になります。

住宅街などでは皮膚科は混んでいることが多いと思いますが、都市部やオフィスビル内などまで足を伸ばしてでも皮膚科を受診してもらいたいものです。

アトピー性皮膚炎:ハウスダスト等が原因で生じるアレルギー疾患です。
接触性皮膚炎、かぶれ:金属アレルギーや漆かぶれ、おむつかぶれなどです。
じんましん:食べ物や薬、植物などが原因で生じたり、またストレス性のじんましんなどがあります。
水虫、白癬症:カビの一種である白癬菌(真菌)が手足、身体、頭皮などに入り感染すると白癬症と呼ばれています。
あせも:汗腺の出口が詰まり、汗腺の出口と園周辺に汗が溜まって起こる炎症です。

引用元-いしゃまち

皮膚がかゆいが、湿疹を伴う場合と伴わない場合ではどう違う?

発疹を伴う場合

第一に、湿疹や皮膚炎などの皮膚の病気が考えられます。
アトピー性皮膚炎、じんましん、接触皮膚炎といったアレルギー性の皮膚炎のほか、脂漏性湿疹、主婦湿疹(手湿疹)などがあります。
細菌やウイルスの感染が原因であることも少なくありません。

はしか(麻疹)や風疹、水ぼうそう(水痘)のほか、白癬菌(カビの一種)による水虫や股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ膣炎なども、かゆみの症状がある病気です。

ほかに、薬が原因で起こる薬疹や、ダニが寄生して起こる疹癬などがあります。
 

発疹を伴わない場合

皮膚に異常が見られないのに、かゆい場合を「皮膚そう痒症」といいます。
皮膚そう痒症には皮膚の乾燥によって起こる老人性そう痒症や妊娠性痒疹、急激な温度変化で起こるかゆみなど、生理的なものが少なくありません。

また、心因性でかゆみの出るケースもあります。これらのほとんどは心配ありませんが、背後に重大な病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

例えば、腎臓病や肝臓病などの内臓疾患、糖尿病やバセドゥ病などの内分泌性疾患でもかゆみを伴います。
長期にわたり原因不明のかゆみが続くときは、医師に相談しましょう。

引用元-病気チェキ

湿疹を伴わないかゆみはこんな病気の場合も

皮膚のかゆみ 発疹はないのに全身がかゆい

表面上は特に発疹など見当たらず、しかしとにかく体のあちこち、全身がかゆくて非常に不快だという事態も起こり得るのです。
その裏には、深刻な病気が隠れていることもあります。

以下、症状から見ていきましょう。
1.皮膚表面に異常はなく、他の症状もないのに、とにかく全身がかゆくなる。
 ⇒【 皮膚掻痒症 】

2.体じゅうがかゆくなり、次第に皮膚が黄色くなってくる(黄色くならない場合も多い)。黄色いかたまり(腫瑠)が皮膚にできることも。
 ⇒【 原発性胆汁性肝硬変 】

3.手足の先がむずがゆくなり、お腹や背中などあちこちかゆくなってくる。
それにも増して、喉の渇き、倦怠感(だるさ)、多尿、神経痛、多食、体重減少などのほうが自覚されやすい。
 ⇒【 糖尿病 】

4.全身倦怠感や食欲不振から体重減少が見られ始め、皮膚の乾燥、吐き気、嘔吐、集中力低下、けいれんに加えて、全身の皮膚のかゆみが出てくる)。
 ⇒【 慢性腎不全 】

引用元-ロバスト・ヘルス

皮膚がかゆい時はどうしたらいい?

かゆみの緩和には、かゆい部分をシャワーで洗い流したり氷などで冷やすことも効果があります。
特に皮膚を冷やすことは血の巡りや神経伝達を遅らせることに繋がるので、かゆみを感じたときの対処法として有効です。

寝ているときなど無意識に掻いてしまったときのために、爪はいつも短く切っておき皮膚が傷つくのを防ぎましょう。
掻くことによって傷ついた皮膚は空気や他の刺激を受けやすく、かゆみも強くなります。
皮膚の熱がこもらない程度の肌触りのよい長袖、長ズボンなどを着用して皮膚と空気などの刺激を減らしましょう。

引用元-いしゃまち

皮膚がかゆい時は早めの治療を

湿疹・皮膚炎によって、かゆみを感じると、ついかきむしってしまいますが、皮膚をひっかくこと自体が刺激になって更にかゆみが生じ、「かゆいからかく、かくことで更にかゆくなる」という悪循環が起こります。
強くかくと皮膚が赤くなり、ひっかき傷ができます。

長期間にわたってかいたりこすったりすると、皮膚が厚くなり、硬くてゴワゴワした状態になります(苔癬化)。
こうして治療を怠っている間に、かきむしった場所から雑菌が繁殖する事が、症状の悪化やトラブルの長期化を招く原因になってしまうのです。

そこで、かゆみなどの症状が出たら早めに対処する、「早期治療」が大切です。
医師や薬剤師に相談して、症状にあった薬を選ぶようにしましょう。
その際、ステロイド剤の使用を検討してみるのも良いかもしれません。
でも、まずは何より、お肌を清潔にして、「かかない」ことが大切です!

引用元-田辺三菱製薬

まとめ
皮膚の湿疹とかゆみがある場合は早めに病院で治療するのがいいようです。場合によっては悪化してしまうでしょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ