日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

夜中にLINEを飛ばすのは迷惑

      2015/11/26

夜中にLINEを飛ばすのは迷惑

LINEは、気軽に使えるコミュニケーションツールです。それ故に使い方を間違うと相手に対して迷惑極まりないものでしょう。また夜中のLINEなど、グレーゾーンが多いのも事実です。気になったので、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

スポンサーリンク

●LINEがきて迷惑な時間は?

◆来て迷惑な時間…基本通知音を鳴らしていないので迷惑だと思う時間はないです
時間よりも、返事が即返ってきて、忙しいラインは嫌いです 笑

◆好きな人へのライン…自分から送る場合は、夜10時までに送ります
相手から来たラインの返事は、相手から返事が返って来なくなったら、自分からはもう送りません
好きな人は特に気を遣っちゃいますね!

◆ラインを深夜見た場合…「ごめん、全然気付かなかった!」と謝って、朝非常識じゃない時間に返します

引用元-LINEがきて迷惑な時間たいって皆さんはどれくらいですか?僕は… – Yahoo!知恵袋

●好意を持っていない女性から夜中にLINEが来たらどう思う?

■翌日でいいのでは

・「時間考えろバカ!と思う」(35歳/機械・精密機器/営業職)
・「翌日でもいいのではと思ってしまいます」(32歳/機械・精密機器/技術職)

興味のない女性ですし、どうせなら後回しにしたいのかも。

■寝るのを優先したい

・「人の睡眠を邪魔されると不快です。仕事にも差し支えるでしょうし。迷惑メールかと思って消去するかもしれません」(27歳/情報・IT/技術職)
・「睡眠に集中したいので夜に届くのはちょっと迷惑」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

起こしてしまって印象を悪くするとマイナスかもしれませんね。

■好きな女性ではないので

・「興味なかったら、うざい」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「特になんとも思っていない女性だから」(23歳/機械・精密機器/技術職)

好意を持っている女性ならともかく、そうでなければ腹を立ててしまう男性もいるようです。

特になんとも思っていない女性から深夜にメールやLINEが来たら、どう思うかについて男性の意見を聞いてみました。74.3%の男性が正直迷惑と思うようです。親しくないうちは深夜帯の連絡は避けたほうが無難ですね。

引用元-男のホンネ! 女性から深夜にメールやLINEが来たら、うれしい? 迷惑?|「マイナビウーマン」

●迷惑なのは夜中だけでない!LINE暴走族!

コミュニケーションアプリ「LINE」はとても気楽にやり取りができますが、中にはライトすぎるやり取りで結果意味不明になってしまったり、意味深な内容になってしまっている人もいます。今回は、LINEでのやり取りがちょっと“ハテナ”な「LINE暴走族」についてお話しします。

当たって砕けろ族

当たらなければ損と思っている。
LINEでもすぐ告白したりする。

言葉が暴力的になってしまう族

これは言葉使いが汚い、ではなくめんどうなために省略形、タメ口になってしまう。主語がなくなる。結局何を言っているのかわからない。
 

深夜にはびこる族

相手が寝ているかもしれない、の思いやりがなくなる。相手が寝てるということまで考えられない。
お約束の深夜モードでへんにネガティブになったり、下ネタモードになったり。
「ひま」「かまって」とうるさかったり。
昼間と違う…?みたいな人。
 

極悪族

グループトークでの悪口や派閥などは疲れるが、それに命を燃やしている人もいる。
リアルでは目にすることのない、こそこそしてる嫌な部分を見てしまった。よけい疲労感。

引用元-【LINE】相手は迷惑している!? 要注意な「LINE暴走族」7パターン(2/3) – mimot.(ミモット)

●夜中のLINEはなぜダメなのか真剣に考えた

夜中(だと思われる時間帯)にLINEをするのは、相手に迷惑をかける可能性があるということです。これは論理的にどうこう、という話ではありません。もちろん夜中にLINE全然ウェルカムという人もいるでしょう。しかし問題なのは、そうではない人もいるという厳然たる事実です。それのみが問題なのです。

 したがって僕たちはそういう人もいるということをLINEを飛ばす前に考えなければなりません。

 もちろん緊急の場合は別でしょう。しかしLINEで行う連絡というのは大抵、翌日の朝でも問題ないでしょう。だから、別にいいんですよ。夜中に連絡したいと思っても、翌朝すれば。

 繰り返しますが、これは論理的に考えて夜中にLINEをしてはいけないとかではなく、単に夜中にLINEが来ると携帯が鳴ってうるさくて嫌だ、という人がいるので夜中にLINEをするのはやめといた方がいい、というだけの話です。

「いやLINEでバイブ設定とか馬鹿かよ」とかいう反論は有効ではありません。問題は自分ではなく相手がどう考えているのか、それだけなのです。

「相手に合わせるって言ったって、限度というものがあるだろう」「人間は無限の他者と一致することはできない」そういうラディカルな主張もできます。しかし、夜中にLINEをするのは避けて翌朝したほうがいい、たったそれだけですよ? それぐらいの気遣い、マナーは別に大した負担ではないのではないでしょうか。

引用元-夜中にLINEをしてはいけない? – 研ぎ澄まされた孤独

●「親しき仲にも礼儀あり」

時間・頻度・スタンプ!LINEで好きな人にしてしまいがちな失敗例はこちら!

・連続してメッセージを送ってしまう
・スタンプを多く使い過ぎてしまう
・早朝や深夜にメッセージを送る

これら3つの行動はとらないようにしましょう。LINEは最近登場したコミュニケーションツールです。それだけに、なかなかNGを自覚できない男性が多いみたいですよ。

また、LINEには今後メッセージのやり取りができなくなる「ブロック機能」が搭載されています。これはメールでいう着信拒否のような機能です。そしてユーザーは、LINEではメールのときよりも気軽に拒否する傾向があります。LINEでのやり取りは、相手が気に入らないと即ブロックができるのです。それを忘れないようにしましょう。

他にも当たり前ですが、「既読」になっているからといって、返信を催促するのは絶対にNGです。メッセージを見れても返信するタイミングがない場合もあります。「なんで返信くれないの?」などと送った日には、即ブロックされてしまうかも!?

引用元-時間・頻度・スタンプ!LINEで好きな人にしてしまいがちな失敗例

まとめ
機械の向こうではなく直ぐそこに居るものと思い、相手の事を考えて使いたいものです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ