日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

      2017/07/25

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね。そんなインフルエンザの予防にアロマがいいという話があります。今回は予防にいいアロマの種類と効果について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

アロマはインフルエンザの予防にいい?

イギリスやフランスでは医療の現場で使われているほど。
精油によっては90%以上のインフルエンザウイルスが減少したと言う実験結果も。
といっても、どの精油でもいいという訳ではありません。
インフルエンザの予防に活用したいのは抗ウイルス作用の強いもの。

アロマテラピーインストラクターの鈴木理恵子さんによると、おすすめの精油は「ティートリー、ユーカリ・ラディアータ、ラベンサラ、ラヴィンサ・シネオール、パルマローザ、スパイクラベンダー」など。
特に感染前の「予防」として効果を大きく発揮してくれそうです。

ただし、アロマは使い方が重要。効果が大きいので妊婦さんや赤ちゃんにNGなものも。
「残念ながら3歳未満のベビーは芳香浴でしか使えません。妊婦さんもたくさん使い過ぎるのはよくありませんね」と鈴木さん。

「予防として大きな効果が期待できるので、精油を薄めたスプレーを玄関や車のハンドル、ドアノブにシュシュっとしたり、ハンドソープに混ぜたりするといいですよ」。

引用元-mama PRESS

インフルエンザの予防にアロマを活用するには

加湿器アロマで癒しと風邪予防を♪

アロマオイルは「ディフューザー」か「アロマポット」でそれぞれの効果や効能、癒しを楽しみますよね^^
癒しを優先する場合はアロマポットで十分効果や効能も期待できますが、風邪やインフルエンザの予防にはディフューザーをおススメします^^

アロマ加湿器やディフューザーはお好みの香りと共に細かなミストでお部屋中に充満して効果を発揮してくれます♪
アロマ加湿器を選ぶ時は、加熱式(スチーム)の物より気化式か超音波式をおすすめします。(スチーム式は熱が加わるので、酸化や成分の変化が起こりやすく効能が薄れる可能性があります)
※長時間の連続使用は逆に体に負担がかかるので、1~2時間くらいすると、30分くらいはアロマを休止させましょう。

引用元-mirai

おすすめ!インフルエンザの予防にいいアロマ①

ティートリー

学名:Melaleuca alternifolia
科名:フトモモ科
抽出部位:葉
抽出方法:水蒸気蒸留法
主な産地:オーストラリア 他

この時期に限らず、我が家でもファミリーケアで本当によく登場する精油です。
この精油は「細菌」「ウィルス」「真菌」といったさまざまな菌から守ってくれる作用があるのです。
小さなお子さまから高齢者の方まで使える精油。
ラベンダーと同様にアロマテラピーの万能薬のようなものです。
香りは少し渋い感じです。

引用元-ノムコム with Kids

おすすめ!インフルエンザの予防にいいアロマ②

咳が出始めた時にはユーカリ

コアラが食べることで知られているユーカリですが、オーストラリアではティーツリーと並び古くから使われ、ドラックストアなどでも購入できるほど、身近なものになっています。

ちょっと独特な香りには、強い殺菌作用、抗ウィルス作用があり、風邪対策にはよく使われる代表的な精油です。

予防だけでなく咳が出始めてしまったら、20mlの植物オイルに4~8滴精油をいれて希釈したものを、のどから胸の辺りに塗るようにすると、呼吸が楽になり咳がひどくならずに済みますよ。

もし香りが苦手だと感じるときは、風邪予防に効果のある他の精油とブレンドすると、使いやすくなり効果もアップ!

引用元-Style Knowledge

おすすめ!インフルエンザの予防にいいアロマ③

ラヴィンツァラ(ラベンサラ)

学名: Ravensara aromatica/Cinnamomum camphora
科名: クスノキ科
抽出部分位: 葉
主な産地:マダガスカル 他

映画でもありましたが、自然の宝庫、マダガスカルに生育しているラヴィンツァラ。
ラベンサラという呼び名もあります。

ラベンサラは現地語でマダガスカルの現地語(マラガシー語)で「葉(Ravina)」と「(身体に)良い(Tsara)」という二つの言葉からできていて「良い葉」という意味を持ちます。
すっきりとスパイシーな香りで、これもお子さまから使えますし、ウィルスにも対抗してくれる優れた精油です。

比較的新しく使われるようになった精油ですが、無人島に1本精油を持っていくとしたらこれ、という専門家もいるほど、さまざまな作用を持つ精油です。

引用元-ノムコム with Kids

おすすめ!インフルエンザの予防にいいアロマ④

菌やウィルスの繁殖を抑えるレモン

爽やかな香りがおなじみのレモンにも、菌やウィルスの増殖を抑えて感染しにくくする作用や、殺菌消毒作用があり風邪予防におすすめの精油です。

柑橘系の香りは、比較的どの精油とも相性がいいので、苦手な香りの精油があればレモンとブレンドすると、使いやすくなり相乗効果も得ることが出来ますよ。

レモンの精油は、使ってはいけない人の決まりがなく妊娠中でも使用することが出来るので、気分をリフレッシュしながら風邪予防が出来るのも嬉しいですね。

香りを嗅いだり、空気中に散布する使い方であれば問題ありませんが、光毒性があり皮膚に塗った後に太陽に浴びると、皮膚トラブルが起きることがあるので注意してくださいね。

引用元-Style Knowledge

アロマスプレーを作ってみよう

お子さまにも優しい抗ウィルスアロマスプレーの作り方

では最後に大活躍するアロマクラフトの作り方のご紹介です。

【お子さまにも優しい抗ウィルスアロマスプレーの作り方(60ml容器、濃度1%)】

[材料]
無水エタノール  10ml
1761192.jpg精製水      50ml
精油
ティートリー      4滴
ユーカリラディアータ  4滴
ラベンダー       2滴
オレンジスイート    2滴

【作り方】

①容器に無水エタノールを入れ、精油をたらして軽く混ぜ合わせる
②精製水を入れ、よく振って混ぜる
③できあがり!
※注意
長期にわたり同じ精油ばかりを使用しないようにしましょう。
アロマテラピーは医療ではありません。
ご使用に関しましてはご自身の責任のもと、お楽しみくださいませ。
当記事、ブログに記載してある内容に関しましてのトラブルの責任は負いかねます。
ご了承くださいませ。

引用元-Happy-Note.com

まとめ
アロマの中には抗ウイルス作用が強いものがあるので、それが予防にいいようです。冬のインフルエンザ対策に取り入れてみてはいかがでしょうか?

twitterの反応

 - 美容・健康, 雑学

ページ
上部へ