日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

      2015/10/27

寝起きに心臓がドキドキするのはなぜ

寝起きに心臓がドキドキ(動悸)することって良くありますよね。そんな時は、少なからず大丈夫かなぁと自分の心臓に問いかけるように心配になるものです。何か心当たりでもある場合は別ですが、何も無い場合はなおさら。ドキドキ(動悸)の原因を探るべく調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

スポンサーリンク

●心臓のドキドキ(動悸)とは

動悸とは、心臓の拍動の乱れを自覚することで、精神的な原因によることが多く、あまり病気とは関係ないことが多いものです。
一方、脈が乱れる不整脈や頻脈は、心臓をはじめ、動脈や肺、ホルモンなどの病気が原因で起こります。

心配のない症状

・動悸を強く感じ、胸痛を訴えるが、検査しても心臓の異常は見つからない。
→心臓神経症。心配いらないが、つらい場合には心療内科などを受診する。
・1分間に100程度打つがリズムは規則的。発熱や運動後に起こりやすい。
→洞性頻脈。病的でない場合が多い。
・起きた時にめまい、長く立っていると倒れやすく、動悸を感じる。
→起立性調節障害。心理的な影響が強い。
・驚いたり感情が高まったりして起こる。
・コーヒー・紅茶、アルコールの飲み過ぎ。
・タバコの吸いすぎ。
・更年期障害、月経前緊張症、月経困難症でも、動悸を感じることがある。

放っておけない症状

・脈の乱れが突然に、激しく起こる
・他の症状、とくに息切れや呼吸困難、胸の痛みをともなう場合。
・動悸や脈の乱れの、原因がわからない。
・一日のうちに頻繁に脈の乱れが起こる。
こうした場合には、次のような原因が考えられます。内科を受診し、原因をしっかり調べてもらいましょう。

脈の乱れの原因となる病気

①心臓病(弁膜症、冠動脈疾患、肺性心など)
②甲状腺機能亢進症、貧血、ビタミンB1欠乏症、ショック、結核など。

引用元-動悸って どのような感じの事を言うのですか? 最近 急に心臓… – Yahoo!知恵袋

●寝起きのドキドキはストレスかも

自律神経失調症になると、体の中の状態を正常に保つことが難しくなってしまい、その結果動悸という症状が出てくることになります。
自律神経失調症の大きな原因となるのはストレスで、ストレスが過剰に溜まった状態になると自律神経が乱れ、さまざまな症状が出始めます。
朝起きると動悸がある、という場合も自律神経失調症が原因かもしれないと疑わなければならないでしょう。
この場合、ストレスが原因となっているわけですからとにかくストレスを溜めないように気をつけるというのが重要です。
お仕事など、どうしてもストレスが溜まってしまうと思いますが、趣味の時間を作る、スポーツで汗を流すなど、ストレスを発散する時間を作るようにしましょう。
この2つが主な原因であると考えると、寝起きに動悸がある場合にはまずは病院で検査をしてもらい、なんでもないということであればストレスが原因だと判断するのがよいと言えるでしょう。

引用元-【寝起きの動悸には主に2つの原因が】気持ちが悪い感じや不安が続くのであれば・・・

●寝起きのドキドキを少なくする方法

ストレスや不安を感じるようになると、人間の体というのは、防衛反応として副腎皮質ホルモンを分泌するようになります。
副腎皮質ホルモンは、ストレスに対しての耐性を持っており、体がストレスに抵抗するためのホルモンとなっています。
この副腎皮質ホルモンは、体内にあるビタミンCを変換して作り出されることになります。

ですから、普段からビタミンCの含まれている食材を積極的に食べているとしても、ストレスを感じていることが多いのであれば、どんどん消費されていることになります。
また、副腎皮質ホルモンと同じく、ストレスに対して抵抗力を持っている、ノルアドレナリンを作り出す役割もビタミンCが担っています。
副腎皮質ホルモンも、ノルアドレナリンもビタミンCが不足をしてしまうと作り出すことができなくなり、体がストレスによって浸食されることになります。

このビタミンCというのは、ノルアドレナリンや副腎皮質ホルモンといった抗ストレスホルモンの分泌の役割を担っているだけではなく、疲労回復や免疫力の維持の効果もあります。

ですから、ビタミンCが不足してしまうと、体にストレスの影響を与えてしまうだけではなく、疲労がたまってしまったり、病気になりやすくなるという悪循環に陥ってしまうのです。
ストレスが体に影響を与えてしまうと、自律神経である交感神経のほうが副交感神経よりも活動的になってしまい、寝起きの不安や動悸の原因に発展をしてしまいます。
ですから、普段の食生活の中に、ビタミンCが含まれている食材を使うようにしましょう。

ビタミンCは、野菜だとキャベツや菜の花、パセリ、ホウレン草、ピーマン、ブロッコリーといった緑黄色野菜に含まれていますし、果物の場合は、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類やイチゴに豊富に含まれています。
これらの食材を毎日食べるのは難しいのであれば、サプリメントも上手に取り入れるようにして、ビタミンCをしっかりと摂取していきましょう。

引用元-【寝起きの不安と動悸】ビタミンC不足の可能性があるワケ | 【朝の動悸と頭痛対策】目覚めを良くするために

●心臓では無くレム睡眠が原因

心臓や肺に異常がない場合、睡眠中の息苦しさのほとんどはレム睡眠や浅い睡眠からの覚醒です。レム睡眠の時には、自律神経がアンバランスになり、脈拍が急に早くなったり遅くなったり、不整脈も出やすくなります。
また、脳の中の扁桃核という場所の活動が高まっているので、ドキドキしたり、怖いような夢を見ていることも多いのです。そして、睡眠は浅いので、ちょっとしたことで目が覚めます。
レム睡眠の後に急に目が覚めてしまうと、息が吸えないと感じて息苦しくなり、動悸もしていて不安になります。

このような症状は、誰にでも起きますし、異常なことではありません。
心臓に問題があるわけでもありません。
ですから、時々、こういうことがあっても特に治療の必要はありませんが、毎晩、このような状態になったり、ひどい悪夢を伴なう場合には、睡眠障害の専門家に相談されると良いと思います。

引用元-昼寝から起きた後の動悸についてです。 – 昼寝をすると決まって目が覚め… – Yahoo!知恵袋

●痛みを伴うドキドキ(動悸)は要注意

心臓発作は心臓が異常な痙攣をしてしまい心機能が低下する病気です。
場合によっては命の危険すらあります。
これは強い症状を訴え、その他胸痛などを発症します。そしてこれは寝起きの時間帯、つまり朝方発症する確率が高いといわれています。
 
また日中でも全く運動をしていないのにも関わらず動悸が見られる場合は注意が必要です。
心機能の低下や血管になにかしらの異常があるかもしれません。
 
そのため、慢性的に動悸症状が見られ、少なからず胸痛などが見られる場合は心臓の病気の疑いがあります。
このような場合は、すぐに病院で検査を受けることをおすすめします。

引用元-寝起きに起こる動悸の怖い原因とは

まとめ
ほとんどの場合、寝起きのドキドキは問題はなさそうです。ストレスを溜め込まないようにすれば軽減されるみたいですね。ただし、頻繁に起こる場合や痛みを伴う場合は、病院に相談された方が良いみたいです。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ