日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

病院・クリニック・診療所はどう違う?その違いを解説!

      2017/06/30

病院・クリニック・診療所はどう違う?その違いを解説!

医療機関には病院・クリニック・診療所と呼び方がいろいろあります。この呼び方にはどんな違いがあるのでしょうか。また病院・クリニック・診療所はどう使い分ければいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

病院・クリニック・診療所の違いとは?

◎まず「病院」
・患者を収容し、医師または歯科医師が診察・治療を行う施設のこと
・医療法では「入院用ベッド数が20以上」ある医療機関のこと

◎お次は「診療所」
・医師または歯科医師が診察・治療を行う施設のこと
・入院施設が「全くないかベッド数が19以下」の医療機関を指す
・「病院」「病院分院」「産院」などの名前を付けることができない

◎次は「医院」「クリニック」
医療法では、「病院」、「診療所」の2つに分けられています(助産所とかもありますが)。
「医院」と「クリニック」は「診療所」に属し呼び方を変えただけです、院長の好みで選んでるんでしょう。

◎おまけ「総合病院」
病院の中で、患者100人以上の収容施設があり、「内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科」を含む等の条件を満たせば「総合病院」と名乗ることができます。

引用元-身近な雑学

病院と診療所はスタッフの数も違う

必要スタッフ数の違い

病院と診療所では必要なスタッフ数が定められています。

病院は3人以上の医師がいなくてはならず、患者3人に対して看護師1名が必要であり、薬剤師も1名いることが最低条件として定められています。

一方、診療所は医師が1名必要と定められているほかに、看護師や薬剤師の必要最低人数は定められていません。

引用元-これであなたも医の達人

診療所やクリニックのメリット・デメリットは?

クリニックは医者が1名以上で看護師などの人数も決められていません。
なので、変な話、医療免許を持った自分1人がいれば、それだけで開業できてしまうわけです。
また病床もない場合があり、本当に診るだけのところ、という場合も。

「じゃあ、最初からでかい病院に行った方がいいじゃん!」と思ってしまうかもしれませんが、クリニックにも利点はあります。
簡単に言ってしまえば、小回りが利くんですね。

大きな病院だと、どうしても待ち時間が長かったり、行くたびに診てもらうお医者さんが変わったりします。

でも、クリニックの場合は、責任者の人が直接見てくれることが多いので、腕の良いお医者さんであれば自分の具合の悪い分野を継続的に見てくれたりもします。
なんだかアットホームな雰囲気のところも多いですよね(^^

少し具合が悪い、どこかおかしい、そういった場合にまずはどんな病気が疑われるのかを診てもらうことができるのです。
風邪などでもかかることができますし、大きな病気でない限りこちらで治療を受けることができます。

ただし、デメリットとしては、どうしても大きな病院よりは、設備面で劣るということです。
すごく具合が悪くてすぐに手術が必要な場合など、クリニックで対応するのは難しいですし、その病気に対応した設備があるかもわかりません。

引用元-違いはねっと

大きな病院に行く前に出される紹介状とは?

大きい病院に行く前に渡される紹介状って何?

近所のクリニックで診てもらったけれども、「大きな病院で精密な検査が必要です。」と少しドキッとする言葉をもらった方も少なくないのでは。
クリニックでは対応が難しく、検査設備の揃った病院や総合病院に行くことを薦められることがあります。

この時に必要なのが、紹介状。
これはお医者さんの間でしっかりと情報が共有され、患者さんにとっても二度同じ検査等をしなくても良いメリットがあります。
そのため、クリニックから大きな病院へ行く場合、「紹介状」(診療情報提供書)を持って行きましょう。

病院によっても異なりますが、ない場合に比べて安くなることが多いです。
また、もし紹介状なしに直接総合病院に行くと、「紹介料」というものが発生してしまったり、
同じ検査をしたりと、何かと二度手間になってしまいます。
まずは近くのクリニックで診てもらって、紹介状を持って大きな病院へと行くのが良さそうですね。

引用元-MRSO

病院とクリニックでは診療費は違う?

診療費について、なんですけど大きく分けて、初診料再診料、と分けられます。
そのうち、初診料については以前は、診療所の方が、若干高く設定されてました。

具体的には、病院の初診料が、2550円なのに対し診療所の初診料は、2740円だったんですよ。
ですが、平成18年度に、法律が変わって病院も、診療所も初診料は、2700円に変更されました。

引用元-クリニックと病院の違いは?知らないと損する仕組みとは!?

病院とクリニック・診療所は特別料金で差が出る

初診料とは別に、差が出るポイントとして特別料金の存在が、あるんですよ。

と、特別料金!?
いわゆる、「お気持ち」とか「袖の下」とか呼ばれる、裏金のこと!?

ゴホンッ!
そんな、白い○塔みたいなドロドロした、お金のことじゃないですってw

この紹介料っていうのは200床以上のベッドを持っている、大きな病院へ診療所などから、紹介状をもらわないで行くと、発生します。
診療所やクリニックで、診てもらって「あー、うちじゃ手に負えないから、大きな病院で診てもらって!」と、さじを投げられて初めて、紹介状をもらえるんですね。

ちなみに、特別料金の金額ですがこれは、病院によって、変わってくるようです。
1000円で済むとこもあれば5000円も取られる病院も、あるんだとか!

引用元-クリニックと病院の違いは?知らないと損する仕組みとは!?

まとめ
いかがでしたか?病気になったら、まずはかかりつけ医であるクリニックや診療所にかかり、その後大きな病院を紹介してもらうのがいい流れのようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ