日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

夫婦2人、子供は作らないという選択

      2017/09/09

夫婦2人、子供は作らないという選択

俺たち子供は作らないから、と宣言する夫婦が、今増えています。孫の顔を見るのを楽しみにしていたご両親などは大変驚かれるでしょうけども、彼らはどうしてそういう選択をしたのでしょうか。実際に子供のいないご夫婦の声も集めて、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

子供を欲しがらない夫婦の割合

実は「少子化 20-30歳の6割が子供いらない」の記事では、驚きの数字が出ていました。それが以下で引用した部分です。

内閣府は5日、男女共同参画に関する世論調査の結果を発表した。それによると、結婚しても必ずしも子どもを持つ必要はないと考える人は、2年前の前回調査に比べ6.0ポイント増の42.8%となり、1992年の調査開始以来最高となった。

持つ必要があるとする人は同6.5ポイント減の52.9%だった。
少子化の背景に、国民の家庭に対する意識変化があることを示した結果と言え、内閣府の担当者は「生き方の多様化が進んでいる」としている。

調査は、10月1日から18日にかけて、全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は64.8%だった。

子どもを持つ必要はないとした人は、男性が38.7%、女性が46.4%だった。年齢別では、20歳代が63.0%、30歳代が59.0%と高く、若い世代ほど子どもを持つことにこだわらない傾向が浮き彫りになった。

引用元-Retire in their 20s

子供がいない夫婦に聞く、子供を作らない理由

•奥さんのことが大好き。子供がいると、嫉妬してしまいそうな自分がいるから作らない。
•実家の両親と遠く離れた場所に住んでいるので、仕事が多忙な夫のもと1人で育てていく自信がない。
•子供がいる生活が想像できないから、欲しくない。
•夫婦揃って仕事が大好き。だから、子供は作らない。
•自分には親がいないから、親になる気持ちがわからない。
•自分はどちらでも良いけれど、パートナーが子供嫌いだから作らない。
•お金がない。
•自分の時間をなくしたくない。
•女を捨てたくない。
•不妊治療をしても子供が出来なかったので、子供を作らないという選択をした。

引用元-楽婚の花嫁サロン

子供はいらない、作らない夫婦の大きな理由

子どもがいらない理由① 経済的な理由

「子どもをつくりたいけれどつくれない、だからいらない」という夫婦もいます。
やむなく「子どもはいらない」という状況を選んでいる夫婦には、やはり経済的な原因が関係しているようです。

たとえば、どうしても子どもがつくるだけの収入が得られないという夫婦もいます。

子どもを成人まで育てる場合、教育費だけでも1人1000万円かかると言われています。
夫婦で生活するだけでもカツカツなのに、『子どもを育て上げるお金なんてない…。』という理由から、子どもをつくらない人生を選んでいる方もいます。

子どもがいらない理由② 不妊症

また、不妊症でどうしてもお子さんができない夫婦もいます。

不妊治療には、非常にお金がかかると言われています。1回の治療で数十万円がかかることも珍しくはありません。

さらに、時間もかかりますし、精神的にかかるストレスも大きいとされています。
女性にがストレスを感じるのはもちろんのこと、男性側だって負担はかかります。

「不妊症は女性だけがなるもの」と思い込んでいる夫には、理解と協力を求めなければいけません。
この不妊治療のせいで、関係が悪化したという夫婦もいます。
それよりは、子どものいない人生を選び、2人で充実した時間を作っていこうという夫婦もいるのです。

引用元-LOVE戦場

子供を作らない共働き夫婦「DINKS」とは

DINKSとはDual Income No Kidsの略で、「子供をあえて作らず共働きで生計を立てる夫婦」のことを指します。

DINKSは2収入子供なしの意味です。夫婦の時間は存分に仕事に充てることも可能である、いわば稼ぎ時夫婦であると言えるでしょう。

DINKSが貯金を増やすためには

DINKSの理想的な貯金の割合・目安は、夫婦の手取り収入の3~5割です。
DINKS夫婦は時間、お金が比較的自由で生活水準も自分の理想に近い状態を保つことが出来る状況です。

しかし、DINKSに多いのが、なんとかこのまま行ってもお金が貯まるだろうと思っている過信です。
人生の時間の中、今が働き時で貯め時であることに気付かなければいけません。

収入も多いが支出も多い

・仕事に充分時間を費やすことが出来る
・妊娠、出産、育児、教育費など将来子供ができた時にかかるお金が一切ない
・夫婦で自由になるお金が多いため支出も多い
・お金を出して解決出来る環境があるので家計が膨らみがちになる
・家事をこなすにもお金をかけるようになる
・高級総菜で夕食、または外食で終電終バスがなくなったらタクシーで帰宅

などお金があるため、将来を軽視しているため収入も多いが支出も多い状況に陥っています。
これらの状況を変える為には将来を見据えた計画性が重要になります。

引用元-マーミー

子供が欲しくない夫妻心理の違い~旦那(男性)の場合~

1.子供が嫌い
2.子供を可愛いと思わない
3.経済的に支える自信がない
4.自由が欲しい
5.妻に変わって欲しくない
6.離婚を考えているから
7.妻に愛情が無い
8.今はまだ時ではない
9.今の子供の数で十分だと思う
10.自分に自信がないため

旦那の場合ですと、上記のような心理的特徴が原因で、子供が欲しくないと思っている確率が高くなります。

特に旦那の場合で特徴的であるのは、「今はまだ時ではない」や「自分に自信がない」、「経済的に支える自信がない」などであり、男性というのはどうしても、『男が支えていかなければならない』という責任感を感じ、そして金銭面で慎重になりがちです。

引用元-特徴.COM

子供が欲しくない夫妻心理の違い~妻(女性)の場合~

1.子供が嫌い
2.子供を可愛いと思わない
3.年齢的な問題
4.子供の将来(顔)などを考えて
5.離婚を考えているから
6.旦那に愛情が無い
7.仕事に専念したい
8.自分のために生きたい
9.今の子供の数で十分だと思う
10.自分が幸せになりたい

妻の場合ですと、やはり「年齢的な問題」や「仕事に専念したい」、「自分のために生きたい」などの、心理的特徴が多く見られ、女性は妊娠すると仕事などにも影響が出やすい日本だけに、こういった心理が働きやすくなります。

引用元-特徴.COM

まとめ
子供を作らないとする理由はさまざま、たとえ親族であってもずかずかと土足で踏み込んでいい問題ではありませんね。夫婦2人でも十分幸せに生きていける時代ですから、他人があまり口出しすることではないでしょう。少子高齢化は社会問題ではありますが、多様な価値観が存在する時代です、難しいですね。

twitterの反応

https://twitter.com/LEAF241/status/817849347526180864

 - 日常・生活

ページ
上部へ