日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

      2017/07/19

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが分かるほどそのその香りは強いですね。そんなキンモクセイの開花時期はいつ頃なのでしょうか?今回はキンモクセイについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

郵便局で荷物の発送、受付は何時まで?

締め切りギリギリになってしまった郵便物、焦って出しに行った経...

車のナンバープレートを自分で外す方法

普段は触ろうと思うこともない車のナンバープレートですが、車を...

中国のネットショッピング事情

中国のインターネット普及率は大変高いことで知られていますが、...

ツタヤのクレジットカード解約は難しい!

ツタヤを利用されている方で、クレジット機能の付いたカードをご...

神社に参拝する時、お賽銭っていくらがいいの?

お正月には神社に初詣に行く方も多いと思いますが、皆さんお賽銭...

外国人が日本の食べ物で好きなもの嫌いなもの

訪日する外国人は年々増えていますが、やはり食に関することで驚...

ジャンプ写真撮影のコツ

SNSなどで、みんなでジャンプ!した写真、見かけますよね。楽...

ロングコートは身長が低い人でも着こなせる!

背が低いと、ロングコートは似合わない…というのは、男女問わず...

椎間板ヘルニアを治すのに手術は必要!?入院期間はどのくらい?

椎間板ヘルニアになると激しい痛みに襲われ、場合によっては日常...

信用金庫の口座解約は難しい!?

地元の信用金庫に口座があるよ、という方も多いと思います。でも...

高校の友達と会話が続かない!上手に会話をするポイントとは?

高校では環境が変わるので、新しい友達がたくさんできるかもしれ...

金魚が病気になったらどうしたらいい?赤い斑点が出るのはどんな病気?

金魚も病気にかかることがあるので、日頃からよく観察をしておか...

警察の巡回連絡とは?住所氏名の調査は拒否できる?

警察が突然自宅に訪問して、住所氏名、家族構成などを調査される...

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

会社の待遇に不満があっても、そのままの待遇で働いている人は結...

中学校の部活は親も大変!?保護者会の役割とは?

中学校の部活にも最近は保護者会が存在するようです。中学の部活...

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

一般的に売られているシミ用の化粧品はどのくらい効果があるので...

化粧水と美容液の違いとは?2つを上手く使ってスキンケア!

スキンケアで欠かせないのは化粧水、乳液、美容液などです。これ...

顔のシミが痒いのは何故?その原因と対策について解説!

顔にできたシミの中には次第に痒みを伴う場合があります。シミが...

画像の添付をしたらメールの送信が上手くできない原因とは

現在はスマホなどで気軽に高画質の写真を撮ることができるので、...

彼氏の仕事の悩み…わたしにできることは?

一緒にいるのに彼氏がしゃべらない、いつも疲れた表情でふさぎ込...

スポンサーリンク

キンモクセイとは?

キンモクセイは、モクセイ科・モクセイ属の常緑性の小高木樹です。
中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきました。もともとはギンモクセイの変種です。
本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、日本にあるキンモクセイには実(種)がつきません。

大きい樹木で10mほどまで育ち、日本では観賞用として公園や庭先でよく栽培されています。
原産地の中国では、丹桂(たんけい)や桂花(けいか)という別名で知られており、観賞用以外にお茶やお酒(白ワイン)、お菓子、漢方薬など、花びらを食用や薬用に扱える植物としても親しまれています。

引用元-HORTI

キンモクセイの花言葉は?

謙虚

金木犀の花はとても小さく、開花を香りで手に気づかせる、その控えめさから来ています。

陶酔

人を惹きつけて魅了する、あの香りに由来しています。
香りで陶酔させてしまうということですね。

高潔

「こうけつ」と読みますが、立派であるとか、気高いと同じ意味です。
開花から数日でその香りを惜しむことなく潔く散ってしまう様子に由来されたようです。

初恋

香りと記憶は繋がっています。
あの甘い香りは一度覚えてしまうと忘れられないために、「忘れられない甘い記憶=初恋」ということから来ているようです。
http://nanisore-club.com/kinmokkusei-jiki-748’’なにそれ!?倶楽部’’’

キンモクセイの開花時期はいつ頃?

金木犀の香る季節・時期はいつ

まず、金木犀の香る季節とはいつなのかについてですが、これは知っている方もいるかと思いますが、それは、秋です。
秋には、金木犀の香りが広がりその香りを楽しませてくれます。

そして、秋のいつぐらいに楽しめるのかというと、9月下旬~10月上旬ごろです。
意外と楽しめる期間が短いことにお気づきでしょうか。

実は、金木犀は開花してから散っていくのが早く、その香りを楽しめる期間はあまりないのです。
およそ、開花してから一週間~10日ほどでその姿が見えなくなります。

これが、あまり金木犀の開花時期を知られていない理由かもしれませんね。
あまりにも早く散っていくため、その開花期間を感じることが難しいのではないでしょうか。

しかし、開花期間が短く、早々に散ってはいきますが、代わりにその香りの強さに多くの方が振り向いてしまうことは間違いないでしょう。

引用元-Gossip News Navi

キンモクセイを育てるなら

金木犀は日当たりを好む樹木の中でも、特に日光を好みます。
ですので、日当たりが良い場所で育てることは第一条件です。

また、排気ガスにめっぽう弱く、大気汚染がひどい場所では、花が咲かなかったり、花が咲いても香りが弱くなったりしてしまいます。

金木犀は地植えにすることが多いと思いますが、地植えの場合は水やりの必要はありません。降水だけで十分です。
鉢植えの場合は、土が乾いたらしっかりと水をやります。

引用元-なにそれ!?倶楽部

剪定の時期はいつ?

剪定には2種類ある

剪定や整枝(枝を切り戻して樹形を整えること)は毎年行う方法と、3~4年に1度行う方法があります。

毎年行う場合

作業の適期は新芽が出る前の2~3月、もしくは開花後の10月です。花の咲き終わった枝を枝分かれしている部分から5~10cmの長さのところで切り詰めます。
コンパクトに仕立てたい場合は円筒状に刈り込むのが一般的です。
作業適期なら多少短く切り詰めても開花に影響しませんが、刈り込む場合は一度にばっさりと切らないで、毎年少しずつ切り詰めて枝を整える方がよいでしょう。
木が坊主になるほど(葉がほとんどなくなるほど)ばっさりと刈り込んでしまうと枝枯れを起こすことが多いので注意しましょう。
毎年切り詰めると樹形があまり大きくならず、枝もあまり長く伸びないので放任したものに比べて花数は少なくなりますが、毎年開花します。

3~4年に1度行う場合

新芽が出る前の2~3月に行います。長く伸びた枝を3~4年前の枝の位置まで切り詰めます。
この方法だとその年花数が少なくなることがありますが、翌年から普通に花を咲かせます。
また、それとは別に間延びして樹形から突き出てしまっている枝や重なり合って風通しが悪くなっている部分の枝があれば花後に間引きしましょう。

引用元-ヤサシイエンゲイ

キンモクセイの花はこんなことに使用されている

キンモクセイは、昔から観賞するためだけではなく、食用の庭木として育てられてきました。
産地の中国では、キンモクセイを「桂花」や「丹花」と呼び、秋に咲く花びらを3年間白ワインに漬け込んだ「桂花陳酒(けいふぁちんしゅ/けいかちんしゅ)」というお酒や「桂花茶」と呼ばれる花茶が有名です。日本でも、花びらを砂糖漬けにしたジャムなどが市販されており、金魚が踊っているようなきれいなジャムだと、人気があります。

また、日本では昔から悪臭を消し去るほど強い香りを放つとされ、トイレの近くに植えられる風習がありました。
そのため、1970~1990年代前半までを過ごしてきた方々にとっては、キンモクセイの匂いがトイレの芳香剤を連想させることも少なくありません。

引用元-HORTI

まとめ
キンモクセイは開花から散るまでが短いので、香りの時期を逃さないようにしたいですね。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ