日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

      2017/06/09

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名義変更をした場合、任意保険はどうなるのでしょうか?今回は車の名義変更でしないといけない手続きについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

医療事務で就職するならどっちがいい?病院とクリニックの違いについて

医療事務はレセプトの作成や、受付などいろいろな業務を請け負っ...

高校で友達を作りたい!グループに入れない場合はどうしたらいい?

高校は今までと環境がガラッと変わる時期ですね。その分スタート...

中学校の部活は何に入る?陸上部はどんな人が入る?

中学校に入ると、学校によっては何らかの部活に入る決まりとなっ...

水下痢で吐き気もある場合はどうしたらいい?原因と対処法について紹介!

お腹を壊すと水のような下痢が出る場合があります。それに伴って...

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

子供が体調を崩して、嘔吐することはよくあります。床や布団など...

ノロウイルスの症状とは?胃痛・腹痛はある?

ノロウイルスといえば、激しい嘔吐、下痢や胃痛、腹痛などの症状...

ナンバーズが当選したら!?受け取りはどうする?

ナンバーズとは、好きな数字を選択して買う宝くじのことです。最...

脇役俳優にスポット!日本の名脇役といえば?

日本の俳優の中には名脇役と呼ばれる俳優がたくさんいます。この...

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしよう...

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからな...

車のキズやへこみの修理に時間はどのくらいかかる?

車にキズやへこみができてそのままにしておくと、場合によっては...

車の任意保険に年間いくら払ってる?安くする方法はある?

車を運転しているほとんどの人は任意保険に加入しています。加入...

社会人で実家暮らし!家にお金は入れるべき?

実家に住みながら社会人として働いている人は結構いるのではない...

車の窓ガラスをきれいにするには!?掃除の仕方を紹介!

車の窓ガラスは汚れていると運転時に視界が悪くなるのできれいに...

高校の友達は一生もの!?友達の作り方について

よく高校でできた友達は一生ものという言葉を耳にします。高校で...

中学校の部活は何に入る?吹奏楽部はどんな部?

中学校に入ると、小学校とは違って部活などに所属することになり...

地震発生時の日本人が素晴らしい!?世界が絶賛するその姿とは?

日本は地震が頻繁に発生する国です。そのため我々日本人は小さい...

車の事故を起こしたら保険を使うべき?使わない方が得な場合とは?

車に乗っているほとんどの人は任意保険に加入しています。もしも...

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名...

20代後半の男性はどんなデートをすべき?結婚は意識してる?

20代後半の男性は仕事が忙しくなる時期なので、ゆっくりデート...

スポンサーリンク

車の名義変更をするには?

名義変更のためには、いくつかの書類を準備しなくてはいけませんが、それぞれの書類を入手する場所が違っていたりしますので、結構面倒な作業になると思います。

しかも、すべて自分で取りにいくことになるでしょうから、時間もかかると思いますが、譲渡された車に乗るまでに手続きを終わらせておく必要がありますので、一つ一つ進めていくと良いでしょう。
用意しておく書類には下記のものがあります。

・譲渡証明書(車を譲渡した証明書)
・委任状(新所有者が車の名義変更を行う場合)
・印鑑証明書(新旧所有者のもの)
・車検証
・車庫証明
・ナンバープレート(運輸支局の管轄変更でナンバーの変更が伴う場合)

これらの書類を揃えてから、陸運支局の窓口に行って手続きをする事になります(軽自動車の場合は、各都道府県の軽自動車検査協会で手続き)。
ただ、準備する書類の入手先がそれぞれ違いますから、けっこう面倒なものですが、時間をみつけて集めると良いでしょう。

引用元-比べてわかる一番安い自動車保険

任意保険にすでに入っている場合は車の入れ替え手続きを

車を変えたら必ず「入れ替え」手続きが必要

入れ替えの手続きは決して難しいものではありません。
保険会社に連絡をして、車が変わることを申し出て、新しい車の車検証(の控え)を提出するだけです(保険会社によって、別途、申請書類の記入などが必要な場合があります)。

処理の時間が必要ですので、連絡はなるべく早めに行いましょう。
新しい車の情報と、納車の日程がわかっていなくてはいけないので、だいたいの納車予定がわかったらすぐ連絡するということでよいと思います。

車が変わるのですから、保険料も変わってしまいます。
納車の日をもって保険の契約内容が変更になったとみなされるので、日割りの計算で、超過/不足する保険料ぶんについては調整があります。
超過分の受け取り、不足分の支払いに関しては、保険会社の担当者から説明を受けてください。

入れ替える車が、新車を購入した場合と、中古車を購入した場合とでは、特に手続きの違いはありません。

引用元-自動車保険の教科書

車の名義変更後に任意保険はどうなるか

名義変更時の自動車保険

車を譲ってもらった場合には、新所有者が自動車保険にも入らなければなりません。
自賠責保険に入れば車を運転することはできますが、万一のことを考えて任意保険にも入っておきましょう。

任意保険に入るためには車検証の情報が必要になります。
名義変更後に保険に入っても良いのですが、先に加入手続きしておき、名義変更後すぐに乗れるようにしておくのが良いと思います。

同居家族から車を譲ってもらう場合には、旧所有者が加入していた自動車保険を新所有者に引き継ぐことも可能です。
等級も引き継がれますので、同居家族からの譲渡で旧所有者が今後車に乗らないという場合には、自動車保険も譲ってもらうのが良いと思います。

なお、旧所有者が一時的に車を手放し、今後また車に乗る可能性がある場合には、保険会社に「中断証明書」を貰っておけば、10年以内に再度自動車保険に入る時には、前の等級を引き継ぐことができます。

引用元-はじめて自動車保険

家族間の車の譲渡なら保険の等級を引き継ぐことも可能

家族間であれば自動車保険の名義変更をすることで、その人の等級を引き継ぐことが可能です。
20等級などの高い等級を持っているのであれば、引き継ぐことで大幅な保険料の割引も期待できます。

ただし前提条件として、等級の引継ぎが可能な範囲は、同居している家族もしくは配偶者であることと決められています。この点は絶対に忘れないようにしましょう。
特に先ほども紹介したように、子どもが車を運転していて就職や結婚などを機に別居になった場合、等級引継ぎの条件から外れてしまいます。

家族間で車両の譲渡などを検討している人がいれば、自動車保険の名義変更も忘れずに行うよう心がけましょう。
自分の等級が引き継げるかどうか不安というのであれば、加入している自動車保険の保険会社に相談してみるのがお勧めです。
等級引継ぎが可能か、引継ぎにあたってどのような手続きをすればいいか、丁寧に説明してくれるはずです。

引用元-ZURICH

友人からの場合は任意保険の空白期間を作らないように

友人等から軽自動車を購入したり譲ってもらったりする場合です。

任意保険の名義変更は上で紹介したように同居の親族の間でしかできませんので、自分で新しく任意保険に加入することになります。

さてその任意保険の保険開始日がどうなるのかがポイントなのですが、空白の期間を作らないためには、陸運局での名義変更の前に任意保険だけは加入しておきたいところです。
具体的には次のようにすれば名義変更前でも任意保険に加入することができます。

・任意保険の契約の時に、名義変更前の車検証の余白に「車検証の名義は□□(友人等)ですが実際の所有者は○○(あなた)です」と一筆書くこと。

代理店の指示通り行えばOKです。
こうしておけば、陸運局にも任意保険をかけた状態で走ることができます。

引用元-軽自動車の譲渡では任意保険の空白期間を作ってはいけない

無保険状態で公道を走らないように

名義変更のタイミングは保険加入後でもいいのですが、名義変更後の運輸支局の管轄の変更に伴いナンバープレートが変更になる場合などは、名義変更後の登録番号が分からないと自動車保険の一括見積もりにかけられず、新しく保険に加入する際に不便なので、先に名義変更を行っておくことをお勧めします。

保険を契約・再契約する際には、解約日と新しい保険の保険始期日を同日にしなければなりません。これは保険の空白期間を作らないためです。
社会通念上、無保険状態の車を公道で走らせるべきではありません。
万が一その期間に事故が発生してしまえば、多額の賠償金を支払う可能性もあります。

引用元-自動車保険ビギナー

まとめ
車の任意保険は家族であれば等級の引き継ぎが可能のようです。保険の空白期間を作らないように気を付けましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ