日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

運転免許を取得しよう!取得の流れと交付機関

      2017/10/03

運転免許を取得しよう!取得の流れと交付機関

18歳になるといよいよ自動車運転免許が取得できます。ところで運転免許はどのようにして取得できるのでしょうか。今回は運転免許の取得方法と交付機関について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

運転免許証とは

顔写真付きの公文書で本人確認が可能であり、保有者が多いことなどから、日本では最も一般的な身分証明書として、職務質問からクレジットカード作成時の本人証明まで、官民問わず幅広く利用されている。しかし、その汎用性から、偽造の対象になり易い。また検問などにより、指名手配犯などの犯罪捜査に利用されることがある。
大きさは、クレジットカードやキャッシュカードとほぼ同じ、縦5.4cm×横8.56cmである。いくどかの変更を受け、現行サイズは1994年(平成6年)5月10日施行の道路交通法一部改正により5年以内(1999年(平成11年)5月)までの間(更新または再発行時)に小型化されたものである。
日本の運転免許証は、住所地の都道府県公安委員会が交付する。原則として住民票(海外から日本へ帰国した在外日本人の一時帰国者については、例外あり。日本国籍を有しない者の場合は在留カード)のある、各都道府県の公安委員会の管轄下にある運転免許試験場など(一部の地域では警察署)で交付される(実際の業務は、警視庁および各道府県警察本部に委任されている)。
氏名・本籍・住所・生年月日の記載事項を変更した場合や、眼鏡やオートマチックトランスミッション限定といった、免許の条件などが解除されたときは、運転免許証の裏面の備考欄にその旨が記載され、公安委員会印が押される。また自動二輪免許の取得年月日、自動二輪車で高速道路での二人乗り可、紛失や破損などによる再交付を受けた年月日や、国際運転免許証の交付や返納した旨も、裏面の備考欄に記載され公安委員会印が押される。なお、個人情報保護の観点により、ICカード化された運転免許証は、IC内に本籍の内容を電磁的に記録することで、券面の本籍の表示は空欄となった。

引用元-ウィキペディア

運転免許を取得するには

①指定自動車教習所に入校する

指定自動車教習所に入学し卒業検定に合格する事により、運転免許試験場では技能試験が免除され、視力などの適性試験と学科試験に合格すれば免許証が交付されます。

②指定外(届出)自動車教習所に入校する

仮免許の検定も自動車教習所ではなく運転免許試験場で受験し、技能試験も試験場で受験することになります。

③運転免許試験場で直接受験する

直接運転免許試験場へ行くため費用は相対的に安くつくが、確実に運転できる技能が要求されます。一発免許とも言われています。

引用元-クルマ.info 自動車情報ガイド

自動車教習所入校から免許取得まで

教習所、合宿ともに内容は同じです。入校後はまず、基礎的な交通知識を学ぶ学科と、教習車を使った運転技術を学ぶ技能の第1段階から始まります。
一定授業数の受講後、技能の修了検定と仮免許学科試験に合格すれば仮免許が交付され、より高度な交通知識や一般の路上教習を交えた第2段階へ進みます。
第2段階でも技能と学科のテストがありますが、指定教習所であれば技能試験は卒業試験(卒検)で取得できます。筆記試験の学科は教習所内ではなく、住民票を管轄している運転免許試験場で受験が可能です。
技能試験に合格した段階で教習所は卒業となりますが、運転免許試験場の学科試験にも合格しないと免許交付とはならないので注意が必要です。

引用元-NISSAN

免許の交付機関

運転免許は公文書であり、運転免許試験場の本試験に合格すると交付されます。
日本の運転免許証は、住民票のある都道府県公安委員会が交付機関となります。具体的に交付が受けられる場所は、住民票のある各都道府県の公安委員会の管轄内にある運転免許試験場や警察署などとなっています。ですから、例えば東京都に住民票がある方は、東京都公安委員会が交付機関となり、都内の警察署や運転免許試験場で交付をしてもらえます。
また、各都道府県の交付機関の管轄下にある運転免許試験場や警察署などでは、運転免許に関する様々な手続きができます。例えば、運転免許証に記されている氏名や本籍、住所、生年月日などの記載事項の変更、眼鏡等やAT限定といった免許の条件を変更する場合には、警察署や運転免許試験場で、裏面の備考欄にその旨を記載し、公安委員会印を押してもらうことが可能です。また、自動二輪免許を取得した日、紛失や破損などによる再交付を受ける時、国際免許の交付や返納をした時も、同様に足を運ぶと手続きをしてくれます。ですから、自分の住んでいる地域の交付機関の管轄下にある警察署や運転免許センターなどがどこにあるのか確認しておくと良いでしょう。
また、県外へ引っ越しした際は、まずは新しく住み始めた地域にある運転免許の交付機関の管轄下である警察署などへ行き、住所変更をして下さい。すると、裏面の備考欄に新しい住所が記載してもらえますが、表面の公安委員会の名称は変更されません。しかし、次回、更新する時、もしくは再発行する時に、その時に住んでいる地域の交付機関である公安委員会から交付を受けることができ、表面に記載される公安委員会の名称も変更されます。

引用元-目指せ!運転免許の試験に一発合格

運転免許の自主返納

運転経歴証明書とは、運転免許証の取り消しを自ら申請し(運転免許証の自主返納)、全ての免許を取り消された方(免許証の返納をした方)が交付を申請することが出来る証明書のことで、取消申請から5年間、交付申請が可能となっています。

※自主返納(申請による運転免許証の取消し)した運転免許証を再発行することはできません。

交付申請可能期間

・申請による運転免許の取消し(運転免許証を自主返納)を受けてから5年以内

※2012年3月31日以前の運転経歴証明書の交付申請は自主返納から1ヶ月以内でしたが、2012年4月1日から5年以内へと変更されました。

有効期限

・有効期限:永年有効

運転経歴証明書は、「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」に本人確認書類と記載され、有効期限はなく、永年有効となっています。つまり身分証明書として一生涯、用いることが可能です。

引用元-運転免許総合案内所

運転経歴証明書の申請と交付機関

【申請までの流れ】
では、運転経歴証明書を取得するにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは、申請をする上で必要になる書類等を以下にまとめておいたので確認して
みましょう。

※申請に必要な書類等
・運転経歴証明書交付申請書
 (各所申請窓口で取得する事ができます)
・住民票や健康保険証
 (氏名や生年月日を確認できるもの)
・印鑑
・申請用の写真1枚

 これら必要書類を持参して、各運転免許試験場、ご自身の居住地を管轄する警察
署、免許更新センターのいづれかで申請を行います。その際に、運転経歴証明書
交付手数料として1,000円が必要になるので忘れずに用意しておきましょう。

 また、2012年3月31日以前に運転経歴証明書を取得した方は、2012年4月1日
から一新された運転経歴証明書に更新する事が出来るので、上に記載してある
必要書類を持参して各申請場所で更新を行いましょう。

引用元-行列のできるトラック相談所

まとめ
18歳になったら自動車免許の取得を是非目指してみてください。

twitterの反応

https://twitter.com/mickeysmith_jp/status/671632340464959488


https://twitter.com/fumikichi2525/status/512856000399822849


https://twitter.com/Chooemon92/status/324965946559176705

 - 雑学

ページ
上部へ