日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

      2017/08/08

皮膚科でシミの治療!?化粧品で効くものはある?

一般的に売られているシミ用の化粧品はどのくらい効果があるのでしょうか?その多くが実はシミを消すものではなく、防ぐ効果があるもののようです。しかし皮膚科で処方される医薬品にはシミを消す働きのあるものがあります。今回はシミ対策用の化粧品について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

シミとは?

シミとは、皮膚の中に、メラニンが蓄積され地肌の色よりも濃く見える部位のこと。
肌が紫外線を浴びると、皮膚内部のメラニン生産工場、メラノサイトが活性化。
メラニンを過剰に生成し、皮膚を黒くします。これが「日やけ」のメカニズムです。
通常は、表皮のターンオーバー※1によって、メラニンは皮膚表面に押し出され、垢とともにはがれ落ちるため、肌の色は一定に保たれます。
ところが、長年紫外線のダメージが蓄積すると、メラニンが過剰に作り続けられるようになり、ターンオーバーも乱れがちに。
すると、メラニンが排出されず皮膚内部に蓄積され、シミとなります。

引用元-SHISEIDO GROUP

シミができる原因とは?

シミには種類がありますが、主な原因は、紫外線や肌への刺激ということがわかります。
まさかフェイスブラシでシミが?!と思うかもしれませんが、チークやシャドウを入れるフェイスブラシをやめただけでシミが改善したという例もあるので、できるだけ肌への刺激は避けたほうが無難です。

肌への刺激はフェイスブラシだけでなく、おでこにかかる前髪やほっぺたにふりかかっている髪の毛も刺激になります。

それと、一年を通しての紫外線対策。
部屋の中にも紫外線は降り注いでいますので、休日の日だからすっぴんでいよう!という状態は好ましくありません。

引用元-シミ対策化粧品の選び方

シミ用の化粧品の多くはシミを防ぐ働きがある

実は厚生労働省認可の美白有効成分のうち、ほとんどが「シミを防ぐ」美白成分だって知ってました?
シミの正体は、「黒色メラニン」という色素が肌に沈着したもの。

美白化粧品は大きく分けて、
・メラニンが作られる前に働く成分(予防美白)
・メラニンができた後に働く成分(シミにもおすすめ)
に分けられます。

そしてほとんどの成分が、「メラニンが作られる前に働く成分」なんですっ!!
肌が紫外線に当たると、「肌が危ないぞ!メラニンを作ってくれ!」という命令(情報伝達物質)がメラノサイト(シミの工場)に送られ、チロシン(シミの赤ちゃん)が作られます。

できあがったチロシンに「チロシナーゼ」という酵素が働いて酸化反応が起こり、黒色メラニンに変わって、肌表面に運ばれます。
メラニンがターンオーバーで排出されず、なんらかの理由で肌に沈着してしまったものがシミ。
メラニンが作られる前に働く成分は、メラニンが作られる行程のどこかをジャマする事で、メラニンができるのを防ぎます。

つまり、メラニンがつくられる前に使うと効果のある美白成分。
シミができないように予防する化粧品であって、できてしまったシミを薄くする、もしくはシミを消す働きはないということ!!

大手の化粧品メーカーや製薬会社が開発した美白成分の多くがシミを防ぐ成分なんですよ!

引用元-コスメ体験談

皮膚科で昔から使われてきたシミ治療に有効な成分とは?

ハイドロキノンとは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分です。
そのためハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれています。
今ではシミを予防するため色々な美白成分が配合されたコスメがあります。
その中でも有名な成分としてビタミンCやプラセンタなどがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10~100倍の効果があると言われています。

また、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分は、シミの予防に役立ちますが、ハイドロキノンは予防するだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、注目の成分として美容通の間でも話題です。

日本ではまだ歴史が浅いため、ハイドロキノンの知名度はあまり高くはありませんが、海外では古くからシミの治療としてハイドロキノンが使われています。
ただ、その効果が高いことから、副作用などの危険性もあるので、使用には充分注意する必要があります。

引用元-プラスキレイ

シミ用の化粧品を買うならこの成分に注目!

アルブチン

ハイドロキノンにグルコース(ブドウ糖)が結合したハイドロキノン誘導体がアルブチンです。
コケモモやウワウルシなど植物の葉っぱにも含まれている成分。

シミの元となるメラニン色素の生成をブロックさせる働きをもち、1989年に医薬部外品の有効成分として承認されています。

肝斑に対する臨床効果の結果、その効果が認められたわけですが、ハイドロキノンと比べて肌への刺激が少ないのが特徴です。

ビタミンC誘導体

ビタミンCといえばシミだけでなく、高い抗酸化作用、コラーゲンを増やす、キメを整える、毛穴を引き締めるなど肌にとっては不可欠ともいえる王道成分。

でも、水に不安定でこわれやすく、皮膚への浸透力が良くないという欠点があります。
この欠点を改良したのがビタミンC誘導体です。

引用元-シミ対策化粧品の選び方

皮膚科ではシミにレーザー治療をする場合も

皮膚科ではシミ取りのレーザーを使ってシミをとっていきます。
レーザーでシミを焼くイメージですね。
短時間で効果的にシミを取れるため人気がありますが、お値段が高い!安くても40000円前後はします。
最初のお試しだと数千円で済みますけど値段通りの効果と言った感じです。

また、レーザーではシミだけでなく肝斑やニキビ跡も取る事が可能みたいですね。
傷んでしまったお肌を綺麗にすることが出来るのでお金がかかるのは仕方ない部分もありますが、皮膚に直接レーザーを当てるという事を考えるとちょっと怖い気も。
ちなみに、私は怖くてレーザーはしたことがありません。
顔って万が一って事を考えるからなかなか気楽にレーザーを当てる事が出来ないですよね。

引用元-シミ取り化粧品を本音で口コミ!

まとめ
一度できたシミは中々消すことができません。なるべく普段から皮膚に刺激を与えず、紫外線対策をしておきましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ