日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

      2017/06/19

東京で就職して一人暮らしをするには!?家賃や生活費はどのくらいかかる?

東京には就職先がたくさんあるので、上京して一人暮らしをしようと考えている人も多いのではないでしょうか?東京で就職して一人暮らしをするには、家賃や生活費はどのくらいかかるのでしょう?今回は東京での一人暮らしについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

シャネルの香水でおすすめは?人気の香水を紹介!

シャネルといえば香水も有名ですね。シャネルの「No5」はマリ...

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えてい...

アパートの隣の部屋から異臭が! 対応の仕方

アパート住まい、何の臭いか分からないけど、でもなんか臭い…お...

口座の入金の確認する方法は?

銀行は土日祝日は営業をしていません。相手が金曜日に振り込んだ...

欲しいチケットはどうとる?コンビニとネットはどっちがいい?

ライブなどのチケットを取りたいときは、電話、コンビニ、ネット...

スポンサーリンク

東京では就職がしやすい!?

東京に上京する最大のメリットは、やはり就職活動が楽ということでしょう。
求人数も溢れるくらいありますし、何より東京は電車で1時間以内にほぼ巡れるため、例えば渋谷に家を借りていて、新宿の会社に就職が決まっても、わざわざ引っ越すこともなく30分ほどの通勤で到着します。
職種もあらゆる職種が集まっており、見たこともない業界、業種に出会えること間違いなしです。

特にベンチャー企業は型破りな企業が多く、勢いのあるIT企業では20代の社員が新しい働き方をしており、活き活きと仕事をしています。

アルバイトの最低賃金も高く、おおむね時給1000円が平均値になっており、アルバイトをしながらの就職活動も十分に可能です。
地方とは違い、駅前にお店がたくさんあるため、バイト先の候補も多いです。
東京のアルバイト事情は、完全に人手不足になっているため、アルバイトを探すのは容易です。

自動車は必要ありません。バスと電車で全てがまかなえますし、自動車を置く駐車場の賃貸料は地方のワンルームの家賃以上です。
そのため、東京の若者は自動車を所有せず、基本的に電車移動をメインにしています。

地方に比べて、東京の就活事情は「選択肢が豊富」「お金が稼ぎやすい」「仕事につきやすい」という点が大きな利点ですね。

引用元-大人のための転職活動支援塾

東京の一人暮らしの家賃の相場はいくら?

部屋の平均の家賃相場について

東京の家賃相場はどれくらいなのでしょう。今回は一人暮らしの一般的な部屋である

・1K(7畳)
・風呂、トイレ付
・駅から徒歩約5〜8分
・築10年前後
の物件を例に家賃相場を見ていきましょう。

基本知識

東京での家賃は北ほど安く、南ほど高いです。さらに山手線の内側は高く、外側は安くなります。
ですので少しでも家賃を抑えたいのなら北区、練馬区、杉並区、中野区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区、江東区、墨田区、荒川区、台東区でさらに山手線の外側がおすすめという事になります。

おすすめにあげた地域で例に出した条件なら6~7万円台で物件はかなりの数があります。家賃の安さだけを求めるなら4~5万円台もあるかもしれません。

都心に行くほど相場はあがり、若者に人気の東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線などの沿線(神奈川方面エリア)は8万円くらいはします。
また東京湾に近いエリアもかなり家賃が高く若者が一人暮らしをできるような地域ではありません。

結論:東京でも6~7万円で住める物件はたくさんある。安さを求めれば4~5万円台も見つかるかも

引用元-20AGE

家を探す場合に注意する点は?

住むのでしたら「鉄筋コンクリート造」と書かれている物件が良いです。

この手のものでしたら隣の部屋との間にコンクリートが入っていて、さらにウレタンなんかで防音が入っていたりするので、防音性に優れていて快適です。

実際、私も最終的には鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)という物件に住んでいました。
この物件だと、隣の人の音が聞こえてきたことはありません。
隣の人も普通の会社員っぽい人だったので、夜中に騒ぐっていうこともありませんでした。

ちなみに今住んでいるマンションも、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)です。
隣の人の気配はまったく感じませんよ。

ただし上下方向の音だけはどうしようもないので、この辺りは住んでいる人次第ということになってしまうかもしれません。

引用元-ももねいろ

就職して一人暮らしするのに上手にやりくりする方法は?

一人暮らしでは生活費のやりくりが重要

一人暮らしの生活費を上手にやりくりする7つの方法
●1:1ヶ月分使用するお金を袋に分ける
●2:カード決済にした方が良いかよく考える
●3:まず貯金するお金は別にする
●4:銀行へ頻繁に行かない
●5:なるべく自炊を心がける
●6:銀行の口座を分ける
●7:家計簿をつける

以上の7つが今すぐにでも始められる生活費を上手にやりくりする方法です。
まずは、家計簿をつけるというところから始めて、普段の生活の中で何にお金が消費されているのかというのをしっかりと確認してみてはいかがでしょうか?
家計簿をつける方法は生活費のやりくりの方法においてかなりオススメです。

引用元-キャリアパーク!

東京での一人暮らしの生活費の相場は?

一般的にかかる東京の生活費の費用をまとめてみます。
携帯電話がスマホ移管すればするほど固定インターネットの費用を節約する人が増えています。

一ヶ月にかかる費用

・家賃 6万円から8万円(共益費込)普通のワンルーム
・光熱費 水道代 1,500円 (普通に使ってる限り)
・ガス代 3,500円 (プロパンガスだともう少し高い)
・電気代 3,000円 (家にいる時間にもよりますね)
→光熱費として8,000円見ておくと妥当(夏と冬は高い)
オール電化のマンションの方は合計で5000円以内もあり得ます
・食費 20,000円 (外食が多いともう少し増える)
・日用品 3,000円 (ティッシュやシャンプーなど消耗品)
・衣類 5,000円
・TEL 8,000円(携帯・通話料含む)
合計 104,000円(家賃6万として)

それ以外にかかる可能性がある生活費として

・保険 3,000円 (最低限の生命保険・入院保険)
・医療費 2,000円 (風邪ひかないように注意)
・ネット 4,000円 (今は携帯でネットができるけど、家にあると便利)
・食費 20,000円 (外食が多いともう少し増える)
・交際費 5,000円 (友達とカラオケ、飲み屋)
・趣味 3,000円 (雑誌や本の定期購読、習い事など)
合計 58,000円

やはり普通に生活すると約15万円、節約生活で約10万円くらいが一人暮らしの生活費の基準となるようです。

引用元-東京就職サポート

引っ越しの初期費用はどのくらいかかる?

・入居:150,000円(仲介手数料&礼金&敷金)
・引っ越し:50,000円(関西からの引っ越しを想定)
・ベッド&机&ソファー:50,000円
・冷蔵庫&レンジ&洗濯機:60,000円
・その他の小物:50,000円

合計で360,000円の支出になります。
初期費用としてはある程度安く見積もっていますが、無理のない金額かと思います。
大きな出費にはなりますが、この費用を捻出することができれば是非とも東京に来てください!

引用元-第二新卒ナビ

まとめ
東京は交通の便が良いので、多少都心から離れていても困らないようです。住む場所によって家賃もかなり変わるので、よく検討しましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ