日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

      2017/06/18

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからないようにしないといけませんね。中には副作用でインフルエンザの注射をした場所が腫れる場合がありますが、その時はどうしたらいいのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

医療事務で就職するならどっちがいい?病院とクリニックの違いについて

医療事務はレセプトの作成や、受付などいろいろな業務を請け負っ...

高校で友達を作りたい!グループに入れない場合はどうしたらいい?

高校は今までと環境がガラッと変わる時期ですね。その分スタート...

中学校の部活は何に入る?陸上部はどんな人が入る?

中学校に入ると、学校によっては何らかの部活に入る決まりとなっ...

水下痢で吐き気もある場合はどうしたらいい?原因と対処法について紹介!

お腹を壊すと水のような下痢が出る場合があります。それに伴って...

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

子供が体調を崩して、嘔吐することはよくあります。床や布団など...

ノロウイルスの症状とは?胃痛・腹痛はある?

ノロウイルスといえば、激しい嘔吐、下痢や胃痛、腹痛などの症状...

ナンバーズが当選したら!?受け取りはどうする?

ナンバーズとは、好きな数字を選択して買う宝くじのことです。最...

脇役俳優にスポット!日本の名脇役といえば?

日本の俳優の中には名脇役と呼ばれる俳優がたくさんいます。この...

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしよう...

インフルエンザの予防接種の効果とは?注射した場所が痛い場合はどうする?

冬になるとインフルエンザが流行るので、予防接種をしてかからな...

車のキズやへこみの修理に時間はどのくらいかかる?

車にキズやへこみができてそのままにしておくと、場合によっては...

車の任意保険に年間いくら払ってる?安くする方法はある?

車を運転しているほとんどの人は任意保険に加入しています。加入...

社会人で実家暮らし!家にお金は入れるべき?

実家に住みながら社会人として働いている人は結構いるのではない...

車の窓ガラスをきれいにするには!?掃除の仕方を紹介!

車の窓ガラスは汚れていると運転時に視界が悪くなるのできれいに...

高校の友達は一生もの!?友達の作り方について

よく高校でできた友達は一生ものという言葉を耳にします。高校で...

中学校の部活は何に入る?吹奏楽部はどんな部?

中学校に入ると、小学校とは違って部活などに所属することになり...

地震発生時の日本人が素晴らしい!?世界が絶賛するその姿とは?

日本は地震が頻繁に発生する国です。そのため我々日本人は小さい...

車の事故を起こしたら保険を使うべき?使わない方が得な場合とは?

車に乗っているほとんどの人は任意保険に加入しています。もしも...

名義変更で車を手に入れた場合は任意保険はどうなる?

車を他人から譲り受けた場合は名義変更が必要になります。車の名...

20代後半の男性はどんなデートをすべき?結婚は意識してる?

20代後半の男性は仕事が忙しくなる時期なので、ゆっくりデート...

スポンサーリンク

インフルエンザワクチンの効果とは?

インフルエンザワクチンの効果について

インフルエンザにかかる場合は、大きく分けて感染と発症というプロセスがあります。
インフルエンザワクチンはこの感染を抑える働きはありません。
インフルエンザワクチンは発症を抑え、合併症や死亡などの重症化を防ぐという効果が認められています。

インフルエンザの感染と発症は以下のようなプロセスで起こります。

<インフルエンザへの感染>

・インフルエンザウイルスが口や鼻から体内に侵入する。
・体に入ったウイルスが細胞に侵入し、増殖する。

<インフルエンザの発症>

数時間から数日の潜伏期間をへて、発熱やのどの痛みなどのインフルエンザの症状が起こります。

インフルエンザワクチンを接種してから効果があらわれるまでには、およそ2週間かかるといいます。
効果は5ヶ月ほど続きますので、流行期に入る前に、接種しておくことをおすすめします。

引用元-いしゃまち

インフルエンザの注射はどの場所にする?

インフルエンザの予防接種は皮下注射です。
確実に皮下注射をするには、肩近くではなく肘近くに接種するのが正しいのです。
肩に近い部位に接種しますと三角筋と上腕3頭筋との境目に打つことになり、ともすれば筋肉に針が入ることもあります。

ところが、肘の近くの上腕伸側下3分の1と呼ばれる部位に接種しますと、正しく皮下注射となりますのでワクチンも効果的となります。

私の勤務先では、肘に近い部位に接種することになっていて、接種したところを揉んではいけません。

引用元-YAHOO!知恵袋

注射をする際の注意点

・実際に接種を行う場合には、接種部位が良く見えるように十分に上腕を露出させ、また、着衣等で上腕を締め付けないようにしておく。

・接種部位の消毒には消毒用アルコールを使用する。まれに被接種者がアルコール不耐症の場合があるが、この場合アルコール綿で拭いた部分が赤くなる。接種上特に問題はないが、接種後の状態を見るのに不都合な場合もある。
もし前もってこのことが分かっている場合には他の消毒液(イソジン消毒液、ハイアミンなど)を使う方法がある。

・肘関節を屈曲させて、針の先端が筋肉内に入るのを防ぐため注射部位をつまみ隆起させる。皮膚に対しておよそ30度程度の角度で針を挿入する。
この際、26~29ゲージ針が好ましい。刺した時点で神経に接触していないかを確認する。
もし針先が神経に接している場合にはその神経に沿った放散痛や強い痛みが生ずる。
この場合には速やかに接種を中止し、接種部位を変更する。また注射針の先端が血管内に入っていないことを血液の逆流をもって確かめることも重要である。
もし血液の逆流があれば接種部位を変更する。

・ワクチン液の注入はゆっくり行う。これは針の挿入時よりも、ワクチン液の注入時の方が痛みを感じさせることが多いためである。

・注射後は接種部位を清潔なアルコール綿で押さえる。接種直後に同部位を液が漏れ出ないように注意しながら数回揉む。

引用元-内科 循環器科内科幕張ハートクリニック

副作用!?注射をした場所が痛い場合は大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受けたときに、注射したところが赤く腫れた事はないですか?
あれは、予防接種の副作用(副反応)だと言われています。

私が予防接種を受けた時にも赤く腫れました。
注射跡が赤くなったり、腫れたり、痛くなるのは、副作用の代表的な症状です。

このような症状は、インフルエンザワクチンに対して、体がちゃんと反応して起こるもので、抗体が作らている証拠です。
どの症状も軽いものがほとんどで、2、3日で治ります。

その他には、発熱、頭痛、全身がだるくなるなども副作用の症状として言われてます。
これらの症状は、ワクチンとは関係ない風邪の場合もあるので、一概には副作用とは言えないですが2、3日で収まることが多いです。

一般的にインフルエンザの予防接種の副作が出る確率は、10~20%だと言われています。
10人に注射すれば1人か2人は副作用が出ることになります。
殆どの副作用が先程説明したような軽度で、3日程度で収まる様な症状ばかりです。

引用元-これが知りたい!気になる情報局

注射をした場所が腫れた場合はどうする?

腫れたときの対処法

「腫れたら冷やしてください」と医師からのアドバイスがあり、氷や保冷剤などで急激に冷やす人も多いのですが、氷や保冷剤では患部に刺激を与えすぎて逆効果になってしまうことがあります。

冷えピタ

冷えピタや濡れタオルなどでゆっくり冷やすようにすると、かゆみや腫れが改善しやすいですよ。
また、筋肉注射と勘違いして患部を揉む人もいますが、インフルエンザワクチンは皮下注射ですので、患部を揉まないようにしましょう。触り過ぎもNGです。

湿布

腫れとともに痛みを伴う場合は、湿布の方が気持ち良いかもしれません。
ただし、普段から湿布で肌荒れを起こす人には、刺激が強すぎることもあるので、濡れたタオルで冷やすことにとどめておいた方が良いでしょう。

引用元-マーミー

インフルエンザの注射の痛みを和らげるには

1)注射が苦手だと伝える

注射の痛みそのものよりも、注射に対する恐怖心が痛みを増幅させているということは大いにありえます。
注射に限らず「こわいな、いやだな」と思う気持ちをひとりで抱え込んでいるとよりその気持ちに意識が集中してしまいます。
大人の方は若干気恥ずかしいかもしれませんが、「注射苦手なんですよね」と吐き出すことでずいぶん気が楽になる方もいることでしょう。
状況によってはそのまま医師や看護師が雑談を続けてくれると、より気がまぎれて痛みの軽減に効果があります。

2)注射される場所を刺激する

注射される場所の皮膚をあらかじめ刺激すると、注射の痛みを緩和することができます。
注射される直前に痛いと感じるくらい皮膚をつねると、続けて刺される針の刺激に鈍くなります。

3)深呼吸をする

深呼吸をするとリラックスする効果と同時に筋肉を緩める効果があります。
皮膚に針を刺す瞬間に筋肉がこわばると針が進みにくくなり、余計な力の結果痛みが増してしまいます。
刺す瞬間に息を吐き出して筋肉を緩めることを意識してみましょう。

4)注射中は別の部位を刺激する

身体は同時に複数の場所の痛みを感じにくいという特徴があります。
そのため針が刺さったら太ももなど力いっぱいつねってみましょう。
痛みの感覚が太ももへ働き注射の痛みを和らげる効果があります。

引用元-ミナカラ

まとめ
お子さんなど注射が苦手な人も多いと思います。毎年受けるものなので、なるべく痛みを和らげるようにしてのぞみましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ