日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ジャンプ写真撮影のコツ

      2017/08/17

ジャンプ写真撮影のコツ

SNSなどで、みんなでジャンプ!した写真、見かけますよね。楽しそうで、見ている方も笑顔になれるステキな写真ですが、あれってどうやったら上手に撮れるんでしょう?ジャンプ写真撮影のコツについて、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

ジャンプ写真をブレずに撮影するためのコツ

■アングル
高く跳んでいるように見せたければ、カメラは低い位置から撮影しよう。
また、地面を写さないようにカメラの角度を上げると着地点が分からなくなるので、こちらも高く跳んでいるように見える。

■シャッタースピード
だいたい500分の1秒より遅いと、ピンぼけしやすくなるという。
そのため、シャッタースピードを速くするために明るい場所で撮影しよう。
また、室内や夜といった暗い環境においては、蛍光灯や電灯を利用すると良い。

■タイミング
一番高く跳んでいる瞬間をカメラでとらえるようにする。
カメラの連写機能を使った方がいいのでは、と考える人もいるだろうが、青山さんは、やみくもに連射するのではなく、一跳一撮の精神で撮影したほうがいいと言う。

■ポーズ
座ったポーズで宙に浮いている写真を撮るには、座っている時の姿勢を固定させたまま、上に浮くような意識で跳ばせてみよう。
腰や膝の角度を直角に保つ、表情を変えないといったことを注意して跳んでみると、宙でも座ったポーズが維持できるはずだ。
ただし、着地にも充分注意を払おう。
 また、直立不動のポーズは、靴裏に注目しよう。
地面と平行になっていると浮いているように見えやすいという。
また、ジャンプすると普通はかかとがあがるため、つま先をあげると良い。

引用元-新刊JP

スマホでジャンプ写真を撮影するコツ

【iPhonePhotoポイント☆】
お天気のいい日に是非お外で撮ってくださいね。

☆ジャンプする側
・両手をあげる!
・足をしっかり曲げる!

☆撮る側
・スマホ目線を下げるローアングルで撮影
・連写機能を使うと更に成功率アップ
※シャッターを切るタイミングは、機種ごとに異なります。
お持ちのスマホのシャッターを切るタイミングと仲良しになってくださいね。

引用元-こどもとかめら *happy camera life*

スマホで撮る時はシャッタータイミングが難しい

スマホで空中写真を撮る時のポイント

コンデジやデジタル一眼のカメラとは違い、スマートフォンではシャッターのタイミングがズレてしまいがちです。
そこで、スマホで空中写真を撮る際は、以下の方法を試してみましょう。
・スマホのシャッターボタンを指で押したままにしておく
・被写体がジャンプした瞬間にボタンから指を離す

引用元-nanapi

ジャンプ写真の指示の出し方

靴裏が見えるように跳んでもらおう
他人の靴裏は、普段なら決して見えない部分の一つです。
そんな靴裏がチラッとでも見えていると、被写体を下から覗いている感覚になれるのだとか。

「空中写真において、靴裏が見える・見えないでは、視覚効果がかなり変わります。靴裏=姿勢を低くしないと見えない箇所、なので、写真に写っていると見た人を『おっ!』と思わせることができますよ(青山)」

背景を越えるように跳んでもらおう
現実的には、どれだけ高くジャンプしても山を越えるなんて不可能。でも、写真上ではそれを再現するのは可能です!

被写体の背景に山やビルなどがあれば、それを越えるようにジャンプしてもらいましょう。通常なら越えられるはずのないものを越えているので、視覚効果的により高く跳んでいるように見せることができます」(青山)

引用元-nanapi

人間だけじゃない!猫ジャンプ撮影のコツ

猫用おもちゃを使用
「市販の猫用のおもちゃの柄を、枝を繋げて1メートルくらいの長さにしています。長いと、猫を広範囲に走らせることがでちぎられないように、頑丈に縫いつけてます。おもちゃに千枚通しで穴を開けて、丈夫な糸で縫っています」

引用元-女性自身

猫ジャンプ撮影時の注意点

○撮影術
「ジャンプショットを撮るときは、カメラは常に地面に押し付けるようにしています。こうするとダイナミックな構図になりますし、猫たちの警戒心を和らげる効果もあります。改造したおもちゃを初めは地上でじゃらして猫を走らせてから、おもちゃを思いっきり高く振り上げてジャンプさせます。止まった状態からのジャンプではなく、走りながらのジャンプなので、猫が体をひねったりして変わった体勢になって、面白い写真が撮れますね」

○そのほか注意点
「大事なことは、とにかくたくさん撮ることです。デジタルカメラは一日何百枚、何千枚と好きなだけ撮ることが出来ます。僕は、猫を見ていて『あ、いい』と思った瞬間、なにはさておきシャッターを切ることにしています。設定がどうのと悩んでいる間に、その瞬間は逃げてしまいますからね。あと、ジャンプショットの撮影において大切なこととして、猫たちがやる気のあるときだけ撮影するということです。猫は気まぐれです。こちらが撮る気まんまんでも、猫たちにやる気がなければよい写真は撮れません。猫たちに遊ぶ気がなければ、一緒に昼寝でもしようかな、ぐらいの気持ちでいるといいですよ」

引用元-女性自身

猫の撮影時に気をつけたいマナー

このところ、猫の写真(鉄道の写真、廃墟の写真など含む)を撮影する人に関するトラブルが増えているという。
「畑や私有地、線路内での撮影などでトラブルが多いです。猫の撮影でも他人の家の庭などに勝手に入って撮影することなど、周囲に迷惑をかけないで撮影することに気をつけていただきたいです。猫の島のほとんどは観光地ではありません。地元の方にとっては観光目的の方がたくさん来てもメリットはありません」

猫の居場所をネットやメディアで具体的に書かないことも大事とのこと。その地域が有名になってしまうと、心無い人によって虐待にあってしまうことがある。
最近も、とある島の猫たちが何匹も行方不明になったという悲しい出来事が起きた。
「基本的に、猫がいる場所を書かないことを推奨しています」

引用元- ライブドアニュース

まとめ
人間のジャンプ写真も猫のジャンプ写真も、基本はローアングルということでした。デジカメでもスマホでもやっぱり練習は必要なようですが、うまく撮れたら嬉しいですよね。思い出に残るジャンプ写真、ぜひ撮ってみてください。

twitterの反応


https://twitter.com/taka_n_6388/status/756009492567863296

 - 雑学

ページ
上部へ