まとロゴす

日常のチョットした事や疑問、豆知識を取り纏めてみました。

*

産休手当をもらっていても年末調整で控除の対象になる

      2015/11/26

 - 日常・生活

共働きだったのに、産休で長期間仕事を休んでいる間にもらっていた出産手当は収入になるのだろうか?年末調整を出す時にどういう扱いになるのか迷ってしまいます。もしかしたら控除の対象なのかも知れないと思い調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

IDとパスワードを管理する方法

最近はIDとパスワードを設定する機会が増えてきました。そこでやってしまうのが、同じパスワードの使い回し。いけない事と分かっていながらつい。そこで、安全に管理する方法は無いものか調べました。

双子を妊娠した!仕事はどうする?

もしも双子を妊娠したら、仕事はどうすればいいのでしょうか。妊娠してもギリギリまで働いている女性も見かけますが、双子の場合は気を付けないといけないことが多いようです。今回は双子を妊娠した時に仕事はどうすればいいのか調べました。

パスポートに更新期間ってあるの?

海外旅行の計画を立ててパスポートの有効期間を調べると、残り数ヶ月しかありません。旅行予定では有効期間内に帰国するのですが、ぎりぎりでも差し支え無いのでしょうか?それとも、早めに更新しておいた方が良いのでしょうか?

子供の教育にゲームがあると邪魔?

ゲームのしすぎによる悪影響が懸念される昨今、子供にゲームをさせると教育上良いことなのか悪いことなのか悩みます。でも、全くゲームをさせないと言うのもどうかと思い調べました。

住民税額は年末調整で決まる!控除を活用して節約!

年末調整の時期ですね。会社勤めの方は書類をもらって書き込むわけですが、イマイチよく分かってない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、受けられる控除を受けていないと、住民税の額が変わってくるんです!ここでは、年末調整と住民税の関係について見ていきましょう。

LINEは携帯を解約しても引き続き使えるのか

最近は格安スマホへ乗り換えたり、ガラケーに戻したりする方を見かける事が多くなりました。そんな時、LINEは引き続き使えるのでしょうか。番号が変わったり、ガラケーの場合はLINEそのものが使えなかったりと、どうなるのか不安なので調べました。

喪中の人に年賀状を出すことは許されるか

年末になると、年賀状作りなどで忙しくなってくると思います。しかし、いつも年賀状のやり取りをしている方でも、今年は喪中だったということもあると思います。このように喪中の人に年賀状を出すことはマナーとしてどうなのでしょうか。

婚約指輪のブランド、高級品を渡したい!

婚約指輪を購入する際はお悩みになることでしょう。多くの商品や様々な値段のものがあると思います。やはり、ブランドの高級な指輪を渡したいですよね。そのため、今回は様々な婚約指輪のブランド、高級品について、調べてみました。

大学のレポートのテーマがなかなか決まらない

大学ではレポートを作成する機会がある事でしょう。しかし、いざ書き始めようと思ってもなかなかテーマが決まらない、ということがあるかと思います。このような場合、テーマはどのようにして決めるといいのでしょうか。

税務署へはいつ行く?税金の申告に行く時間について

確定申告の時期になると、税務署の込み具合が気になりますね。何時間も待つことも多々あります。そこで税務署へ申告に行くおススメの時間と、時間を気にせずに申告できる方法を調べてみました。

一周忌の挨拶で献杯の場合はどうしたら良い

一周忌を迎えると会場の手配、食事の手配など、準備でバタバタしてしまいます。しかも、何をどうしたら良いのかが解りません。一番悩んだのが、会食前の献杯を誰に頼むかです。迷ったので調べました。

銀行の支店を変えるのは簡単?

引越しをしたけれど、銀行の支店がそのままの方は多いようです。その場合は住所変更届を出しましょう。前住所に郵便物が届き個人情報を見られてしまいます。銀行の支店を変える場合は移管届を出します。但し、その支店の口座が何らかの引き落とし口座になっている場合は、注意が必要です。

消したインターネットの履歴は復元出来るのか

過去に見たインターネットの閲覧履歴を復元する事は可能なのでしょうか。以前見たサイトをもう一度見たくなった時に復元する方法と、知られたくない履歴は人に見られない様に消す方法を調べました。

郵便局での郵便物配送の時間と時間指定や変更

郵便を利用して、物を送られるかと思います。郵便物を送った際に、届く時間帯はどうなのでしょうか。時間指定をしたい場合や、配達時間を変更したい場合などはどのようにすればよいのでしょうか。調べてみました。

四十九日法要はなぜもちをお供えするのか

親族がお亡くなりになられたときなど、四十九日があります。何度か出席している方もおられると思います。しかし、その時などにおもちをお供えしているものです。どういった理由があるのでしょうか。四十九日法要にもちをお供えすることについて調べてみました。

今年のバレンタインは?彼氏から家族まで、多様化するバレンタイン

近年、バレンタインは友チョコや家族チョコなど、どんどん多様化してきています。彼氏にあげるだけじゃない、そんなバレンタインについて調べてみました。

アメリカと日本で違う?アメリカの老人介護施設

日本でには様々な老人介護施設が存在し、その内容は様々です。アメリカでの老人介護施設はどのようになっているのでしょうか。日本との違いはあるのでしょうか。今回はアメリカの老人介護の現状について調べました。

自転車の歩道は?右側走行は?解りづらい

改正道路交通法が施行されてから自転車のルールも変わりました。歩道を通行する時や車道を通行する時はどの様に通行すれば良いのか非常に解りづらい。今まで出来た事が違反なんて事になりかねません。解らなかったでは済まされない自転車の交通ルールを調べました。

キッチンのゴミ箱は収納してすっきりさせよう!

新築などの設計で忘れがちなのがキッチンのゴミ箱の収納です。ゴミ箱を収納せずにおしゃれなゴミ箱を設置するのもいいですが、収納してすっきりさせてもいいですね。今回はキッチンのゴミ箱について調べました。

結婚式に着る留袖は30代既婚女性なら何を着る?

親族の結婚式の日程が決まりました。そこで悩むのが着ていく着物です。既婚者となると留袖なのでしょうが、留袖にも黒と色があります。黒留袖は何となく年配の女性が着ると言うイメージがありますが、実際はどうなのでしょう。

●産休手当とは

そもそも出産手当金(産休手当)とは?

仕事をしている女性が出産する場合、出産の前と後の一定期間、仕事を休む必要があります(これを産休といいます)。しかしながら、産休期間中はお給料がでない会社がほとんどです。
そんな産休期間中の生活を支える目的で、会社で加入している健康保険から支給されるのが「出産手当金(産休手当)」です。
お金を貰えるのは正社員だけではありません。勤務先の健康保険に加入していれば、契約社員やパート、アルバイトの人でも支給対象となります。

出産手当金の対象期間はいつからいつまで?

産休は具体的には「産前休業」「産後休業」の2つに分類できます。
・産前休業…出産予定日を含む産前42日(6週間)、多胎は98日(14週間)
・産後休業…出産翌日からの産後56日(8週間)
産前・産後休業の期間はこのように設定されており、この期間が出産手当金の対象期間となります。

引用元-出産手当金(産休手当)を完全解説!いついくら貰える?

スポンサーリンク

  人気記事

●産休中の年末調整について

休職経験者です。
現在会社に在籍し育児休業中という解釈でよろしいのでしょうか?
ならば、年末調整はしなければなりません。ただ、課税所得が0なので、所得税の還付はありせん。出産手当金や育児休業給付金は非課税です。
又、貴方に課税所得がない為に、御主人は配偶者控除を受ける事ができます。ただ、貴方が支払った分を御主人の控除とする事はできません。

引用元-産休中の年末調整について – その他(暮らしのマネー) | 教えて!goo

●共働きで産休は年末調整で扶養控除が受けられる

元々は共働きで働いており、夫の扶養に入っていないので、そのまま扶養控除の対象であることを知らずに、損をしている人も多いようです。

実はこの話、あまり知っている人は多くないようです。市役所などで案内の人に確認しても知りませんでした。きちんと税務課の担当者に問い合わせると、教えてもらうことができます。

ちなみに、会社の総務課の担当に聞いても、そんな話は聞いたことがないし、そんな処理をしたことがないと言われました。その後、きちんと説明し、調べてもらったので処理してもらえましたが、本当にほとんど知られていないようです。

ただ、会社の担当者が知らないために処理が漏れてしまったり、申請するのが遅れて漏れてしまった場合でも大丈夫。その場合は、確定申告で申請しましょう。

確定申告では、5年前まで遡ることができますので、すでに育休が終了して働きに出ていたとしても、諦めずに最寄りの税務署に相談に行きましょう。

引用元-共働きでも産休や育児休暇中は年末調整や確定申告で扶養控除が受けられるって知ってた!?

●産休手当(育児休業給付金)は収入ではない年末調整で控除になる

育児休暇を受けている間に、奥様の収入が141万円未満である場合、奥様を配偶者控除または配偶者特別控除に適用することができます。この収入には「育児休業給付金」は含まれませんので、ご安心ください。

普段仕事をしている女性が育児休暇を取った場合と収入は0、あるいは減額されます。
そのため、今までは配偶者控除の適用外であったが、育児休暇中は配偶者控除を活用したいと考える人も少なくありません。

実は産休や育児休暇中は普段とは事情が違うため、配偶者控除を受けることができます。それは、基本的に産休や育児休暇中に給与を支給する会社が殆どないことにも関係しています。そのため、「配偶者控除」や「配偶者特別控除」の対象となるのです。

よく「育児休業給付金」を収入と勘違いしてしまいがちですが、実は「育児休業給付金は」収入の対象となっていません。また、「出産育児一時金」も収入には含まれませんのでご注意ください。

配偶者控除を受けるためには、サラリーマンの方は年末調整で「扶養控除申告書」の控除対象配偶者の欄に名前を記載する必要があります

引用元-育児休暇中は配偶者控除の対象?育児休業給付金を受け取ってても平気?

●出産育児関連の公的給付は非課税

出産したときにもらえる出産育児一時金、出産の前後一定期間にもらえる出産手当金、育児休暇中にもらえる育児休業給付金は、非課税所得なので所得金額には含まれません。よって妻が育休に入り、1~12月の間に妻が会社からもらったお給料が141万円未満であるならば、夫の控除対象配偶者もしくは特別配偶者控除をうけることができて、夫の税金が安くなる可能性があります。もちろん、妻は会社に籍を置いたままでも大丈夫です。

引用元-育児休暇中の妻を夫の控除対象配偶者にして節税 | 税理士なら港区の税理士法人インテグリティ

まとめ
思った通り、出産手当は収入にならないみたいです。忘れずに年末調整で控除してもらいましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活