日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

スマホのSDカードを交換しよう!

      2017/10/07

スマホのSDカードを交換しよう!

あなたのスマホのSDカードは大丈夫ですか?気が付けば容量がいっぱいに…なんてことも。SDカードは長く放置しているとスマホ自体に影響があるようなので注意しましょう。今回はスマホのSDカードの交換方法について調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

●SDカードとは

 USBメモリ、コンパクトフラッシュ、メモリースティックなど、データ保存の規格に基づいた、さまざまな小型記憶媒体(メモリーカード)が存在します。その中の1つが本稿の主役であるSDメモリーカードです。

 SDメモリーカードは、一般的に「SDカード」と呼ばれています。東芝、SanDisk、パナソニック(旧:松下電器産業)の3社によって共同開発された規格で、他のフラッシュメモリーカードと比較しても、圧倒的なシェアを誇っています(台数ベースで86.8%[2009年調べ]というデータがあります)。

 SD規格の策定は、「SDアソシエーション(SD Association)」という規格団体が行っています。現在、SDアソシエーションには、約1000社の会員企業が参加し、SD規格の設計と開発に当たっています。SDメモリーカードを利用する製品を製造・販売するには、まずSDアソシエーションの会員にならなくてはなりません。会員になるとSD規格書を入手することができます。さらに、SDアソシエーションの会員サイトにアクセスできるようになり、現在検討中の規格の進ちょく状況を把握することも可能になります。

引用元-MONOist

●スマホのSDカードの交換は必要?

SDカードが原因で起こる不具合(故障)・・・

まずはSDカードが原因で起きた不具合(故障)の事例を紹介します。

・電源が入らない
・充電ができない
・物理ボタンが効かない
・フリーズや再起動が起こる
・インストールしていたアプリが消える
・アプリ(カメラやギャラリー系)が起動しない
・エラーメッセージが頻繁に表示される
・写真や動画などの保存されていたデータが消える
・メール作成時、絵文字やデコメが使えなくなる
・電源を入れてから立ち上がり(起動)が遅い
・文字入力が正常にできない
・タッチパネルが効かない

過去に、私が相談を受けただけでもこれだけの事例があります。というか、どれもスマホを持っていれば、一度は経験する不具合(故障)ですよね。
このように、さまざまな不具合に関わっているSDカードですが、主にSDカードの寿命や劣化、保存されているデータ自体の破損。または本体との接触不良が原因だと考えられます。

SDカードは一時的なデータの保管場所・・・

そしてかなり多い勘違いとして、SDカードに保存しておけば、写真や動画、音楽などのデータは守られると思っていることです。SDカードを「大切なデータを長期的に守るために使っている」という方は、ぜひ注意してください。

SDカードにも寿命があり、一般的に10年間程度と言われています。
しかし、保管状態が悪ければさらに短くなることもありますし、製品のレベルが低ければ、そこまで長期間データを保持しておけないでしょう。

さらにSDカードへの書き込み回数にも上限が決まっており、その上限に到達した時点でデータが消え始めたり、本体に認識されなくなります。

引用元-携帯はやっぱりdocomo!

●どれがいい?交換するSDカードの種類

マイクロSDカードを選ぶときのポイントは3つ、「容量」と「速度」、そして「価格」です。「信頼性」というポイントもありますが、具体的な数値には表しにくくブランドで判断するしかありませんから、ここでは除外します。

容量と価格で選ぶのはかんたんです。製品パッケージには16GB、32GB、64GBといった容量が明記されており、より容量が大きいほうが大量のデータ/ファイルを保存できるので有利です。購入候補の1GBあたりの価格を比較すれば、どのカードが”お買い得”かは一目瞭然です。なお、4GBから32GBは「マイクロSDHC」、64GBから2TBは「マイクロSDXC」と呼ばれ区別されますが、ここ数年で発売されたAndroid端末の多くは両規格に対応しているため、強く意識する必要はありません。

むしろ重要なのは速度です。SDカード/マイクロSDカードには転送速度の上限があり、製品には「読み出し速度90MB/秒」などと明記されています。より高速な製品のほうが、カメラの連写機能や4K動画撮影を行うときに有利です。

その転送速度を表す標記が「スピードクラス」です。製品パッケージまたはカード表面に「C」で囲まれた数字として記載されているため、すぐにわかります。クラス6ならば「1秒間に最低6MBのデータ転送を保証」された製品であり、クラス10ならば「1秒間に最低10MBのデータ転送を保証」された製品ということです。連写や4K動画撮影にはクラス10のカードを必須とする端末が多いことからしても、容量/価格との条件が折り合えばクラス10のカードを選びたいところです。

さらに最近では、転送速度を向上させた新規格「UHS」が設けられています。UHS-Iの転送速度は最大104MB/秒、UHS-IIは最大312MB/秒です。UHS-II準拠のマイクロSDカードは発売から日が浅く、市場には出回っていませんが、速度重視のユーザにとっては有効な選択肢となることでしょう。

引用元-マイナビニュース

●まずはSDカードのデータのバックアップを

データ転送には、3つの方法があります。

1.USBケーブルでスマホとPCを繋ぐ
2.スマホの電源を切ってからSDカードを抜き取りPCに差し込む
3.ドロップボックスやGoogle+などのクラウドにアップロードする

まず、1の方法を試みたのですが、これはかなり時間がかかります。。
SDカード内のフォルダを全選択してコピーしようとするも、20分経っても進展ゼロ。
少しずつコピーするのにも時間がかかり、途中で断念しました。

やはり、画像だけならクラウドへのアップロードが一番速くてラクですね。
USBケーブルで繋いでいる間は、スマホ操作できないですし。

引用元-Peachy

●スマホのSDカードの交換の仕方

端末の電源を切ってSDカードを交換しよう

Androidスマートフォンの説明書などには、メモリーカードを抜き差しするときは電源を切った状態で行なうように書かれていることが多い。Androidの仕様上は「マウントの解除」をすれば電源を入れたまま抜き差しできるはずだが、作業中に手が滑ってバッテリーが抜けてしまったりするかもしれないので、念のため電源を切った状態で作業するようにしよう。
端末の電源ボタンを長押しすると、このようなメニューが表示されるので、「電源を切る」を実行しよう。
メモリーカードの抜き差しの方法は、端末によって大きく異なるので、説明書などを参照してほしい。

引用元-あんスマ

●SDカード交換後の変化

はっきりいって動作が軽くなった。正確に言うと、それまでたびたび発生していたフリーズ(というかプチフリーズ)がなくなった。

産経新聞アプリ
・データをすべてダウンロードしているにもかかわらず、拡大すると文字がなかなか細かく表示されず荒いままのときがあった
⇒ ほとんどこのようなことが起こらなくなりました
タブブラウザ Sleipnir
・タブを連続して開いていくと、5,6枚あたりでガクッと重くなりプチフリーズ
⇒ もちろんタブの開きすぎはダメですが、重くなるタイミングが遅くなりました。
・ブラウザを閉じると、固まる。ホームになかなか戻らない。場合によっては「ホームが応答しません」というエラーメッセージがでる。
⇒これも解消。Sleipnirを終了すると固まるもんだと思っていたら、今はあっさりホーム画面に戻り、次の操作がさくさくできます。

どうやら、microSDカードに多くデータを読み書きをすると思われるアプリで効果が見られます。

引用元-メモ置場のブログ

●まとめ
方法によっては時間がかかるようですが、交換後に快適にスマホが使えるようになるなら、早めに交換した方がよさそうですね!

twitterの反応


https://twitter.com/sakuyauspicious/status/695910548379037696


https://twitter.com/harashoskas/status/686555450163105792


https://twitter.com/mosbark/status/673844183409360901

 - 日常・生活

ページ
上部へ