日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

      2017/07/11

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか?もしも軟式から硬式へ転向する場合はどのような事に気を付ければいいのでしょうか?今回は野球の軟式と硬式の違いについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

野球の軟式と硬式の違い①

まず、ボールが違います。ボールが違うため、バットやグローブなどの用具も硬式用、軟式用とに分かれている。
ゴム等をボールの素材に使った軟式野球のボールと違い、硬式野球のボールはコルクなどを素材に使っていて、表面に赤い糸の縫い目があるのが特徴です。

そして、軟式ボールに比べて硬式ボールは、飛びます。硬式のボールと軟式のボール打ち方が全然違います。
硬式ボールと同じようなうち方をすると、軟式ボールではポップフライになる確率が高いです。
硬式ボールは、ボールの下側を叩いてスピンをかけるように打ちますが、軟式野球でそれをやるとボール自体が潰れてしまって、真上に上がってしまいます

引用元-Baseball diary

野球の軟式と硬式の違い②

グローブの違い

ボールだけでなく、グローブもまた軟式と硬式で全く違います。
軟式のグローブは、ゴムのボールを扱うということもあって軽くて薄い素材となっています。

そして、ボールを取るエリアが硬式と較べて小さくなっているという違いがあります。
これは何故かというと、軟式のボールは小さいためです。
硬式のグローブは反対に厚く重く大きいので、二つを並べれば見分けはすぐにつくでしょう。

軟式と硬式のバットの違い

軟式のバットと硬式のバットは、素材が一緒であっても内容が異なっています。
一番の違いは、その厚みです。

軟式のボールは柔らかく小さい、硬式のボールは重く大きく硬いということで、硬式のボールを打つには軟式のものよりも頑丈である必要がありますよね。
そのため、硬式のバットは軟式用のものよりも分厚くなっています。

木製のバットならば、木の中心の部分が硬式、外側は軟式のバットに使われているとのこと。
野球をするときは、バットを確認して硬式と軟式を使い分けましょう。

引用元-雑学報知

野球の軟式と硬式の違い③

グラウンドの違いにも注視してみましょう。
整備の整ったグラウンドでプレイする硬式野球と異なり、軟式の試合の多くは河川敷や整備されていないグラウンドを使います。
結果、どんな上手なプレーヤーでもエラーが生じますし、予期しないバウンドも増えてしまいます。

芝の状況や季節によっては、打ち取ったはずのゴロであっても球足が伸び、プロや高校生ではあり得ない、外野ゴロによる長打が生まれる事も少なくありません。

この様に、芝やグラウンドの状態を予め確認しておき、グラウンドコンディションに合わせた守備シフトを取る事が重要となります。

引用元-軟式と硬式の違いを理解する

打つ場合はどんなことに気を付けたらいいか

軟式ボール攻略のカギは「8ミリの違い」

みなさんが実感する悩みは、データとしても実証されています。

「ティーの上に置かれた静止したボールを、毎回同じ角度、同じ位置で正確に捉えることが出来るバッティングマシーンを用意して実験を行ったところ、硬式ボールでは中心から28ミリ下を打った時に飛距離が最大化したのに対し、軟式ボールでは20ミリ下を打った時に飛距離が最大化するという違いが現れました」

硬式ボールと軟式ボールに見られる8ミリの差。
冒頭で説明したズレを考えれば、この違いがバッティングに影響を与えるのは明らかですね。
この差はボールの硬さの違いなどが原因となっているようですが、他にも軟式ボールと硬式ボールでは打球に違いが生じるようです。

「打点がボールの中心からずれればずれるほど、軟式ボールの方が硬式ボールよりも①打球速度が低下しやすい②打球に角度がつきやすい(フライになりやすい)という2つの傾向が確認できました。」

ボールが軟らかいために起きる現象は、打者にとっては厄介な要素のようです。
この難題を克服するためには「軟式野球のバッターも、セオリー通り少しアッパースイングにしてボールの下を打たなくてはなりません。
ただし、硬式ボールを打つ時よりは少し中心に近いところを打つように心掛けると良いと思います」

軟式野球でボールを遠くへ飛ばすためには、硬式野球とは少し違った工夫をする必要があるようです。

引用元-MIZUNO ZONE LAB

投げる場合に注意する事とは

変化球はマグヌス効果と重力とそして空気抵抗で変化しています。
そして軟式球は外部からの力の影響を受けやすい。
ということはつまり、軟式球は変化しやすく、変化球を投げやすいということになります。

しかし、思わぬ落とし穴もあります。
余計な変化をしてしまうことです。例えばフォーク。
フォークは通常、少ないながらもシュート回転しています。
硬式球なら少しシュートする程度ですが、軟式球だとかなりシュート方向の変化が大きくなってしまいます。
下方向に落とすには、硬式球以上に回転数を抑える必要が出てきます。
他にナックルは小さすぎる揺れを無数に繰り返すような変化から捕手の手が届かないようなところまで変化してしまうなど、変化の幅が大きくなり過ぎてしまうかもしれません。

かといって回転をつけると、そちらの方向にしか変化しなくなったりと。
回転を減らす必要のある変化球は変化をコントロールするのが難しいでしょう。

引用元-野球の変化球の投げ方・握り方&球速アップ方法研究所

まとめ
軟式と硬式では、道具も何もかも違うので、まったく別物と考えてもいいかもしれませんね。

twitterの反応

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ