日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

気になる!27歳男性の年収は?

      2017/09/19

気になる!27歳男性の年収は?

27歳の男性というと就職して数年たち、仕事をバリバリしているイメージですが気になる年収はどのくらいなのでしょうか。20代後半に差し掛かり、婚活を始めたりする方もいるかもしれません。今回は27歳男性の年収などを調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

AMラジオとFMラジオの違いとは!?

ラジオにはAMラジオとFMラジオがあります。この二つのラジオ...

スポンサーリンク

●27歳男性の年収はいくらくらい?

「27歳」といえば順調に大学を卒業して、就職していれば社会人5年目。もはや社内では若手でもなく、中堅に差しかかっている。そろそろ同年代と比べ、給与に“差”が出てくるころでもある。

 27歳のビジネスパーソンは、一体いくらぐらいの給与をもらっているのだろうか? 日経キャリアマガジンの調べによると、27歳の平均年収は439万円で、74%の人が「年収300万円~500万円」に収まることが分かった。

 インターネットによる調査で、27歳と30歳のビジネスパーソン200人(4年生大学卒業で現在、正社員。首都圏、近畿圏、東海に在住)が回答した。調査時期は2008年1月下旬。

年収に対する期待感は薄い

 3歳年上の30歳は、いくらぐらいの年収だろうか? 27歳で年収300万円以下の人は7%だが、30歳になると4%に減少。一方、27歳で年収600万円以上の人は9%だが、30歳では22%と大幅に増えている。30歳の平均年収は479万円で、27歳と比べ40万円アップしているようだ。

 現在の年収に満足している27歳の人は34%、満足していない人は46%。30歳では年収に満足している人は25%に減少し、不満足が60%に増えている。単純に比較はできないが「若手から中堅へと移り変わるこの期間、責任は重くなる一方、それに比べて年収が増えたという意識はあまり持てないかもしれない」(日経キャリアマガジン)

 27歳の人に5年後の年収について聞いたところ、「やや上がる」が最も多く56%、「横ばい」が32%。30歳でも「やや上がる」が57%と、「年収に対する期待感が薄らいでいる」(同)

 給与を上げるために実行していることは「専門知識を身につける努力をする。そのための社内資格があって、それを身に付ければ、給与は最大で今の倍に増える可能性がある」(IT系、男性、年収450万円)、「残業を頼まれても決して嫌な顔をせずに引き受ける。残業代で稼ぐというより、それによって信頼を得ることが大きい」(電機・電子・機械、男性、年収550万円)といった声があった。

引用元-ITmediaビジネス

●27歳男性の平均年収

平均年収を調べるときは国の統計を参考にしよう

平均年収を調べる時はきちんとした統計を基にするべきです。何より国のとる統計は最も信頼性の高いものとなります。確かに転職サイト等にも平均年収の統計はありますが、それはそのサイトを利用している人へのアンケートが多いものです。そうなるとどうしてもサンプルに偏りが出てしまうのです。

27歳の平均年収は「男性:371万円」「女性:295万円」

国税庁の発表する民間給与実態統計調査というものがあります。ここには年齢層ごとの平均給与がグラフで描かれており、一目で把握できるでしょう。この中から27歳の平均年収を見てみると、平成25年度で男性は371万円、女性は295万円となっています。

平均年収から27歳の手取りを計算すると「男性:300万円」「女性:235万円」

年収と言うのは手取りとは異なります。会社員は所得税や社会保険料というのを天引きされたものを手取りとして貰うのです。たとえば、27歳男性の平均年収371万円から手取りを計算すると、約300万円程度となります。同じく女性の平均年収295万円から手取りを計算すると、手取りは235万円前後になります。

27歳の月々の手取りで考えると「男性25万円」「女性20万円」

これらにはボーナスも含んでいるので一概にはいえませんが、これを12で割った数が月々の手取りといえるでしょう。つまり、27歳男性の月々の手取りが25万円、27歳女性の手取りが20万円くらいと考える事ができます。

引用元-キャリアパーク!キャリア

●職業によって変わる年収

25歳、26歳、27歳、28歳、29歳までのそれぞれの産業別で平均年収をみてみると 鉱業が235万円、建設業が248万円、製造業が232万円、電気・ガス・熱供給・水道業は、263万円。
情報通信業が257万円。
運輸業が246万円卸売・小売業が241万円。
金融・保険業が267万円。
不動産業が283万円。
飲食店、宿泊業が222万円。
医療、福祉が240万円。
教育、学習支援業が256万円。
複合サービス事業、サービス業が204万円。
その他242万円となっています。
全体的に、業界別でも特に年収が突出している業界が無いようですがやはり金融、保険業は、一番平均年収が高いです。

引用元-平均年収.jp

●27歳で貯金がすごい人も!

食い倒れの町。すなわちお大阪で働く27歳の独身男性から年収・貯金額情報を投稿いただきました。
27歳男性の平均年収は370万くらいなので、平均よりも60万円も多く稼いでいる事になりますね。分かりやすく月間の給料に換算すると、平均よりも5万円多いということになります。結構大きな金額ですね。
さて、平均よりも60万円多く稼いでいることも凄いですが、それより凄いのは貯金学です。27歳で1,300万円ですからね。どうすればこんなに貯金が出来るのでしょうか?

たくきちさんは勤続6年目です。ということは、単純計算すると年間の貯金額は約220万となります。月間の貯金額に換算すると約18万円です。こんな大金毎月貯金できないですよね。普通に考えて・・・。

もっと詳細に検証していみます。
たくきちさんの年収は430万円です。これは税込み年収だと思うので、手取り年収を計算すると323万円くらいでしょう。よって、毎月自由にできるお金、つまり可処分所得は約27万となります。
この可処分所得27万円から、6年間で1,300万円を貯金する為に必要な18万円を差し引くと9万円となります。よって、たくきちさんはこの9万円で毎月の食費、家賃、光熱費、携帯代、衣料費、交際費をやりくりしていれば不可能ではないという計算になります。
ということは、実家暮らしで家賃や光熱費を浮かし、お金がかからない遊びを徹底していればなんとか可能になりそうですね。
もしくは、投資やギャンブルでお金を増やしているかかな。。。

ま、いずれにせよ、稼いだお金はせっせと貯金に回し、普段は殆どお金を使わないという生活をしないとこんな巨額の貯金はできないでしょうね。でも、そこまで努力してお金をためて何に使うんだろうな。。。

引用元-年収info

●27歳男性の方、婚活を始めるなら今!

今回は26歳~27歳の男性が早めの婚活をするメリットを紹介します。

仕事が最も忙しくなる30代に入る前に婚活を始めよう

 独身男性の多くは「結婚は30歳を超えてからでいいでしょ」と高を括っていますが、30歳の時点で独身、なおかつ彼女がいない男性は、その後も結婚をする機会を逃すケースが多いです。
 というのも、30歳前後になってしまうと、一般的に管理職、または役職が会社でつくので、途端に仕事が忙しくなり恋愛どころでは無くなるからです。
 既に恋人がいるなら、そのまま結婚…という形になることが多いですが、独身のまま最も脂の乗った30代に突入すると、仕事に忙殺されて婚活を始めるタイミングを逃してしまいます。
 恋愛には、どうしても時間と手間がかかります。女性とデートをしたり、連絡を取り合って距離を縮めるには、どうしても仕事をある程度、犠牲にしなければいけません。しかし、30代前半の働きは今後の出世にも関わりますし、会社員、自営業ともに最も仕事が楽しくなってくる時期です。
 30代前半にバリバリ仕事をして、ようやく仕事を部下に任せられるようになる35歳、36歳になって、婚活を始める男性がとても多いのですが、やはり35歳、36歳となると、同じような流れで婚活に参戦する同世代のライバルの男性が多く、競争率は激化する傾向にあります。
 ですから、仕事にも慣れて、忙しくなる1年~2年前の26歳、27歳で婚活をスタートするのが、男性にとって一番良い戦略と言えるでしょう。

引用元-大人の婚活ガイドブック

●女性が思う結婚相手の希望年収は?

「希望年収」はもっと高い?

また、明治安田生活福祉研究所の調査は、あくまで「最低年収」を聞いた調査結果であるため、もう少し慎重に見ていく必要がある。
以前、筆者はダイヤモンドオンラインで、結婚相手紹介サービス「ノッツェ」を運営する結婚情報センターが発表した、「女性が男性に希望する年収、および最低年収」と実際の平均年収(国税庁調べ)を比較してみたことがある。
以下がその結果だ。

■女性が男性に希望する年収、および最低年収

・平均……682.6万円(最低427.0万円)
・20代……608.3万円(最低376.5万円)
・30代……693.4万円(最低427.2万円)
・40代……727.2万円(最低460.0万円)
・50代以上……651.9万円(最低433.3万円)

■男性(民間)の平均給与

・平均…507.4万円
・20~24歳……268.9万円 
・25~29歳……365.9万円
・30~34歳……431.7万円 
・35~39歳……505.3万円
・40~44歳……576.6万円
・45~49歳……632.5万円
・50~54歳……648.6万円
・55~59歳……598.7万円

最低年収となると、やはり400万円前後が目安となってくるのだが、「希望」となるとさらに水準は高くなる。そして、男性が実際に稼いでいる年収と女性の「希望」が大きくミスマッチを起こしていることがわかる。
結婚情報センターの担当者によると、「高望みする女性が少なくなってきたことは確かです。ただ、目の前に『三高』の男性が現れて嫌だと思うことまずいないでしょうね。不景気が続き、女性の仕事も安定しないなか、『希望する年収』を高めに設定するのは仕方ないことかと……」とのことだ。
結婚、出産、育児に関わる社会制度の充実が進まないことも、「手持ちのお金」にこだわってしまう一因だろう。ただし、年収の呪縛にとらわれすぎず、男女間で人生プランやキャリアプランを摺り合わせながら結婚を選択していく道もあるぞ、ということだけは念のため付け加えておきたい。

引用元-YAHOO!ニュース

まとめ
27歳は仕事や収入も安定してきて、結婚などいろいろと考えるのにはいい時期なのかもしれませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/hujiminori_hnti/status/566209841660563456

 - 日常・生活

ページ
上部へ