日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

      2017/06/23

子供が胃腸炎で嘔吐!処理をうまくして二次感染を防ごう!

子供が体調を崩して、嘔吐することはよくあります。床や布団などに嘔吐物がついてしまうと二次感染を引き起こす場合もあります。今回は子供の嘔吐物の処理の方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

子供の嘔吐の原因と症状とは?

感染性胃腸炎は、一年中起こりますが、ウイルスによるものと細菌によるものがあり、冬はウイルスによるものが多く、原因ウイルスは、ロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどがあります。
日本では毎年、冬の前半にノロウイルス、冬の後半から春にかけてロタウイルスによる胃腸炎が流行します。

ウイルス性胃腸炎は嘔吐、下痢、発熱が主な症状で、特にロタウイルス胃腸炎は生後六か月から二歳ころの乳幼児に多くみられ、激しい嘔吐と一日に何度も白っぽい米のとぎ汁のような下痢が続き、ほかの胃腸炎よりも回復に時間がかかります。
発熱や嘔吐は1~2日で治まり、下痢が治まるまでに1週間から10日程度かかることが多いですが、その間に繰り返される嘔吐や下痢で脱水を起こすことがあります。
ロタウイルスやノロウイルス自体に効く薬はなく、こまめな水分補給(オーエスワンやアクアライトORSなど)で脱水を防ぎ、自然に治まっていくのを待つしかありません。

引用元-たかだこどもクリニック

子供の嘔吐物の処理は使い捨ての道具を使用する

吐物処理の際には、できるだけ使い捨てできる物品を使用しましょう。
吐物を集める際にチリトリ等のプラスチック製品等を使用した場合、その後物品の消毒のために手洗い場等に感染源を広げる危険があり、結果的に汚染を広げることになります。

また、吐物処理の際に処理を行う人が感染してしまう可能性や感染を広げる媒介者になってしまう危険があります。
マスク、エプロン、手袋を適切に使用し、自分が感染したり感染源を体に付着させ広げてしまったりすることがないようにしましょう。

引用元-いしゃまち

子供の嘔吐物の処理の手順

嘔吐物を排除

嘔吐物にペーパータオルやティッシュを被せて、次亜塩素酸ナトリウム系の消毒液を薄めて作ったものをスプレーします。(次亜塩素酸ナトリウム系の消毒液の作り方は後半に書いてます。)

下洗い

取り切れなかった嘔吐物を古歯ブラシなどで流します。
この時、水の飛び跳ねに注意してください。周囲のものを片づけてから行うのがベストです。
ボールやバケツにお湯と洗剤を入れて洗濯液を入れて軽くもみ洗いをして下洗いをします。

消毒

次亜塩素酸ナトリウム系の消毒液を薄めた液体に約10分位漬け置きします。
しかし、色落ちの可能性大です。
色落ちを避けるためには、85℃以上の熱湯で約1分半漬け置きするという方法もあります。

洗濯機で洗濯

通常通り洗濯します。念には念を!ということで、仕上げに30分位乾燥機で高温乾燥させると消毒効果があがるのです。

後片付け

使用したボールやバケツ、洗面所周辺を次亜塩素酸ナトリウム系の消毒液を薄めて作ったスプレーで拭き掃除。蛇口なども消毒しましょう。

引用元-ダブルしゅふブログ

ウイルスなどの菌をしっかり除菌するには

ノロウィルスなどは、アルコールでは除菌できません!
次亜塩素酸ナトリウムと記載されている塩素系漂白剤が有効なのでそれを使います。
市販されているハイターやブリーチなら、ならたいていご家庭にありますよね。
塩素系漂白剤と記載されていれば、キッチン用でも洗濯用でもOKです。

消毒液は用途によって使い分けますが、50倍希釈のものは必ず用意してください。
250倍希釈のものは、布団、カーペットを消毒液で処理する場合に使います。(アイロンで熱処理する場合は使いません)

引用元-Smily Life 40代主婦が家事・子育ての悩みを解決!

ウイルスを除菌する消毒液の作り方

〈用意するもの〉

・水
・塩素系漂白剤 
・ペットボトル
・スプレーボトル
・小さじ(プラスティック製)またはペットボトルのキャップ
・じょうご(プラスティック製)

ペットボトルのキャップは1杯で約5ccで、小さじ1とほぼ同量なので代用できます。

じょうごがあれば、ペットボトルに入れる時にこぼしにくくなるので便利です。

◎50倍に薄める場合(50倍希釈)
・水 500cc
・塩素系漂白剤 小さじ2(10cc)

50倍の消毒液は、嘔吐物を直接消毒する時に使用します。
嘔吐物を拭いたあと、消毒液をゴミ袋の中に直接入れて消毒するので、スプレーボトルに入れず、ペットボトルのままで大丈夫です。

◎250倍に薄める場合(250倍希釈)
・水 500cc
・塩素系漂白剤 2㏄(小さじ1/2弱)

250倍の消毒液は嘔吐物を取り除いた後、布団やカーペットに使用するので、スプレーボトルに入れてください。

引用元-Smily Life 40代主婦が家事・子育ての悩みを解決!

布団に嘔吐した場合はウイルスの感染に注意

布団は大変です!
厚みがある為、嘔吐物が内部に染み込んでしまうと、そこにはまだウィルスがいます。
布団内ではウィルスは増殖しませんが、長くても1か月以上は生存しているようです。

ふき取って通常の洗濯だけでは、ウィルスを除去できず、干すことでウィルスをまき散らすことになります。

引用元-赤ちゃん幼児子育て.com

布団に嘔吐した場合の消毒の方法

布団や枕などにも嘔吐が付着した場合、どう処理したら良いか困りますね。
ノロウイルスは適切に消毒するのが最も効果的と言われていますが、85℃以上の温度で死滅すると言われていますのでアイロンがけも効果があると考えられます。
ちなみにアイロンの温度は、中の設定で約120℃~160℃、高の設定で約160℃~200℃となります。

【アイロンで布団などを消毒する方法】

まず最初に、拭き取れる部分は出来る限り拭き取り、布団の嘔吐が付着した部分に霧吹き(水)をして、アイロンで加熱します。
霧吹きで水分を与えると焦げ防止にもなりますし、熱伝導率が上がるのでより効果的です。
そして、スチームを全開にして嘔吐の付着した部分をアイロンを少し浮かした状態で約1分以上スチームをあてます。

この時、 直接アイロンをあてるのではなく、スチームを嘔吐が付着した部分にあてるのが大切です。
約1分もの間、直接アイロンをかけてしまうと焦げが起きてしまう可能性が高いので注意してください。

また直接アイロンをあてなくても、熱によって生地が傷んだり、焦げが起きてしまう可能性もあります。
ただ、ここでは洗う事が出来ないケースでのノロウイルスによる消毒を中心に考え紹介しています。

引用元-洗濯・シミ抜き・クリーニングの大辞典

まとめ
嘔吐物はとにかく早めに処理をして、しっかり消毒しましょう。そのままにしておいて乾くと菌が空気中に飛散するので、気を付けましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ