日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

耳鼻科と市販薬では成分が違う!鼻スプレーを使う際の注意点

      2017/10/15

耳鼻科と市販薬では成分が違う!鼻スプレーを使う際の注意点

花粉症などでアレルギー性鼻炎を発症するととてもつらいですね。耳鼻科に行って薬を処方してもらうのが一番いいですが、時間がなくて市販の鼻スプレーを使っている人もいるのではないでしょうか。しかし市販の鼻スプレーには注意しないといけない事があるようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメ...

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄...

異性の友達と2人で旅行をしますか?

異性の友達と友情旅行はありえますか?アンケートをとっても意見...

GEOでレンタルしたDVDやCDの返却日が過ぎてしまったらどうする!?

GEOではDVDやCDなどをレンタルすることができるので利用...

結婚式のお車代は会費制の場合は必要ですか?北海道のしきたりとは?

北海道の結婚式のしきたりは、他地域とはかなり違うようです。先...

イソジンの消毒はらんちゅうの病気予防に最適です

概要文らんちゅうなどの金魚を仕入れるときに、病気予防に有効な...

ATMで硬貨の引き出しは可能?通帳を0円にするには?

通帳に1000円以下しか残高がない場合はどうやって引き出せば...

彼女がかわいいから心配と思う人の対処法

かわいい彼女をもつと心配でたまらないと言う方もいらっしゃるの...

同居のストレスは義父や義母が原因なのです

嫁姑問題は後を絶ちません。嫁を家政婦代わりに使ったり、自分流...

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱い...

新婚で離婚する理由は性格の不一致が一番多い

結婚をして1年以内の離婚は10%あるという統計があります。そ...

生徒と教師の恋愛ってあり?

年上の高校教師が好きになる男子生徒や女子生徒は結構います。統...

学校のトイレの掃除は教育的な意義がある

学校のトイレの掃除をした記憶はありますか?トイレはなくてはな...

冷蔵庫が冷えない原因は何?

冷蔵庫が何か変という時、どうなさいますか?すぐに電気屋さんを...

猫のトイレ 臭い対策は何が良い?

見出し1 臭わない猫のトイレの組み合わせはこれ1.1 システ...

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケ...

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障...

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老...

スポンサーリンク

アレルギーによる鼻炎の原因とは

<アレルギー性鼻炎とは>

 アレルギーの原因となる物質により鼻の粘膜が腫れ(鼻づまり)、粘膜の防御反応でくしゃみや鼻水が出現します。スギなどの花粉が原因の季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)とダニやハウスダスト、カビなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎に分けられます

▼症状

 三大症状としてくしゃみ・鼻水・鼻づまりがあります。その他にサラサラした鼻水が喉に流れ、喉の不快感を伴うこともあります。粘膜が腫れて血管がもろくなって鼻血が出やすかったり、鼻づまりのせいでイビキをかくことがあります。
*鼻炎を放置していると慢性的に粘膜が腫れてポリープ(鼻茸)が出来たり、副鼻腔炎(ちくのう症)を合併しやすくなります。  

引用元-げんか耳鼻咽喉科

耳鼻科での治療方法は?

●最も大切な、治療用スプレー

スプレーは、飲み薬より効きが良く、眠気や体への副作用が少ない薬です。また、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに、まんべんなく良く効くため、治療の中心です。花粉の時期は、1日1回、時間を決めて、必ず毎日スプレーしましょう。

使う時間は、日中つらい方は朝、朝起きた時つらい方は夜、 夜の鼻づまりがつらい方は寝る前など、自分の症状に合わせて使って下さい。

引用元-たかはし耳鼻科

注意!耳鼻科と市販の鼻スプレーは違う

病院で処方される点鼻薬と、市販の点鼻薬では、使われている成分が違います。
処方薬の点鼻薬には、ステロイド点鼻薬、抗アレルギー点鼻薬、抗ヒスタミン点鼻薬、血管収縮薬があります。それぞれに効果が出るまでの期間や薬の強さが違い、症状に合わせた点鼻薬が処方されます。
重症の花粉症の場合、飲み薬と併せて、よくステロイド点鼻薬が処方されます。
ステロイドというと怖いイメージがあるかもしれませんが、点鼻薬で使用するステロイドは少量で、かつ体内にはほとんど吸収されないので、副作用の心配はほぼありません。
子供や妊婦にステロイド点鼻薬が処方されることもあり、安全性の高い薬であることがわかります。

引用元-35歳女性の関心事

注意すべき市販の鼻スプレーとは

悪名高い「血管収縮薬」の点鼻薬
これは即効性があります。
実際点鼻するとすぐに鼻水が止まります。
鼻詰まりも、鼻の奥で「キュー」って音がしながら(粘膜の腫脹が取れて開通していく音だと思っている)鼻が通ります。
副鼻腔のドレナージもよくなるので、顔面痛・頭痛もすぐに取れます。

という風に魔法の薬のように劇的な効果がありますが、1-2週間連用すると、返って粘膜の腫脹がとれなくなってしまいこの状態になるとどんな薬も利かなくなります。
たまに「どんな薬も効かないひどい花粉症なんです」といって受診する患者さんに「市販の点鼻薬もつかってますか?」と聞いてみると、かなりの人が使っていることがわかります。
そういう状態の人への治療としては、血管収縮薬は使うのをやめて標準的な治療を続けてもらうしかないのですが、「こんなに効く薬をやめるなんてできない」と考えてなかなか離脱できない人もいます。

引用元-病院家庭医を目指して ~野望達成への道~

なぜ注意しないといけないのか

市販の点鼻薬が鼻づまりに効くのは、その多くに含まれている血管収縮剤という薬剤による部分が大きい。
そして血管収縮剤には高い即効性があり、鼻づまり改善に大きな効果を発揮する。

この強い即効性と高い鼻づまり改善効果が依存性を生む。
しかし、血管収縮剤が含まれた点鼻薬を長期間使い続けると、鼻の粘膜が変質・肥厚する。
それにより血管収縮剤の効果が弱まる、または薬剤の効果が切れた際の反動で粘膜の腫れがひどくなり、鼻づまりが悪化する。

後はそれの繰り返しで、依存性がどんどん高まる。

市販の点鼻薬に含まれる血管収縮剤は、一時的には鼻づまりを劇的に改善するが、それはあくまでも対処療法。
根本の原因を直さなければ、病状は改善しない。

だからすぐに点鼻薬を止めて、鼻の粘膜を正常な状態に戻す必要がある、とのこと。

引用元-29歳、離婚しました。

鼻スプレーの使い過ぎで悪化した場合

まずは、市販点鼻薬の使用をストップすること。鼻炎薬の効きが悪くなっていることも多いので、最初のうちは辛いかもしれませんが、数週間もすると鼻の状態が回復してきます。
目安としては1~2週間ほどで、楽になってくるはずです。
点鼻薬がないと生活に支障が出るというレベルまで悪化してしまった人は、耳鼻科で相談しましょう。血管収縮剤以外の鼻炎薬を処方してもらい、適切な治療を受ければ、点鼻薬依存からも脱することができます。

引用元-35歳女性の関心事

まとめ
市販の鼻スプレーに依存してしまわないように注意が必要ですね。やはり耳鼻科で薬を処方してもらうのがいいようです。

twitterの反応

https://twitter.com/keeto5853/status/707381957508751361


https://twitter.com/Kinsiko/status/704670380015783936

 - 美容・健康

ページ
上部へ