日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

      2017/07/11

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか?もしも軟式から硬式へ転向する場合はどのような事に気を付ければいいのでしょうか?今回は野球の軟式と硬式の違いについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もい...

結婚式の招待状の返信はどう書く?返信のマナー

結婚式の招待状には出席か欠席かの返信はがきが同封してあります...

スポンサーリンク

野球の軟式と硬式の違い①

まず、ボールが違います。ボールが違うため、バットやグローブなどの用具も硬式用、軟式用とに分かれている。
ゴム等をボールの素材に使った軟式野球のボールと違い、硬式野球のボールはコルクなどを素材に使っていて、表面に赤い糸の縫い目があるのが特徴です。

そして、軟式ボールに比べて硬式ボールは、飛びます。硬式のボールと軟式のボール打ち方が全然違います。
硬式ボールと同じようなうち方をすると、軟式ボールではポップフライになる確率が高いです。
硬式ボールは、ボールの下側を叩いてスピンをかけるように打ちますが、軟式野球でそれをやるとボール自体が潰れてしまって、真上に上がってしまいます

引用元-Baseball diary

野球の軟式と硬式の違い②

グローブの違い

ボールだけでなく、グローブもまた軟式と硬式で全く違います。
軟式のグローブは、ゴムのボールを扱うということもあって軽くて薄い素材となっています。

そして、ボールを取るエリアが硬式と較べて小さくなっているという違いがあります。
これは何故かというと、軟式のボールは小さいためです。
硬式のグローブは反対に厚く重く大きいので、二つを並べれば見分けはすぐにつくでしょう。

軟式と硬式のバットの違い

軟式のバットと硬式のバットは、素材が一緒であっても内容が異なっています。
一番の違いは、その厚みです。

軟式のボールは柔らかく小さい、硬式のボールは重く大きく硬いということで、硬式のボールを打つには軟式のものよりも頑丈である必要がありますよね。
そのため、硬式のバットは軟式用のものよりも分厚くなっています。

木製のバットならば、木の中心の部分が硬式、外側は軟式のバットに使われているとのこと。
野球をするときは、バットを確認して硬式と軟式を使い分けましょう。

引用元-雑学報知

野球の軟式と硬式の違い③

グラウンドの違いにも注視してみましょう。
整備の整ったグラウンドでプレイする硬式野球と異なり、軟式の試合の多くは河川敷や整備されていないグラウンドを使います。
結果、どんな上手なプレーヤーでもエラーが生じますし、予期しないバウンドも増えてしまいます。

芝の状況や季節によっては、打ち取ったはずのゴロであっても球足が伸び、プロや高校生ではあり得ない、外野ゴロによる長打が生まれる事も少なくありません。

この様に、芝やグラウンドの状態を予め確認しておき、グラウンドコンディションに合わせた守備シフトを取る事が重要となります。

引用元-軟式と硬式の違いを理解する

打つ場合はどんなことに気を付けたらいいか

軟式ボール攻略のカギは「8ミリの違い」

みなさんが実感する悩みは、データとしても実証されています。

「ティーの上に置かれた静止したボールを、毎回同じ角度、同じ位置で正確に捉えることが出来るバッティングマシーンを用意して実験を行ったところ、硬式ボールでは中心から28ミリ下を打った時に飛距離が最大化したのに対し、軟式ボールでは20ミリ下を打った時に飛距離が最大化するという違いが現れました」

硬式ボールと軟式ボールに見られる8ミリの差。
冒頭で説明したズレを考えれば、この違いがバッティングに影響を与えるのは明らかですね。
この差はボールの硬さの違いなどが原因となっているようですが、他にも軟式ボールと硬式ボールでは打球に違いが生じるようです。

「打点がボールの中心からずれればずれるほど、軟式ボールの方が硬式ボールよりも①打球速度が低下しやすい②打球に角度がつきやすい(フライになりやすい)という2つの傾向が確認できました。」

ボールが軟らかいために起きる現象は、打者にとっては厄介な要素のようです。
この難題を克服するためには「軟式野球のバッターも、セオリー通り少しアッパースイングにしてボールの下を打たなくてはなりません。
ただし、硬式ボールを打つ時よりは少し中心に近いところを打つように心掛けると良いと思います」

軟式野球でボールを遠くへ飛ばすためには、硬式野球とは少し違った工夫をする必要があるようです。

引用元-MIZUNO ZONE LAB

投げる場合に注意する事とは

変化球はマグヌス効果と重力とそして空気抵抗で変化しています。
そして軟式球は外部からの力の影響を受けやすい。
ということはつまり、軟式球は変化しやすく、変化球を投げやすいということになります。

しかし、思わぬ落とし穴もあります。
余計な変化をしてしまうことです。例えばフォーク。
フォークは通常、少ないながらもシュート回転しています。
硬式球なら少しシュートする程度ですが、軟式球だとかなりシュート方向の変化が大きくなってしまいます。
下方向に落とすには、硬式球以上に回転数を抑える必要が出てきます。
他にナックルは小さすぎる揺れを無数に繰り返すような変化から捕手の手が届かないようなところまで変化してしまうなど、変化の幅が大きくなり過ぎてしまうかもしれません。

かといって回転をつけると、そちらの方向にしか変化しなくなったりと。
回転を減らす必要のある変化球は変化をコントロールするのが難しいでしょう。

引用元-野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

まとめ
軟式と硬式では、道具も何もかも違うので、まったく別物と考えてもいいかもしれませんね。

twitterの反応

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ