日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

macを中古で買いたい!買うときの注意点

      2017/09/23

macを中古で買いたい!買うときの注意点

パソコンを買うときにmacかwindowsで悩む人は多いのではないでしょうか。パソコンは安い買い物ではないので、中古のパソコンを買うことを検討している方もいるのでは?しかしmacの場合は注意点があるようなので、今回はその事について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな...

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

スポンサーリンク

●macとは?

アップルが販売するパーソナルコンピューターの総称。1984年の発売当初からGUI環境を備え、マウスによる操作を可能にしていた。グラフィックスの処理を得意としており、DTPやDTM、マルチメディア、医療などさまざまな分野で幅広く利用されている。現在のラインアップはディスプレイ一体型のiMac、eMac、タワー型のPower Mac G5、ノート型のPowerBook、iBookの4つに分類されている。

引用元-コトバンク

●macは高い?

各パソコンメーカーの直販ショップなどで、スペックと価格を見て、Mac と Windows 搭載パソコンどちらが安いか、一応判断はできますが、実際に使わないと気づかない価値もあると思います。例えば、Mac に搭載される OS の Mac OS は、Windows とは操作の仕方や、見た目も異なっており、別物と見ても良いくらいです。仮に、ほぼ同じ機能を持ち、両者でできる内容に差は無くても、Mac OS の方が、使い心地がよく、作業能率があがるのであれば、Mac OS の方が高くても、選ぶ価値は十分にあるでしょう。

パソコンの筐体についても、使わないと見えてこない価値があると思います。私は、一般にスペックの割りに価格が高いパソコンは、各PCパーツが詰まった筐体(PCケース)にも、コストをかけていると思います。スペックの割りに価格が安いパソコンと比較すると、質感やデザイン性も違いますし、熱対策や振動対策がしっかり施されていると感じます。ノートパソコンでも、そのような傾向が見られ、スペックの割りに価格が高くても、軽さや薄さ、丈夫さ等で優れている部分があると感じます。また、標準で付属するバッテリーの容量にも差が見られます。

スペックの割りに価格が高いように見える Mac に、使わないと見えてこない価値があるかどうかは、人それぞれの価値観にもよるでしょうし、パソコンに求めるニーズの違いによっても、パソコンに対する評価が変わってきますので、Mac に使わないと見えてこない価値があるかどうか断言できませんが、少なくとも、Mac は高そうだからと判断して、一生使わないままでいるのは、勿体無い事だと思います。Mac を買っても、結局自分に合わなければ、無駄になってしまうかもしれませんが、その場合は比較する事により Windows 搭載パソコンの素晴らしさに改めて気づかされるかもしれませんし、いつか Mac でしかできない事に気づき、Mac が持つ素晴らしさに気づくかもしれません。

引用元-直販パソコンのすすめ

●どっちがお得?新品と中古

実は中古Macより新品がお得!?

Macの中古相場は高めで新品時の70%程度の価格で流通しており、仮に新品のMacbookProが10万円だとすれば、中古価格は7万円で購入することが出来るので、約3万円安く買うことが出来ますが、新品と中古ではバッテリーやディスプレイ、キーボードほか消耗部品の劣化が進んでいることは間違いなく、それ故に故障や修理・交換対応が必要となる確率が高く、新品と中古ではその寿命に差が出るため、購入時に浮いたその差額3万以上の修理が必要となった場合には、新品で購入するよりもお金がかかり、寿命も短いために買い替えサイクルも早くなります。

結果、中古でMacを安く買ったつもりでも、新品でMacを購入した方が最新の高い性能と品質、製品自体の寿命も長く故障や修理が必要になるケースが少なく、長い目で見た時には費用対効果が高くお得な買い物であったとなります。

引用元-App Storage for Mac/iPhone/iPad

●中古のmacを選ぶ時の注意点

□液晶モニターの状態
□付属品の欠損状態
□キーボードはJISかUSか
□中古販売店の保証期間
□リコール対応済みか否か
(HDDやビデオカードに問題があるモデルが存在)
□Mavericks対応モデルか
(2007年Midモデル以降)
□DVDドライブ搭載モデルか否か
(2012年Lateモデルから光学ドライブなし)
□SDカードスロット搭載か否か
(2009年Lateモデル以降)
□搭載可能な最大メモリ容量
(2009年Lateモデル以降は最大16GB)
□USB3.0対応モデル
(2012年Lateモデル以降)
□Thunderbolt対応モデル
(2011年Midモデル以降)

以上のことを踏まえると、現状のベストバイは、USB3.0こそ搭載していないものの、FireWire800とThuderbolt、DVDドライブを内蔵した2011年Midモデルかもしれません。

しかし前述したように、このモデルですと10万円を下ることがありません。これなら同じ予算で新品のMacBook Airを買うという手もありますが、27インチという大画面と、最大で16GBまでメモリが増設できる拡張性は捨てがたい魅力です。

引用元-AllAbout

●アップデートできない?中古のmac

近々発売になった「MacBookAir」や「MacBookPro」などを中古または、オークションで購入した際は注意が必要。
(Mac OS X Lionあたりから?)
それは、前に使っていた人(初回購入者??)の「AppleID」と、「Appleソフトウェア」が紐付けしてます。

なので、アップデートを試みようとすると・・・結論から言うと出来ない。
↓↓
「このアプリケーションをアップデートするには、購入時に使用したアカウントでサイインしてください。」と、ご丁寧に指示されます。

<代表的なソフトウェア>
みんな大好き? 動画編隊の登竜門? 「iMovie」
iPhone・iPadの写真や動画を勝手に同期? 「iPhoto」
音楽作る登竜門? 「GareageBand」

前に使っていた人(初回購入者)のAppleIDやパスワードを知っていれば、アップデートは可能だと思いますが・・・。ま・・・実際は難しいと思います。

アップデートをする必要がなければ、そのまま放置。(ソフトは多分利用できる。)

アップデートをしたい場合は・・・どうやらライセンスで購入すればOK解決できます。

引用元-とある長野のSEブログ

●macを売る時の注意点

まあ、当たり前なのだがデータをクリアする必要がある。
わりと有名な話ではあるが、データは1度消去しただけでは専門知識のある人であれば、完全ではないものの復旧させる事ができる。一般的な完全消去は、クリアした上で全データ領域を別データで上書きし、それを何回か繰り返すことだ。

で、昔のMacってそういう事ができたのだが、SSD化した最近のMacではできないようだ。理由は恐らく、データを何回も書き込むとSSDが劣化して故障するリスクが高まるからだと思う。と言うわけで、完全ではないが、以下のような感じでデータ消去を行った。

iCloudアカウントからログアウト

最近のOS XはOS自体がiCloudと融合されている。
なので、まずは今使っているOSでiCloudからログアウトする。データを消せば一緒かもしれないが、念のためという感じで行った。

iTunesでコンピューターの認証を解除

これは忘れる人が多いそうだが、iTunesで利用するPCには制限がある。買い換えなどで処分する場合は、処分するMacとiTunesの認証を解除するのを忘れないようにする必要がある。
iTunes でコンピュータを認証する – Apple サポート
これは必須!

OS Xユーティリティからデータ削除と再インストール

Command キー+ R キーを押しながらMacの電源ボタンを押して、OS Xユーティリティを起動。そこから「ディスクユーティリティ」を選択する。
で、対象のストレージ(内蔵のSSD)を選択し、消去を実行する。
消去は待っていれば終わる。
その後はインターネット(Wi-Fi経由)リカバリを行い、
OS X(今回はLion)を再インストールする。
ここで、通常は終わりだろうが、僕は上記の操作をもう1回行った。
理由は前述の通りで、消去とOSインストールを繰り返すことで、ある程度既存データに上書きがかかると思うからだ。まあ、これでも完璧とは言えないが、一般人ができるのはこれくらいが限度じゃないかと思う。

引用元-Another Dimension

●中古で買うなら「Apple認定整備済製品」

「なんだ、ただの中古Macか」と思うかもしれないが、Appleの整備済商品が経ている整備テストは非常に厳しい。新品同様、Apple製造工程と同じテクニカルガイドラインに従ってテストされている。

以下にその内容を載せておく。

・連続稼働テストを含む動作のテスト
・不具合がテスト中に検出された場合、その原因である部品の交換
・本体の徹底したクリーニング
・該当するマニュアル、ケーブル、新しい箱などを用意し、再梱包

整備済商品として販売されるに当たってラスボス的検査である「最終品質保証検査」を経てようやくユーザーが購入できるようになる。もちろん、整備済部品番号とシリアル番号も新たに付与される。

上記の通り、「Apple認定整備済製品」はただの中古Macではない。安心して購入できる、Appleが責任を持って整備した「新品同様の中古Mac」なのだ。

引用元-gori.me

まとめ
macはApple IDでソフトウェアが個々に紐づけされているものがあるわけですね。中古のmacを買うときはそれを頭に入れておかないといけませんね。

twitterの反応

https://twitter.com/kenntasan/status/506117890097963008


https://twitter.com/tenqgi/status/699415679187877888

 - 雑学

ページ
上部へ