日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

ヤフオクで落札する方法

      2015/12/01

ヤフオクで落札する方法

ヤフオクを始めたけれども、あともう一息でライバルに持って行かれたり、お目当ての商品をなかなか落札出来ません。出来るだけ安く落札する方法はないのでしょうか。何か良い方法は無いものか調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

結婚式の挙式の参列者はどう決めればいい?

結婚式の挙式や披露宴に招待する参列者はどう決めたらいいのでし...

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

スポンサーリンク

●ヤフオクの入札方法は自動入札

■自動入札とは(自動入札にするには)

自動入札とは、予算内でできるだけ安く落札できるように、ほかの入札者と競って自動的に再入札するしくみです。何度も入札する手間が省けます。

予算の最高額で入札すると、現在価格から最高額の間で自動入札が開始します。自動入札にするための設定などは必要ありません。

自動入札が働くしくみは以下の通りです。

1.最高入札額で入札する

開始価格や現在価格に関係なく、落札時に支払える、予算の最高額を入力します。入力した金額は「自動入札の最高金額(最高入札額)」として設定されます。

実際の入札は、入札可能な最低金額から行なわれます。入札が可能な最低金額とは、入札者がいないオークションは「現在の価格」と同額、入札者がいるオークションは「現在の価格+入札単位」です。

2.自動入札が働く

・入札者がいるオークションに入札する場合、最高入札額を上限として、相手の最高入札額を上回るまで、入札単位ずつ価格を上げて自動的に再入札します。

※最高入札額は非公開です。入札して相手の最高入札額を上回るまで、相手の最高入札額はわかりません。

・あなたが最高額入札者のオークションにほかの人が入札してきた場合は、あなたの最高入札額を上限として、相手が入札するたびに入札単位ずつ価格を上げて自動的に再入札します。

引用元-ヤフオク!ヘルプ – 入札のしくみ(自動入札と最高入札額)

●事前に調べてからヤフオクで落札しよう

いずれにしても「もう2度とでないかもしれないくらいレアなのか」とか「自分はどこまでなら出せるのか」とか、事前にリサーチや熟考をしておくべきと思います。その場になって熱くなりすぎると怖いことになるので。

金額設定のコツは、きりのいい数字よりほんの少し上乗せすることです。例えば10,000円なら出してもいいなと思うなら10,100円にするとか。
ライバルはちょうどの数字であきらめることが、意外と多いので、わずかの差で勝てたりします。
ただしあまり細かい端数をつけることを禁止している出品者もいますので、説明を読んでしたがって下さい。(本来はそれはマイルールに過ぎないんですが)

引用元-ヤフオク必殺落札法教えてください!! – オークション | 教えて!goo

●入札のタイミングで落札する方法

ヤフオクで自動延長が設定されているオークションは、オークション終了5分前から終了までに高値が更新された場合は、終了時間が5分間自動延長されます。終了時間ギリギリに最高値で入札し、落札できたと安心していると、終了時間が延長されていて、他の入札者に高値がつけられてしまい、落札できなかったということもあります。入札する場合は、自動延長される5分前より前に入札し、様子を見て、他の人が入札して自動延長になった場合は、自分が出せる最高入札額で入札して、あとは結果を待ちましょう。やみくもに競っても、値段がつりあがるばかりです。入札のタイミングをはかり、できるだけ自動延長を避け、やみくもに値段をつりあげないことも、ヤフオクで落札するためのコツです。

引用元-ヤフオクで落札する8つのコツ | 副業在宅ワーク

●忘れないうちに入札する方法

とにかく欲しいものが見つかったら、とりあえず、すぐ入札してしまいます。予算よりちょっと少なめに入札しておくとよいでしょう。

●すぐ入札をするメリット
入札忘れがない
早期終了してしまったときには落札できる
入札をした後、他の人が高値更新した時は、メールで連絡がもらえる
「様子を見てあとで入札をしよう」と思っていて、気がついたら終了時間になっていた、ということも少なくありません。とりあえず入札さえしておけば、他の人が高値更新をしても、メールでヤフーから連絡が来るので、入札忘れがなくなります。

また、出品者の都合で早期終了されてしまっても、最高額入札者になっておきさえすれば、あなたが落札者になれます。

●同じような商品がたくさん出品されているときは
他にも同じような商品がたくさん並んでいるとき、あなたならどれに入札します?

定価10000円。自分の予算やオークション落札実績としては7000円くらい。残り日数が6日で一つは100円、一つは5000円。

おそらく100円のほうに入札するのではないでしょうか?

結果、100円のほうは小刻みに、最後まで多数のライバルと競り合って入札額があがり、5000円のほうは一人のライバルと私だけ、ということがあります。

同じような商品の場合、どうしたって安い方が人目を引きます。現在価格順に並べ替えて見ている人もいますし、うまくしたら超安値で落札できるかも?という欲が生まれます。そこを逆手にとって、最初に予算近くまで入札をしておきます。ライバルが一人いたって初日に値段が上がってしまえば他の人の入札は抑えられます。

レアものでは、あまり有効にはたらかないこともありますが、同じような商品が、いろんな人からちょこちょこ出てくるようなものの場合、最初にガンっと予算枠近くまで入札をして、ライバルを少なくしておく、という手、意外と使えます。

引用元-2/3 入札のタイミングは?いつ入札すればいい? [ネットオークション] All About

●落札出来るかは予算を持っている方が勝つ

結局、落札できるかどうかは「自分の入札が相手の入札を上回ることができるか?」だけです。相手がいくら出してもかまわない!と、予算を底なしで持って、高値で入札をしている商品なら、そこに必勝法もなく、いつ入札をしたとしても、結果としては私は落札できません。

究極の決め手は「予算をどっちがより多くもっているか?」なのです。

ただし、そういう熱い商品ばかりではありませんから、場合によっては「最初にガツンと入札」したり「終了間際」を狙ったり、ちょっと気弱に「1日前」や、「他の人が入札したら」などのタイミングでの入札も試してみてください。

入札するタイミングも、うまくいくと嬉しいものですよ。

引用元-3/3 入札のタイミングは?いつ入札すればいい? [ネットオークション] All About

まとめ
ライバルと値段の競り合いにならないようタイミングが大切ですね。熱くならないように気を付けましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ