日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

バレエレッスンDVD、初心者でも始められる?

      2017/09/30

バレエレッスンDVD、初心者でも始められる?

最近発売しているバレエのDVDは観賞用だけではなく、大人向け初心者用のレッスンやエクササイズのDVDが販売されています。本当の初心者はどんなところから始めたらいいのでしょう?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はど...

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

スポンサーリンク

●バレエには種類がある

大まかに言って、3種類のバレエがあります。
それぞれを簡単に説明しておきますね。

ロマンティック・バレエ(ロマン主義のバレエ)
1820年代~数十年間に渡る比較的短い期間。
代表的なバレエの中で最も古いものである。
代表作には、「ラ・シルフィード」、「ジゼル」、「海賊」などがある。
ロマンティック・チュチュ(円すい型でくるぶしまでくるスカート)を身につけ踊る。
妖精や悪魔などが登場する神秘的な作品、またエキゾチックな異国の冒険物語が主流である。
演劇としての要素が強く、感情やストーリーを踊りによって表現する。

クラシック・バレエ(古典主義のバレエ)
マリウス・プティパによって確立された。
代表作には、「眠れる森の美女」、「くるみ割り人形」、「白鳥の湖」がある。
 ロシアにおいて、ロマンティック・バレエが発展してゆき、テクニックが重視されるようになる。そして、ストーリー性は影を潜め、複雑な技法が発展していった。
それに伴い、動きやすく、足を高く上げることができるようにクラシック・チュチュ(丈の短い腰から横に広がるスカート)が生まれた。

モダン・バレエ
代表作には、「牧神の午後」、「春の祭典」などがる。
これまでの美しい古典的なクラシック・バレエに不満を抱き、リアルさを目指し、クラシック・バレエにはない新しいステップや民族舞踏などを取り入れた個性的なもの。

引用元-バレエ情報ガイド バレエ教室検索とバレエの基礎知識

●バレエの身体への効果

バレリーナの体のラインは、思わずうっとり見とれてしまうほどの美しさですよね。優雅で可憐なバレエ。素人には無理?大丈夫です!

ダイエットとして自宅で取り入れる場合は、跳ねたりするような激しい動きは行わず、レッスンでバーを使って行うようなゆったりとした動きが中心です。バレエエクササイズは筋肉がついても太くなる心配はなく、引き締め効果が期待できるとされています。

インナーマッスル
インナーマッスルを鍛える動きが基本となるため、しなやかな女性らしい体のラインに。
柔軟性
股関節を柔らかくしてあげると老廃物が排出されやすく、むくみや冷えの解消にもなり、下半身がすっきりします。

姿勢
常にまっすぐな姿勢を保つことが基本のバレエ。正しい姿勢を保つことはエネルギー消費アップに。

骨盤
骨盤が正しい位置に戻ることで、バランスのとれた美しいボディラインに。

これらのことから、基礎代謝が上がって痩せやすい体になると言えそうですね。

引用元-デブ卒エンジェル

●こどもから大人まで初心者向けのレッスン用DVD

この映像には、バレエを始めたばかりの人のための基本レッスンが収められています。「足と腕のポジション」「ストレッチ」「バー&センター・レッスン」など、ワガノワ・メソッドによるすばらしいデモンストレーションを披露してくれるのはワガノワの8年生生徒。指導はディアナ・ヴィシニョーワを育てたコワリョーワ先生です。子どもの初心者はもちろん、おとなから始めた人にもおすすめ!「初心者のためのワガノワ・クラス」のタイトルを改題、ジャケットをリニューアルして新価格で再発売。

引用元-バレエショップ フェアリー

●初心者向け、エクササイズDVD

タレントでモデルの神戸蘭子が23日、バレエエクササイズDVD『たったこれだけ! 神戸蘭子が教える基本のバレエ・ダイエット』(税抜2800円/リバプール)を発売する。バレエ初心者でも自宅で気軽に挑戦できる基本的な動きを中心に収録。ダイエット目的だけではなく、美しい姿勢や立ち振る舞いが身につくような内容となっている。

 3歳から15年間習い、現在もスタイルキープのためにレッスンを欠かさないという神戸が、自らの経験からバレエの基本的な動きをピックアップして指導する同DVD。美しい姿勢を身につけるための立ち方や歩き方、足のポジションなどの基本的な動作だけでなく、バレエレッスンのひとつである「バーレッスン」を用いながら音楽にあわせたエクササイズなども紹介する。

引用元-ご多忙女子のBuaty&Life eltha

●バレエレッスンの服装

レッスンウェアの基本はレオタード+バレエタイツ+バレエシューズの三点セットです。バレリーナを目指す少女たちはこの基本スタイルで真剣にお稽古をしています。
上達を望むならば確かにこのかっこうがベストかもしれません。だって、すべての動きが先生にも自分にもよくわかり、ごまかしがききませんから。

しかし!少女たち…それもバレリーナを目指す少女たちというのは、まだ浮世の苦労がしみついていない柔らかな美しい身体をしています。
大人、特に中高年の場合はそうもいきませんし(例外はありますが)、プロを目指すわけではありませんから、たいていのスタジオではウェアに関する決まりはありません。特にスポーツクラブではTシャツにトレパン姿の人もけっこういます。

しかしやっぱりあまりに身体のラインが隠れてしまうのももったいない話ですから、三点セットにショートパンツやスカートを加えてバレエっぽく体型を隠すというのが機能的にもいいし、楽しいです。

引用元-楽しくバレエを始めよう

●憧れのトウシューズ、バレーシューズ

これからバレエを始めようと思っている方やレッスンを始めたばかりの方だと、意外と知らないのが「バレエシューズとトウシューズの違い」です。
バレエといえばトウシューズのイメージがありますが・・・
バレエシューズってなんだろう・・・?
今回は、その違いについてまとめました!

バレエシューズはバレエレッスンのための靴

バレエを習いたては、まずバレエシューズを履いてレッスンします。初心者は数年かけてしっかり足を鍛えるバレエレッスンを受ける必要があります。 レッスン年数だけではなく、足の成長や先生からの許可をいただいてからが良いです。無理をした結果、足首を痛めたり足の故障になることもありますので、キチンとレッスンを重ねる必要があります。

トウシューズをはくのに必要なもの

1)トウシューズ(ポワント)

トウシューズには日本製・外国製と色々あります。お教室によっては先生が指定している場合もあります。

2)トウパット

足を痛めないように足先に中敷(トウパット)を入れます。ほかにもストッキングを使う人もいるようです。

3)リボン

リボンは自分でフィットするように縫い付けます。色々な種類があり、太さや色、つやなどまったく違います。色はトウシューズに合わせるのが普通なようです。

華やかなバレエには、地道なレッスンが必要なんですね。バレエを長く続けていくためには、自分の足にあったバレエシューズ・トウシューズを履くことが大切です!

引用元-スタジオスクエア

まとめ
敷居が高く感じるバレエですが、DVDを見ながらおうちで出来るのはいいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/ahnyaAdash/status/562665951054036992


https://twitter.com/tsubuyakikiyoka/status/696223187068039169

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ