日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

小学校の先生になった時の話し方のコツは?どんなことに気を付ける?

      2017/06/28

小学校の先生になった時の話し方のコツは?どんなことに気を付ける?

小学校の先生になった場合はどのような事に気を付けて生徒に話しかければいいのでしょうか?子供とのコミュニケーションは大人と違って、話が通じないこともあるので話し方のコツを知りたいですね。今回は小学校の先生の話し方のコツを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

小学校の先生はコミュニケーション能力が重要!

こどもとのコミュニケーションは大人とは、別な意味で非常に難しいものがあります。
同じ目線に立ってあげないと見えないことがたくさんあるので、傾聴するスキルや感情移入するスキルが不可欠です。

また、職場の同僚や上司にあたる教頭・校長とのやり取りもストレスがたまる一因になるようです。
なんだかんだ言って公務員ですから、かなり保守的な現場です。

斬新な意見はなかなか通りませんし、よりよい提案をしても現状を変えたくない人の意見が優先されやすいです。
ですから、本音でぶつかりたいタイプの人は、イライラしてしまうことも多いそうです。
それを、自分でコントロールするのも内的なコミュニケーションスキルといえるでしょうね。
そう考えると、学校の教員ほどコミュニケーション力を求められる現場はないかもしれません。

引用元-コミュニケーションの教科書

子供たちに声を届ける話し方のコツは?

日ごろ、授業を見せていただく中で、確かに、「先生の声が子どもに届いていないのではないか」と思うことがままある。
ボソボソしゃべる人より、むしろ声を張り上げて話す先生の方に感じるのだ。
聞こえてはいるのだが、子どもたちの頭の上を素通りしているという印象である。
一方で、それほど大きな声ではないのに、子どもの気持ちをぐっと引きつけて話す先生がいる。

両者を比べて、ある大きな相違に気がついた。
子どもたちに対する視線の向け方が違うのである。
前者は、子どもたちを、「みんな」と一括りにするようにして漫然と「眺め渡す」。
一方、後者はほんの一瞬だが、必ず、一人ひとりと眼を合わせているのである。
そして、頷いたり首を傾けたりしながら、まるで対話するような調子で話す。
こういう声は聞き手の心の中にしっかり落ちる。
アイコンタクトと届く声は、不即不離の関係にあるのだ。

声の言葉は、聞こえていれば届いていると思ってはならない。
十把一からげにせず、固有名詞をもつ一人ずつと「アイクロ回線」(眼差しが出会うチャンネル。筆者の造語)を通し、声を届ける(声で触れる)という意識を持ってはじめて、子どもたちの中に入る。

引用元-教育新聞

小学校の先生が子供に向けて話すとき気を付ける事は?

・考えさせたい時は、すべてを話さない。考えさせる余裕を残す。

・「えー、あの、」など自分の口癖がないか気にして、話す。
これは聞く人の集中力をなくす。意外と気がついていない人が多い。

・ときどきギャグを織り交ぜる。笑いが記憶の定着を助けます。
そして、この人は何か面白いことを時々言うぞ、と児童、生徒に期待させることが出来ます。急に歌を歌ってみてもいいと思います。

・話だけでなく、絵、具体物を用いて話す。物をみせることで、集中力、理解力が増します。

・話を聞かせるときは徹底的に、聞く姿勢をとらせる。(小中学生)これを徹底させていかないと、話を聞かせることはできません。

・常に自分が話したことをフィードバックし、改善を続ける。(ボイスレコーダーとかビデオなどを活用されたし)

・相手にあった、単語を選びます。小学校低学年と、高学年に話すのでもずいぶん違います。相手にあった言葉を使うといいです。

・自信を持って話せるよう、話のための準備をしっかりする。
自信なく話していると、こどもに見透かされてしまうものです。

引用元-成績UP人間力UP講座

生徒に向けて話し方をどう工夫するべきか

(1)子どもたちの前で話してはいけないこと

例えば、PTA会費の未納者がいるので催促してください。名簿は担任の机に置いてあります。

(2)朝のうちに緊急に指導する必要のあること

例えば「消火器のいたずら」は、子どもの命にかかわるからです。
「昨夜、火事があったの知っている?」私はそう切り出します。
日本のどこかで、かならず火事があります。「大やけどをした」と言うと子どもたちは「へぇ」とびっくりします。
「消火器が使えず人の命も奪いそうになった。火に関する物をいたずらすると寝小便するとお婆ちゃんに教わった。大きくなっても寝小便なんて、みっともないだろう」と、まあそんな話をすると、子どもたちは大笑いします。
これが「注意しないで指導する話術」です。そのためには、エピソードをもっていなくてはなりません。

ある高校教師は卒業生にかこつけて話をします。
例えば、遅刻の多かった卒業生が家に遊びにきて「会社を首になりました」といって涙を流した話をすると、少しは遅刻が減ったといいます。
注意事項はだいたい決まっていますから、いくつか作っておいて、小出しにしていけばよいのです。

(3)ゆっくり時間をかけて指導すること

例えば「ガムの食べ捨て」については、子どもたちが主体的に受けとめないと効果はありません。「どうしたらいいか」考えさせ、意見や感想を求めたりします。
子どもたちが、自主的に取り組む姿勢へともっていきます。

引用元-教育問題の解決方法を考える

自分自身の体験談を話すと興味を引くことができる

体験談を話す

学校の先生が、教科書をただひたすら音読するだけの授業をしたら、どうなるでしょうか。

おそらく生徒全員が深い眠りに陥ります…。
そして教科書を読んでいるだけの授業をする先生には、そんな生徒を叱る権利は残念ながらありません。生徒が眠くなるのは、講師側にも責任があるのです。

先生の話は面白い・興味深い・聞きたいと生徒に思ってもらえる為に必要なのは、体験談を交えて話すことです。

なるべく授業の際はテキストばかりに目を向けないことを心掛けましょう。
参考書を読んでいるだけでは、私たち講師も面白くないですし、それを聞いている生徒はもっとつまらないと感じてしまいます。

「話を伝える」ためには、テキストや参考書の内容を踏まえ、自分の言葉で話すことが重要です。

人は、聞いている側が話し手に感情移入すればするほど、人の話を理解しようとします。
生徒が講師の話に感情移入すればするほど、生徒は一生懸命になって私たちの話を聞いてくれるのです。
その為には、講師側が自分の言葉で話す以上に最適な方法はありません。

引用元-塾講師STATION情報局

たまにやるならこんなコツも

生徒との目線の高さを変える

授業の中では、机間巡視って行いますよね。そんな時に、生徒から質問があります。

その質問に答える時に、立った状態で、上から話すのと、ちょっとかがんで、同じ目線で話すのでは、惹きつけ度が違うんです。
間違いなく、同じ目線で質問に答える方が伝わりやすいです。

でも、いつもやっちゃダメですよ。たまにやるから効果大!

引用元-いつものようた

まとめ
生徒にいかに興味を持ってもらえるかが重要なようですね。いろいろと工夫をしてみるといいですね。

twitterの反応

 - 進学・就職

ページ
上部へ