日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

      2017/08/10

会社に給料の値上げ交渉は可能!?その方法を解説!

会社の待遇に不満があっても、そのままの待遇で働いている人は結構多いのではないでしょうか。しかし、自分がしている仕事に見合った給料が支払われていないのであれば、会社に交渉をすることで給料を上げてもらえるかもしれません。今回は会社に給料の値上げを交渉する方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

AMラジオとFMラジオの違いとは!?

ラジオにはAMラジオとFMラジオがあります。この二つのラジオ...

スポンサーリンク

会社に給料の値上げ交渉をする前にすべきことは?

希望年収を決めるときに、まず自分の年収を把握する必要があります。
といっても現在自分がもらっているお給料から年収を調べるということではなく現在の自分のスキルでどの程度年収を「本来もらえるべき」なのか、自分の市場価値を調べるということです。

自分の年収を知るには、周りの人に聞く、知り合いに聞くなど方法はありますが年収査定サービスなど利用する方法も良いでしょう。

私も給与交渉をするときに、事前に年収査定・市場価値診断のサービスに登録をして利用してみました。

周りの同じ世代の友達に年収を聞いても良いのですが、年齢が同じでも業種によって随分給料は違いますから、判断の材料にならないのですよね。
同じ年であっても、過去の経験から給与というのは違ってきますから。

しかし、年収査定・市場価値診断サービスは自分のスキルや経験を入れてプロに年収を査定してもらうのなので、さすが年収査定を専門で行っているプロだけあって、かなり正確に自分の年収を把握することができます。

年収把握は郵送、メールなどで届きますが、自分の技術で年収を把握したいのであれば
年収査定サービスを利用することを、経験から、お勧めします。

自分のスキルと経験から年収がわかれば
「私は過去にこういう仕事をやっていますので、これだけのお給料が欲しいです」
と、給与交渉時にもはっきりと自分の希望年収+αの言い値を言うことができるはずです。

引用元-平均年収をあげよう

会社に自分がどれだけ貢献してきたかを具体的に示そう

あなたのこれまでの成果と会社に対する貢献についてのリストを作る

これは交渉なので、あなたの主張を相手方に通すためには、しっかりとした理由を示す必要があります。
あなたが会社にとって有益な存在なのだという方向でリストを作ってください。
つまり、「私はこんなに働いているのに、給料はこれだけですか?」ではなく、「私の仕事はこれこれしかじかで、過去半年の間に達成したこれこれは、通常4人でかかるものですが、私一人でやりました」というように、言い換えてください。

あなたが将来的に会社にもたらす利益についても伝える必要があります。
ボスや会社全体のゴールを挙げ、そこにあなたがどのように関わっていけるのかということを、具体的に訴えてください。

引用元-lifehacker

会社に給料の交渉をするタイミングは?

決算直後や実績が出たタイミングを狙うと効果的

賃金交渉をするには、どれだけ自分が実績を上げられてたかを証明するのが近道です。
もしも決算直後で、自分が担当した仕事により業績が良くなった部分があるのなら、その数字を上司に見せて賃上げ交渉するのが効果的な給料アップ交渉術といえます。

収益の増加だけではなく、未収金の回収率が上がった。費用が減った。
などの実績についても数値で説明できれば、給料アップの可能性は高まります。
給料アップ交渉の方法として、タイミングを図るというのはぜひ覚えておきたいポイントですね。

引用元-キャリアパーク!

実際に交渉する場合はまずどうする?

どんな場合であっても、まずはあなたが考えていることを伝えることが肝心です。
部下が上司にどんなことで不満をもっているか、そして具体的にどうしてほしいかを伝え、頭の中に少しでも残しておいてもらうのです。

なので、交渉の前にはまず、
「ボス、私はこの会社での仕事に非常に満足しています。あなたの下で10年でも20年でも働きたいと考えています」
まず枕詞をつけましょう。
長い、長すぎる枕詞ですが、人間は時としてこのぐらいやりすぎたほうがいいのです。
この後に、
「ですが、今回の編成で仕事量が増えたため、もし可能でしたら給料について考え直していただけませんでしょうか」
と伝えましょう。

柔を制する者は剛を制すです。
「すぐには無理だね」といわれたり「しばらく待ってほしい」と言われたら、ちゃんと期間を聞き出しておきましょう。
半年後と言われて半年後給料が上がらなかったら、それはその会社から卒業する時期なのかもしれません。

引用元-東洋経済ONLINE

給料の交渉は控えた方がいい場合は?

給料交渉を控えたほうがいいときというのは、給料交渉の際して自分にとって不利な要素があるときです。
自分に不利な材料があるときは、駆け引きの際に足をひっぱることが多いです。

・成績がよくない
・いくら年収が欲しいか具体的な数字がでてこない
・大きな仕事を抱えていない

以上のようなときは、相手にうまくやり込められる可能性が高いので給料交渉は次の機会を待ちましょう。
理想的な年収交渉というのは、社員の言い値と企業側の言い値を丁度折り合わせた額で収めるということです。

どちらか一方の主張をごり押しして終わる交渉事ほど後味の悪いものはないので、少しでも年収を上げるための作戦としては希望の年収より2割増の金額を提示することです。
ほとんどの場合、給料交渉は両者歩み寄る形で終わること多いため希望額より高い値段から交渉することで、ちょうどいい額に収まるわけですね。

引用元-給料交渉

給料の交渉が上手くいかなかった場合も想定して

僕のいた銀行では、給与がドンと上がったら、次は下がるというのが常道でした。
人間という生き物は往々にして上がることだけを考える。
「上がったらこうしよう」と考えるけど、下がった時にどうするかは想像もしないわけです。
でも、上がる奴もいれば下がる奴もいる。これが現実。いつも勝ち続けている人間なんていません。
ホリエモンだろうが何だろうが、絶対といっていいくらいこれはない。

大事なのは、うまくいった時よりも、いかなかった時に傷をどれだけ最小限に抑えられるかということなんですよ。
うまくいったときは、黙っていてもたくさんくれるわけだから、「どうもありがとう」で終わらせていい。
反対に、うまくいかなかった時は、「正当に評価してくれない」といったネガティブな感情を抑えて、「次」を見つめるべきなんです。

例えば、うまくいくためにはどうしたらいいか、上司に自分の評価基準をそれとなく聞いてみるとかね。
だってそれを知らなかったら、いくら頑張っても「他人目線」を知らない状態で、次も良い評価を得られない可能性が高いんだからさ。

引用元-イーキャリア

まとめ
まずは自分にどのくらいの価値があるのかを客観的に知る必要がありますね。それを踏まえて交渉してみましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ