日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社の役職で一番重要!代表取締役とは

      2017/10/12

会社の役職で一番重要!代表取締役とは

会社ではいろいろな役職がありますね。どの順番で役職が決まっているか知っていますか?一番重要なのは代表取締役だというのですが、取締役とはどんな役職なのでしょうか?今回は会社の役職について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

会社の役職の順番は?

1. 社員の順番はどうやって決めますか?

社員の順番は、下の1~3の条件で決まります。

1.役職
2.社歴(勤続年数)
3.年齢

上座・下座のページでも言いましたが、社内には順番があります。
まず役職で順位を見ます。役職が同じ場合は社歴、社歴も同じ場合は年齢で判断します。

2. 一般企業で多く使われている役職

会長(取締役会長)
社長(代表取締役社長)
副社長(代表取締役副社長、取締役副社長)
専務(取締役専務、代表取締役専務)
常務 (取締役常務)
監査役
執行役員
本部長または事業部長
部長
次長
課長
係長
主任

上記の他にも最高経営責任者(CEO)、最高執行責任者(COO)、局長、所長、主任研究員、主査、主事、マネージャー、チーフ、リーダーなど、企業によって様々です。また、「補佐」「代理」「副」などを付けている企業もあります。(例:課長代理、課長補佐)
どのような呼称を使うかは企業の自由であり、役職による権限や責任も企業によって様々です。
大切なことは、自分の会社の役職の順番を覚えることです。取引先の企業の役職も覚えておくとよいでしょう。

引用元-GREENSUN

会社で一番重要なのはどの役職?

会社法上重要なのは「代表取締役」

「『社長』と『CEO』と『代表取締役』という3つの肩書きのなかで、会社法で定められているのは、『代表取締役』だけです。似てはいますが、厳密にいえばそれぞれ違う概念です」

今井弁護士はこのように切り出した。それぞれ、どのようなものなのだろうか。

「そもそも株式会社とは、金は出すが経営の素人である株主集団が、経営のプロである取締役にがんばって業績を上げてもらい、最終的には自分たちが株の配当や売却で儲けよう、というシステムです。

『代表取締役』は、取締役のなかで、その会社を代表する資格を持っている人です。代表資格を持つのは、多くのケースでは取締役の一部、または一人だけですが、なかには取締役全員が代表取締役という会社もあります」

「代表」取締役の役割は、会社を代表して契約をしたり、会社の業務を執行することだという。今井弁護士は続けて、会社法の「執行役」について解説してくれた。

「日本にも、米国型の株式会社のように、取締役会では経営の大枠だけ決めて、個々の業務戦略や業務執行は執行役と呼ばれる人に任せる、という制度をとる会社があります。

これは、経営の大枠の決定と業務執行を分離して、めまぐるしく変わる経営環境に迅速に対応していこう、という考え方に基づいた制度です。

米国の会社では執行役のうち、最高責任者をCEOと呼びます。これは、日本の法律にはない概念です」

引用元-弁護士ドットコム NEWS

取締役とは?

取締役とは、取締役会の構成メンバーのことです。取締役会とは会社の業務執行の意思決定機関であり、3人以上の役員で構成されています。上場企業の場合は、取締役会の設置が義務付けられています。

また、会社の業務執行の意思決定をする役割を担っています。つまり、取締役は経営者の1人であると言えます。

日本の会社では、一般的に社長、副社長、専務、常務などの役職名を持った方で取締役会が構成されている場合が多いですね。

取締役の仕事

取締役の主な仕事は以下の4つです。

—–
・会社運営の重要事項や方針決定をし、業務執行を代表取締役に委任すること
・代表取締役の業務執行の監査をすること
・代表取締役の選任、解任をすること
・その他重要事項の業務執行における意思決定をすること
—–

引用元-社長が見るブログ

代表取締役と社長の違い

つまり、代表取締役は、会社が経営して行く上での総責任者。
会社を立ち上げたら、代表取締役が、
「私がこの会社の総責任者です」
という立場となり、役所へ提出する代表印も、代表取締役のものを押します。

何か会社内で激しく売上が落ちたとか、盛大にポカをやらかした。
という場合に、真っ先に責任を取らされるのが、この、代表取締役です。

対して、社長というのは、肩書というか、名称ですね。
法律上の書類では、「社長」という肩書は何の意味もありません。
実際に会社内で職責上会社を指揮するトップにいる人が、
「社長」
と呼ばれます。
とはいえ、会社の現状をよく把握している人が、代表になった方が効率がいいですよね。
なので通常、代表取締役 = 社長であることが多いのです。

ただし、法的な立場の代表である「代表取締役」と、会社の実務上のトップである「社長」は、使われる場所や、ニュアンスが違ってくるので注意しましょう(^-^)h

引用元-違いはねっと

新会社法の施行で一人でも会社ができる?

①会社の設立は、取締役一人でも設立できます。
従来は、株式会社を設立するには、取締役三人と監査役一人の合計四人が必要でした。そのため、自分の親、兄弟に頼んで取締役や、監査役に就任をお願いしなければ、株式会社を設立することはできませんでした。
新会社法施行後の現在では、取締役一人でも株式会社を設立することはできます。実際、多くの方達が、取締役一人のみで株式会社を設立しています。もちろん、取締役一人でも「代表取締役」を名乗れますし、登記簿謄本にも代表取締役として記載されます。

②監査役を選任したり、取締役会を設置することも可能です。
新会社法では、いろいろな会社の組織形態を選択することができます。従来どおり、監査役を選任することも可能ですし、取締役会を設置することもできます。ただし、取締役会を設置する場合は、取締役の人数が三人以上必要になります。
監査役の選任や取締役会を設置する場合は、「定款」にその旨を記載する必要があります。よく考えてからされることをお勧めします。

 以上回答します。取締役一人でも、安心して名刺に「代表取締役」と記載して下さい。

引用元-DREAM GATE

その他の役職

番外:ご隠居

あと、社長や会長が経営の第一線を退いても、取締役でいる場合が多々あります。
その場合、「名誉会長」「相談役」「顧問」「名誉顧問」など、会社ごとに名称をつけています。
取締役を退任して、この肩書きだけをもらっている人もいます。
いずれにせよ、これらの肩書きの人は、かつて経営陣であったが、今は経営の第一線を退いている、という意味に解釈して問題ありません。

番外2.執行役員

最近増えているのが、この「執行役員」です。
これも、会社が自由に定めている肩書きですので、会社ごとにその役割や位置づけは違うでしょう。
昔の日本の大企業は、出世した人をみな取締役にしていたので、取締役の数が数十人と非常に多くなってしまい、意思決定が遅いという弊害がありました。
最近では、本来の役割である「経営の意思決定」を迅速に行うために、取締役の人数を絞りこんで、意思決定を迅速にしようとしています。
その場合、取締役ではないですが、役員待遇の人を「執行役員」と呼ぶ場合があります。
本来の意味では、取締役は経営の意思決定に集中してもらい、一方で、取締役ではない事業の実務を行う責任者のことを「執行役員」と呼びます執行役員はほとんどの場合取締役ではありません。
取締役の一歩手前にいる人と考えてもらえばいいでしょう。

番外3.米国型の役職

CEO、COOなどの肩書きを目にしたことはありますか?これは米国で主に使われる役職です。

日本の法律ではもちろん定められていないので社長や会長と同じように自由につけてよいの肩書きです。海外展開している企業などは積極的に米国型の役職を肩書きとして使っているケースがあります。
簡単に解説します。
「CEO(Chief Executive Officer)」
最高経営責任者と訳す。企業の最終的な責任者であり代表者。
大企業では会長、それ以外では社長が担っている場合が多い。
「COO(Chief Operating Officer)」
最高執行責任者と訳す。業務執行の責任者であり、CEOを会長が担っている大企業で、社長がCOOである場合が多い。

引用元-就職・転職相談室 ∥CAREER2.0∥

まとめ
代表取締役がいないと会社が成り立たないのですね。ややこしいですが取引先の役職は覚えておいた方がいいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/collemoaulait/status/689310008295559170


https://twitter.com/kokusai_kinyuu/status/644786617304023040

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ