日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

医師との結婚は楽じゃない?結婚後の後悔とは

      2017/10/05

医師との結婚は楽じゃない?結婚後の後悔とは

医師といえば女性が結婚したい職業の上位に入るでしょう。しかし現実はそんなに甘くはないようです。多忙がゆえに妻の負担も多いとの事です。今回はそんな結婚後の後悔と現実について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

バスの座席のいろんなマナー総解り


初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時...

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だっ...

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人も...

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされ...

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

スポンサーリンク

医師との結婚のメリットは?

医師と結婚するメリット

・社会的地位が高い
・年収が高く金銭的に余裕がある
・病気の時に治療してもらえる、良い薬が手に入る

お医者さんと結婚できた女性は、勝ち組セレブ妻の仲間入りとして世間に認知されます。
両親や親戚、友達に自慢できて鼻が高い。
年収は非常に高く、1000万円以上が普通の世界です。
夫、旦那がたんまり稼いできてくれるので、女性は専業主婦として 家に入ることができます。
ほとんど遊んで暮らせるでしょう。
さらに、家庭内に医療関係者がいると、錠剤や湿布、塗り薬の余っているものなどを貰えるという利点があるのも大きい。
ちょっとした風邪やお腹が痛い時にも、診察なしで薬が手に入る。
たった三つだけのメリットなのに、結婚したら全てを手に入れたかと錯覚してしまうかのような良い点だらけです。

引用元-女性のための婚活サイト

医師と結婚したいなら

医療の素人が、医療のプロに対して、医療の話題を振る。少し考えただけでも無謀すぎる話だということがわかりそうなものだ。しかし、実際に医師を目の前にしてしまうと、舞い上がってしまうのだろうか、医療のことを話し始める女性も多いのだという。

 「確かに、医療現場や仕事がたいへんなことを理解してくれるのはありがたいのですが、それとは別に自分や家族の病気のこと、あと、少し勉強した程度の知識をひけらかそうとしたりするのは、一番ウザがられるパターンですね」

 貴重な?女性との出会いの場で、そんな話を聞きたいと思う医師はいないだろう。病気のことを相談して、まれに、本当に親身になって心配してくれる場合はあるかもしれないが、ほとんどの医師は楽しい話をしたいはずだ。

 「だから、医療のことは無理にわかろうとしなくてもいいのです。医師は多忙なので趣味があまりないという人もいますから、共通の話題を探すのが難しいと思うなら、出身地や子供の頃の話を聞いてみたりするのもいいかもしれません。人間性や家庭環境が見えてきたり、何か話のきっかけが見つかるかもしれません」

 くれぐれも、医療の話はなし。その点に気が付いている女性は少ないようだ。

引用元-YUCASEE

多い?結婚を後悔する妻

外科医の妻なんて、カッコいい。毎年の結婚記念日には西麻布のレストランでお祝いをして、年に2回はバリとタヒチに旅行、お誕生日のプレゼントはすてきな宝石というふうに夢見ている場合があります。住居は都心の豪華マンション。でも、まるでファッション雑誌の作られたぺージのような日々と、現実の生活にはかなりの格差があります。所得がふえない職種である医師は、もはやそんなぜいたくはできないのです。

医者にも私生活があります。利き手の親指や人差し指を傷めて、メスを持てなくなればアウト、という職種です。そして必ずしも幸せで満たされているわけではありません。リストラもあれば、ローン地獄もあれば、離婚もあるのです。

女医が集まって理想の結婚相手の話題になると、結婚するなら、堅いサラリーマンか、お金持ちの実業家と、本音が出るようです。結婚後、こんなはずじゃなかったと、後悔する医師の妻はいっぱいいるでしょう。まぁ、そんな希望を言えるうちが花ですが。

引用元-医者年収1800万円

夫が医師であるが故の悩み

医者と結婚する場合、相手が医者一家で開業医を営んでいる場合と、大きな病院やクリニックなどで勤務医の場合とで異なってきますが、どちらも、大変なのは変わりません。まず、医師は、大型連休で旅行に行くなどは、難しいケースが多いようです。病院から離れた場所に行ってしまうと、担当している患者さんの容体が変わったり、万が一のことが起きた場合、すぐに駆けつけられないので、あまり遠方に行くことはできません。大型連休であろうと、お盆休みであろうと、入院している患者さんは病院で生活しているからです。
また、病院にいる時間が長いうえに、学会の準備や、新しい治療方法や新薬の勉強のために時間を奪われてしまうので、家でなかなかゆっくりできないという点でも、妻としては大変ではないでしょうか。急な呼び出しがなくても、夜勤などもありますし、夜遅くまで仕事で家に帰ってこない日も多いのです。そのため、家庭を維持するためには、妻として、母として家庭内で過ごさなければならず、自分の仕事を続けたいと思っていても難しいでしょう。家の外でも「医者の奥様」としか扱われず、家庭内でも妻としての立場は弱くなってしまう場合が多いようです。また、医者一家の家に嫁いだ場合、自分の子供も医者にしなければならないかもしれないため、教育費をかけて子供に勉強させなければならない苦労もあります。

引用元-医者と結婚して後悔したこと

開業医の妻は大変

以前、大病院の看護師として働いていたEさんは同じ病院の男性勤務医と仲良くなりました。
休みが合うと一緒に映画に行ったり食事に行ったりしました。
やがて2人は付き合うようになり、やがて結婚しました。
Eさんの結婚生活は順調でした。
ところが、結婚から2年ほど経ったときに夫が「開業を考えている」と言い出しました。

Eさんは「開業はリスクが高い」「開業は慎重に」と医療関係の仲間が言っていたのを思い出し、心配になりましたが、夫の意志は固く、本格的に開業に向けて動き出すことになりました。
それから2年後、無事に開業を迎えることができました。
看護師経験があるEさんは当然クリニックの一看護師として、夫と一緒に働きました。
ところが、開業したもののなかなかクリニックの経営が軌道に乗りませんでした。
夫は朝から晩まで働きました。
医師会の会合にもきちんと顔をだし、毎日疲れて帰ってきました。

ある日、クリニックに来ていた患者さんが大きな声でクレームを言ってきたことがありました。
夫も診察室から出てきて謝りましたが、そのときが夫のストレスのピークだったのでしょう。
その日、家に帰ると夫はEさんに怒りの矛先を向け、怒鳴り散らしました。
Eさんは初めて夫に本気で怒鳴られてとてもショックを受けました。
ところが、その日を境に夫の様子が変わってしまいました。
Eさんとまともに話をしなくなりました。
「どうしても必要なこと以外は俺に話しかけるな」
「用事を言うときは短く簡潔に言え」
「飯がまずい」
「院の仕事もまともにできない挙句、家の仕事もできないのか」
と文句を言うようになりました。
その頃になると、朝はEさんの方が夫より早く起き、クリニックにはEさんが先に行って準備をしていました。
帰りもEさんの方が遅くまでクリニックで仕事をしていました。
家に帰ってから急いで夕食の支度、風呂の準備をして、夫よりも遅く寝ました。
一度だけ「少し家事を手伝ってほしい」と言ったら暴力を振るわれました。
Eさんはだんだんと追い詰められていき、Eさんはついに家を飛び出し実家に逃げ込みました。
Eさんは静養の後、離婚の準備に入っています。

↓↓↓

本当に悲劇でしたね。
こういう開業医の妻は意外と多いものです。
確かに医師もストレスが溜まります。診療、資金繰り、借金、売上、スタッフの給料と、いつも考え事をしています。
開業してすぐのうちは休みもなく働くのが普通です。
ストレスもかなりかかります。
そのストレスの矛先が妻に向くことはよくあるようです。
確かにこの夫も悪いです。
開業医の妻になるということは、とてもリスクが大きく、大変なことなのです。
「医師の妻」と言うと華やかに見えるかもしれませんが、現実はそれほど甘くありません。

引用元-開業医の妻は大変

結婚を後悔しないためには

医者との結婚で後悔しないためには、自立した強い女性になることが必要です。

・一人で何でもできること
・楽しめること
・あてにしないこと

これが、医者の妻の心得だそうですよ。
医者との結婚に後悔しはじめたら、まずは自分を磨くことに全力を注いでみるのもよさそうです。

引用元-医者と結婚するということ

まとめ
医師の妻というと一つのステータスのようですが、現実は厳しいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/pokeFUKA/status/697055949744267265

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ